2019年3月20日

平成31年度特殊建築物定期調査報告 建築設備点検は毎年行います。

建築基準法第12条に基づく「特殊建築物定期調査報告
特定行政庁が指定する特殊建築物等の所有者(管理者)は、専門技術を有する資格者に定期的に調査させ、その結果を特定行政庁に報告するように義務づけられています。
定期的な調査を行うことで、建築物の利用者の安全を確保し、事故の発生を未然に防ぐことが目的です。「山梨県HP抜粋」
優しく表現すると、建築士や有資格者が建物の健康診断を行います。
その結果を報告書にまとめ、山梨県と建物所有者(管理者)に提出・報告する事です。
建物を安全・安心に使い続ける為にです!!

更に詳しくは、
山梨県 特殊建築物の定期調査報告
・2015年7月15日
 山梨県甲府市 建築基準法第12条 特殊建築物定期調査報告
 をご確認下さい。

特定行政庁である甲府市以外の山梨県内にある特殊建築物の定期調査報告について。
多くの皆様が見落としている事があります。
それは、
※1.上記表の特殊建築物に設けた建築設備(換気設備、排煙設備、非常用の照明装置)の定期検査報告。
※2.個人住宅を除く全ての建築物に設置している昇降機及び遊戯施設の定期検査報告。

 
「毎年、特定行政庁への報告が必要です」

定期調査報告をしなければならない特殊建築物等
山梨県(特定行政庁)が指定している定期調査報告をしなければならない特殊建築物等
下部の赤の四角の中をご確認下さい。
上記に記載した※1+※2の事が明記されています。
PDFでもご確認下さい。
山梨県(特定行政庁)が指定している定期調査報告をしなければならない特殊建築物等.pdf

甲府市を除く山梨県内の特殊建築物の所有者の皆様。
特殊建築物定期調査報告。
・建築は2~3年に報告。
・設備は毎年報告する義務があります。

特殊建築物定期調査報告ついてのお問い合わせは、下記の連絡までご連絡下さい。
吉野聡が詳しく、ご説明させて頂きます。
そして、お見積りをさせて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:04 | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月19日

山梨県昭和町フィットネスジム「サイボディ」3月14日の現場監理

山梨県昭和町フィットネスジム「サイボディ」

平成31年5月1日にグランドOPEN(プレオープンは4月20日(入会受付)致します、
山梨県中巨摩郡昭和町飯喰1126−2に建設中の
「サイボディ昭和店」

タイトなスケジュールの中、急ピッチで工事が進められています。
平成31年3月14日(木)は、玄関ホールのデザインが姿を現してきました。
サイボディ昭和店は、「どこに居ても気持ちが良い」をコンセプトにデザインしております。
玄関・受付・トレーニングルーム・シャワー室・メイク室など、すべてにおいてそれぞれの「気持ちの良いデザイン」があります。
本日は、玄関の気持ちの良いデザインをUPさせて頂きます。
玄関のドアを開けると、床から天井までの3mある大きな緑の壁が目に入ってきます。

内装にフェイクグリーン
見上げる高さのある人工壁面緑化(フェイクグリーン)
メンテナンスフリーで、一年中緑の壁。
運動の前に・運動の後に、大きな深呼吸をしたくなるようなホッとする空間です。
たくさんの「素敵」がある「サイボディ昭和店」
建築工事の完成まであと少しです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:13 | コメント (5) | トラックバック (0)

2019年3月18日

建築では、どんな申請手続きが必要ですか? 

新築・増築・改修・リフォーム・用途変更など。
「工事着工前に、どのような申請が必要でしょうか??」
そんなご質問がありました。
このような質問の場合、即答する事が難しいんです。
それは、建築に関する各申請は、建てる場所・建物の用途・規模・構造などの条件によって変わるからです。
事前に上記の確認を行い、建築基準法のなどの関係法の調査・関係各省庁の打合が必要になるからです。
上記の質問は、確認・調査を行い、改めて返答させて頂きました。

建築行為を時には、事前に建築基準法 第6条に基づく申請行為を行い、建築基準法第6条の2第1項の規定による検査済証の交付を受ける必要があります。

確認済証

建築基準法第6条の2第1項 確認済証
平成31年2月は、2つの建築の確認済証(建築基準法第6条の2第1項)
の交付を受けています。

この確認済証の交付を受ける為には、都市計画法(開発)、消防法、上下水道法、各地域の条例や規則による申請、省エネ法、農地法(農転手続き)、埋蔵文化財に関する申請・・・など、事前に多くの申請手続きが必要になる場合があります。

建築基準法第6条の全文は、下記の通りです。
建築基準法第6条(建築物の建築等に関する申請及び確認) 
建築主は、第1号から第3号までに掲げる建築物を建築しようとする場合(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第1号から第3号までに掲げる規模のものとなる場合を含む。)、これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合又は第4号に掲げる建築物を建築しようとする場合においては、当該工事に着手する前に、その計画が建築基準関係規定(この法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定(以下「建築基準法令の規定」という。)その他建築物の敷地、構造又は建築設備に関する法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定で政令で定めるものをいう。以下同じ。)に適合するものであることについて、確認の申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない。当該確認を受けた建築物の計画の変更(国土交通省令で定める軽微な変更を除く。)をして、第1号から第3号までに掲げる建築物を建築しようとする場合(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第1号から第3号までに掲げる規模のものとなる場合を含む。)、これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合又は第4号に掲げる建築物を建築しようとする場合も、同様とする。

専門用語がたくさん・・・初めて見る言葉も・・・。
建築の新築・増築・リフォームを行う場合には、事前にご相談下さい。
1つの建築ごとに調査・確認を行った上で、ご返答させて頂きます。
だろう?多分??のような考えでの見切り発車は、危険な事になる・大きなマイナスになる事もあります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:11 | コメント (5) | トラックバック (0)

2019年3月17日

2019年3月 高麗芝のメンテナンス(サッチの除去)

室内の大きな窓の通じて、大きく広がる庭の高麗芝
元気よく育っていると、とっても気持ちが良いんです。

高麗芝
美しい緑に染まる庭(昨年の写真です)
芝によって、たくさんの楽しみが生まれる事はもちろん、夏の涼しさをつくる・太陽光の吸収・雨水の地中内への浸透など、環境面・デザイン面でも効果大です。

美しく元気な高麗芝にする為には、定期的に行う芝のメンテナンスが大切です。
高麗芝の一部が青くなり始めた3月上旬
しっかり観察すると、青い芝の間に去年の枯れた芝のサッチが堆積しています。
サッチとは、刈り草や冬枯れした芝生の葉などが枯れて腐った様な状態で集積したものです。
サッチが溜まりすぎると、通気性と水はけを悪くするので、芝生のトラブルの原因になります。とくに病害虫が発生しやすくなりますので、定期的に取り除く必要があります。
昨年までは、熊手と竹ぼうきで人力で除去してきましたが、今年からはパワーUPです。

機械化したサッチの除去
機械化したサッチの除去
芝刈り機の刃を、サッチ除去専用に交換します。

芝刈り機でサッチ除去
機械化されたサッチの除去。
作業時間が1/7に短縮しながら、疲労感は比べ物にならないくらいに改善です。

美しい芝は、本当に気持ちが良いんです。
その気持ちの良い空間で、たくさんの楽しみが生まれます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年3月16日

2019年3月 高麗芝のメンテナンス(根切り・エアレーション)

吉野聡建築設計室の庭の芝(高麗芝)
2019年シーズンのメンテナンス(手入れ)のスタートです。
この季節、まずは芝の穴あけ(エアレーション)です。
芝の穴あけ専用道具を使い、芝面に穴を開けるだけの単純作業ですが、大切な意味があります。
それは!!
①地中に空気を供給する
②水はけ改善
③根切り
④病気予防

高麗芝エアレーション 
高麗芝のエアーレーション
芝の穴あけ専用道具
両サイドが10Φ程の開口、中央部が尖った剣のような形をしています。
この道具を使い芝の中に押し込みます。
それは、道具の上に足を乗せ体重をかけながら行います。
両サイド10Φの開口と中央部が尖った剣の部分が地面の内部へ
地中内に入り込むと、両サイドの開口から土が押し出されてきます。

エアーレーションの道具
この要領で、約10㎝間隔で穴をあけ続けます。

そして、今年からもう1つのメンテナンスをプラスしおています。
それは、芝の根切りです。

芝の根切り
芝刈り機を使って根切りを行います。

芝刈り機を使った根切り
芝刈り機を刃を根切り専用に交換します。

芝の根切り
芝は、根が水平方向に成長していきます。
成長し続けると、密集している状態となり芝生の根が伸びるスペースが無くなくなり、芝生の葉の密度も上がりません。
また土壌が固くなり、水はけが悪くなったりして芝生が劣化してきます。
今年も元気で力強い・青々とした芝になって欲しいと言う思いから、根切りをプラスしています。
今日はここまで、明日のブログはサッチの除去をUPします。
これも、今年から変化・進化しています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:57 | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月15日

第30回 ガラスに写る吉野聡「トンロー(タイ料理)」

2008年1月からスタートしています
「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ」
このブログでUPし続けている・シリーズ化しているブログ記事があります。
それは「ガラス・鏡に写る吉野聡」です。
訪問させて頂いた建築にある窓ガラス・鏡を使い、私自身を撮影し、その姿をブログUPしています。
過去にUPした「ガラスに写る吉野聡」の回数は29回となり、本日が記念の30回目となります。
それは、山梨県甲府市向町147-1  グリーンタウン甲府東内 SHOPS向町 B3にあります
.タイ料理「トンロー」新装工事の正面のガラスを使っての撮影です。

トンロー(タイ料理)のガラスに写る吉野聡

甲府市向町 トンロー(タイ料理)オープン
2019年4月26日(金)AM11:00にグランドOPENする
タイ料理「トンロー」

タイトなスケジュールの中、内装工事の完成。
そして、トンローのオープン目指して。
確実に・着実に進み続けます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年3月14日

山梨県昭和町フィットネスジム「サイボディ」3月上旬の建築工事

サイボディ
山梨県甲斐市龍地3649-1-2にあります
「もっとフィットネスを身近な存在に」
をコンセプトの24時間フィットネスジムのサイボディ
サイボディ昭和店が、平成31年5月1日にグランドOPEN致します。

サイボディ昭和店
詳しいお店の場所は、下記のブログをご確認下さい。
2019年3月 4日
H31年5月1日OPEN 山梨県昭和町フィットネスジム「サイボディ」

平成31年1月下旬にスタートした内装工事。
3月上旬には、各種仕上工事を行っています。
そして、受付も姿を現してきました。

サイボディー昭和店 受付
サイボディー昭和店 受付。
お客様が、素敵に・安心して・心地よく感じる受付。
スタッフの皆様の、素敵な気持ちが表れたデザインです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:02 | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年3月13日

飲食店・食品工場の設計 厨房機器

飲食店や食品工場などの建築設計は、厨房機器との関係も重要になってきます。
限られたスペースで必要とされる料理を、効率よく実現できるかが大切になります。
流れるような動線による最適な機器選定やレイアウトは、稼働してからのクオリティーのUPや、人・時間・コストの削減に繋がります。

三毛猫キッチン厨房
ナチュラルグレース 三毛猫キッチンの厨房。
広い空間に手順良く配置された厨房機器です。
このレイアウトは、同じ厨房でも作る食品によって大きく変わります。
また、建築条件によっても大きく変わります。
これまで、多くの飲食店・食品工場の設計をさせて頂きました吉野聡建築設計室では、設計の計画段階から多くの打ち合わせや提案を行っています。

厨房機器メーカーも含めた打合せ
厨房機器メーカーも含めた設計打合。

ご依頼のある皆様のご要望・希望・夢を叶えたい。
そのために、多くの提案をさせて頂きます+行っています。
山梨県甲府市向町に建築中の「タイ料理店 トンロー」もその1つです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:24 | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年3月12日

住まい・住宅・家づくりの問題・検討 全てお答えいたします。

住宅・家づくりを考える時、それぞれにそれぞれの条件があります。
建築デザイン・建築材料・建築の構造や耐震性・断熱・気密などの性能、そして住宅ローンやコスト(坪単価)や建築基準法などの関係法などなど。
「無数にある条件」

これら条件の検討を行なう時に、各相談先に行く、TV・雑誌などのから情報を得る。
その他、Webサイトなどで確認するなどと言った作業を行っているのかなと思います。
これらの情報が、それぞれの条件に合っているかどうか??
その判断も要求されます。
また、1つ1つの条件の確認を行うために、多くの所へ出向く、また検索するといった作業が必要になります。
大きなパワーが必要となります。

無数にある条件を、1つの場所で全てクリアできる相談先があります。
それが山梨県甲府市 吉野聡建築設計室です。
創業45年の経験と実績の中で、多くのアドバイス・提案を行っております。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

建築に関する疑問点・不明点など
「全体を考えながら、全てにお答え致します」
それは、今まで培ってきた実績と多くの協力者がいるからこそです。
建築の考え方・進め方・流れ。
デザイン・流行・資材・コスト・工法・技術・建築業界など。
事前に知っていると知らないでは、結果が大きく変わります。
だからこそ、
全てを1つで対応できる・している「吉野聡建築設計室」
弊社だけが行ってる対応です。

ご相談をご希望の皆様
下記の連絡先まで、お気軽にご連絡頂ければと思います。
正しい判断でご返答させて頂きます。
※正しい判断を行う為には、お会いしての相談や資料の提出・調査が必要な場合があります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:03 | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月11日

「S様・T様にお知らせする」一流住宅メーカーの基礎と吉野デザインの基礎の違い

以前にもブログUPさせて頂きました
「誰もが知る一流住宅メーカーの基礎と吉野デザインの基礎の配筋」の違い。
本日は、弊社に相談を頂いております「S様・T様」へお伝えするブログです。

下記の2つの写真を見比べて下さい
2つの写真は、住宅建築の基礎の配筋です。
①誰もが知っている一流住宅メーカーの基礎の配筋。
②吉野聡建築設計室でデザインした木造住宅の基礎の配筋。

一流住宅メーカーの基礎の配筋
①一流住宅メーカーの基礎の配筋
 「布基礎工法」

吉野聡建築設計室 木造住宅の基礎配筋
②吉野聡建築設計室でデザインした木造住宅の基礎の配筋。
 「べた基礎」

ハッキリとした違いがある住宅の基礎。
もちろん!!
一流住宅メーカーの布基礎・吉野聡建築設計室のべた基礎も、建築基準法の基準はクリアしています。

弊社では、基準をクリアすればOKと言う考えでなく、コストを考えた中でより安全な住宅を設計・デザインしています。
その1つが下記の内容です。
写真No②の吉野聡建築設計室の木造建築の基礎は、他と違います。
それは、基礎の上部に立つ建築のデザイン・プラン(間取り)などによって鉄筋の配筋方法を分けています。
その理由は、1つの建物の中でも基礎に荷重が集中する部分・そうでない部分があるからです。
これらの検討を行い、その結果における対応を基礎の配筋にも行っています。
他とは異なるヨシノデザイン。
基礎の配筋にもこだわります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月10日

「東日本大震災」から8年 耐震診断・耐震補強工事の必要性2/2

災害に強い国土・地域の構築に向け、建築物の耐震化を推進するため、「建築物の耐震改修の促進に関する法律(平成7年法律第123号)(以下、「耐震改修促進法」といいます。)」が改正され、平成25年11月25日に施行されています。
この法に伴い、建築物の耐震化が規制強化されています。

耐震診断の義務付け
①昭和56年5月以前に着工された大規模建築物。
・病院、店舗、旅館等の不特定多数の者が利用する建築物
・小学校、老人ホーム等の避難弱者が利用する建築物
・火薬類等の危険物の貯蔵場・処理場

②地方公共団体が指定した避難路沿道の建築物で、倒壊した場合、
  道路を閉塞する恐れのある昭和56年5月以前に着工された建築物。

 (市町村が第一次、第二次緊急輸送道路等を避難路として指定)

③県が指定した昭和56年5月以前に着工された防災拠点建築物。
(現在、防災拠点建築物は未指定)

④ 昭和56年5月以前に着工された住宅や小規模建築物等についても、耐震診断及び耐震改修の努力義務が課せられました。

⑤通行障害建築物に、建物に附属する一定の高さ・長さを有するブロック塀で、避難路の沿道にある一定規模以上の既存耐震不適格のブロック塀等は、耐震診断が義務付けられます。

耐震補強工事
弊社で設計させて頂きました山梨県歯科衛生専門学校
耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事

上記①~⑤の建物所有者の皆様。
耐震改修促進法いより、建築物の耐震診断がど努力義務から義務化となっています。

詳しい内容は、吉野聡建築設計室 吉野まで。
詳細にご説明させて頂きます。
また、分かりやすい説明資料も準備完了しています。
まずは、お気軽にご相談下さい。

耐震診断・補強設計・耐力度調査 業務実績は、
吉野聡建築設計室Webサイト「耐震診断・補強設計・耐力度調査 業務実績
をご確認下さい。
多くの実績・経験・ノウハウが御座います。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:08 | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年3月 9日

「東日本大震災」から8年 耐震診断・耐震補強工事の必要性1/2

2011年3月13日 朝日新聞

8年前の3月11日。
2011年(平成23年) 3月11日(金)14時46分18.1秒、日本の太平洋三陸沖を震源として発生した大地震。
東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらした。
この地震規模は1960年チリ地震の9.5、1964年のアメリカ・アラスカ地震の9.2、2004年インドネシア・スマトラ島沖大地震・大津波の9.1に次ぐ、世界第4位規模だった。

東北大震災の震度分布(気象庁HP)
東北大震災の震度分布(気象庁HPより)

あの日・あの時間
私は、どこで・何をしていたのか??
今でもはっきり覚えています。
それは、甲府の中心部にあるテナントビルの調査を終え、車の運転して100m程走った信号で止まってた時に起こりました。
電柱も・周囲のビルも・前の車も全て揺れているんです。
近くにあった大きな駐車場の中心部に車を止めて外に出たんですが、立っていられないんです。
何が起きているのか?
どうなってしまうのか??と思った瞬間です。
事務所に戻って、情報を入手すると日本が大変な事に。
あの時の事は、今でもはっきりと覚えています。
8年前のブログを確認する事でも再確認出来ます。

改めて、あの時のブログを再UP致します。
・2011年3月12日
東北地方太平洋沖地震 山梨県甲府市
・2011年3月13日
2011年 東北地方太平洋沖地震+津波
・2011年3月14日
 既存建物の耐震化(耐震診断 耐震設計 耐震工事)
・2011年3月15日
 がんばれ日本 がんばれ東北

この未曾有の大災害の中で、ブログを継続するか悩んだ時のブログです。
・2011年3月16日
 ブログ更新を行い続けます

日本と言う国がどうなってしまうんだろうと思った日から7年
被災地の皆様の力強さ・たくましさを感じます。
だからこそ、忘れてはいけない・風化させてはいけない
また、情報を伝え続けなければいけない「東日本大震災」
改めて、この大震災で亡くなられた方々に、謹んで 哀悼の意を表すとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
そして、一日も早い完全な復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

地震や津波、そして雨や風、寒さ・暑さなどから私たちの命を守る建築。
改めて、その存在の大きさ・重要性を感じています。
だからこそ「正しい事を正しく」
強く持ち続けています。

明日のブログは、建築の耐震化の必要性をUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 8日

甲府市向町 タイ料理(トンロー)案内図

平成31年3月上旬に、内装工事がスタートしました
「甲府市向町 タイ料理(トンロー)」
平成31年4月26日(金)の「OPEN」を目指しています。

タイ料理 トンロー

タイ料理 トンロー 内観パース

本日のブログは、タイ料理(トンロー)の案内図をUPさせて頂きます。
山梨県甲府市向町にあります「グリーンタウン甲府東」
店舗
.ケーヨーデイツー甲府向町店
.ヤマダ電機テックランドNew甲府店
.オギノ向町店 .マックハウス .ツルハドラッグ
.ダイソーグリーンタウン甲府東店 .シューマート甲府向町店
.フリーグリーン向町店 .ソフトバンク 
.Queen's gate RITZ店

医療、福祉モール
.石山耳鼻咽喉科クリニック .甲府向町こころのクリニック
.アーク総合福祉プラザ ショールーム .いまいペインクリニック

SHOPS向町(複合テナント)
.麺は組 .保険クリニック .コインランドリーパール
.Dog Cafe&Grooming Purin House
.ドッグラン
ここに
.タイ料理「トンロー」
が出店します。

タイ料理 トンロー
麺は組様の隣になります「タイ料理「トンロー」」
山梨県甲府市向町147-1
グリーンタウン甲府東内 SHOPS向町 B3
詳しく、下記のグーグルマップをご確認下さい。

甲府市の東側の中心部になる施設です。
平成31年4月26日(金)にOPENする
.タイ料理「トンロー」
詳細は、改めてUPさせて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 7日

甲府市向町 タイ料理(トンロー)工事着工

2017年7月に設計相談がありましたT様。
「飲食店(タイ料理)を計画している」との内容です。
2017年12月15日
飲食店の出店計画 建築設計監理業務委託契約
そして、ご相談のありましたT様も含め、弊社にご相談を頂けるクライアントの皆様が、良くこんな話をしています。
「何を考え・何をしたら・また何から初めて良いのか分からない」
詳しくは、下記のブログをご確認下さい。
2018年12月 3日
建築を行う時には「手順」があります。

相談から1年8ヶ月。
① コンセプトや思い、取引先などの開業総合計画書の作成
② 開業資金から運転資金、毎月の経理における
  シュミレーションなどの総合資金計画書
③ 面積基準(店舗・客席)
④ ターゲットと料理種類・数
⑤ 必要備品リストの作成。
⑥ 建物の外部・内部デザインイメージ
⑦ 全体スケジュール表
⑧ 実施設計+打合
⑨ 各種予算の再確認
⑩ 施工者への見積+工事請負契約
と進んできました。
そして、平成31年3月上旬に内装工事の着工です。

墨出し
全ての基準となる「墨出し」から工事のスタートです。
(部材表面に基準になる通り心を示すことで墨壺などにより印すること/親墨を出すことである)
現場工期は1.5ヶ月。
タイトなスケジュールですが、4月26日(金)のOPENに向かって確実に・着実に歩み続けます。

タイ料理 トンロー 内観パース
完成パース。
タイ料理が大好きな私。
楽しみがいっぱいです。

明日のブログは、甲府市向町 タイ料理(トンロー)の案内図をUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年3月 6日

建築士法23条の6の規定による設計等の業務に関する報告書  

建築士事務所の開設者は、国土交通省令で定めるところにより、事業年度ごとに、次に掲げる事項を記載した設計等の業務に関する報告書を作成し、毎事業年度経過後3月以内に当該建築士事務所に係る登録をした都道府県知事に提出しなければならない。
一 当該事業年度における当該建築士事務所の業務の実績の概要
二 当該建築士事務所に属する建築士の氏名
三 前号の建築士の当該事業年度における業務の実績
 (当該建築士事務所におけるものに限る。)
四 前三号に掲げるもののほか、国土交通省令で定める事項

これは、2005年に起きた構造計算書偽装事件を受けた建築士法改正の中で、建築士事務所の情報開示の一環としての提出、及び知事による閲覧の義務が定められました。

改正建築士法により「報告書を提出せず、又は虚偽の記載をして報告書を提出した者」には、30万円以下の罰金が科せられることになり、また行政処分としての懲戒等の対象となります。

建築士法第23条の6
建築士法23条の6の規定による設計等の業務に関する報告書
今年も定められた日までに提出完了です。

「正しい事を正しく」

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡の思いです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:04 | コメント (3) | トラックバック (0)