2017年2月20日

床下の全てが大きな空気清浄器(紀州備長炭を使った工法)1/2

ヨシノデザインの建築には、優れた効果を発揮する紀州備長炭を使った提案を行い続けています。
・調湿効果
・消臭効果
・電磁波 吸収
もちろん自社建築の床下・壁材・収納・下足入・冷蔵庫などにもたくさん使っています。
優れたオリジナル工法。
このブログを使って何度となくUPし続けています。

より優れた快適な環境を求めるには、建築の高気密・高断熱化は必要不可欠です。
その究極が「無暖房建築」です。
2014年7月 9日
今年も「無暖房建築」の実施を目標にしています。

高気密・気密化になればなるほど、外部の新鮮な空気との入れ替えが無くなります。
そこで、一般の建築では換気扇を使って換気を行います。
強制的に換気。
冬は寒く、夏は暑くなります。
新鮮な空気を入れる為には仕方がないのかなと思います。

しかし!!!
それは、普通の考え。
優れた高気密・高断熱の提案を行い続ける弊社の建築は、違います。
常に更にを考えています。
より快適に・高性能に・楽を求めた工法があります。
「1階の床下が大きな空気清浄器」
快適な温度で空気が新鮮。

完全オリジナル工法の「1階の床下が大きな空気清浄器」となった建築。
それを実現する為には、たくさんの技術・対応・ノウハウが必要です。
「床下は部屋の一部」
基本的な考えから違います。
それは、建物の構造材から検討を行います。
そして「紀州備長炭」。

床下にある紀州備長炭
美しい1階の床下にある紀州備長炭
(青い袋の中いっぱいに詰まった紀州備長炭)
和歌山県の生産者から取り寄せる「ほんもの紀州備長炭」です。

詳細な説明・効果は、明日のブログでUPします。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日

Webサイト・ブログ・Facebookの更新を行い続ける理由

山梨県・甲府市の公共建築、住宅、店舗、飲食店、事務所、工場、倉庫、アパート、マンション、各種病院・歯科医院 などの設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査。
そして、建築確認申請手続き、特殊建築物定期調査報告書の作成。  
補助金申請・各種申請業務 ・中古住宅の既存住宅現況検査員などをおこなう
山梨県甲府市 吉野聡建築設計

詳細な業務内容については、吉野聡建築設計室Webサイト
また、過去に設計を行った建築については、
完成写真がUPされていますprojects(プロジェクト)  
物件名がUPされていますworklist(業務リスト)
をご確認下さい。

いつも、弊社のWeb・Blog、そして吉野聡のFacebookにご訪問+温かなコメントを頂き、誠に有難う御座います。
2017年1月22日には、ブログ投稿が3300回を記録しています。
祝3300回 山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ
ご依頼頂けるクライアントの皆様・私を支えて下さる皆様・すべての皆様
大きな感謝の気持ちです。

私が毎日のWeb・Blog・Facebookの更新を行い続ける理由は、
建築に関する「伝いたい事・伝えるべき事」がたくさんあるからです。
だからこそ、Web・Blog・Facebookを更新・発信し続けています。
Web戦略と言ったSEO・SEM、マーケティングやコンテンツと言った事も大切。
しかし、それ以上に思いを伝える事はもっと大切です。

吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡
継続する事でたくさんの感動が生まれます。
そして、その可能性は無限大です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月18日

バルコニーとベランダの違い

「ベランダとバルコニー」
言葉だけ違って同じ意味なの??
なんて思っている方もいるのかなと思います。
実はこの2つ、しっかりとした違いがあります。

iiiiijjuyffreehhhjaulnicdid.jpg
(yahoo画像より)

・「ベランダとは」
建物の外に張り出した屋根付きのところのこと。
雨の日でも洗濯物を干すことができます。
・「バルコニー」
2階以上の室外に張り出した屋根のない手すり付きのところのこと。
簡単にお話しすると、ベランダとバルコニーの違いは屋根の有無です。

その他に語源です。
「ベランダ」はポルトガル語が語源。
そして、「バルコニー」はイタリア語です。

このように「バルコニーとベランダ」には、はっきりとした違いがあります。
ブログをご訪問の皆様。
今日から、正しく使い分けましょう。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月17日

人・社会・文化を思いやる心・気持ち

今の世の中を見ると、企業はもちろん社会までも「いかに利益を上げるか」に躍起になっています。
そして、利益を上げた者が評価される時代です。
もちろん、その部分を否定するつもりはありません。
利益を上げて、企業・社会を存続させることは大切な事です。
しかし、それ以上に大切な事があると考えています。

それは、ご依頼頂けるクライアントの皆様・世の中・社会の為になる。
また、そうでなければと考えています。
それは、利益ではないんです。
私の個人としての、また弊社としての気持ちです。
建築士・建築家とは、そう言うものであると考えています。

吉野聡建築設計室 吉野聡

吉野聡建築設計室は、平成12年5月よりスタートしています。
更に詳しい情報は、自社のHP profile(プロフィール)をご確認下さい。
今年で17周年を迎えます。
スタート時から大切にしている「思いやる心・思いやる気持ち」
今後は、更に大きく・広く・強く努めていきます。
それが、吉野聡の建築士・建築家としての使命です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月16日

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 パート・アルバイト募集

山梨県甲府市にあります吉野聡建築設計室
詳しい案内図は、下記のリンクをご確認下さい。
吉野聡建築設計室Webサイト 案内図・連絡

山梨県 甲府市 吉野聡建築設計室

詳しい情報は
Webサイト    山梨県甲府市にある建築設計事務所、吉野聡建築設計室
blog       山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ
Facebookページ 吉野聡建築設計室
をご確認下さい。

・住宅、店舗、飲食店、事務所、倉庫、アパート、マンション、各種病院・歯科医院・公共建築などの
 新築・増築・減築・改築・リフォーム・リノベーションの建築設計・現場工事監理
・耐震診断、耐震補強設計、耐震補強工事現場監理
・建築確認申請、特殊建築物定期報告書・外壁タイル調査など各種申請業務
・各種建築に関する建物計画・資金計画・各種補助金申請などのコンサルタント
・Webコンサルタント
を行っています。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
「パート・アルバイトを募集させて頂きます」

<仕事内容>
建築設計(実務経験者)・建築営業
<条件>
・建築CAD(JWW-CAD・DRA-CADのどちらか使える方)
・Word、Excelが使える方

<その他>
・時給、休日、就業時間などは相談。
・年齢、性別は問いません。
・条件によっては、フレックスタイムや自宅勤務も可能。

まずは、下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
吉野聡建築設計室 吉野聡が担当致します。
多くの皆様からの問合せ。
宜しくお願い致します。

建築のデザイン・環境・性能・機能・コストを、
提案する・設計する・デザインする楽しさがある「建築設計」
たくさん楽しみましょう。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月15日

建築の「コーディネーター」であり「プロデューサー」である

建築を考える時、無数にある検討事項。
何から始めれば良いのか??
何て話を耳にします。
設計を進める時には、多くの事が関係しています。
設計の流れについては、
吉野聡建築設計室HP 「flow(設計の流れ) 」をご確認下さい。

たくさんの検討事項は、それぞれが単体のものではなく、お互いに複雑に絡み合ってきます。
例えば、全体の資金の中での土地選び。
不動産会社は、土地の事は把握していますが、建築の関係法やデザイン・環境などは・・・。
また、全体の金融機関の資金計画の中でいくらまでの土地が購入できるのか?
金融機関では、判断が難しくなります。

その他、会社内・家族・親戚間での意見の食い違いです。
人が集まれば、いろんな意見が出てきます。
それは、凄いプラスの事ですが、時にはトラブルの原因にもなります。

そんな建築に関する、多くの情報・意見
それは、その建築の条件によって変わります。
条件はみんな違うんです。
その中で、その1つの正解が求められます。

吉野聡建築設計室では、
建築設計を通じて、建築に関する「コーディネーター」であり「プロデューサー」であります。
コーディネーターとは?
いろいろな要素を統合したり調整したりして、一つにまとめ上げる係。
プロデューサーとは?
それぞれの総責任者をいう。

土地・登記・建設・法律・電気・ガス・水道・引っ越し・式典・融資・税金・家具・解体・仮住まいのアパート・マンション、OPEN準備金・運転資金・・・。
これらすべて、1つの建築に関係します。
分からない事があれば何でも聞いて下さい。
ご依頼があったクライアントの皆様の建築は、全てを把握しておりますので、BESTな対応を行いながらスムーズに気持ちよく進める事が出来ます。

吉野聡建築設計室 吉野聡

それが「吉野聡建築設計室」です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月14日

平成29年度 ホテルの省エネ対策を経済産業省がランク付がスタート

経済産業省は平成29年度から、ホテル事業者の省エネ対策を4段階で評価する。空調や調理、照明などで消費するエネルギーが一定以上になる200社程度を対象に、毎年の電力やガスの消費量などを報告させる制度がスタートします。

1年間の取り組み実績を踏まえ、省エネ対策が進んでいる上位1~2割の事業者を「Sクラス(優良)」と認定する。連続でSクラスの事業者には、最高で「五つ星」がつく。

・Sクラス(優良)
 ホームページで企業名を公表・連続達成で「星」を付与
・Aクラス(一般的)
 特になし
・Bクラス(停滞)
 注意文書の送付・立ち入り検査
・Cクラス(要注意)
 改善計画書の作成指示
 指示に従わない場合、企業名の公表や行政処分

反対に改善が進まないCクラス(要注意)事業者には、
改善計画書の作成指示の指導があります。
更に指示に従わない場合は、企業名の公表や行政処分があるとの事。
(YOMIURI ONLINEWebサイトより)

省エネ対策に積極的に取り組むことで、地球にも・環境にも・ホテルにも・お客様にも大きなプラスになる取組。
弊社が提案し続けている「建築の高断熱化」も大きな貢献に繋がります。

経済産業省のワーキンググループ(第4回)の議事要旨を読むと、この流れはホテルから各分野に広がりそうな雰囲気を感じています。
そしてもう1つ。
「我慢の省エネルギーの時代は過ぎており、職場の環境を損なった省エネルギーでは意味がない。そういった意味で、政府部門において快適性と省エネルギーを両立させた取組みを行い、それを共有してもらいたい。」
これも弊社が提唱し続けている
「ガマンをするのではなく、快適な生活を送りながら環境に・地球に配慮した建築」
同じ道を歩んでいます。
昨日のUPしたブログ
2017年2月13日
誰でも快適に・簡単に・安全に・省エネ出来る高断熱建築
このブログ内でも、同じことをお話させて頂いております。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
日本の・世界の輝く未来と。
日本国と同じ方向・道を歩みながら、一歩先ゆく提案。
たくさん行い続けています。
これも弊社の強みの1つです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:13 | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月13日

誰でも快適に・簡単に・安全に・省エネ出来る高断熱建築

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログでUPし続けている
「誰でも快適に・簡単に・安全に・省エネ出来る高断熱建築」

断熱にもこだわった自社の建築
断熱にもこだわった自社の建築

火力・原子力・風力・水力・太陽光・地熱・バイオ発電・水素・・など「エネルギー(電気)の作り方も大切」ですが、「作ったエネルギー(電気)をどう使うか」も大切です。
苦労して作ったエネルギー(電気)をガマンしながら節電して使い続ける。
苦労やガマンは継続しにくいんです。

自動車社会を見て頂きたい。
低燃費車、ハイブリット車など、エネルギーの使い方の提案を積極的に行っています。
快適に省エネ・エコですね。
まさにこれなんです!!
楽だから・快適だから継続するんです。

そこで、弊社が提案するのは「建築の高断熱化」です。
高断熱にする事で、多くの問題が簡単に・安全に・誰もが楽しく解決する方向に向かいます。
お伝えしたい事は、山ほどあります。
今日は、弊社のブログでUPしている建築とエネルギーについての記事を一部をアップさせて頂きます。

公共建築 県営・市営の公共団地のスマート化の提案
いまある建築の断熱改修。 まずは公共建築から1/3
いまある建築の断熱改修。 まずは公共建築から2/3
いまある建築の断熱改修。 まずは公共建築から3/3
環境先進国のドイツと環境発展途上国の日本の違い
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 1/4
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 2/4
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 3/4
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 4/4
優れた高断熱建築は、社会・人・環境の問題を解決します。
進化・変化を続けながらも基本は変わらない。
「ヒートショック」にも安心 温かなで快適な住宅・家
日本の住宅建築 断熱性と耐震性の現状
人口の減少 良質な住宅を作ろう・残そう

2008年からスタートしている弊社のブログ。
約3000ページあります。
その中から一部ピックアップさせて頂きました「建築とエネルギー」
継続的に提案を行っています。
・地球環境問題
・温暖化問題
・エネルギー問題
・教育問題
・熱帯の発展途上国への提案
・ヒートショック・熱中症の健康問題・医療費の問題
・空き家問題
・税金対策
建築士である私の役目です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月12日

2017年1月「ラン・バイク・スイム」トレーニング集計表

「毎日の生活+仕事も楽しく・一生懸命に」
その為には、健康でなければと考えています。
そして、良い仕事を行う為にはタフでなければなりません。
そんな思いで1日の予定を考え、可能な限り行っている朝のトレーニング。
2011年6月からスタートしています。
はじめた頃はランニング。
そして、平成26年6月からはロードバイク。
一眼レフカメラもリックに入れて撮影も楽しんでいました。
2015年4月23日
ロードバイクと一眼レフカメラ

ロードバイクと和田峠
夜明け前の和田峠+甲府盆地とロードバイク

ランニングをスタートしたころは、1kmが限界でした。
それが今では、朝の時間に12.0kmのランです。
そして、そのタイムも現在は4分台に/1kmに突入!!
毎朝のトレーニングを初めて5年8ヶ月。
日々の継続は、大きな・多くの・幸せなパワーを運んできてくれています。

更なる成長・ポテンシャルUPを目指して!!
トレーニングを行った内容・距離は、エクセルの集計しています。
平成29年1月
2017年新年の集中トレーニング月間として
ランニング・・・153.60km
ロードバイク・・ 20.00km
スイム・・・・・ 0.00km

2017年1月 トレーンニング集計表

1月29日(日)+2月4日(土)には
はじめて参加するマラソン大会のコースの下見トレーニングに行っています。
甲斐市にあります敷島総合文化会館をスタートして、山に向かって走る登りが続きます。
敷島総合公園~梅の里クラインガルデンを折り返し、後半は下りの10kmコースです。
獲得標高約200m

梅の里クロスカントリー
コースの最高標高地点から見る甲府盆地

目標タイムを確実にクリアすべく、またの機会に、このコースでトレーニングです。
目的・目標に向かってまっすぐ一歩一歩 歩み続ける事。
これが遠くて近い道です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 02:57 | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月11日

第25回 ガラスに写る吉野聡「山梨県 防災新館」

2008年1月からスタートしています「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ」
このブログでUPし続ける・シリーズ化しているブログ記事があります。
それは「ガラス・鏡に写る吉野聡」
訪問した建築にある窓ガラス・鏡を使い、私自身を撮影する事です。

過去にUPした回数は23回。
ガラスに写る吉野聡シリーズ(過去のブログ)
(24)2017年1月 7日 第24回 ガラスに写る吉野聡「山梨県議会 議事堂」
(23)2016年6月26日 第23回 ガラスに写る吉野聡 「北巨摩合同庁舎編」
(22)2016年6月 9日 ガラス・鏡に写る「吉野聡」シリーズ22(特建定期報告現場調査編
(21)2016年3月11日 ガラス・鏡に写る「吉野聡」シリーズ21(ハカマ編)
(20)2016年2月10日 ガラス・鏡に写る「吉野聡」シリーズ20(山梨県総合教育センター編)
(19)2016年1月30日 ガラス・鏡に写る「吉野聡」シリーズ19(着物編)
(18)2015年9月26日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ18(山梨県八ヶ岳少年自然の家)
(17)2015年8月20日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ17(山梨県歯科衛生専門学校)
(16)2014年10月13日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No16(県立高校のトイレの鏡)
(15)2014年5月21日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No15(玄関フロントガラス)
(14)2013年9月 3日ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No14(Low-eガラス)
(13)2013年7月11日ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No13(ボンネット編)
(12)2013年5月13日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No12
(11)2013年2月14日 山梨県立八ヶ岳少年自然の家 体育館の耐震補強設計
(10)2012年11月18日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズの変化バージョン
(9)2012年10月19日 ガラスに写る「吉野聡」 No9
(8)2012年8月 8日甲府市総合市民会館ガラスに写る「吉野聡」シリーズ
(7)2012年4月 4日 ガラスに写る 吉野聡建築設計室 吉野聡
(6)2011年6月17日 山梨 甲府 吉野聡建築設計室
(5)2011年6月 2日 山梨県甲府市 建築設計事務所
(4)2011年6月 1日 有難う御座います「ブログ3周年」
(3)2010年8月15日 ブログの休日3
(2)2010年5月 2日 山梨県 甲府市 建築設計事務所 
(1)2009年12月24日 2009年 メリークリスマス

そして、今回の第25回となる「ガラスに写る吉野聡」
甲府市にあります「防災新館」の2階エントランスホールのガラス。

山梨県 防災新館
山梨県 防災新館
山梨県庁のHPより抜粋

防災新館 2階エントランスホール
撮影場所は
2階エントランスホールの赤丸(現在地)にあるガラスです。

防災新館のガラスに写る吉野聡
山梨県甲府市 防災新館のガラスに写る吉野聡
この日は、山梨県の公共建築(南都留合同庁舎)の設計打合。
集合時間の10分以上前に到着しています。
5分前・10分前行動。
子供の頃に教わった事です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 02:54 | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月10日

高断熱建築で高齢者のヒートショックを守る

日本人は、風呂の好きな国民といわれます。しかも熱めのお湯を好む人が多いようです。いまの寒い季節、お風呂で冷えた体をゆっくり温めるのは、一日の疲れを癒し心身をリフレッシュするのに最高の方法です。普段何気なく入浴していますが、浴槽内でいき絶えた状態で発見されることがあり、その原因が心臓や脳の血管の病気と大きく関わりがあると考えられています。とくに、高齢者の場合にはちょっとした注意が必要です。
(公益財団法人 大阪府三島救急医療センター サイトより)

入浴中の事故により、非常に多くの方が亡くなっています。
消費者庁が2016年1月の発表。
家庭の浴槽での溺死者数が2014年に4,866人
厚生労働省の発表
入浴中の事故死の数は溺死以外の死因も含めると年間約19,000人
この数は、「交通事故死よりも多い」
若年層も注意が必要です。

これは、急激な温度変化によって血圧が大きく上下し、体に大きな負担がかかる
「ヒートショック」にあると言われています。
2016年11月 7日
「ヒートショック」にも強い吉野デザインの建築1/2
2016年11月 8日
「ヒートショック」にも強い吉野デザインの建築2/2

国土交通省の調査データによると。
居間または脱衣室の平均室温が18℃未満の住宅で生活する多くの皆様は、入浴事故のリスクが高いとされる熱め(42℃以上)の入浴をする確率が高い。

入浴事故と室温
寒い住宅で生活されている方は、入浴事故のリスクが高まる42℃以上の熱いお風呂に入る割合が多い。
その差は1.8倍となる。

弊社の考え高断熱の建築(住宅)とは、何時でも・どの部屋に行っても室温の変化がない一定の温度になる建築です。
それは!!
「環境を部屋ごと考えるのでは無く、建物全体を1つとして考えているからである。」
その考えは、エネルギー消費量もランニングコストもプラスに繋がります。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:00 | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月 9日

山梨県甲府市吉野聡建築設計室ブログ 祝37,000のコメント

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログにご訪問頂き誠に有難う御座います。
その他
山梨県甲府市にある建築設計事務所、吉野聡建築設計室(HP)
吉野聡のFacebook個人ページ(FBの会員のみ閲覧可)
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 Facebookページ
吉野聡建築設計室 Breakfast(朝食)Facebookページ
山梨県南アルプス市 居酒屋芳野 Facebookページ
このブログを合わせると6種類のWebに、毎日多くの皆様の訪問+コメントを有難う御座います。
また、ご依頼を頂けるクライアントの皆様、私を支えてくださる全ての皆様
感謝の気持ちでいっぱいです。
誠に有難う御座います。

2008年1月にlivedoorブログでスタートした吉野聡建築設計室のブログ
2008年6月からは、Movable Typeを使用したブログとしてリニューアル
毎日更新を行いながら9年2ヶ月が経過しています。
そんな中!!
2017年2月5日(日)

ブログコメント37,000
ブログコメント37,000。

Movable Type blogの管理画面
皆様から頂くコメント数が「37,000」を記録しています。
その方は、新潟県上越市「保険相談所 有限会社 あい企画 代表 五十嵐淳様」です。
いつも有難う御座います。

この数字・記録は、ご訪問頂く皆様のおかげ。
皆様と共に歩んだきた「記録」です。
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室ブログにご訪問・コメント頂ける多くの皆様
本当に有難う御座います。
これからも、弊社のWebサイト・ブログ・Facebookを通じ、皆様にとって更に有意義な情報を発信し続けます。
今後共宜しくお願い致します。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (4) | トラックバック (0)