« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月31日

公共建築物木材利用促進法

「公共建築物木材利用促進法」
この法案の狙いは、日本の森林資源の成長量は年間約8000万m3に上るものの、その4分の1程度しか使われていない。木材利用の拡大のために農林水産省が提出したのが「公共建築物木材利用促進法案」だ。そのシナリオは、公共建築物を足がかりに民間の建築物へと木材利用を広げるというものである
詳しくは、2010年4月30日 公共建築物木材利用促進法案 をご確認下さい

平成22年5月19日に法案成立、同月26日に交付され、6ヶ月以内に施行されます
各地方公共団体では、この法案を受けて、公共建築物の木造化と木質化のために、条例の一部を改正したり方針に盛り込む作業を行っています

公共建築物木材利用促進法
平成22年8月11日 
日刊木材新聞に掲載される公共建築物木材利用促進法

静岡県:2階建て以下を原則木造化
京都府:延べ面積2000㎡以上に府内産材利用義務化
山梨県:国の基本方針が発表され次第、基本方針の作成策定し、木材利用の促進策、数値目標を盛り込み、県産材の需要拡大を図る

その他の県でも動きを見せ始めています

輸送エネルギーやリサイクルなど、環境にもプラスになる地域の木を使った木造建築物
木造建築物の中でも多くの工法があります
吉野聡建築設計室では、その中でも、在来工法・2×4工法・金物工法・丸太組工法(ログハウス)・大きな集成材を使った大規模木造建築など、多くの提案・設計を行っています
建築しようとする場所や建物用途・規模・デザイン・・・などによって工法を使い分けます

工法以外に、他には無い機能・性能・効果を追求したオリジナルな提案をたくさん行っています
そのような建築で、多くの驚きを感じて頂きたいと考えています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:57 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月30日

環境とは何か

環境とは(広辞苑より)
「地球上の生き物を取り囲み、何らかの影響を与えるものすべて」
例えば、私達が生活をする中で電気・灯油・ガスなどのエネルギーを使用する事で、他の地域の方や国や地球全体に大きな負荷を与えています

2010年8月25日 山梨日日新聞に気になる記事が掲載されていました
世界中の人が日本人と同じ暮らしをしていたら、地球が二つ以上必要になる―。世界自然保護基金(WWF)ジャパンは25日、ある国の人間が生活レベルを維持するのに必要な農地や海、森林などの合計面積を示す「エコロジカルフットプリント」という指標を使い、日本人に生活様式の見直しを求める初の報告書を公表した。
報告書は、日本人は国土が本来供給できる量に比べ、「7倍近い自然資源を利用している」と指摘。WWFジャパンは「過度に輸入に依存する食生活を見直し、廃棄される食料や二酸化炭素(CO2)の排出量を減らして、環境負荷を下げる努力をすべきだ」としている

私達、日本人の生活
改めなければと思います
地球はみんなのものです

吉野聡建築設計室が行う、小さなエネルギーで快適空間をつくる
また、快適空間を長時間持続させる
その他、太陽光発電や地熱などエネルギーを自ら作り出す事
私達や地球上の全ての動植物、そして地球の未来の為にです
これからも、生活レベルは向上させながら、地球環境に貢献する建築を提案し続けます
環境に配慮しながらデザインをプラスして、素敵に生活をする
楽しみが多い建築です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:53 | コメント (20) | トラックバック

2010年8月29日

ブログ投稿 900回

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ
・2008年1月19日 livedoorブログとしてスタート
・2008年6月 7日 からMovable Typeブログとしてリニューアル
MT初ブログは「3回目の祝!MT初ブログ」をご確認下さい
(MTに困惑している様子が確認できると思います)
その後、MT3からMT4にバージョンUPを行い、現在に至ります

2010年8月27日(金)の「平成22年 建築基準法第12条 特殊建築物定期調査」のブログで900回を迎えました
日々継続出来るのは、ご依頼を頂けるクライアントの皆様、私を支えてくださる皆様、吉野聡建築設計室のブログにご訪問下さる皆様、コメントを下さる皆様
皆様のおかげです
全ての方々に、感謝の気持ちでいっぱいです
誠に有難う御座います

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野です
有難う御座います

これからのブログUPの950回、1000回・・・と更に多くの有意義な情報を発信します
今後共、宜しくお願い致します

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:48 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月28日

電気自動車 家庭用充電

日産自動車により2010年末に日本とアメリカで発売される「リーフ (LEAF)」
リチウムイオンバッテリーを搭載した量産型の100%電気自動車です
電気自動車の時代到来です

電気自動車 日産リーフ
電気自動車 日産リーフ 「Wikipediaより」

充電に関しては、3相200Vの急速充電器の利用により、30分で電池容量の80%を充電することができるほか、単相200Vの普通充電で約8時間、単相100Vの普通充電でおよそ16時間で100%充電することができる。また、回生ブレーキシステムも採用されており、満充電で160km走行することができる(LA4モード、電池容量は24kWh)。「Wikipediaより抜粋」

家庭用電源で充電可能な電気自動車 日産リーフ
建築での充電用電源整備が必要になってきます
吉野聡建築設計室では、こんな時代に備え、以前より駐車場付近に電気自動車用電源を確保しています

充電用 外部コンセント
吉野聡建築設計室の自社建築にある電気自動車充電用の電源

単相200Vの普通充電で約8時間
夜間の駐車時に電気自動車の充電を行った場合
電気契約が「オール電化契約」の場合は、PM11:00~AM7:00までの深夜電力(8時間)を使用すれば通常の1/3の電気代で充電完了します
また、太陽光発電で発電した電気を使用する事も可能です
通常、太陽光発電は100V
パワーコンディショナー装置で200Vの変換も可能です
(電気契約によっては注意が必要です)

楽しみが多い電気自動車
これからの主流になるのではと思います
その為には、建築(充電用電源)の整備も必要です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:58 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月27日

平成22年 建築基準法第12条 特殊建築物定期調査

暦の上では立秋ですがまだまだ厳しい暑さが続きます
体調管理には、くれぐれもお気をつけください
建築では、建築基準法第12条に基づく 特殊建築物定期調査の季節を迎えます

Ⅰ.特殊建築物定期調査とは?
建築基準法第12条の規定により、特殊建築物の所有者(管理者)の方は、建物をいつも安全な状態に維持管理し、定期的に調査した結果を報告するように義務づけられています。
定期的な調査を行うことで、重大事故の発生を未然に防ぐことが目的です。

Ⅱ.特殊建築物とは?
不特定多数の者が利用する一定規模以上の建物のことを言います。
詳細は、下記の建築が対象となります
1.劇場、映画館、演芸場
床面積の合計が200m2以上のもの又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し
かつ、当該部分の床面積の合計が100m2以上のもの又は主階が一階にないもの

2.観覧場(屋外観覧場は除く)、公会堂、集会場
床面積の合計が200m2以上のもの又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し
かつ、当該部分の床面積の合計が100m2以上のもの

3.病院、診療所(患者を入院させるための施設があるものに限る)、老人ホーム、児童福祉施設等
床面積の合計が300m2以上のもの又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し
かつ、当該部分の床面積の合計が100m2以上のもの

4.旅館、ホテル
床面積の合計が500m2以上のもの又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し
かつ、当該部分の床面積の合計が100m2以上のもの

5.下宿、共同住宅、寄宿舎
床面積の合計が500m2以上のもの又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し
かつ、当該部分の床面積の合計が100m2以上のもの

6.学校、体育館
床面積の合計が2000m2以上のもの又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し
かつ、当該部分の床面積の合計が100m2以上のもの

7.博物館、美術館、図書館、ボーリング場、スキー場、スケート場、水泳場、スポーツの練習場
床面積の合計が2000m2以上のもの又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し
かつ、当該部分の床面積の合計が100m2以上のもの

8.百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェー、バー、ナイトクラブ、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、待合、飲食店、物品販売業を営む店舗
床面積の合計が500m2以上のもの又は3階以上の階にその用途に供する部分を有し
かつ、当該部分の床面積の合計が100m2以上のもの

9.上記に掲げるものを除き、事務所その他これらに類するもの
階数が5以上で床面積の合計が1000m2を超え
かつ、地階又は3階以上のいずれかにその用途に供する部分(100m2を超えるもの)を有するもの

Ⅲ.調査・報告方法は?
調査ができるのは、建築士などの建物に関する特殊な資格をもっている方に限られます。

上記の内容を簡単にご説明致します
定められた建物を、建築基準法に定められた方法で、建築士や有資格者が、建物の健康診断を行います
その結果を報告書にまとめ、都道府県と建物所有者(管理者)に提出・報告する事です。
建物を安全・安心に使い続ける為にです!!

調査内容についてのブログは
・2009年12月 1日 特殊建築物定期調査の非常用の照明装置
・2009年11月16日 建築基準法第12条に基づく 特殊建築物定期調査

調査内容の1つ(外壁タイル調査(赤外線調査))
・2009年10月26日 特殊建築物定期調査報告 外壁タイル赤外線調査

特殊建築物の定期調査報告
「建物もあたなと同じ健康診断を」
山梨県では、定期報告制度の周知を図るため、特殊建築物の調査報告の年に対象建築物所有者等に案内を通知しています

平成20年4月から定期報告制度が変わっています
詳しくは吉野聡建築設計室まで

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:04 | コメント (20) | トラックバック

2010年8月26日

木造住宅の階段のデザイン 3/3

階段シリーズ「パート3」
下階と上階の繋がりをつくる階段の種類について
一口に階段と言っても多くのタイプがあります

①直階段
 真っ直ぐに昇る階段
 シンプルデザインです
 しかし、転倒した際に落下する事もある為に、お年寄りや小さなお子様がいる家庭には不向きです

②折り返し階段
 コの字の様に折り返して昇っていく階段
 階段下が収納スペースに出来ると言う利点があります
 手に荷物を持って階段を使用する時の不便さもあります

③かね折れ階段
 90度に、階段が曲がっているタイプです。
 曲がる部分ので階段の段数の検討が必要です

④カーブ階段
 円状に曲がっていく階段
 優雅なデザイン
 大空間が必要となります

⑤螺旋(らせん)階段
 らせん状で、オープンタイプの階段が主流になってきています
 上下する時の目線(視線)が難しくなります

多くの種類がある階段
平面プラン(間取り)・導線・機能・性能・建物本体の構造・・・
そしてデザインの提案を行っています

下階と上階の繋がりをつくる階段
それぞれにメリット・デメリットがあります
ヒアリングを通じて多くの条件を確認しながら、たくさんの提案を行い、更にプラス(メリットが多い)となる階段をデザインします
これも、吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」に繋がってきます

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:51 | コメント (20) | トラックバック

2010年8月25日

木造住宅の階段のデザイン 2/3

階段シリーズ「パート2」
下階と上階の繋がりをつくる階段
材質や機能・性能の向上の為の提案です

サイプレス(豪州ヒノキ)製 階段
吉野聡建築設計室で多く使用するサイプレス(豪州ヒノキ)
サイプレスを使用した階段です
他には無いサイプレス
サイプレスには、他の木には無い優れた機能・性能・耐久性や木肌の温かさがあります
詳細説明は、過去のブログをご確認下さい
・2008年11月 3日 サイプレス(豪州桧)を使った吉野デザイン
・2009年8月21日 サイプレス(豪州ヒノキ)と杉

下記のブログはサイプレスの森があるオーストラリアの視察レポートです
・2009年11月 9日 サイプレス(豪州ヒノキ)1/3 
 シロアリ被害に無縁
・2009年11月10日 サイプレス(豪州ヒノキ)2/3 
 サイプレスの製材
・2009年11月11日 サイプレス(豪州ヒノキ)3/3 
 吉野聡建築設計室でのサイプレスの使用例

LED照明階段
階段の蹴上部分にLED照明を設けた階段
青○で囲まれた部分です
夜間の上り下りにも安全+電気代もわずかです

階段ホールのデザイン
階段の上部に設けたトップライト
天井面からの光が下階まで降り注ぎます

自然光で明るい階段
気持ちが良い空間となります
また、機能・性能・環境面でも優れています

階段を利用したさまざまな提案
他には無い効果があります
明日のパート3(最終回)は、階段の種類についてです

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:54 | コメント (22) | トラックバック

2010年8月24日

木造住宅の階段のデザイン 1/3

下階と上階の繋がりをつくる階段
普段の生活もですが、建築でも重要な部分です
それは、建物の平面・断面の全てを理解しながら、階段の機能面や安全性への検討を行います
階段の材質も関係します
また、建築基準法では建物用途によって細かく階段の寸法(踏面・蹴上・有効巾員)が規定されています

その他、内部環境の向上としても利用可能です
上下階を結ぶ導線だけでなく、光や風・室内空気の循環の通り道、家族間の繋がりなどとしての提案も行っています

続いて階段のデザインも提案します
吉野聡建築設計室のコンセプト「デザイン・機能・コスト」
この3つが1になった提案は階段にも生かされています

吉野聡建築設計室が設計・監理を行った木造住宅の階段
スケルトン階段の実例をご紹介します

スケルトン階段1
リビングの1画に設けた木造のスケルトン階段Part1
真っ白な爽やかで清潔感のある階段
踏板のみの最もシンプルなデザインです
また、階段の上下にある大きな開口部(窓)からたくさんの光と風が室内に降り注ぎます


スケルトン階段2
リビングの1画に設けた木造のスケルトン階段Part2
木の温かみのある材質と色彩
上部の白い階段とは異なりますが、これもシンプルデザインです

上下階を結ぶ導線と言う事だけでなく、デザイン、多くの機能・性能などたくさんのメリットがあります
これも、吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」に繋がってきます
明日のパート2は、階段の材質や機能です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:07 | コメント (16) | トラックバック

2010年8月23日

建築工事請負契約の締結

平成22年2月末に設計の依頼がありました 山梨県笛吹市 A様
多くのヒアリング・敷地調査・各種検討報告・設計・施工見積を行い続けてきました山梨県笛吹市のA-House
設計図、施工見積の確認・チェックについては下記のブログをご確認下さい
・2010年8月12日 設計図面は製本してお渡しします
・2010年8月11日 コスト管理(見積書のチェック)

さまざまな報告を行い
先日、吉野聡建築設計室にて建築工事請負契約を結ぶ事となりました

工事請負契約
吉野聡建築設計室で行う建築工事請負契約
(写真は手前のシロ竹にピントを合わせています)

さまざまな書類を提出、説明を行い、全てご確認・承諾頂き署名・捺印です

契約書 捺印
契約書に貼る収入印紙の割印

A様、おめでとう御座います
これからも宜しくお願い致します

工事開始までに3種類の許可申請がありますので、着工は10月上旬の予定となります
工事現場監理の状況は、吉野聡建築設計室HP  working(監理状況) A-House 新築工事でUPし続けます


山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:06 | コメント (14) | トラックバック

2010年8月22日

鬼門の確認

鬼門(きもん)とは、北東(艮=うしとら:丑と寅の間)の方位のことである。陰陽道では、鬼が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角としている。他の方位神とは異なり、鬼門は常に艮の方角にある。
鬼門とは反対の、南西(坤、ひつじさる)の方角を裏鬼門(うらきもん)と言い、この方角も忌み嫌われる。(Wikipedia 抜粋)

吉野聡建築設計室の設計・監理を行う建築は、鬼門の確認を致します
しかし、確認方法は一般的な内容です
それは、鬼門の由来にはさまざまな説があります
また、検討を行う時の建物の中心の決め方についても多くの考えがあるからです

建物の中心の決め方について
1.大黒柱や棟木の中央を中心とする
2.いまの中心を家の中心とする
3.平面図形の凹凸を平均化して中心を定める
4.平面図形の重心を求めて中心とする
吉野聡建築設計室では、4の平面図形の重心をを採用しています

多くの説や考え方があります鬼門
全ての基本は「健康的で使いやすい建築」という事と思います
また、このような事を大切にする気持ち・心が重要ではと考えます

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:55 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月21日

敷地調査

建築物を建てる敷地(土地)の敷地調査
設計を行う上で、全てのスタートとなります
調査内容は、各関係法の行政機関との事前相談にはじまり、周辺環境の確認・敷地測量・地盤内の確認の地耐力調査を行います
その中の1つにライフラインの確認があります

ライフライン
ライフラインの確認
左から、緑がガス、黒が給水、白が排水(下水道)
その他、電柱・電線の位置を確認します

調査を行った敷地は、新規分譲地です
給水・排水(下水道枡)・ガスの配管が敷地内まで接続されています
このような敷地は、容易に確認を行う事が出来ます

その他、最も大切な敷地境界の隣地境界線・道路境界線の確認です

敷地境界
境界線が表示されているプレートで確認
どこに境界ラインがあるか明確です
新規分譲地の場合は、測量図(実測図)+現場で容易に確認出来ます
境界ラインが不確定の場合には、GPSを用いたり、隣接地の方の立会いのもとで境界査定を行う事もあります

全ての基本となります敷地調査
どんな条件の敷地であっても、詳細に調査・確認致します
調査結果によって、建物の配置・プラン(間取り)・デザインなどが変わります

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:06 | コメント (16) | トラックバック

2010年8月20日

水害に備えて

昨日のPM2:00からPM2:40
山梨県甲府市では、強い風の中激しい雷雨となりました
道路にある側溝は短時間で満水となり、道路が川のように・・・

側溝
吉野聡建築設計室の前面道路の側溝
激しい雷雨によって道路が川のように・・・

このような場合に備えて、吉野聡建築設計室の敷地は敷地のレベルを上げています
前面道路から敷地の高低差は約20㎝あります
さらに敷地内の地盤面から1階床面まで約60㎝あります
この約60㎝は、吉野聡建築設計室が設計・監理を行う木造建築の基本仕様です(一般より高い)

その他、敷地内の排水経路です

・2010年7月29日 雨水の排水(排水経路)1/2
・2010年7月30日 雨水の排水(排水経路)2/2
上記2回の連載ブログでご紹介した排水経路を確保していますので、多少の洪水では問題なしです
事前準備・対策で、多くの災害から安全を確保する事が出来ます

※山梨県甲府市では、大規模洪水被害想定図を示した洪水ハザードマップがあります
 他の市町村でもこのような洪水ハザードマップを確認する事が出来ると思います
 各市町村のwebサイトを確認して下さい

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:58 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月19日

土地(敷地)に関係する法律

建築物が建つ敷地(土地)
建築やクライアントの条件と同じ、敷地(土地)も2つとして同じ条件はありません
その中の1つ、敷地に関係する法律があります
関係する法律は1つではありません
多くの関係法があります
新規で土地を購入される場合は、不動産売買契約時の重要事項説明の中でも説明があります
全ての事をしっかりとご理解頂いく事が大切ではと思います

現在、計画・設計を行っています敷地
建築基準法以上の厳しい制限・基準が適応となる地域です
(地区計画の基準)
①建物の用途の制限(詳細な基準あり)
②容積率の最高制限(地域により150%以下)
③建ペイ率の最高制限(地域により50%以下)
④建築物の外壁の位置の制限
 (隣地境界線1.5m以上・道路境界線から1m以上確保する事の規定)
⑤建築物の高さの制限(建物の高さの制限13m以下)
⑥緑化における基準
 (敷地周囲の生垣・フェンスの高さ制限、敷地面積に対する緑地面積の規定)
⑦建築物の意匠・形態の制限
 (その他景観の調和を図る為に外壁・屋根の色の制限)

豊かな住環境や景観を守る為に定められた基準です
皆様の協力で地域全体での調和を図り、住みよい町づくりに協力です

※敷地(土地)に関する法律や基準のご相談も行っております
 是非ご利用下さい

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:59 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月18日

住宅ローンと資金計画

2010年8月14日付の朝日新聞に気になる記事がありました
それは「無理なローン 家失う 09年度6万個が競売に」

60,000戸
驚きの数です
経済状況の変化によっての原因もありますが、無理な住宅ローンを組んだ事が原因と考える事も出来ます
聞いた話ですので100%の断言は出来ませんが、ある金融機関の甘い審査や必要以上の住宅ローンを勧める住宅会社があるとの事です

吉野聡建築設計室では、オリジナルの資金計画表や金融機関との事前相談を行いながら、資金計画を行っています
(資金計画表については、2010年8月 7日「はじめに資金計画から」をご確認下さい)

いくら借りる事が出来るかではなく、月々にいくら返済出来るか(返済率も含め)を検討します
それは、住宅ローン以外のローンも含めての額になります
迷った時は、安全側に答えを出します

住宅ローン(資金計画)は人生設計の1つです
大切な資金計画を確実に行い、夢のマイホームと一生共に生活をして頂きたいと考えています
吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」に繋がります

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:58 | コメント (22) | トラックバック

2010年8月17日

間取り 平面プラン

吉野聡建築設計室が行う設計は、規格の中で行う自由設計ではなく、0から検討を行う完全自由設計です
オリジナルデザインの「完全自由設計」
詳しくは、2010年8月 6日 間取り(平面プラン、基本設計)

建物の平面計画(プラン 間取り)を行う時には、多くの事を検討します
それは、人・物などの導線、季節・曜日・時間帯などの人や自然の動きの違い、内部の環境やデザイン、窓の位置や大きさなどの検討です
機能+デザインの「with」建築です
詳しくは、2010年7月20日 間取り 平面プランを考える時 をご確認下さい

多くの打合(ヒアリング)や検討・提案によって作成された平面プラン(間取り)
1人のクライアントの為に行います
しかし、プラン完成時には、まず私が「使いたい・生活したい」と思ってしまいます
それは、そのプランやデザインに惚れこんでいるからです
そこには、多くの楽しみ・素敵なデザインがあります
そのような思いがあるプラン
プラン提出時の打合(ヒアリング) とてもワクワクします

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい


投稿者 2715201 : 03:44 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月16日

建築設計 打合議事録

建築設計の打合議事録
打合議事録
打合議事録
(情報がたくさん書かれていますので、焦点をずらしています)

設計を行う時の打合(ヒアリング)は、重要な話がたくさんあります
必ずメモをとることを心がけています
そのメモを基に作成します、吉野聡建築設計室オリジナル「打合議事録」
(データとして保存する事も可能です)
これは、公共建築、商業建築、住宅建築・・・と全ての設計で同じ書式を使用します

まとめた打合議事録は、次回の打合(ヒアリング)時に1つ1つの項目を説明・確認しながら提出を行います
このような作業によって、お互いの意思の確認を図る事が出来ます
また、多くの要望が設計にどのように反映されているかを説明致します

その他、建築工事に行う時の現場監理
工事監理日報として監理時の議事録を提出を行っています
詳細は、下記のブログをご確認下さい
2009年6月11日 現場監理報告書類をご確認下さい
2009年3月 4日 吉野聡建築設計室の現場監理

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:06 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月15日

ブログの休日3

建築の設計・デザイン,家づくり・住宅設計,リフォーム,店舗,事務所,歯科医院などの建築設計・監理を行う、山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログに訪問頂き誠に有難う御座います

吉野聡建築設計室 吉野聡
天井にある鏡に写る吉野

吉野聡建築設計室のブログにご訪問頂き、誠に有難う御座います
本日のブログは休日とさせて頂きます
会社は、通常通りOPENしていますので連絡可能です
宜しくお願い致します

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい


投稿者 2715201 : 00:42 | コメント (9) | トラックバック

2010年8月14日

お仏壇の安置場所

8月13日の「迎え盆」から16日の「送り盆」までの4日間をお盆としています
お盆は、祖霊がお盆の期間だけ家に帰って家族ともども過ごし、再びあの世に旅立つまでの間の行事(まつり)と言われています
お盆の期間は、いつも以上に仏壇に向かって手を合わせる機会が多くなる事と思います

家の設計を行う時には、仏壇の安置場所も重要になります
①デザインや機能などが異なります
②方角(仏壇の向き)
 古いお寺の本堂などは大抵南向きなので、仏壇も南向きが良いとか、東向きが良いなどと言われますが、考えによって変わります
 決った考えがなければ、家族が揃ってお参りできる所に置けば良いと考えています
③仏壇のサイズ
 現在ある仏壇・購入予定のある仏壇
 それぞれでサイズが異なります
 その為、収納タイプの仏壇置場の場合は特に注意が必要です
 それは、仏壇の扉を開く事が出来る広さが必要です

その他、神棚も関係します
神棚はご家庭の繁栄と平和、会社の発展などを願ってお祀りする、ご家庭の小さな神社です
神棚の配置についても多くの考えあります
決った考えが無い時には、アドバイスをさせて頂きます

仏壇や神棚の条件もそれぞれで異なります
個々の対応を行っています
 
山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい


投稿者 2715201 : 03:58 | コメント (11) | トラックバック

2010年8月13日

やっぱり建築設計は面白い

夢に向かって1歩1歩進む建築
何も無い敷地に、いろんな思いが詰まった建築が建つ
そこには、多くの笑顔・感動があります

建築は、それぞれに条件が違います
ですので、1+1=2のような即答出来る答えはありません
多くのヒアリング・検討・提案を重ね、1つ1つの正しい答えを出していきます
その答えは、条件によって変わります
答えは1つでない
そこに魅力を感じます

「建築設計」
やっぱり建築設計は面白い
私にとって、こんな面白い仕事って無いんじゃないかと思います

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:58 | コメント (10) | トラックバック

2010年8月12日

設計図面は製本してお渡しします

建築の全ての基となります建築設計図
吉野聡建築設計室では、設計図面を製本にしてお渡ししています
その製本は、吉野聡建築設計室が感謝の気持ちを込めて丁寧に・大切に作成致します

設計図面の製本
クライアントにお渡しする製本された設計図

製本された設計図は見やすく、持ち運びにも便利です
現場の確認時に、図面と照合も簡単に行う事ができます
また、完成後の図面の保管・管理にも便利です
活用して頂ければと思います

その他、吉野聡建築設計室では
全ての設計図面(CADデータ)をPDFファイルに変換
CD-Rに保存してクライアントへお渡ししています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:59 | コメント (16) | トラックバック

2010年8月11日

コスト管理(見積書のチェック)

吉野聡建築設計室のコンセプトは、デザイン・高性能・コスト
詳しくは吉野聡建築設計室HP conceot(コンセプト) をご確認下さい
今日は、その中の「コスト」についてです
コスト管理も大切にしています

平成22年4月より設計を行っていました 山梨県笛吹市 A-House 新築工事
各種調査~ヒアリング~基本設計~ヒアリング~実施設計の計画通りの日程で進めてきました
実施設計によって描かれた設計図を基に、施工者へ見積依頼を行います
数日後、施工者より提出されてきた「A4版33枚になる工事施工見積書」
その内容(項目・数量・単価)を全てチェックします

工事施工見積書
見積内容の不明点・疑問点を記載した見積書
(個人情報がたくさんありますので、カメラの焦点を手前に)

チェック後に施工者と打合(交渉も含め)を行います
設計を行う前に提出します「資金計画表」
そこに記載してあります施工金額と同じ金額に!!
「資金計画表」については、2010年8月 7日 はじめに資金計画からをご確認下さい

計画時からの仕様はプラスとなりましたが、全体のコストは変わりません
デザインした高性能な建築にすると高くなる?
吉野聡建築設計室では、嘘の話です
条件の予算の中で何が出来るかを検討します

ローコスト住宅で設計を行ったA-House
建築費は驚きの金額です
建築費(坪単価)を掲載したいと思いますが・・・
個人情報がありますので、web上でのコストの記載は控えさせて頂きます
安いだけの建築とは大きな差があります
素晴らしい機能・性能があるデザインされた住宅です
吉野聡建築設計室が提案するローコスト住宅
絶対の自信があります
そこには、たくさんのノウハウ(秘密)があります

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:02 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月10日

風林火山ビジネスネット

「風林火山ビジネスネット」は山梨県内の優良なものづくり企業の受発注機会を支援するBtoB仮想工業団地のポータルサイトです。山梨県内8つの商工会・1つの商工会議所と4つの金融機関で運営委員会を組織し、管理運営しています

風林火山ビジネスネット
風林火山ビジネスネット

研磨宝飾業、ワイン製造業、ニット・織物製造業などの地場産業に加え、機械電子機器関連産業を中心に先端技術産業や建築関係など登録企業170社あります

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室は、2010年8月5日 山梨中央銀行 所属として入会させて頂きました
宜しくお願い致します
風林火山ビジネスネットのサイト内の吉野聡建築設計室

吉野聡建築設計室HP・ブログにおける対策をより強化させ、更に幅広く情報を発信していきたいと考えています

風林火山ビジネスネット運営委員会
(山梨県内8つの商工会・1つの商工会議所と4つの金融機関)
韮崎商工会議所(幹事) 北杜市商工会       南アルプス市商工会
甲府商工会議所      市川三郷町商工会   甲州市商工会
大月市商工会       昭和町商工会      山梨中央銀行
甲府信用金庫       山梨信用金庫      山梨県民信用組合
中央市商工会

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:55 | コメント (22) | トラックバック

2010年8月 9日

思い出の設計製図用具

大学の4年間と設計事務所で勤務した4年間の8年間
詳しくは、吉野聡建築設計室HP profile(プロフィール) をご確認下さい
共に歩んできた設計製図用具の製図用シャーペン
今は、PCを使用していますので第一戦から退いています
しかし、今でも大切な仲間です
吉野聡建築設計室のブログ 初掲載となりますデジタル一眼レフでの写真
思い出の設計製図用具(製図用シャーペン)です

製図用シャーペン
吉野聡が使用し続ける製図用シャーペン
芯の濃さ・太さによってさまざまなシャーペンを使い分けます

私が、初めて勤務した山梨県甲府市にある㈱ESSE(イズ)(建築設計事務所)
建築設計図面での線の表現や文字の書き方・建築の納まりなど多くの勉強をさせて頂きました
そんな思い出のシャーペン
デジイチの初掲載とさせて頂きました

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:58 | コメント (18) | トラックバック

2010年8月 8日

2010年 残暑お見舞い申し上げます

二十四節気に基づく目安としては、相手先の居住環境が梅雨明けしてからの書き込みが暑中見舞いとされています
立秋を過ぎてからの書き込みは、残暑見舞いと致します
2010年は、8月7日14:49 に立秋の瞬間を迎えます「wikipediaより」

残暑お見舞い申し上げます

2010年8月8日 
暦の上では「立秋」ですが、相変わらず猛暑の日が続いております
今年の夏は、ことのほか暑さが厳しいようです
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 HP・ブログを訪問して下さった皆様 
誠に有難う御座います
くれぐれもご自愛下さいませ

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:05 | コメント (16) | トラックバック

2010年8月 7日

はじめに資金計画から

吉野聡建築設計室で設計を行う住宅建築
計画時に、多くの事を正しく検討します
建設地の選定や建築規模やデザインなどの全体計画や関係法の検討を行う中で、資金計画も行います
それは、吉野聡建築設計室のオリジナル資金計画表を使用します

オリジナル資金計画書の詳細内容については、下記のブログをご確認下さい
・2009年2月 6日 吉野聡建築設計室の資金計画表
・2009年7月29日 融資(住宅ローン)の事前調査・相談
・2009年9月28日 住宅ローンに関する事前相談
・2010年2月22日 住宅ローン 事前調査から決済

しっかりとした資金計画が出来ていれば、各項目でどこまでコストをかける事が出来るか、簡単に判断がつきます
例えば、建物の床面積を大きくしたり小さくしたりする事や土地の面積を抑え建築費に配分する事、また太陽光発電パネルを設置するとどのくらいコストUPになるかなどです

このようなコストは、自己資金や融資額、月々の返済額、返済回数にも関係してきます
事前に確認を行い、安心して計画を進めています
また、吉野聡建築設計室では、オプション工事はありません
全て含んだ全体資金計画です
人によって条件は違います 
個々の検討を行っています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:03 | コメント (10) | トラックバック

2010年8月 6日

間取り(平面プラン、基本設計)

吉野聡建築設計室が行う設計は、全て自由です
自由と言っても規格の中で行う自由設計ではなく、0から検討を行う完全自由設計です
オリジナルデザインです
「完全自由設計」
このキーワードを挙げている住宅会社やメーカーを多く見かけます
吉野聡建築設計室は建築の設計事務所です
間取りを考えるプロです
建築設計のプロとしての提案を行っています

間取りを考える時、敷地・周辺環境や気候などの調査、クライアントのヒアリング、各種関係法の調査、コストの検討を行った上で、その建築を使用する人の為の間取りを提案します
時には、趣味や好きな食べ物、旅行、家族、仕事など建築以外の話から情報を得る事があります
大切にしている余談
そこにも多くのヒントがあります

その他、建築デザインです
間取りによって建築デザインが大きく変わります
どう見せるか、どう隠すかも大切です
詳しくは、下記のブログをご確認下さい
・2010年7月20日 間取り 平面プランを考える時

建築に関係する条件は全て異なります
よって、全てが完全オリジナルでなければと考えています
・「人が建築に合わせる」
・「建築が人に合わせる」
吉野聡建築設計室が設計を行う建築は、後者の「建築が人に合わせる」建築です

多くの楽しみがあるプランニング
全ての条件を満足させ、また吉野聡建築設計室の提案をプラスして
間取りの提出時に、クライアントのたくさんの笑顔がある事を想像してしまいます

※このブログの作成前に、建築の間取り(平面プラン)を完成させています
 後日のヒアリングがとっても楽しみです

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 03:59 | コメント (20) | トラックバック

2010年8月 5日

暑い日には窓を閉める事で快適に

山梨県甲府市では、連日猛暑日が続いています
吉野聡建築設計室が設計を行う高気密・高断熱の建築は、気候条件が厳しくなればなるほど、その快適性を発揮します

その1つに、夏に気温が上がれば上がる程、窓を閉めきる生活が快適となります
外部の風を利用した通風よりも、内部の空気循環を考えることです
それは、他とは違うしっかりとした高気密・高断熱、平面プラン(間取り)などによって可能となります
外部の環境と内部の環境を完全に遮断する事です

それを数値で確認します
8月3日(火)PM3:00

山梨県甲府市の気温
8月3日(火)PM3:00 山梨県甲府市の日陰の気温
34℃を示しています
日向であれば、35℃以上になります
完全に猛暑日です

同時刻 吉野聡建築設計室の自社建築
住宅部分のとある1室の室内の気温(窓際)

高気密 高断熱の室内の気温
窓を閉めきった、高気密 高断熱の室内の気温(窓際)
29.8℃を示しています
(エアコンは使用していない室内で計測)

真夏の猛暑の時には、窓を閉めきっての生活が快適
この数値が全ての証拠となります
体感面でも、外部から建物内に入るとひんやり冷たく感じます

窓を閉めきった室内の空気は、熱交換付の換気扇で常に快適で・新鮮に
吉野聡建築設計室の高気密・高断熱の建築で、夏は窓を閉めきる生活
とても快適です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:10 | コメント (16) | トラックバック

2010年8月 4日

環境配慮型の建築

24時間営業のコンビニエンスストアやファミリーレストラン
また、昼夜問わず照明を点灯させる店舗などの商業施設
公共施設、事務所(オフィス)、工場・・・など
あらゆる建築で、環境問題への貢献、快適・健康・安全の向上が求められています
「環境配慮型の建築」への取り組みを実施しませんか

それは、吉野聡建築設計室のブログで取り上げています「建物配置・平面プラン、建築デザイン」も重要です
・2010年5月14日 建物の配置 配置計画
・2010年6月 3日 配置計画(建物の配置)
・2010年7月16日 環境に配慮した建築+デザイン建築

また、他とは違う高断熱・高気密、建築下地・仕上材料、開口部の位置やサイズ(明るさ)、庇(軒の出)、色彩など
設備関係では、LED照明、省エネ機器、情報システム、、水を使う取組みなど
省エネ(エコ)に対する多くの提案を行っています
※ブログの右側にあります「サイト内の検索」で、それぞれのキーワードの検索を行って下さい
 上記のキーワードに関係したブログが数多く表示されます

これらの事を採用しながら、さらにエコに対して追求を行った建築が「無暖房建築」と考えています
・2009年1月24日 これからの建築「無暖房建築」

エネルギーの消費を抑えた建築
小さいエネルギーで快適な環境を持続させる為の建築
環境に優しい・人に優しい建築

今後、取組む事・・・
いや、今すぐに取り組むべき事ではないかと考えています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい


投稿者 2715201 : 04:15 | コメント (14) | トラックバック

2010年8月 3日

パッシブハウス

建築は、より高い断熱性能を備えて、冬の日差しを最大限に取り入れる事や太陽光や空気の流れ(風)などの自然エネルギーを利用するべきです
また、熱交換換気によって換気による熱損失をできる限り抑制するなど、なるべく人工的な空調に頼らずに室内環境を快適に保つ事に配慮する
そのような住宅建築を、自然からのパッシブなエネルギーに依存すると言う意味で「パッシブハウス」と言います

「パッシブハウス」
その多くは北欧やドイツでエネルギー消費の少ない住宅が開発されています
平成17年に訪問しましたドイツのブロンエアーベークエコ住宅で確認しています
2009年1月24日 これからの建築「無暖房建築」
日本では、長野県諏訪市にある建築で確認しています
2008年8月11日 無暖房建築

室内環境を良くする為に機器設備を進んで設けるのではなく、はじめに断熱・気密・空気(風)の流れ・陽の動きを考え、補う為にエアコン・蓄熱暖房機などの機器設備を使う事としています
吉野聡建築設計室の環境に配慮した建築設計の基本はここにあります
間違いなくこれからの進むべき方向です

完全な「無暖房建築」
実現の為に多くの提案を行い続けます

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:02 | コメント (26) | トラックバック

2010年8月 2日

太陽光発電パネル設置後の注意

吉野聡建築設計室では、建築設計を通じ地球環境(エコ)への提案・取組みを行っています
日本政府が推進する温暖化防止のための運動「チャレンジ25」の参加もその1つです

これらの運動の一環として、建築の設計を通じ太陽光発電パネルの設置を勧めています
環境に対する意識の変化、各自治体の補助金や住宅ローンの金利優遇措置などもあり、その実績件数は年々増加しています

吉野聡建築設計室が設計・監理を行った建築での太陽光発電

屋根据え置き型太陽光発電 瓦一体型太陽光発電
屋根面の上に設置する            屋根材と一体になった
屋根据え置き型太陽光発電         瓦一体型太陽光発電

環境に配慮した建築で思いがけないトラブルが起こっています
それは、2007年10月 熊本県の住宅で起こったトラブルです
1階の屋根に設置してあった太陽光発電、その上に干してあった布団から煙がモクモク

太陽光発電パネルは、発電中、表面に影ができるとその部分は出力が低下します
さらに電流の流れが妨げられて発熱もする事があります
「安心して下さい」
太陽光発電パネルには、出力低下や発熱を抑える安全装置があります

しかし、今回ぼや騒ぎがありました建築では、パネルに影ができるような布団の干し方を継続して約5年間続けていました
そのため安全装置は負荷のかかりすぎで故障し、パネルが異常に発熱したとの推測をしています
今回は布団によって影が出来たと言う事ですが、太陽光発電パネルの表面にゴミや枯葉などの長期の堆積には注意が必要です
発電出力の低下 火災恐れもあります(長期の場合です)
「日頃のメンテナンスで常に安全な状態で」をお願い致します

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:04 | コメント (16) | トラックバック

2010年8月 1日

夏の風鈴

夏の風鈴
山梨県北杜市清里の高原にある風鈴(携帯カメラでの撮影)
風鈴と緑+日陰
涼しさ・爽やかさをいっぱいに感じる事が出来ます

チリンチリン~♪とそよ風が吹くと涼しく心地よい鐘の音が響き渡ります風鈴
「蒸し暑い日本の夏を、少しでも過ごしやすく」
昔の人が考え出した夏の風物詩です

時には、クーラーを止めてぬれ縁やベランダなどで風鈴の音を感じる
夏の素敵な過ごし方と思います
風鈴は、人の五感を刺激します
現代の忙しい生活の中で、人は視覚・聴覚のみで情報を感じているのではと思います
ゆっくりと五感を感じる
そんな時間や空間があっても良いのではと考えます

風鈴の歴史について「wikipedia抜粋」
中国では家の四隅に鐘を取り付け、その音で邪気を払ったり吉凶を占ったりしたとされている(占風鐸)。この鐘は風鐸(ふうたく)と呼ばれ、現在でも仏堂や塔などの建造物の軒の四方につり下げられているのが確認できる。日本でも風鐸は同様に魔除けとして用いられたが、それに「風鈴」(ただし当時は「ふうれい」)と名づけたのは鎌倉時代の僧、法然であるとされる。国宝である「法然上人行状絵図」には銅製の風鈴が軒に下がっている光景が描かれているほか、「極楽の七重宝樹(しちじゅうほうじゅ)の風のひびきをこひ、八功徳池(はっくどくち)のなみのをとをおもひて、風鈴を愛して」とある。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

吉野聡建築設計室のNEWテーマは「with」
詳しくは、吉野聡建築設計室HP news(ニュース) をご確認下さい

投稿者 2715201 : 04:04 | コメント (20) | トラックバック