« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月30日

建築(壁)のデザイン

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳細案内図はサイト内のcontact(連絡先)をご確認下さい

自社建築の道路に面する壁の1つは、シンプルデザインの壁
全ての物を取り除き、色彩をブラック(無彩色)とした究極のシンプルデザインです

吉野聡建築設計室の外壁
道路面にある吉野聡建築設計室の外壁

他との壁と絡む事の無い1枚の壁
この壁に窓や装飾があったとしたら、このシンプルデザインの壁の意味が無くなってしまいます
それは、設計のデザインコンセプトを「面で構成された建築」と掲げたからです
1つ1つの面が絡み合い1つの建築を構成する
そこには、窓や装飾が不必要なんです
しかし、快適な室内を作るためには窓(光と風)が必要です
窓の機能・性能を満たしながら、デザインを行っています

これが、吉野聡建築設計室は「デザイン、機能・性能、コスト」が1つになった建築の1つです
たくさんの提案を自社の建築を確認して頂ければと思います

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:43 | コメント (21) | トラックバック

2010年11月29日

携帯電話のリフォーム+α(アルファー)

吉野聡建築設計室 吉野が使用しています携帯電話

携帯電話 ドコモ P04B
「NTT Docomo P04B」 黒とシルバーの2色

全体を覆っていますの黒色のカバー
鏡面仕上となっています
新しい時は、その鏡面仕上げがピカピカでしたが、使用日数が増す事に、表面に小さな傷が・・・
携帯電話のリフォームです
それは、簡単、低コストでありながらデザイン+機能向上です

携帯電話の表面に保護シール
携帯電話の表面に6ヶ所のぷっくりシール
ぷっくりシールとは、シールの表面が盛り上がっているシールです

平らな面に置いた時に、ぷっくりシールが接する事で、携帯に傷がつきにくくなります
その他です
機能面以外にデザインです
ぷっくりシールを良く見ると、それぞれがニコニコ♪の顔になています

いつもニコニコ♪
ニコニコ♪の携帯電話
笑顔や楽しい気持ちになります

建築は夢を現実に変える事です
その中には、たくさんのワクワク♪があります
クライアントの皆様と一緒に、同じ気持ちを持ち続けたいと考えています
その為には、「1歩1歩着実に、正しい事を正しく行う」が大切です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:36 | コメント (23) | トラックバック

2010年11月28日

自ら感じる

八ヶ岳、北杜市の(清里)吐竜の滝
11月1日(月)のAM4:30~甲府盆地より一足早い秋を感じる

清里 吐竜の滝
北杜市(清里)吐竜の滝のコケと紅葉

秋の深まりを感じます
静けさを感じます
周囲を流れる優しい水の流れ+音によってさらに気持ち良く
このような感覚は、自ら味わって・感じて・触れて・・
自分の言葉として伝えていきたいと考えています
それは、建築デザイン・材料・機能・性能などの提案も同じです
自分の心でも確認です

※申し訳ありません
 今日はこのブログUPのみと致します
 問い合わせは、下記の電話までご連絡頂ければと思います
 連絡は365日の対応です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 02:57 | コメント (6) | トラックバック

2010年11月27日

設計を行う新しい仲間

2010年11月25日AM8:30 吉野聡建築設計室に届きました新しい設計仲間
Windows7 Core(TM)i-5-650(3.2GHz) メモリー4GB
27インチ液晶モニター
私にとっては頼もしい仲間です

Windows7
吉野聡建築設計室にやってきました
Windows7 Core(TM)i-5-650

WinXPからのデータの引っ越し、Win7の各種設定(photoshop9の購入)など、完全設定までに1.5日かかって全て完成(11月26日(金)PM2:30完成)
今日のブログはWin7の初ブログです
最高の動きを味あわさせてくれます

この設計を行う新しい仲間の導入により
吉野聡建築設計室が考える新しいプロジェクトを進めていきます
それは、誰も行った事が無いであろうと考える「建築+Web」の新たな試みです
運用開始までに1年以上かかる可能性も・・・
課題は山積みです
しかし、成功に向けて1歩1歩チャレンジします

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp


投稿者 2715201 : 03:31 | コメント (22) | トラックバック

2010年11月26日

山梨県 甲府市 吉野聡建築設計室

山梨県甲府市にあります吉野聡建築設計室
案内図は吉野聡建築設計室HP contact(連絡先) をご確認下さい

いつも多くのクライアントの皆様からのご依頼
誠に有難う御座います
感謝の気持ちでいっぱいです

吉野聡建築設計室は、大手企業のようなネームバリュー、建築における商品ブランドなどはありません
しかしです!!
公共建築、店舗・飲食店などの商業建築、企業の事務所・工場・倉庫、アパート・マンションや個人住宅の設計・監理を通じ、依頼して頂けるクライアントの皆様が喜んで、また依頼して本当に良かったと感じて頂けるよう、一生懸命に取り組んでいます
それは、他には無い多くの提案や設計手法・現場監理です
建築設計事務所の本来の業務内容+αです
αとは「楽しく」です
楽しく行う為には、正しい事を正しくと考えています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:37 | コメント (26) | トラックバック

2010年11月25日

床下全面が大きな空気清浄機

山梨県 笛吹市 A-House 新築工事
現場監理状況は、吉野聡建築設計室HP working(監理状況)  A-House 新築工事をご確認下さい
常に更新を行っています

吉野聡建築設計室が提案する健康住宅の1つに紀州備長炭を使った建築があります
それは、他の炭と効果が違う本物の紀州備長炭を使用します
紀州備長炭は、紀州備長炭 ほんまもんの炭を製造・販売しています
和歌山県のcotton母さんです

建築床下用紀州備長炭
吉野聡建築設計室の玄関にある建築床下用紀州備長炭
山梨県 笛吹市 A-House 新築工事の床下に敷き詰めます

素晴らしい効果がたくさんあります紀州備長炭を、1階床下に紀州備長炭を敷き詰める事で、全面が大きな空気清浄機になります
しかし、それはただ敷き詰めれば良いと言う事ではありません
紀州備長炭だけが持つ素晴らしい効果をさらに発揮させる為に、たくさんの提案(工夫)があります
その工夫の1つは
2010年11月19日 サイプレス土台 プラスワンをご確認下さい
他には無い快適な仕様です

紀州備長炭入りの漆喰壁
特殊な漆喰壁の中に紀州備長炭の粒を混ぜた壁

詳しくは、
2010年2月 3日 紀州備長炭を使った健康住宅をご確認下さい

床下だけでなく紀州備長炭が含まれた特殊な漆喰材を使った壁で囲まれた室で設計を行っています
その効果は
1.室内の空気を半永久的にクリーンに保つ「天然の空気清浄器」
2.ホルムアルデヒドだけでなく、様々な化学物質・有害物質を吸着・分解
3.光熱触媒により、壁の汚れ(化学物質の汚れ)は自然に分解するから、いつまでもキレイ
4.マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散することが副交換を刺激し、リラックス効果が得られます。
5.紀州備長炭の消臭・調湿・電磁波の吸収等の効果も期待できます

紀州備長炭が敷き詰められた床下は、大きな空気清浄機になります
床下と室内との空気循環によって、事務所内の空気が常に気持ちが良い
「いつまでも素敵な環境の中で、快適な生活を」

「デザイン、機能・性能、コスト」が1つになった建築の機能・性能の追求です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:52 | コメント (24) | トラックバック

2010年11月24日

建物の点検

今、使用されている建物、お住まいになっている住宅
日頃の点検状況は?
私たちが人間ドックを受診したり、自動車に定期整備点検が必要なように、全ての建物についても定期的な点検が必要です

大規模な特殊建築物には、建築基準法第12条 特殊建築物定期調査が適用されます
しかし、法的制限を受けないその他の建築物です
自主的な点検が必要です
それは、専門知識を有する建築士のプロの目で点検・確認する事が大切と思います

人間の体と同様に「早期発見・早期治療」が重要です
不具合をそのまま放置すると、ますます状態が悪化し、それを元通りに復旧するのに莫大な費用がかかります

吉野聡建築設計室は、民間から公共建築まで多くの建築の点検を行っています
下記のブログをご確認下さい
・2010年2月13日 山梨県 県有建築物等点検業務
・2009年12月 1日 特殊建築物定期調査の非常用の照明装置
・2009年11月16日 建築基準法第12条に基づく 特殊建築物定期調査
・2009年10月26日 特殊建築物定期調査報告 外壁タイル赤外線調査

建築は、メンテンスフリーではありません
定期的な点検が必要になります
吉野聡建築設計室では、一般住宅から店舗・マンション・アパート・事務所・工場などの建物の点検を行っています
正しい調査で安心して使い続けて頂ければと思います

建物の点検に関してのご依頼、ご質問・ご不明点など
下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい
私、吉野が対応させて頂きます

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:40 | コメント (22) | トラックバック

2010年11月23日

山梨県甲府市 吉野ブログ 投稿1000回

いつも、山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログのブログにご訪問頂き誠に有難う御座います
本日のブログで1000回目のUPになります
(MovableType TopPage This is youにて確認)

・2008年1月19日 livedoorブログとしてスタート
・2008年6月 7日 からMovable Typeブログとしてリニューアル
MT初ブログは「3回目の祝!MT初ブログ」をご確認下さい
(MTに困惑している様子が確認できると思います)
その後、MT3からMT4にバージョンUPを行い、現在に至ります

現在では、吉野聡建築設計室 HPもMTサイトとして日々更新を行っています

このような継続が出来るのは、ご依頼を頂けるクライアントの皆様、私を支えてくださる皆様、吉野聡建築設計室のブログにご訪問下さる皆様、コメントを下さる皆様
皆様のおかげです
全ての方々に、感謝の気持ちでいっぱいです
誠に有難う御座います

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野です

これからのブログUPの1500回、2000回、2500回、3000回・・・
皆様にとって、更に有意義な情報を発信し続けます
今後共、宜しくお願い致します

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:39 | コメント (24) | トラックバック

2010年11月22日

シンプルだけど素晴らしいデザイン

シンプルデザインの建築は数多くあります
しかし、その多くが機能・性能を無視をしたローコストの追求だけのシンプルデザインです
シンプルなデザインの建築には、しっかりとした設計コンセプトを持ち
そのコンセプトに基づき全てをデザインする
それは、1本の線(ミリ単位)が大切になる事もあります

例えば、吉野聡建築設計室の外部にあるサイプレスのデザイン壁
全体は、吉野聡建築設計室HP 
projects(プロジェクト)  Yoshino'S Design Officeをご確認下さい

吉野聡建築設計室のサイプレスの壁
高さ90㎜のサイプレスの板を使い、1枚の壁を表現しています
スリット状に開いたラインから光が通り、建物内部の光をデザインしています
そのスリットの巾は12㎜/1ヶ所
10㎜では細い、15㎜では太い
サイプレスで1枚の壁(面)に見せる事と、スリットから入る光のラインを見せるBESTな寸法です

詳細は、2010年9月15日「サイプレスによる光のデザイン」をご確認下さい

デザインは、全体をイメージしながら㎜単位の検討を行います
その㎜単位の小さなデザインが集まる事によって、素晴らしいシンプルデザインな建築となります
それが、本来のシンプルデザインだと考えます

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:50 | コメント (24) | トラックバック

2010年11月21日

落葉から考えるデザイン

黄色の落葉
アスファルトの上の黄色の落葉

赤い落葉
レンガの上の赤い落葉
(コンデジ Canon IXY920isにて撮影)

上記の2つの写真を見比べて下さい
これは、同じ日の同じ時間、同じ敷地内で撮影した写真です
背景と落葉の色が違うとこんなにもイメージが変わります

建築デザインは建築だけではありません
周囲の環境によっても大きく変わります
それは、環境にあわせる建築デザイン、また建築に合わせた環境のデザイン
敷地・周囲の環境も含めて建築デザインと考えています
その他の建築デザインは、機能や性能はもちろん耐久性などを考慮しながらデザインします

建築デザインは、建築設計の中でも特に楽しみが多い部分です
たくさんの楽しみをじっくり味わってデザインしています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:43 | コメント (22) | トラックバック

2010年11月20日

山梨県 笛吹市 2×4工法の建て方

木造枠組壁構法は、耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型構造である。木造軸組構法が、柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、木造枠組壁構法では、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える 「Wikipedia抜粋」

山梨県 笛吹市 A-House 新築工事
現場監理状況は、吉野聡建築設計室HP working(監理状況)  A-House 新築工事をご確認下さい
常に更新を行っています
 
2010年11月11日 山梨県 中央市 木造在来工法の建て方
吉野聡建築設計室が設計・監理を行う建築(木造在来工法)の建て方に対し、今日は木造枠組壁構法(2×4工法)の建て方です
(コンデジ Canon IXY920isにて撮影)

クレーン車にて枠組壁パネルを運ぶ
爽やかな秋空を舞う2×4工法の「枠組壁パネル」

枠組壁パネルの建て方
建物外周部より枠組壁パネルを所定の位置に設置します

2010年11月11日 山梨県 中央市 木造在来工法の建て方
在来工法と2×4工法の建て方の違いを見比べて頂ければと思います

建築を使う方の条件はさまざまです
それに対応出来るように工法も変えています
出来るだけ多くの選択肢を持ち、多くの提案を行っています
他には無い、吉野聡建築設計室の設計手法の1つです

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:52 | コメント (28) | トラックバック

2010年11月19日

サイプレス土台 プラスワン

昨日UPしました「山梨県笛吹市 A-House新築工 サイプレス(豪州ヒノキ) 土台敷き」
高性能な建築にする為に、他の木には無い高耐久性のサイプレスを使用します
今日は、サイプレスだから可能な提案をもう1つUPします

それは基礎の天端に直接設置したサイプレス土台
(詳細は昨日のブログ参照)
更に気密を高める為に、設置する時+設置後に土台の下端と基礎の天端の僅かな隙間にコーキング(黒いライン)を行います 

サイプレス土台のコーキング
サイプレス土台のコーキング

吉野聡建築設計室の標準仕様です
高性能な建築にする為の提案の1つです
この提案は、気密性能・温かさ・涼しさ
また、床下いっぱいに敷き詰めている紀州備長炭と密接に関係してきます
紀州備長炭の嬉しい効果を更に高めます

床下の紀州備長炭については下記のブログをご確認下さい
・2010年7月 8日 床下・壁全面 空気清浄機
・2009年6月 5日 床下の紀州備長炭+吉野聡建築設計室

床下も建物の1部です
快適な室内環境を作る為に、大切な部分です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp


投稿者 2715201 : 03:59 | コメント (18) | トラックバック

2010年11月18日

山梨県笛吹市 A-House新築工 サイプレス(豪州ヒノキ) 土台敷き

平成22年10月着工中旬に着工しています 
山梨県笛吹市境川に建設中のA-House 新築工事
構造・規模は、木造(2×4工法) 2階建 一戸建ての住宅

建築施工現場の様子は、吉野聡建築設計室HP working(監理状況)  A-House 新築工事をご確認下さい
現場監理状況は、常に更新を行っています

建築施工現場では鉄筋コンクリート基礎の上部に、サイプレス(豪州ヒノキ)製の土台の設置が完了しています

サイプレス(豪州ヒノキ)
現場に搬入されていますサイプレス(豪州ヒノキ)の土台

基礎上部にあるサイプレス
基礎立上り天端に、直接サイプレス(豪州ヒノキ)の土台を設置します

一般には、基礎上部と土台の間にパッキン材を入れます

基礎パッキン工法
基礎パッキン工法

赤のラインにある黒の部材がパッキン材
通気が可能パッキン材によって床下換気口の代わりになります

しかし!!吉野聡建築設計室の木造建築には、床下換気口がありません
必要ありません
それには、たくさんの意味があります
高性能な建築にする為の1つです
他の木には無い、高耐久性のサイプレスだから可能です

サイプレスについては下記のブログをご確認下さい
・2010年9月15日 サイプレスによる光のデザイン
・2009年8月21日 サイプレス(豪州ヒノキ)と杉
・2008年11月 3日 サイプレス(豪州桧)を使った吉野デザイン

下記のブログはサイプレスの森があるオーストラリアの視察レポートです
・2009年11月 9日 サイプレス(豪州ヒノキ)1/3 
 シロアリ被害に無縁
・2009年11月10日 サイプレス(豪州ヒノキ)2/3 
 サイプレスの製材
・2009年11月11日 サイプレス(豪州ヒノキ)3/3 
 吉野聡建築設計室でのサイプレスの使用例

吉野聡建築設計室が提案する「デザイン・環境・性能・コスト」が1つになった建築
その中の「性能」の追求です

明日はサイプレスの土台を使い、更に機能を高める提案
「サイプレス土台 プラスワン」をUPします

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp


投稿者 2715201 : 03:41 | コメント (26) | トラックバック

2010年11月17日

木造在来工法 現場監理

木造在来工法では、木材同士の接合のみでは地震により引っ張られて抜ける可能性があるため、現行の建築基準法では、柱の上部と下部にはかど金物やホールダウン金物、梁の両端部には羽子板ボルト、筋交いの両端部には筋交いプレートなど、補強金物の使用が義務付けられています
これら接合金物は、同じ木造でも工法が異なると基準が変わります
現場監理では、必要な位置に適切な接合金物が設置されているかの確認を行います

木造在来工法の現場監理(在来工法 接合金物確認)

ひねり金物 
屋根下地のタルキと桁を接合する ひねり金物

羽子板ボルト 火打ボルト
梁と柱の羽子板            火打を固定するボルト

筋交いプレート 外壁構造用合板 釘ピッチ
筋交いと柱を接合する         外壁下地の構造用合板
筋交いプレート             釘の仕様・ピッチ確認

それぞれの金物は、木と木を結ぶ接合部分の補強材です
基準にあった金物で、基準通りの施工の確認
確認を行ったら、全て撮影です
この積み重ねによって、一般的な規模の木造住宅で記録写真が約1000枚になります
撮影した写真(JPEGファイル)は、CD-Rに納めてお渡ししています
これが、吉野聡建築設計室のオリジナル現場監理の1つです

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:44 | コメント (26) | トラックバック

2010年11月16日

建築設計図面・関係書類の保存

現在、お住まいになっている住宅(家)・ビジネスで使用されている建築・その他関係する建築
建物の所有者の皆様
下記の設計図面・書類の保存場所や書類の確認出来ますか?
①建築確認申請検査済書(中間検査・完了検査済書)
②設計図面(構造計算書)
③設計・監理、工事関係書類
 
吉野聡建築設計室 設計図書+確認申請検査済書
吉野聡建築設計室
自社の建築の設計図書+確認申請検査済書

これらの設計図書や関係書類は、建物がある限り大切に保存して頂ければと思います
それは、その建物の増築工事・改修工事・メンテナンスの時に必ず必要になるからです
もし、無い場合には・・・
敷地・建物の現地調査を行った上で、その建物の設計図の復元からスタートします
場合によっては、鉄筋探査機を使用してコンクリート内の鉄筋の確認もしなければならない事もあります

建築設計事務所としては、保存義務もあります
平成18年6月21日公布
「建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律」

建築設計事務所は、建築士事務所に属する建築士が建築士事務所の業として作成した設計図書を設計図書の作成日から15年間保存しなければならない
(詳細は、建築士法第24条の3、建築士法施工規則第21条)
尚、平成19年6月20日の時点で5年間経過していない保存中の設計図書等についても15年保存の対象となります
(改正前は5年間の保存)

吉野聡建築設計室では、その建物がある限り保存します
保存場所は、紀州備長炭が敷き詰められている大空間を確保しています
また、クライアントの皆様には、設計図面を1冊の製本+PDF(CD-R)としてお渡ししています
・2010年8月12日 設計図面は製本してお渡しします
・2009年3月 4日 吉野聡建築設計室の現場監理

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:48 | コメント (22) | トラックバック

2010年11月15日

吉野聡建築設計室の紅葉

2010年3月31日にスタートしました、吉野聡建築設計室の緑化計画
緑化工事(芝張り)開始からの流れについては、下記のブログをご確認下さい

①2010年3月31日 吉野聡建築設計室の緑化計画
②2010年6月 2日 緑化計画3+家庭菜園2
③2010年9月19日 庭の緑(芝張り)

吉野聡建築設計室があります山梨県甲府市
11月中旬になり、木々の紅葉をみる事が多くなってきました

吉野聡建築設計室 ヤマボウシ
緑化計画の1つで植樹しました「やまぼうし」
詳しくは「ヤマボウシ」 Wikipedia参照

晩秋の朝日に照らされて美しい赤色に
また、夏に一面緑だった芝(上記の③ 庭の緑(芝張り)参照)
黄色に変わってきています
暖色系の季節です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:57 | コメント (24) | トラックバック

2010年11月13日

明日のブログはお休みさせて頂きます

平成22年11月13日(土)PM4:55
本日、2回目のブログ更新です

いつも、吉野聡建築設計室のブログにご訪問頂き有難う御座います
申し訳ありません
明日のブログはお休みさせて頂きます

尚、吉野聡建築設計室はOPEN(通常業務)しています
連絡はいつでもOKです
宜しくお願い致します

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 16:55 | コメント (7) | トラックバック

2010年11月の電気料金

山梨県甲府市にある吉野聡建築設計室

<吉野聡建築設計室の建築概要>
木造 2階建て 延床面積 約60坪
・山梨県甲府市(夏暑く・冬寒い 内陸型盆地気候)
・事務所併用住宅(事務所と住宅が同じ建物)
・オール電化(全てのエネルギーを電気としています)
 ガス・灯油は使用しません
・電気契約は電化上手
・事務所には数台のPC、カラーコピー機、A1版カラーなど4種類あるプリンター・照明器具、夜間の外部照明、蓄熱暖房機などがあります

<山梨県甲府市 10月の気候>
10月の山梨県は、月の前半は数日の周期で天気が変わりましたが、後半は前線や低気圧の影響により曇りや雨の日が多くなりました
気温は下旬前半までは平年を上回る日が多く、下旬後半には寒気の影響で平年を大きく下回りました。月平均気温の平年差は+0.8℃~+1.6℃ で、甲府、河口湖、山中では平年よりかなり高くなっりました
平均気温(℃) 17.7 「甲府地方気象台より」

吉野聡建築設計室に届きました
平成22年10月8日~平成22年11月8日の平成22年11月分の電気料金です

平成22年11月 電気料金
平成22年11月 電気料金
¥15,222-

エネルギーの全てを電気としているオール電化
月々に支払う料金は電気料金のみです
この条件でこの金額はとても安心
以前に住んでいたマンションの50%OFFです

※参考として私が以前に住んでいたマンションでは
1.建物の構造:鉄筋コンクリート造 
2.床面積   :約22坪
3.光熱費   :約3万円/月(年平均)
          (光熱費とは電気・ガス・灯油代)

他の月の電気料金
・2010年6月10日 2010年 6月電気料金
・2010年5月15日 5月の電気料金
・2010年4月13日 平成22年4月 電気料金
・2010年3月13日平成22年3月の電気料金
・2010年1月14日 真冬(1月)の光熱費
・2009年9月18日 8月(真夏)の電気料金
・2009年10月13日 吉野聡建築設計室の10月の電気料金

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:59 | コメント (18) | トラックバック

2010年11月12日

地盤改良費は誰が負担?

「地盤改良費は土地売り主が負担するべき」か?
土地取引の慣習がひっくり返った判決がありました
本日は、情報としてお伝えします
大切な判例ですので、長い文章のブログになります・・・

2010年10月21日  日経BP社のnikkei BPnet 
ケンプラッツ 建築・住宅によると
(判例ですので、以下は全て抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「宅地」として売られている土地が、実際にはどのような地盤性状なのか。多くの場合、購入後に地盤調査をしてみるまでよくわからない。軟弱地盤であることが判明すれば地盤改良工事などが必要になる。ただし、この費用は一般的に建て主負担になる。そんな"土地取引の慣習"がひっくり返った判決があった。「地盤改良費用は土地の売り主が負担すべき」
とした高裁判決だ。今年1月20日に名古屋高等裁判所が下し、その後確定した。この判決は今後、住宅業界にどんな影響をおよぼすのか。ケンプラッツ読者の意見を聞かせて欲しい。(池谷和浩=フリーライター)

地盤改良費 両者の主張
高裁と地裁での両者の主張(取材を基に日経ホームビルダーが作成)

この裁判は、注文住宅を建築するために愛知県のニュータウンの一角を購入したユーザーが、売り主である県住宅供給公社を提訴した事案だ。請求額は252万円で、ユーザーが土地購入後に木造2階建て住宅を建築した際、地盤改良のために支払った工事費だ。問題となった宅地は切り土・盛り土で造成されており、着工前のスウェーデン式サウンディング調査で、盛り土部分のかなりの範囲に軟弱層が確認された。建築を請け負った住宅会社は地盤改良が必要だと判断し、ユーザーは湿式柱状改良工法を選択した。その後、住宅が完成したユーザーは公社を訴えた。

軟弱な地盤であることを知らされずに土地を買わされ、地盤改良を強いられた、というのだ。 一審でユーザーは「売り主には軟弱地盤について説明義務、瑕疵担保責任があった」と主張。
それに対し公社は「販売時のパンフレットには『造成地のため地盤調査後、地盤改良が必要になる場合があります』と記している」と反論した。一審は公社の主張を採用して請求を退けた。
だが二審は一審判断を取り消し、ユーザーに軍配を挙げた。「買い主が本件記載(パンフレットの注意事項)を読み聞かされたか、あるいは本件記載に気づかなかったかどうかは必ずしも重要な事情ではない。というのは、本件記載の内容があいまいだからである」(二審判決文より)というのだ。

どこが「あいまい」だったのか
売り主(公社)が「説明があいまい」とされた理由は、以下のようなものだ。
・パンフレットの記載、それに基づく説明はあいまいで、地盤改良の必要性が高いことをうかがわせる具体的な記載ではない。
・契約上、地盤調査・地盤改良の義務付け、買い主側の瑕疵担保請求権の放棄、改良工事費分の宅地価格の減額などをしていない。
・売り主は地方住宅供給公社であり、民間から厚い信頼を獲得していた

一方で二審判決は、以下の論理で宅地に軟弱地盤があることを「地盤改良を要するという瑕疵」だと認定した。
・問題の宅地には軟弱地盤が相当程度の厚さと広さで存在し、そのまま建物を建築すれば不同沈下が発生する可能性は高い
・改良工事費は土地価格の11%に達し、決して安くない
・宅地価格が地盤改良費を勘案して減額された形跡はない
問題の土地には上記のような瑕疵が存在した。さらに「説明があいまい」だったので、この問題は買い主が契約前に知り得ない「隠れた瑕疵」となっていた。だから説明義務違反を論ずる以前に、公社には改良費を負担する責任がある。これが二審判決の結論だ。公社は上告を断念、判決は確定した。
改良工事費用の全額および、裁判費用の全額が公社の負担となった。宅地売買の現場で売り主が周辺相場や立地、敷地形状や規制、接道以外に、値付けの理由について買い主に合理的に説明することはほとんどないが、この二審判決はそうした不透明さにも警鐘を鳴らしたと言えるのではないか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土地購入の際にもさまざまな確認が必要です
それは、専門知識が必要になる事も
吉野聡建築設計室では、この地盤調査も含め、建築基準法・その他関係法に関する土地のアドバイスも行っています
詳細は過去のブログをご確認下さい
・2010年1月12日 まずはご相談下さい
・2010年2月 6日 土地の決済 立会い
・2010年3月10日 設計を行う前の敷地調査
・2010年8月19日 土地(敷地)に関係する法律
・2010年8月21日 敷地調査

土地購入時にもしっかりとした事前確認・相談です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:48 | コメント (26) | トラックバック

2010年11月11日

山梨県 中央市 木造在来工法の建て方

木造軸組構法(もくぞうじくぐみこうほう)とは、建築構造の木構造の構法のひとつである。日本で古くから発達してきた伝統工法(でんとうこうほう)を簡略化・発展させた構法で、在来工法(ざいらいこうほう)とも呼ばれている。 「Wikipedia抜粋」

吉野聡建築設計室が設計・監理を行う建築(木造在来工法)の建て方

在来工法の建て方
構造上重要な位置にある「通し柱」の先端の上部(地上約6~7mの高さ)から
通し柱とは:土台から二階の軒桁まで継ぎ目なしに一本で通した柱

2階の桁まで延びる通し柱
2階の桁まで延びる通し柱
木造在来工法の建て方の特徴の1つです

吉野聡建築設計室では、「木造軸組構法(在来工法)」以外の木造建築の設計も行っています
1.木造枠組壁構法(2×4工法)
 2009年1月 7日 木造枠組壁構法(2×4工法)
2.新・木造軸組工法(メタルフィット工法)
 2009年1月 8日 金物工法(メタルフィット工法)
3.丸太組工法(ログハウス)

在来工法も合わせ4つの工法を用いて、それぞれの条件にあう建築の設計を行っています
このような設計スタイルを持つ建築設計事務所、ハウスメーカー、住宅建築会社、大工さん・・はありません
ほとんどが、1つの工法で対応しています

それぞれの条件が異なるので、工法も選ぶ
選択巾が広がります
吉野聡建築設計室では、標準仕様です

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:44 | コメント (26) | トラックバック

2010年11月10日

スペイン・サグラダ・ファミリア 着工以来130年

スペイン サクラダ・ファミリア

サグラダ・ファミリア(カタルーニャ語:Sagrada Familia)はスペイン、バルセロナに建設中の教会
詳しくは、Wikipedia「サグラダ・ファミリア」をご確認下さい

2010年11月08日
【バルセロナ共同】ローマ法王ベネディクト16世はスペイン・バルセロナを訪問し、7日、建築家ガウディの代表作である大聖堂サグラダ・ファミリア(世界遺産)の献堂式ミサを行った。同ミサはバチカンが新建築の施設を教会として公認する儀式で、大聖堂は1882年の着工以来、130年近くかけ、ようやく正式に教会として認められたことになる。大聖堂は内戦や資金不足などで何度も工事が中断。なお未完成。

サクラダファミリアの装飾
サクラダ・ファミリアの装飾

スペイン、カタルーニャ出身の建築家アントニ・ガウディ
曲線と細部の装飾を多用した建築
サグラダ・ファミリアやグエル邸,グエル公園,カサ・ミラ,カサ・バトリョ など、数多くの作品はアントニ・ガウディの作品群としてユネスコの世界遺産に登録されている
詳しくは、Wikipedia「アントニ・ガウディ」をご確認下さい

着工以来130年
ガウディの没後100年にあたる2026年までに、「栄光のファサード」だけでも完成させたいと期待している
全てが完成するのは・・・
完成時には、この目で実物を確認する事ができたらなと思っています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp


投稿者 2715201 : 03:58 | コメント (28) | トラックバック

2010年11月 9日

はじめての家づくり

「はじめての家づくり」
家を建てようと考える方のほとんどが、初めての経験になります
吉野聡建築設計室では、はじめて家をつくる方を応援しています
家を作るときには、さまざまな検討が必要になります

それは、資金計画
・2010年7月21日 家を建てる時の費用
・2010年9月 6日 家を建てる時の費用(2)
・2010年9月 8日 住宅ローンの必要書類

土地(建設地)
・2010年3月10日 設計を行う前の敷地調査
・2010年8月19日 土地(敷地)に関係する法律
・2010年8月21日 敷地調査

・建築設計(デザイン・環境・性能・コスト・・・)
・現場監理
・引越し、各種保険
・アフターメンテナンス
・他には無いオリジナルな提案
 吉野聡建築設計室のブログで、日々お伝えしています
 
建築には多くの検討が必要です
それら建築に関する提案を日々UPし続けています
ブログ最上部のカレンダーの下の「検索」に調べたいキーワードを入力して下さい
さまざまなブログ(提案)が表示されます

是非、活用して頂ければと思います
そして、下記連絡先までお気軽にご相談下さい
 
山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:55 | コメント (22) | トラックバック

2010年11月 8日

屋根+天井裏のダブル断熱

建物の屋根は、常に雨や風・太陽熱・光などの影響を受け過酷な条件に耐えています
そのような環境は、屋根+天井裏で遮断させ室内に影響させません

例えば、断熱をしていない住宅の場合
・夏・・・屋根、天井から13%熱が入ります
     内部をいかに冷房しても、外気からもたらされる熱気が家へと侵入してきます
・冬・・・屋根、天井から19%熱が逃げてしまいます
     内部をいかに暖房しても、外気との温度差により熱は外へと放出されます

「外部からの影響を室内へ入れない」
「室内の快適な環境を外へ逃がさない」

建物の断熱性能を追求している吉野聡建築設計室
多くの提案を行っています
その1部を下記のブログでご確認下さい
(多くの調査で作り上げたオリジナル資料)
・2009年7月 7日 吉野聡建築設計室のオリジナル断熱分類表
・2009年1月31日 建築設計の検討における基準
・2009年1月23日 建築の諸問題に対応できる断熱性能

吉野聡建築設計室の自社建築の屋根
屋根+天井裏のダブル断熱工法です

天井裏のセルロース断熱
2階天井裏にある厚さ200㎜セルロース断熱の吹付断熱材

屋根断熱仕様
屋根の外断熱
瓦の40分の1の軽量屋根材(ガルバリウム鋼板)の裏にある断熱ボード
(写真で白い部材)
自己消火性を有する「発泡ポリスチレン製」

外部の環境を受けにくい仕様で、快適空間が実現します
月々のコストも安心
その他、遮音効果も優れた性能を発揮しています
静かな建築です
 
山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:58 | コメント (29) | トラックバック

2010年11月 7日

2010年 山梨県 甲府市から見た富士山

山梨県甲府市にある吉野聡建築設計室
詳細案内図は、吉野聡建築設計室HP contact(連絡先) をご確認下さい

吉野聡建築設計室の屋根上部から見た富士山

2010.11 甲府市から見た富士山
11月6日(土)PM4:00の撮影(送電線が・・・)

山頂付近は雪で覆われています
標高:3775 mの富士山頂
撮影時の気温は-6.1℃
(一昨日の最低気温は-11.2℃)
富士山頂は極寒です

吉野聡建築設計室が設計を行う建築は、気候条件が厳しくなればなるほど、その効果や快適性を感じる事が出来ます
月々の生活費(コスト)に反映してきます

それは、温暖な地域でも同じと考えています
一般的に、そのような地域の建築は、断熱性能などを疎かにする傾向があります
日本では、暖かな地域でも暖房器具が必要です
とすれば、極寒地域の断熱仕様とまでもいかなくても、断熱の検討が必要ではと思います
私達の生活+地球環境の為にもです
「断熱性能の追求で快適生活を」

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:59 | コメント (20) | トラックバック

2010年11月 6日

天井から光 トップライト

屋根・天井面に設けるトップライト
壁面にある同じ大きさの一般の窓と比べ、3倍の採光が得られます
(建築基準法施行令第20条)

トップライトは、室内を明るくさせる効果が「大」です 
また、外部より覗かれる心配もない他、夜には星空を見る事も出来ます
その他、室内の換気にも有利です
空気は、温度の変化で上下に動きます
天井面にあるトップライトを使えは、さらに多くの空気の流れを得る事が出来ます

ある調査によれば、新築・建て替えをした人の約2割の人がトップライトを取り入れると言われています
そのような効果があるトップライト、地球環境・省エネルギーに効果があります
それは「財布にも優しい」に繋がってきます
しかし、設ければ全て良いと言う事ではありません
建物全体・間取り・導線などの事を考えながら、多くの検討を行い設置場所を提案しています

吉野聡建築設計室の自社建築の階段室にあるトップライト
この1つのトップライトによって多くの効果があります

階段室にあるトップライト
デジイチカメラの撮影設定を変えて撮影
トップライトのみ光る階段室

高性能な建築は、あらゆる部分での積み重ねによって生まれます
このブログで、その全てを1度に紹介する事は出来ません
しかし、1つ1つの提案を日々UPし続けています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 02:45 | コメント (26) | トラックバック

2010年11月 5日

山梨県 南アルプス市 M-Office新築工事

平成22年10月5日に着工をしています 
山梨県南アルプス市に建設中の「M-Office新築工事」
木造(在来工法) 平屋建 事務所

地球環境への配慮を含めたこれからの建築(プロジェクト)です
1.解体をされた建物から確保した材料(木材)を使って新築を行う
2.解体された構造材(木材)の検討を行い全体計画を行った
 平面プランは、曲面が多いひらがなの「つ」の形をしています
3.環境に配慮した見せるデザインの建築
4.建築主であるM様 自ら全ての施工を行う
5.よって着工から完成までの工期は不明(約1年となる可能性)

4.の建築主であるM様 自ら全ての施工を行う
大きなポイントの1つです

現場では、根切を行っています
根切りとは、基礎や地下構造物を作るため、地盤面下の土を掘削すること
現場の進行状況は、吉野聡建築設計室HP working(監理状況)  M-Office 新築工事をご確認下さい

根切
建設現場で建設機械を使い土を掘るクライアントのM様

敷地の周囲には、ぶどう畑・桃畑が一面に広がり、遠くには富士山を望む事が出来ます
平屋の建物は、その富士山に向かって建つ設計です
この素晴らしい環境の中で、クライアントのM様が自らの手によって1つ1つ作り上げていく
現場の進行状況は、サイト・ブログを使って継続的にUPし続けます

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:58 | コメント (22) | トラックバック

2010年11月 4日

工事現場監理 鉄筋コンクリート造の配筋検査

工事現場監理を通じてさまざまな 確認・検査を行います
その確認方法は材料や梱包箱の目視・計測確認、施工状況の目視・計測確認、納品書・認定書などの書類確認などを行います
計測時は、必ずスケール(定規)を用いて確認+撮影を行います

下記の写真は、鉄筋コンクリート基礎(木造住宅の基礎)の鉄筋の配筋です
設計図面(基礎伏図+基礎断面詳細図)や鉄筋コンクリート構造仕様書との照合を行います

鉄筋(配筋方法の基準)
基礎のベース(床版)部の配筋
鉄筋の仕様 
・異形鉄筋 13φ タテ・ヨコ@150
・鉄筋と鉄筋の継手 鉄筋の太さ×40
 13㎜の鉄筋×40=420㎜(必要)≦計測750㎜(有効) ∴OK

建築基準法 配筋
基礎立上り 配筋・・・異形鉄筋 10㎜@200 タテ・ヨコ
              端部:異形鉄筋 13㎜
・鉄筋と鉄筋の継手 鉄筋の太さ×40
 10㎜の鉄筋×40=400㎜(必要)≦計測630㎜(有効) ∴OK

次に、鉄筋の外側にあるコンクリートのかぶり厚

現場監理 配筋の確認
60㎜の高さがあるコンクリート製のサイコロ

建築基準法の基準では、
・耐力壁を除く壁・床 2cm
・耐力壁・柱・梁 3cm
・直接土に接する壁・柱・床・梁布基礎の立上り部分 4cm
・立上り部分を除く基礎 6cm(捨コン除く)

上記以外にも多くの確認事項があります
このように工事現場監理とは、設計図・仕様書・基準・規則に基づいて施工されているかを確認します+確認ヶ所は必ず撮影を行います
「正しい事を正しくです」
写真の一部は、写真帳に整理・プリント(印刷)して、毎週行われる現場定例会議時にお渡ししています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:34 | コメント (24) | トラックバック

2010年11月 3日

人が集まる建物

人が集まる建物には,多くの魅力があります
そのような建物は、自然と多くの人が集まってきます
「野鳥と一緒です」
そんな思いを感じたのは

☆日本野鳥の会 協定旅館・ペンション☆
野鳥とリスの宿「ペンション あるびおん」
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157
TEL 0551-36-4166 FAX 0551-36-3950
E-mail mail@p-albion.jp

ダイニングルームにある大きな窓
その先に広がる「小淵沢の森」と「ひまわりの種を詰めた小さな家」
素敵な環境があります
そのような魅力がいっぱいある所には、たくさんの野鳥が集まってきます

野鳥が集まる「あるびおん」
楽しそうに野鳥が集まる「あるびおん」
鳥の名前は「カワラヒワ」(伯爵さんのコメント参照)

野鳥は嘘をつきません
環境が良い・居心地が良い・安心できるから多くの野鳥が集まってきます

「人の生活も同じでは」と思います
人を招くと言うより、自然に人が集まる空間・デザイン・環境
そんな建物の設計(デザイン)・提案を行い続けます

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp


投稿者 2715201 : 03:31 | コメント (23) | トラックバック

2010年11月 2日

天井・床下点検口

建築の天井裏・床下には、建築の下地材、設備機器類の配線・配管など大切なものがたくさんあります
これらの確認・点検・メンテナンスを行う時に、天井面や床面にあります天井点検口・床下点検口が必要となります
点検口は、人が出入りできる大きさがあります

このような点検口が無い建物のメンテナンスを行う事がありました
さて??どうしようかと・・・
そのケースでは、押入内の天井と床に点検口の設置をさせて頂き、メンテナンスを行いました

吉野聡建築設計室が設計・監理を行う建築の全てに、天井点検口・床下点検口を設けています
下記の写真は、自社の建築の点検口です

天井点検口
押入の天井にある天井点検口

床下点検口
押入の床にある床下収納庫(床材はサイプレス(豪州ヒノキ))
内部のケースを外せば床下点検口となります

設計は、建物が完成すれば終わりではありません
完成後、毎日・毎日使い続けます
その中で、必ずメンテナンスが必要になる時がきます
そのような時にも、簡単に対応できる建築でなければと考えています

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:34 | コメント (22) | トラックバック

2010年11月 1日

他には無い高性能 甲府駅北口の家

吉野聡建築設計室の設計・監理にて、平成18年12月に完成・引渡しを行っています
山梨県甲府市 甲府駅の北口から徒歩2~3分の場所に建つ Kubo-House

構造は、木造メタルフィット工法という金物工法です
メタルフィット工法とは、専用工場でプレカット加工された構造用集成材と特殊な接合金具による、新・木造軸組工法です
阪神・淡路大震災の1.25倍の実大振動実験後の検証において も、接合部の変形・損傷は見られず、その高い強度と安全性が実 際に証明されている工法です
詳細は、株式会社メタルフィットでご確認をお願い致します

定期的なメンテナンスで訪問しましたKubo House
完成写真は、吉野聡建築設計室HP projects(プロジェクト)  Kubo Houseをご確認下さい

甲府駅北口の家
Kubo House
完成から4年が経過しています
良い状態で使用されています

甲府駅北口の家 階段に代わるスロープ
足腰が・・・時もあります、クライアントのK様
玄関までのアプローチは、滑りにくい床材+サイプレスの手すりで仕上げたスロープ
「とっても使いやすい♪」と嬉しい言葉も!!

急に寒さを感じるようになってきましたこの時期
メンテナンスともう1つ目的でもあります
床下と床上にある蓄熱暖房機の電源ONです
床下にも蓄熱暖房機??
吉野聡建築設計室のオリジナルな使用方法です
山梨の寒い冬(毎朝-3℃以下にもなります)でも、コストがかからない(安い)+快適な生活があります

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail yao@ruby.plala.or.jp

投稿者 2715201 : 03:29 | コメント (22) | トラックバック