« ビジネスに生かすFacebookの活用事例の発表 2/2 | メイン | 地球環境・エネルギー問題を救う高断熱建築 2/4 »

2012年3月28日

地球環境・エネルギー問題を救う高断熱建築 1/4

平成23年3月11日 東日本大震災における津波による福島原発の崩壊
東京電力管内の電力不足、計画停電
私たちの生活は一変しました。
それまで私たちは
1.温暖化による電力需要の増大
2.生活レベルの向上による電力の増大
3.24時間の生活による電力の増大
さまざまな要因によって電力使用量は増大の一途をたどっていました。
電気は、無くならないもの、使いたい放題の生活です。
それが、東日本大震災をきっかけに電気(エネルギー)は限りあるものだと!!

火力・原子力・風力・水力・太陽光・地熱・バイオ発電・・・など「エネルギーの作り方も大切」
そして、「作ったエネルギーをどう使うか」も大切です。

苦労して作ったエネルギーを苦労しながら節電して使い続ける。
現在は、節電意識が強く個々で節電に努めていますが、多くの方が我慢を行っています。
人は、短期の我慢はOKですが、今の豊かな社会で、長期の我慢は不可能ではないかと考えています。
自動車社会を考えてください。
低燃費車、ハイブリット車など、エネルギーの使い方の提案を積極的に行っています。
快適に省エネ・エコですね。
まさにこれなんです!!
そこで、提案するのは建築の高断熱化です。
それは、通常の高断熱ではありません。
2005年(平成17年)に環境先進国のドイツの環境に対する視察に行った時からです。

ドイツ ベルリンの壁
東ベルリンと西ベルリンを隔てるドイツベルリンの壁
1989年11月10日に破壊されています。

4回のシリーズでUP致します。
明日は、ドイツで出会った驚きの高断熱建築をご紹介致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 2012年3月28日 03:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/1912

コメント

お早うございます。
限りあるエネルギー資源を
大切にしていきたいです。
>快適に省エネ・エコですね。
明日のブログが楽しみです。

いつも、ありがとうございます。

投稿者 藤井 : 2012年3月28日 05:41

おはようございます。
シリーズ楽しみにしています。

投稿者 横山人美 : 2012年3月28日 06:01

おはようございます

昨年の今頃は、計画停電も行われ、節電への意識も高まりました
今も、出来る範囲の節電を心がけています
夏の暑さ、冬の寒さ、やはり電気の力に頼ることが多いです
我慢しなくても快適に過ごすことが出来る家、
素敵な提案ですね(^^)

投稿者 甲州市学習塾のこばやし : 2012年3月28日 06:16

おはようございます 吉野さん

>作ったエネルギーをどう使うか

少ないエネルギーで効率よくですね

投稿者 木仙人 : 2012年3月28日 07:06

こんにちは
ベルリンの壁を撮影されていたのですか
驚きです
死ぬまでにいってみたいなあ

投稿者 伯爵 : 2012年3月28日 07:39

吉野聡建築設計室さん

こんにちは!

少しのエネルギーで家全体が保温が効いている状態がベストだと思います。

ドイツはそういうことは徹底してやられているのではないでしょうか?

投稿者 溶射屋 : 2012年3月28日 11:35

吉野さんこんにちは!

これだけエコカーが流行っているのだから、確かに住宅にも、もっともっと焦点を当ててもいいと思います。
単純に数値にするのは難しいかもしれませんが、住宅の燃費もわかりやすい形で規格化するとか・・

さて、後3回楽しみです(*^_^*)

投稿者 理系G : 2012年3月28日 12:52

吉野聡建築設計室さん、こんばんは!
ドイツは環境先進国なんですね^^
ドイツでの驚きの工法、楽しみです♪
ベルリンの壁、私も見てみたいですが…
まだ海外にいったことすらありません^^;

投稿者 新潟スイーツ・ナカシマ : 2012年3月28日 15:08

吉野聡建築設計室さん こんにちは。

大震災の後、エネルギー問題が特にクローズアップ。
温暖化といいながらも、今年の冬の寒さで、暖房を結構してしまいました。
静岡は太陽の日がよく当たると思います。その暖かさを逃がさない
工夫の家が素晴らしいと思います。我が家は古いのですきま風が・・・

投稿者 茶柱通心 : 2012年3月28日 15:39

こんにちは!

現地視察ですか!やはり自分の目で見るのは違いますよね。
ドイツの環境に対する姿勢は見習うべきことがたくさんあるのでとても参考になられたかと思います。明日のブログも楽しみにしています^^

投稿者 モルタル・マジック : 2012年3月28日 16:21

こんにちは。

多くの人にとって、住宅は気軽に建て替えることができないので(我が家も築35年で、改築しつつこれからもそのまま住み続ける予定です)、住宅における省エネ・エコを取り入れるのも大変かなあと思っています。

投稿者 お米農家 内山農産のチカ : 2012年3月28日 17:10

こんにちは。
あの分厚い断熱の壁ですね^^
私も将来はあんな家に住みたいです。
リフォームで高断熱に出来ないでしょうか?

投稿者 誕生日プレゼント工場 : 2012年3月28日 17:13

こんばんは、いつも有難うございます。エネルギーの問題は震災以来、大変ですね。原発も沢山の問題を抱えながら、自分はいやでも、たよってきた過去があります、さてどうしたものでしょう?高断熱建築はこれから注目される建築なのですね。

投稿者 megane : 2012年3月28日 18:34

コメントしてください




保存しますか?