« 森の中で力強く生きる小さな自然 | メイン | 定期調査報告 外壁タイル 赤外線調査 2/3 »

2012年5月15日

特殊建築物の定期調査報告 外壁タイル調査 1/3

特殊建築物の定期調査報告とは
建築基準法第12条の規定により、特定行政庁が指定する特殊建築物等の所有者(管理者)は、専門技術を有する資格者に定期的に調査させ、その結果を特定行政庁に報告するように義務づけられています。
定期的な調査を行うことで、建築物の利用者の安全を確保し、事故の発生を未然に防ぐことが目的です。
詳細は、下記のブログをご確認下さい。
・2011年7月14日
 建築基準法第12条 特殊建築物定期調査報告
・2011年9月14日
 特殊建築物定期調査報告書の調査・申請手続き
・2011年11月18日
 甲府市内の保育園 特殊建築物定期調査報告の調査

特殊建築物の定期調査報告の調査項目の1つに「外壁のタイル調査」があります。
その内容は、平成20 年4月1日 建築基準法第12 条に基づいて行われます。
特殊建築物等は竣工、外壁改修などから10年を経てから最初の定期調査時の際、及び10年毎の定期調査時に外壁タイルなどの全面打診等による浮きの調査が必要になっています。
打診調査とは、専用ハンマーによって外壁を打診し、異音により損傷箇所を判断します。

打診調査

そこで問題になってくるのが高層建築の打診調査
足場や高所作業者を使っての調査となります。

打診調査
高所作業者を使っての外壁タイル打診調査

打診調査では、調査費用の他に足場や高所作業車と言った費用がプラスになります。
そこで、吉野聡建築設計室が提案している調査方法は
赤外線カメラを使った「赤外線調査」です。
明日は、外壁タイル赤外線調査にてUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 2012年5月15日 03:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/1953

コメント

お早うございます。
>赤外線カメラを使った「赤外線調査」
明日も続きが楽しみです。
よろしくお願いします。

ありがとうございます。

投稿者 藤井 : 2012年5月15日 05:23

おはようございます

タイルは一枚ずつ検査していくのですか
壁一面ともなると、検査費用も多く必要になりそうですね

>「赤外線調査」
 いろいろな検査方法があるのですね(^^)

投稿者 甲州市学習塾のこばやし : 2012年5月15日 06:20

おはようございます

確かに外壁タイルが落ちてきたら大変ですもんね

検査方法もどんどん進歩してきているのですね(^。^)

投稿者 とんとん神林 : 2012年5月15日 07:35

おはようございます
クラックとか思わぬ事故になりますので
重要な調査ですね

投稿者 伯爵 : 2012年5月15日 07:42

こんにちは。

ビルなど高い建物では検査も大変なのですね。
事故のないよう、安全に行なえる検査のほうがいいですね。

投稿者 お米農家 内山農産のチカ : 2012年5月15日 14:06

こんにちは。
地道な作業なんですね。
こういう小さいことの積み重ねの大切さに気付かされました。
赤外線・・・、どのように使うのでしょう^^;;

投稿者 誕生日プレゼント工場 : 2012年5月15日 14:24

吉野聡建築設計室さん、こんばんは!
タイルの検査は打診調査が一般的なんですね♪
高いところ苦手なので恐そうです(笑)
>調査費用の他に足場や高所作業車と言った費用がプラスになります。
>そこで、吉野聡建築設計室が提案している調査方法は
>赤外線カメラを使った「赤外線調査」です。
ということは赤外線調査であると足場や高所作業車と言った費用がかからないわけですね@-@;
明日のエントリーが楽しみです*^-^*

投稿者 新潟スイーツ・ナカシマ : 2012年5月15日 15:37

こんにちは!

こんこんと叩いて音で周知するんですね。
すごい!!
高いところにいるだけでも大変なのに><

投稿者 モルタル・マジック : 2012年5月15日 16:59

こんばんは、特殊建築物の10年ごとに外壁検査があることを知りませんでした。タイルが剥離すると危険ですから大切な検査なんですね。

投稿者 リフォームのサトウ工業 : 2012年5月15日 21:19

吉野聡建築設計室さん こんばんは。

高層ビルの検査では手間と費用、そして危険も伴いますね。
それを解決するための赤外線カメラの導入。
そんな方法なのか、楽しみです!(^O^)

投稿者 茶柱通心 : 2012年5月15日 21:42

こんばんは、いつも有難うございます。すっかりご無沙汰してしまいました、申し訳ありません。打診検査、大切な検査ですね、落ちてきたらえらいことですから。赤外線調査、内容が楽しみです。

投稿者 megane : 2012年5月15日 22:49

吉野さんこんばんは!

高所から落ちるとなると、小さい物でも凶器!
確実で安全な作業が必要ですね!

そこで取り出したるは赤外線ですか!?
とっても気になるアイテムです!

投稿者 理系G : 2012年5月15日 23:19

吉野聡建築設計室さん

こんにちは!

>高所作業者を使っての外壁タイル打診調査

これは高所恐怖症の人には辛い作業ですねぇ・・(^_^;)

吉野さんは資格を取得されていてご自分で検査もしてしまうのかな?(^_^)

投稿者 溶射屋 : 2012年5月18日 10:17

コメントしてください




保存しますか?