« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

2014年3月31日

サイプレス(豪州ヒノキ)の凄さをUPします。

弊社が設計・デザインした多くの建築で使用しているサイプレス。
土台・外壁・内装の床・壁・天井など、多くの部位で使用しています。
サイプレスは、木材の中のスーパーマンです。
本日は、そのサイプレスの凄さについてUPいたします。

サイプレスの凄さで最も驚いた事は、サイプレスの原生林があるオーストラリアへ「サイプレスの視察」に行ってきた時の事です。

サイプレスの視察に行ったオーストラリア
サイプレスの視察に行ったオーストラリア
「サイプレス(豪州ヒノキ)」とは
ヒノキ科の一種で日本では豪州ヒノキという名前でも販売されています。ヒノキ科に当たるラテン語の学名はCuprusceaeです。
世界の中で最も硬い針葉樹です。

樹種の硬さは育つ気候環境、成長の速度に大きく関係しています。
オーストラリアの乾燥地で育つ豪州ヒノキは成長が非常に遅いため、硬い木が育ちます。
一般に成長が遅い木は硬く、生長が早い木はやわらかい。
針葉樹は柔らかく、広葉樹は硬いとして知られていますが、サイプレス(豪州ヒノキ)は針葉樹でも例外で、広葉樹と同様に硬い木です。

オーストラリア サイプレスの森
オーストラリア サイプレスの森

サイプレスの凄さについて
2005年(平成18年)現地(オーストラリア)の現地レポートブログをご確認下さい。
更に詳しい情報がたくさん掲載しております。
・2009年11月 9日 サイプレス(豪州ヒノキ)1/3

・2009年11月11日 サイプレス(豪州ヒノキ)3/3
・2009年11月10日 サイプレス(豪州ヒノキ)2/3
その他の効果(写真付き)の説明は
・2009年8月21日 サイプレス(豪州ヒノキ)と杉
をご確認下さい。

弊社が使い続けるサイプレス。
その建築を使う方にとって、たくさんの意味・効果・メリットがあるからです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (8) | トラックバック

2014年3月30日

中古ユニットハウスの販売

建築現場の現場事務所・事務所・店舗・倉庫・物置・仮設建物などで活用できるユニットハウス。
設置したその日から使用可能です。
用途によっては、中古のユニットハウスでも十分満足できます。
そんなユニットハウス。
中古を販売致します。

ユニットハウスのサイズは
巾5.40m×奥行2.3m×高さ2.4m(おおよその外寸)です。
約12.42㎡ 7.5帖(3.8坪)

中古ユニットハウス
建築現場の現場事務所などで活用できる中古ユニットハウス。
写真で見ると、入口ドアのガラスにヒビが入っています。
もちろん交換してお渡しいたします。
続いて内観です。

中古ユニットハウス 内観
比較的きれいな内装。
利用範囲は広がります。

この仕様・程度と床面積。 
インターネットで価格を確認すると
市場価格は「20万円~30万円」ですが、格安にて販売致します。
吉野聡建築設計室blogのみの特別価格は!!
「12万円+消費税」
間違いなくお得な商品です。
お問い合わせは、下記のご連絡先まで宜しくお願い致します。
送料・設置費用についてもご相談を受け付けております。

※この中古ユニットハウス
 床面積が10㎡を超えています。
 設置する場所・使用用途によっては、建築確認申請の申請が必要となります。
 この件についてもご相談下さい。

1品物の限定商品
問合せの早い順に対応させて頂きます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月29日

眼・目で伝える・伝わる

たくさんの情報を伝えてくれる大切な・大切な目
私の現在の視力は、裸眼で左右共に「0.02」
乱視も入っています。
そして、24歳の時の大けがによって「複視(ふくし)」と言う視覚の異常も持っています。
日本眼科学会:目の病気 複視
現在は、ソフトコンタクトレンズ(1dayタイプ)を使用しています。
そんな事もあり、定期的に目の検査を行ってます。

吉野聡の目
他の人より茶色の瞳をもつ吉野聡

視力の検査
視力の検査結果、3年前より度数が進んでいるんです。
よって、コンタクトも新たなタイプに。
より良く見え・より明るく。
更にpower upです。

私たちは、眼でも思いや感情を伝える事が出来ます。
また、コミュニケーションをとる事も出来ます。
・目は口ほどにものを言う
・目は心の鏡
言葉だけを発するだけでなく、自分の思いから発していく。
それが、伝えるから伝わるの1つだと思います。
「できる人の目は輝いている」
と言われています。
それは、その人の気持ちから・思いから表れる表情です。
ホンモノの証です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:16 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月28日

省エネ法 定期報告・点検を行っています 山梨県甲府市2/2

床面積が300㎡以上の建物は、新築・増改築等の際に改正省エネ法で届出が必要となります。
そして、届出を行った建物所有者(管理者)は、3年ごとに建築物の維持保全状況(点検内容は、外壁・窓・設備等。詳しくはこちら)を所管行政庁に報告することが義務付けられています。

省エネ法の「定期報告」
届出後、3年以内ごとに必要となります。

省エネ法の「定期報告」
省エネ法に基づく届出・定期報告の対象範囲
(国土交通省パンフレット抜粋)

私たちの地球を守る省エネ法。
届出義務違反・定期報告義務違反の者には、厳しい罰金の罰則があります。
子供たちに、輝く未来・美しい地球を繋げる為にも「正しい事を正しく」の思いです。

省エネ法の定期報告について
吉野聡建築設計室では、調査・報告書の作成・申請を行っています。
省エネルギー性能の維持保全の状況について
現場調査を行います。

省エネ法定期報告 窓・外壁調査 照明 換気扇調査
 
空気調和設備  調査 給湯設備 調査
山梨県内にあります高齢者専用住宅
省エネ定期報告の現場調査

・外壁、窓等
・空気調和設備
・空気調和設備以外の機械換気設備
・照明設備
・給湯設備
・昇降機
の確認・点検を行います。
そして、報告書をまとめて所管行政庁へ提出を行います。

定期報告についてのご質問・調査内容・料金など
下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
私、吉野聡が対応させて頂きます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月27日

省エネ法 定期報告・点検を行っています 山梨県甲府市1/2

省エネ法 山梨県
平成25年度改正のポイント(国土交通省住宅局パンフレット)
昭和54年に制定された省エネ法(正式名:エネルギーの使用の合理化に関する法律)は、工場や建築物、機械・器具についての省エネ化を進め、効率的に使用するための法律。
いわゆる「省エネ法」です。
省エネ法は、これまでに何度も大改正が行われています。
平成4年の改正、平成11年の改正、平成25年の改正。
「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)の一部を改正する等の法律案」は平成25年5月24日国会で可決・成立し、平成25年5月31日に公布されています。

住宅・建築物向け 改正省エネ法の概要とポイント
【対象建物】
床面積が300㎡以上の建物は新築・増改築等の際、省エネ措置の届出と定期報告が必要になています。
【定期報告】
届出後、3年以内ごとに必要となります。

建物の用途、詳細な基準・仕様など細かく定められています。
下記のパンフレットのDL
syouenekaisei.pdf

詳しくは、国土交通省「改正省エネルギー法関連情報(住宅・建築物関係)」をご確認下さい。
また、弊社までご相談下さい。

明日のブログは、建物の完成後の3年毎におこなう「定期報告
吉野聡建築設計室で行う調査・報告書の作成・申請手続きについてUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:28 | コメント (4) | トラックバック

2014年3月26日

無確認建築 違反建築物に対する措置 

昨日のブログでUPしました
建物を建てようとする時、その計画が建築基準法やその他関係法に適合してるかの確認を求めて、事前に建築主事又は指定確認検査機関に提出し確認済証の交付を受ける事。
確認済証が交付されなければ建築する事が出来ません。
建築基準法 第6条第1項 (建築物の建築等に関する申請及び確認)

その条文に違反した建築・違反した者。
それは、健全な街並みの形成や私たちの生命の安全を守れない者として厳しく処分されます。
その内容は、条文でも明記されています。

建築基準法第9条第1項(違反建築物に対する措置)
特定行政庁は、建築基準法令の規定又は同法の規定に基づく許可条件に違反した建築物については、建築主、請負人若しくは現場管理者、敷地所有者に対し、施工停止又は猶予期限を付けて除却・移転・改築・使用禁止・その他違反是正のために必要な措置を命ずることが出来る。

建築基準法第98条第1項では上記に命令に違反した者は、3年以下の懲役又は3000万円以下の罰金に処されます。
つまり違反を知りつつ工事を進めれば、施主は施工業者と同様の是正措置を命ぜられますし、従わなければ懲役もしくは罰金刑もあります。

また、建築基準法第99条1号では、第6条第1項 (建築物の建築等に関する申請及び確認)の規定(に違反した者は、1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処するとあります。
ここで、法6条第1項なんですが、1号から3号までの建築物を建築等(ちょっと省略)、4号建築物を建築する場合は、「建築主」は着手する前に確認済証の交付を受ける事。
確認申請を受けない事に対しても処分があります。

これは「法律」です。
知らないでは済まされないんです。
だからこそ、正しい知識を持ち正しい判断が出来る建築士にご相談下さい。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
弊社では、今まで無確認申請の建築の対応を数件行っています。
通常の確認申請より、多くの時間や経費・テクニックが必要となります。
この対応にも、多くの代償を払う事にもなります。
法律は守る為にあります。
健全な街並みの形成や私たちの生命の安全を守る為に。
清く・正しく・美しくの思いです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:28 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月25日

建築確認申請 違反・無許可の建築

建築は、建築基準法をはじめとする多くの関係法の中で計画・設計・施工されています。
建築工事を行う前には、特定行政庁、若しくは確認検査機関に建築確認申請書を申請します。
建築確認申請の目的は
計画する建物が、工事の着手前に敷地、構造、設備など安全性を確保している事を確認する為に行います。
それは、健全な街並みの形成や私たちの生命の安全の確保に繋がっています。

建築確認申請とは
建物を建てようとする時、その計画が建築基準法やその他関係法に適合してるかの確認を求めて、事前に建築主事又は指定確認検査機関に提出し確認済証の交付を受ける事。
確認済証が交付されなければ建築する事が出来ません。

吉野聡建築設計室 自社の建築の確認済証
吉野聡建築設計室 自社の建築の確認済証

建築基準法 第6条、第6条の2、第6条の3に基づく申請行為です。
その内容は、建物の用途・規模・構造、敷地条件によっても変わります。

建築基準法第6条(建築物の建築等に関する申請及び確認) 
建築主は、第1号から第3号までに掲げる建築物を建築しようとする場合(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第1号から第3号までに掲げる規模のものとなる場合を含む。)、これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合又は第4号に掲げる建築物を建築しようとする場合においては、当該工事に着手する前に、その計画が建築基準関係規定(この法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定(以下「建築基準法令の規定」という。)その他建築物の敷地、構造又は建築設備に関する法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定で政令で定めるものをいう。以下同じ。)に適合するものであることについて、確認の申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない。当該確認を受けた建築物の計画の変更(国土交通省令で定める軽微な変更を除く。)をして、第1号から第3号までに掲げる建築物を建築しようとする場合(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第1号から第3号までに掲げる規模のものとなる場合を含む。)、これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合又は第4号に掲げる建築物を建築しようとする場合も、同様とする。

これが建築基準法の条文です。
専門用語がたくさん。
理解しにくいのではと思います。
そんな時には、弊社までお問い合わせください。
簡単に・ご理解しやすくご説明致します。

この建築確認申請
確認済証の交付が無くて建築行為を行なっている。
また、建っている建物があります。
いわゆる「違反建築」です。
明日のブログは、この違反建築・違反行為に対しての罰則規定をUPします。

「正しい事を正しく」
一番の近道です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:30 | コメント (8) | トラックバック

2014年3月24日

第2回「山梨セミナーズ」意見交換会の開催

「人は城 人は石垣 山梨の輝きは、未来の日本をつくる」
自立型人財の育成と自立型組織づくりに貢献したいという思いで発足しました
「山梨セミナーズ」
第2回目のセミナーを開催致しました。

2014年3月8日(土)に開催された
「 夢・目標を絶対に実現させる方法」講演会&パネルディスカッション。
500名を超える多くの民様のご参加、誠に有難う御座いました。
詳しくは、
2014年3月 9日
「山梨セミナーズ」発足記念講演+パネルディスカッションをご確認下さい。

多くの講演会は、話を聞くだけで終わり。
しかし!!山梨セミナーズは違います。
この講演+ディスカッションを聞く・感じる・思うだけでなく、自ら発信する事で新たな気付きが生まれ、更にホンモノに近づきます。
そんな思いを踏まえ!!
【意見交換会 ~講演会&パネルディスカッションを終えて~】
を開催致しました。

山梨セミナーズ意見交換会
山梨セミナーズ意見交換会

日時:平成26年3月18日(火)
受付・開場18:30 開始19:00 終了21:00
場所:かいてらす2階大会議室(南)
会費:500円(会場代+お茶代+チョコレート代)
内容:
1.参加者自己紹介[氏名・講演会の日から今日までに実践した事や変わった事。
2.ケーススタディ

ご参加下さった皆様が、それぞれの立場でいろんな考え・思いを持っています。
講演会&パネルディスカッションの内容をどう感じてたのか。また、今後どう活かすかの意見交換を行いました。
パネルディスカッションのパネリストの「恵林寺・副住職古川周賢老師」もご参加下さいました。

情報や気付きを受け入れて落とし込むためには、自ら発信することが必要です。
情報の発信は、情報を得る事より多くの気付き・発見が生まれます。
だからこそ、積極的に情報を発信する・発信し続ける必要があります。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (9) | トラックバック

2014年3月23日

山梨県甲府市 2014年 第43回信玄公祭り

信玄公祭り(しんげんこうまつり)
山梨県甲府市において、武田信玄公の遺徳を偲び、1970年より続けられている山梨県内最大の祭り。
世界最大の鎧武者行列とギネスに認定されています。
平成26年は4月4日(金曜日)~4月6日(日曜日)で開催されます。

信玄公祭り
甲府市HPより

1561年の「川中島大合戦」に出陣する様子を忠実に再現したお祭りで、信玄公を中心に武田24将のそれぞれを隊将とする軍団が編成され、騎馬30頭あまり、武者約1500人が参加する甲州軍団出陣による勇壮な戦国絵巻(メインイベント)は、4月5日(土曜日)第2日目です。
今年の武田信玄公役は、俳優 『松平 健(まつだいら けん)氏
そして、山本勘助役は、俳優 『真砂 皓太(まさご こうた)氏。

その他の催し物のスケジュールは
信玄公祭りスケジュールをご確認下さい。
そして、第43回信玄公祭りの山梨県内の関連イベントは
山梨県内の関連イベント
をご確認下さい。
さまざまな関連イベントをチェックする事で、更に理解+楽しみが広がります。

4月5日(土)17:15~20:45は、甲府市内中心部で大きな交通規制が行われます。
詳しくは、下記のリンク(PDF)をご確認下さい。
2014_kisei-map.pdf

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (7) | トラックバック

2014年3月22日

1200回を超える吉野聡建築設計室 朝食(朝ごはん)

山梨県甲府市にある吉野聡建築設計室 吉野聡
私にとって、朝(AM3:20~AM6:00)はとても大切な時間です。
その2.5時間を使って多くの事を行っています。
その1つが「朝食づくり
キッチンに対する新たな提案を行う為に始めた朝食づくり
2010年10月よりスタート。
3年5ヶ月が経過しています。
UPした数は1200回。
継続する事で新たな、気付き・目的・目標が生まれています。

記念となる第1回目のメニューは
「ふあふあ目玉焼き」

目玉焼き
弱火でじっくり、6分から7分かけて作ります。

作った朝食は、撮影を行いFacebookにUPしています。
そして、その朝食をまとめた専用ページがあります。
吉野聡建築設計室の朝食(朝ごはん)

現在、吉野聡建築設計室Webサイト・ブログ、そして5つのFacebook 合計7つを管理・運営しています。
・Webサイト
山梨県甲府市にある建築設計事務所、吉野聡建築設計室
・ブログ
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ
・Facebookの会員のみ閲覧できる
吉野聡のFacebook個人ページ
・誰でも閲覧できるFacebookページ(4ヶ)
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
吉野聡建築設計室 朝食(朝ごはん)
山梨県南アルプス市 居酒屋 芳野
山梨セミナーズ

それぞれが、1つの輪・和・話という繋がりを作りながら、共に歩み続けています。
これからも宜しくお願い致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (3) | トラックバック

2014年3月21日

ミスコピーや不要になった印刷物でメモ用紙

ミスコピーや不要になった印刷物を使って、リサイクルメモ用紙を作っています。
それは、片面がのりで接着されている1枚1枚はがれるタイプのメモ用紙です。
本日のブログはのり付メモ用紙の作り方をUP致します。

まず、初めにA4版のミスコピーや不要になった印刷物を用意します。

不要になったコピー用紙の裏面
ミスコピーや不要になった印刷物の裏面(A4サイズ)を用意

4等分にカット 端部をのり付け
4等分にカット             端部をのり付け

のりはたっぷり付けます カバー用紙を貼り付け
のりはたっぷり付けます       その上からカバー用紙を貼り付け
後はのりの乾燥を待つだけ。

リサイクルメモ用紙の完成
リサイクルメモ用紙の完成です。
1枚1枚はがせるメモ用紙。
電話のメモや伝言メモなどに便利。
ミスコピーや不要になった印刷物の裏面を使ったメモ用紙。
是非、活用して頂ければと思います。 

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (8) | トラックバック

2014年3月20日

吉野聡建築設計室は転勤や配置換え・担当の変更がありません。

吉野聡建築設計室
山梨県甲府市徳行3丁目3-25にあります
吉野聡建築設計室
詳しい案内図は、弊社Webサイト contact(連絡先) をご確認下さい。

全国を代表する大手ゼネコンや各種メーカー。
そして、山梨県内の大手建設会社と比べると、会社の規模・スタッフの数・売上高では、大きな差が御座います。
しかし、設計を行っている建築・内容・提案には自信を持っています。
設計を行って来た代表する建築は、
弊社Webサイト worklist(業務リスト) をご確認下さい。

そして、小さな設計事務所だからこそのメリットもたくさんあります。
その1つ。
弊社は、山梨県甲府市徳行3丁目3-25で設計を行い続けます。
よって、転勤も配置替えも・担当の変更もありません。
設計・デザインさせて頂いた建築は、我が子ように感じています。
だからこそ、ずっと見守りたい。
私の思いです。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月19日

山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会 街づくりへの提案 3/3

3回のシリーズでUPしています「山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会 街づくりへの提案」
・第1回 2014年3月17日
 山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会 街づくりへの提案 1/3
・2014年3月18日
 山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会 街づくりへの提案 2/3

山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会の到来です。
大きな問題+危機感を感じています。
その問題をクリアさせる提案の1つが、
海の無い県の山梨。
そして、周囲を山に囲まれた甲府盆地で水を使った街づくりです。

甲府市盆地と富士山
甲府盆地と富士山(甲府市観光協会より)

たくさんの魅力がある甲府市。
新たな事を生むのではなく、今ある事にもう一度気付いてほしいんです。
水の力によって、人や動物・植物、また情報や経済が集まる「オアシス」に集めるんです。
たくさんのプラスが生まれます。

それは、デザイン性のある「ウォーターフロント計画」です。
ウォーターフロント
1981年に竣工した神戸市の当時世界最大であった人工島・ポートアイランドである。これに、倉庫街や貨物駅といった古い港湾施設の再開発によって誕生した神戸ハーバーランドの二つの事業に対し、今後の都市開発に先人的な役割を果したとして日本都市計画学会石川賞がそれぞれに授与されている。
首都圏では、
、東京の佃島・天王洲・お台場・有明・汐留・葛西、横浜市の横浜みなとみらい21、千葉市の幕張新都心などの再開発が行われた。芝浦の空き倉庫を利用したディスコやライブハウス、浦安市の東京ディズニーリゾートなども人気を集めた開発の一つである。(Wikipedia抜粋)

甲府市内にある多くの空き店舗を使った楽しく空間。
水の流れと共に歩道の整備。
そして、それはデザインもプラスします。
オシャレをしながらデートに誘いたくなるようなイメージに。
自然の水と都市のデザイン。
人を集めるのではなく、自然に集まる空間になります。

更にもう1つの提案です。
それは、甲府市を流れる富士川水系の一級河川の「荒川」の利用です。

甲府市 荒川
甲府市 荒川
現在、ほとんど利用されていない荒川河川敷。
街と結びつきを強くするんです。
河川敷への駐車場整備やイベント会場の整備。
水と触れ或る水辺公園。
そして、この荒川の水を街づくりに活用します。

数年前から提案している水を使った街づくり。
住みたくなる街へ変化・進化。
これからの山梨県・甲府市には、必要な取組です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月18日

山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会 街づくりへの提案 2/3

3回のシリーズでUPしています「山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会 街づくりへの提案」
・第1回 2014年3月17日
 山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会 街づくりへの提案 1/3

山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会の到来です。
大きな問題+危機感を感じています。
弊社では、建築の分野から人口の減少を食い止め、人口+観光客の増加を考えています。
その1つが街づくりです。
「街づくり」と言う言葉・取組
それは、多くの県・市町村・地域での取り組みが行われています。
もちろん甲府市もです。

そんな中、甲府市の街づくりとしての新たな提案が御座います。
キーワードは「水」
水は、人を集める力を持っています。
砂漠やステップといった乾燥地域にあるオアシス。
人や動物・植物、また情報や経済もあつまる場所になっています。

日本全国を見ても名だたる都市のほとんどが水を活用した街づくりを行っています。
山梨県から近い所では、台場・横浜・浦安など水との共存を図っています。
では、周囲を山に囲まれた甲府盆地。
水とは無縁の地かなと思いますが・・・。

甲府市には舞鶴公園 甲府城があります。
その周りには大きなお堀が。

舞鶴公園 甲府城
舞鶴公園 甲府城

そして、JR甲府駅の南口に通じる平和通り。

甲府市 平和通り
地下に川が流れているとの事です。

そして、山梨県とくれば水。
名水・湧水がたくさんあります。
各地にある名水百選平成の名水百選
ミネラルウォーター出荷額が日本一の山梨県
全国の26.5% 約1/4を占めています。
更に、甲府市を流れる富士川水系の一級河川の「荒川」の利用です。

海の無い県の山梨。
周囲を山に囲まれた甲府盆地で水を使った街づくり。
人や動物・植物、また情報や経済が集まる「オアシス」になります。
たくさんのプラスが生まれます。

明日のブログは、
水を使った具体的な「街づくり」の提案をUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:28 | コメント (5) | トラックバック

2014年3月17日

山梨県・甲府市の人口減少・超高齢社会 街づくりへの提案 1/3

日本列島
日本列島のほぼ中央に位置しする山梨県。

山梨県

面積は4,465.37km2で、わが国の総面積377,959.91km2の約100分の1にあたり、県土の約78%を森林が占めています。総人口は平成24年10月1日現在で85万1,681人
近年、人口数が減少傾向にあります。
昭和35年 782,062人
昭和45年 762,029人
昭和55年 804,256人
平成2年 852,966人
平成12年 888,172人
平成17年 884,515人
平成21年 869,132人
平成22年 864,782人
平成23年 857,690人

山梨県の人口減少・超高齢社会の到来です。
大きな問題+危機感を感じています。
弊社では、建築の分野から人口の減少を食い止め、人口+観光客の増加の提案を行い続けています。
その1つが街づくりです。
「街づくり」と言う言葉・取組
多くの県・市町村・地域での取り組みが行われています。
もちろん甲府市もです。

そんな中、甲府市の街づくりとしての新たな提案が御座います。
キーワードは「水」
水は、人を集める力を持っています。
砂漠やステップといった乾燥地域にあるオアシス。
人や動物・植物、また情報や経済もあつまる場所になっています。

日本全国を見ても名だたる都市のほとんどが水を活用した街づくりを行っています。
山梨県から近い所では、台場・横浜・浦安など水との共存を図っています。
では、周囲を山に囲まれた甲府盆地。
水とは無縁の地かなと思いますが・・・。
この続きは明日のブログでUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (7) | トラックバック

2014年3月16日

山梨県甲府市 有価物回収と資源物回収 

山梨県甲府市は、資源を大切にして、リサイクルのまちづくりとして
・紙類  新聞紙、雑誌、段ボール、紙パック、紙製容器包装(紙箱、紙袋、包装紙)
・布類
・衣類
・びん類 一升ビン、ビールビン、ドリンクビン、調味料ビンなど
・金属類 スチール缶、アルミ缶、スプレー缶、なべ、やかんなど
・プラスチック類 ペットボトル、食品用白色発泡トレイ
・有害再生物
の改修を行っています。(甲府市HP ごみの分別方法 抜粋)

有価物回収は、地域による自主的な集団回収であり、自治会の協力のもとに、再利用できるものを地域住民が協力し合って、品目ごとに選別作業を行うものです。(行っていない自治会もあります)
私(吉野聡)は、昨年と今年、地区の副会長兼会計を仰せ付かっています。
毎月参加している地区の有価物の回収。
ほぼ全員の皆様は、規程通りにごみの分別、出し方をして下さっております。
しかし、悲しい事にごく一部の方が・・・。

ビンは色によって分別します
ビンは色によって分別します。

透明・茶色・緑・ブルーなどのビンが入った袋
透明・茶色・緑・ブルーなどのビンが同じビニール袋に。
ここから、私たち担当が色別に分別します。

そして、ペットボトルについて。

ペットボトルの包装はとって下さい。
キャップがついたまま+ラベルが貼ったままのペットボトル
そして、空き缶(アルミ・スチール)と一緒になった袋に・・。

ペットボトルの捨て方は
1.キャップとラベルを外してください。
2.中を水ですすいでください。
3.必ず踏み潰して、半透明袋に入れてください。
4.キャップとラベルは燃えるごみです。

更に詳しい情報は、下記の有価物回収と資源物回収のしくみと注意についてをダウンロードをお願い致します。
有価物回収と資源物回収のしくみと注意について1.pdf
有価物回収と資源物回収のしくみと注意について2.pdf

一人一人の協力でより良い自治会・地域が生まれてきます。
相手を思う気持ち。
大切にしていきます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (3) | トラックバック

2014年3月15日

高麗芝 2014年3月のメンテナンス(エアレーション)

吉野聡建築設計室の庭に敷き詰められている芝(高麗芝)
2014年シーズンのメンテナンス(手入れ)のスタートです。
3月に行う作業は、芝の穴あけ(エアレーション)です。
芝の穴あけ専用道具を使い、芝面に穴を開けるだけの単純作業です。
しかし、これには大切な意味があります。
その意味は
①地中に空気を供給する
②水はけ改善
③根切り
④病気予防
今年も元気で力強い、青々とした芝になって欲しいと言う思いです。

それでは、作業内容の説明です。
ホームセンターなどで販売されている芝の穴あけ専用道具
100%人力です。

芝の穴あけ機
芝の穴あけ専用道具
両サイドが10Φ程の開口、中央部が尖った剣のような形をしています。

芝の穴あけ
この道具を使い芝の中に押し込みます。
それは、道具の上に足を乗せ体重をかけながら行います。
両サイド10Φの開口と中央部が尖った剣の部分が地面の内部へ
地中内に入り込むと、両サイドの開口から土が押し出されてきます。
この要領で、約10㎝間隔で穴をあけ続けます。

芝の穴あけ 
15分~20分/1日の作業時間
それは、毎日行い続けている朝のランニング(1.0km)+αの時間を使っての作業です。
約1週間の工程。
完了後には、柴専用のコーティング肥料を施肥します。
夏に一面の緑になって欲しい高麗芝。
定期的にメンテナンスを行い続けています。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (5) | トラックバック

2014年3月14日

建築設計の相談・打合を行う場所 大切にしています

建築設計の相談・打合を行う場所
この部分も大切にしています。
相談・打合を行う場所については、弊社の事務所・ご依頼いただけるクライアントの皆様の会社・店舗・飲食店。
そして、住宅建築の設計の場合には、今お住いになっている住まいで行っています。

それには理由が御座います。
今の仕事や生活、イメージ・雰囲気・色などを確認したい。
建築設計を行う為の、多くの・大きなヒントがあるからです。
そして、多くの回数を行う設計打合
1回の打合せが長時間になる事があります。
クライアントの皆様には、いつもの慣れた環境・雰囲気で安心して打合せを行って頂きたいと考えているからです。

住宅建築の設計を行なう時には、大きな理由がもう1つあります。
住宅の新築・増築・リフォームを行うお客様の多くは、小さなお子様と一緒の事が多いんです。
おむつ・ミルク・おもちゃなどご自宅であれば安心して相談・打合せが出来ます。
良い雰囲気の中で、楽しくお話をしたい。
たくさんのプラスが生まれてきます。

ご自宅での打合
山梨県南アルプス市のT様
完成している住宅の写真は
弊社Webサイト projects(プロジェクト)
山梨県南アルプス市 T-House 新築工事
をご確認下さい。

多くの確認・打合・提案を行い、建物を使用する方に(クライアント皆様)とって毎日が楽しく・安心して・快適になる建築にしたい。
そんな思いがあるからこその対応です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:32 | コメント (8) | トラックバック

2014年3月13日

Webサイト・ブログ・Facebookを運営してたからこそ 2/2

Webサイト・ブログ・Facebookを運営してたからこそ。
さまざまな効果・プラスが生まれています。
その数は、年々増え続けています。
もっともプラスになった事の1つが、自分の考え方や生活が大きく変わった事です。
毎日、行い続ける事で多くの・大きな気付きが生まれています。
そして、たくさんの素敵な出会いです。
それは、弊社がある山梨県だけでなく、日本全国に広がっています。
Webサイト・ブログ・Facebookを見て、問い合わせの電話が増えています。
そして、実際にお会いしてのご説明も。

平成26年3月1日(土)
弊社にお電話下さったT様。
そのまま弊社に直行して下さいました。

吉野聡建築設計室での相談・打合
弊社での相談・打合

吉野聡建築設計室は、年中無休。
住宅建築の打合の多くは、平日夜・土曜日・日曜日・祝日となります。
また、打合せ場所についても、ご依頼がある方のご希望の場所で行います。
弊社で行う事もありますが、そのほとんどがご依頼いただける皆様のご自宅や会社・店舗・飲食店などで行います。
それには、多くの・大きな理由が御座います。
明日のブログは、その理由についてUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月12日

Webサイト・ブログ・Facebookを運営してたからこそ 1/2

Webサイト・ブログ・Facebookを運営してたからこそ。
多くのプラス・さまざまな効果が生まれています。
その数は、年々増え続けています。

もっともプラスになった事の1つが、自分の考え方や生活が大きく変わった事です。
毎日、行い続ける事で多くの・大きな気付きが生まれています。
そして、建築設計以外の依頼も増えている事です。
さまざまな講演依頼もその1つです。
今年は、平成26年1月30日(木) 午前6時〜7時 
南アルプス市にあります木の国サイト情報館で開催された
南アルプス市倫理法人会の経営者モーニングセミナー
タイトル「継続の思い・方法」の講演を行ってきました。
2014年2月 3日
南アルプス市倫理法人会モーニングセミナーでの講演

そして、先日のブログでUPしましたバレエ発表会の写真撮影+プログラムの作成です。
2014年2月22日
バレエ発表会のプログラム作成+写真撮影

美倭's Ballet スタジオ/研究所
山梨県甲府市宝1丁目38-8にありますバレエ教室
美倭's Ballet スタジオ/研究所

デジタル一眼レフカメラの初心者もの撮影。
photoshopを使い、撮影した80人の生徒の写真やさまざまな画像の加工、サイズ変換などの編集。
それらをエクセルに貼り付けます。
そして、文章の構成からデザインなどのプログラムの作成。
そして印刷。
これら一連の流れも、Webサイト・ブログ・Facebookを運営していたからこそ習得した技術です。

弊社のWebサイトは
2008年1月19日にホームページビルダーを使いスタート。
2008年6月7日に完全リニューアルをしてMovableTypeブログを使ったWebサイトとして生まれ変わっています。
その後、数回のバージンUPを行いながら
7年と2ヶ月、毎日更新を行ないながら共に歩み続けています。
継続の効果。
改めて感じています。

そして、3月8日(土)に開催しました山梨セミナーズ発足記念の講演会+ディスカッション。

山梨セミナーズ パネルディスカッション
500名を超える多くのご参加。
有難う御座いました。
・第一部
 原田隆史氏 基調講演
・第二部
 パネルディスカッション
 ㈱はくばく 代表取締役社長 長澤重俊氏
 元ラグビー日本代表 梶原宏之氏
 恵林寺 副住職 古川周賢氏 
 山梨県教育委員会スポーツ健康課 上田直人氏

山梨セミナーズ パネラー

詳しくは「3月8日(土) 原田隆史氏 山梨初公演の開催日」をご確認下さい。

このセミナーを通じて発足した山梨セミナーズの実行副委員長にもなるきかっけとなっています。
これからもたくさん企画を発信し続けます。
これも、Webサイト・ブログ・Facebookを運営してたからこその効果の1つです。

たくさんある効果。
明日のブログでもUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (5) | トラックバック

2014年3月11日

2011年(平成23年) 3月11日(金)14時46分18.1秒

2011年3月13日 朝日新聞

3年前の今日。
2011年(平成23年) 3月11日(金)14時46分18.1秒、日本の太平洋三陸沖を震源として発生した地震。
東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらした。
この地震規模は1960年チリ地震の9.5、1964年のアメリカ・アラスカ地震の9.2、2004年インドネシア・スマトラ島沖大地震・大津波の9.1に次ぐ、世界第4位規模だった。

東北大震災の震度分布(気象庁HP)
東北大震災の震度分布(気象庁HPより)

あの日・あの時間
私は、どこで・何をしていたのか??
今でもはっきり覚えています。
それは、甲府の中心部にあるテナントビルの調査を終え、運転して100m位走った信号で止まってた時に起こりました。
電柱も・周囲のビルも・前の車も全て揺れているんです。
近くにあった大きな駐車場の中心部に車を止めて外に出たんですが、立っていられないんです。
何が起きているのか???の瞬間です。
事務所に戻って、情報を入手すると日本が大変な事に。
あの時の事は、今でもはっきりと覚えています。
そして、3年前のブログを確認する事でも再確認出来ます。

改めて、あの時のブログを再UP致します。
・2011年3月12日
東北地方太平洋沖地震 山梨県甲府市
・2011年3月13日
2011年 東北地方太平洋沖地震+津波
・2011年3月14日
 既存建物の耐震化(耐震診断 耐震設計 耐震工事)
・2011年3月15日
 がんばれ日本 がんばれ東北

この未曾有の大災害の中で、ブログを継続するか悩んだ時のブログです。
・2011年3月16日
 ブログ更新を行い続けます

日本と言う国がどうなってしまうんだろうと思った日から3年
被災地の皆様の力強さ・たくましさを感じます。
だからこそ、忘れてはいけない・風化させてはいけない
また、情報を伝え続けなければいけない「東日本大震災」
改めて、この大震災で亡くなられた方々に、謹んで 哀悼の意を表すとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
そして、一日も早い完全な復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

地震や津波、そして雨や風、寒さ・暑さなどから私たちの命を守る建築。
改めて、その存在の大きさ・重要性を感じています。
だからこそ「正しい事を正しく」
強く持ち続けています。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月10日

消費税引き上げにおける「住宅関連税制とすまい給付金」

消費税は、平成26年4月に8%、平成27年10月に10%へと、段階的に引き上げられます。
とても大きな金額が必要となる住宅。
消費税のUPは大きな影響を受けます。
住宅建築において、今の消費税の5%が適用される期限は過ぎています。
「もう手遅れね...」とあきらめることはありません!
住宅所得において、10年間続く住宅ローン減税。
そして、住宅所得時に現金にて給付される「すまい給付金」がスタートします。

住宅ローン減税 すまい給付金
国土交通省 住宅局の住宅関連税制とすまい給付金の講習会。

「住宅ローン減税の拡充」と「すまい給付金」
住宅を所得される皆様の条件によって異なりますが、この2つの制度を利用すれば、消費税の引き上げによる負担増は大きく軽減されます。
諦める事はありません。
急ぐこともありません。
良い住宅を作る為には、ゆっくり・じっくり・しっかり考えて頂きたい。
その後の生活に、たくさんの「楽」が生まれます。

詳しくは、弊社までお問い合わせ下さい。
私(吉野聡)が対応させて頂きます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:44 | コメント (7) | トラックバック

2014年3月 9日

「山梨セミナーズ」発足記念講演+パネルディスカッション

「人は城 人は石垣 山梨の輝きは、未来の日本をつくる」
自立型人財の育成と自立型組織づくりに貢献したいという思いで発足しました
山梨セミナーズ
昨日(平成26年3月8日(土))に、発足記念講+パネルディスカッションを開催致しました。

「山梨セミナーズ」発足記念講演+パネルディスカッション

第一部
原田隆史氏 基調講演
全国で教育講演、企業講演・研修を活発に行なっている原田隆史氏。
これまでに約300社、企業人6万人に向け研修を行っている。 また、プロ教師を育成する私塾「教師塾」では、10年間で延べ2300人の教師を指導した。
理念は「未来を切り拓く自立型人間を育成し日本の未来に貢献すること」。
メンタルトレーニングにも造詣が深く、学生スポーツに限らず、プロスポーツ選手や、芸能人に対してもメンタルトレーナーとして、心を強くする方法を指導している。
「原田隆史氏」
初の山梨講演です。

第二部
パネルディスカッション

山梨セミナーズ パネルディスカッション
・原田隆史氏
・㈱はくばく 代表取締役社長 長澤重俊氏
・元ラグビー日本代表 梶原宏之氏
・恵林寺 副住職 古川周賢氏 
・山梨県教育委員会スポーツ健康課 上田直人氏
(写真左から)

・コーディネーター 前田 真宏氏
YBS山梨放送スポーツ報道制作局ディレクター

会場は、山梨県甲府市東光寺3-13-25にあります「かいてらす
大ホールは、皆様のご出席により満席に!!

山梨セミナーズ 500名を超える参加者
500名を超える参加者
多くの皆様のご参加。本当に有難う御座いました。

会社、学校、家庭、友人、地域、趣味など、大きいものから小さいものまで、さまざまな集団があり、誰もが何らかのグループに所属しています。
まず自分の「やる気」を上げ、その熱い気持ちを周囲に発信すれば、集団の中にも「やる気」の輪が広がっていきます。
小さな輪も続けてる事で、必ず大きな輪になります。
講演会やセミナー、研修などを企画する側であるだけでなく、皆様と共に成長することが私たちの目標です。
学びです。気付きです。
「山梨セミナーズ」の活動が、それぞれのフィールドで活躍できる人づくりの場であると同時に、参加される方々の仲間づくりの場にもなれば幸いです。
これからもご参加下さる皆様にとって有意義な講演・セミナー・活動を行ない続けます。
今後とも「山梨セミナーズ」を宜しくお願い致します。

山梨セミナーズ 実行副委員長 吉野聡

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:34 | コメント (7) | トラックバック

2014年3月 8日

建築現場でもOne for All , All for One

建築主、吉野聡建築設計室、施工者、その工事に関わる全ての代表者が出席する
「現場定例会議」
1.前回の議題の確認・返答報告
2.引き渡しまでの工程や作業計画内容などの報告
3.不明点・確認・検討事項などを打合。
4.各担当別の分科会。
工事を安全に・スムーズに進める為に行います。
それが、良い施工+耐久性のある建築の完成に繋がります。

現場定例会議
顔と顔を合わせて、お互いが話し・確認・承認する現場定例会議
アナログ的な手法で行います。
それは、この会議のもう1つ大切なものがあるからです。
「コミュニケーション」

工事の安全と素晴らしい施工を行う為には、まずはコミュニケーションが大切です。
お互いがお互いを思い・感じる。
ラグビー精神の「One for All , All for One」
「1人はみんなのために、みんなは1 人のために」に通じます。

大きな建築を作る時には、何百・何千・何万の人が「素晴らしい建築を作る」という1つの目標に向かって歩み続けます。
だからこそ、お互いのコミュニケーション作りも設計者・監理者としての役割。
吉野聡建築設計室では、強く思っています。
素晴らしい建築を作る為には、雰囲気の良い現場から。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月 7日

山梨県 建築基準法第12条 特殊建築物定期調査報告

建築基準法第12条の規定により、特定行政庁が指定する特殊建築物等の所有者(管理者)は、専門技術を有する資格者に定期的に調査させ、その結果を特定行政庁に報告するように義務づけられています。
定期的な調査を行うことで、建築物の利用者の安全を確保し、事故の発生を未然に防ぐことが目的です。「山梨県HP抜粋」

優しく表現すると、建築士や有資格者が建物の健康診断を行います。
その結果を報告書にまとめ、山梨県と建物所有者(管理者)に提出・報告する事です。
建物を安全・安心に使い続ける為にです!!

定期調査報告をしなければならない特殊建築物等(床面積、階の基準有)
(山梨県の場合)
1.劇場、映画館、演芸場  
2.観覧場、公会堂、集会場 
3.病院、診療所、老人ホーム、児童福祉施設等 
4.旅館、ホテル     
5.下宿、共同住宅、寄宿舎 
6.学校、体育館    
7.博物館、美術館、図書館、ボーリング場、スキー場、スケート場、水泳場、スポーツの練習場
8.百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェー、バー、ナイトクラブ、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、待合、飲食店、物品販売業を営む店舗
9.上記に掲げるものを除き、事務所その他これらに類するもの

特殊建築物の定期調査報告の調査内容については、下記のブログをご確認下さい。
・2012年8月10日 外壁診断(タイル)調査(赤外線調査・打診調査)
・2011年2月14日 特殊建築物定期調査報告 外壁タイル調査
・2009年12月 1日 特殊建築物定期調査の非常用の照明装置
・2009年10月26日 特殊建築物定期調査報告外壁タイル赤外線調査

平成26年2月5日(水)
山梨県笛吹市にあります「山梨総合教育センター」の特殊建築物(設備)定期調査報告における現場調査を行いました。
調査項目の1つ避雷針の点検です。

避雷針
前日に雪が降った甲府盆地。翌日の調査は気持ちの良い青空です。
しかし、この日の朝の気温は-7℃。
必要以上の防寒対策です。

避雷針の設置基準規定は、建築基準法第33条によって定められています。
建築基準法第33条(避雷設備)
高さ20メートルを超える建築物には、有効に避雷設備を設けなければならない。
(煙突、広告塔、高架水槽、擁壁等の工作物及び昇降機、ウォータシュート、飛行塔等の工作物も含む高さです。)
第129条の15(構造)
前条の避雷設備は、建設大臣が指定する日本工業規格に定める構造としなければならない。

建築・建築に関係する設備は、メンテンスフリーではありません。
定期的な点検が必要になります。
吉野聡建築設計室では、一般住宅から店舗・マンション・アパート・事務所・工場などの建物の点検を行っています。
正しい調査で安心して使い続けて頂ければと思います。

建物の点検に関してのご依頼、ご質問・ご不明点など
下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。
私、吉野が対応させて頂きます。

**建物もあたなと同じ健康診断を**
吉野聡建築設計室では、建築に関する事故を未然に防ぎ、安全な状態で維持して頂きたいと考えます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:29 | コメント (8) | トラックバック

2014年3月 6日

保険マッサージ治療の写真撮影依頼

山梨県甲府市住吉4-19-2にあります
日本訪問マッサージ協会認定 鈴木治療院
[受付時間] 12:00~25:00 [定休日] 日曜日・祝祭日
[TEL]090-3337-2583
日本訪問マッサージ協会認定 日本指圧協会山梨県支部長 師範の鈴木利和様
国保の保険マッサージ治療を出張サービスで行っています。

昨年から、弊社にてFacebookの運営についての個人セミナーを定期的に開催し続けています。
その中で、カバー写真やプロフィール写真などの写真依頼がありました。
カメラは素人ですが「頼まれごとは試されごと」のお気持ちで、気持ちよく了承です。
撮影は、鈴木様のお仕事。
出張サービスで行う国保の保険マッサージ治療の施術状況です。
触る・触れる事で体の状態を読み取る技術を持つ鈴木様

手の感触を大切にする
優しく・あたたい思いが伝わる施術方法

1時間の撮影で200カットの撮影。
その中で、良い写真(奇跡の1枚)を選びます。
その後は、Photoshopにて編集・加工です。

Webサイト・ブログ・Facebookにおいて、写真はとても大切。
その写真1枚で、印象の変化が起こる可能性があります。
だからこそ、更に良い写真が撮れるように学び・実践し続けます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (8) | トラックバック

2014年3月 5日

食事をしながら季節を楽しむ「自然を感じるダイニング」

一日3回頂く食事。
毎日のスタートは朝食です。
そんな朝食。
ご自宅のダイニングで頂く方多いと思います。
美味しい料理をどんな雰囲気で頂くか!!
一日のパワーの源である朝だからこそ、その雰囲気はとても大切です。

庭を楽しむダイニング
2月8日(土)に降った雪(記録的な大雪の一週間前です)
この程度の雪は、楽しみとして見る事もで来ます。
視線を変える事で、庭の雪景色を眺めながらの食事(朝食)。
ホッと幸せな気分になります。

山梨県甲府市 もうすぐ春。
春は桃や桜。
夏は青々とした芝に緑の木々。
秋は紅葉。
1年を通じて、楽しみがあります。
そんな雰囲気で頂く朝食(食事)。
美味しい料理が更に美味しく・楽しくなります。
そして、いつも以上にパワーUPに!!
その他、お子様は感性豊かな大人になる。
教育にも大きな効果があります。

食事をしながら季節を楽しむ。
たくさん提案しています。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (7) | トラックバック

2014年3月 4日

3月8日(土) 原田隆史氏 山梨初公演の開催日

自立型人財の育成と自立型組織づくりに貢献したいという思いで発足しました「山梨セミナーズ」
主要メンバーなどの詳しい情報は「山梨セミナーズ」Webサイトをご確認下さい。

3月8日(土)に開催する山梨セミナーズ発足記念は、
原田隆史氏を招いての講演です。

原田隆史氏 山梨講演

全国で教育講演、企業講演・研修を活発に行なっている原田隆史氏。
これまでに約300社、企業人6万人に向け研修を行っている。 また、プロ教師を育成する私塾「教師塾」では、10年間で延べ2300人の教師を指導した。
理念は「未来を切り拓く自立型人間を育成し日本の未来に貢献すること」。
メンタルトレーニングにも造詣が深く、学生スポーツに限らず、プロスポーツ選手や、芸能人に対してもメンタルトレーナーとして、心を強くする方法を指導している。
「原田隆史氏」
初の山梨講演決定です。

<スケジュール>
2014年3月8日(土)
17:00 開場(混雑が予想されます)
     (早めに会場入りをご検討下さい)
18:00 原田隆史氏 基調講演
19:45 パネルディスカッション
      ㈱はくばく 代表取締役社長 長澤重俊氏
      元ラグビー日本代表 梶原宏之氏
      恵林寺 副住職 古川周賢氏 特別ゲストなどなど

      コーディネーター 前田 真宏氏
      YBS山梨放送スポーツ報道制作局ディレクター
 20:50 閉場

<入場料>
事前申し込み:2,000円  小中高 1,500円
当日申し込み:2,500円  小中高 2,000円

<人数>
500名限定
応募多数により、追加50名決定

<会場>
かいてらす(山梨県地場産業センター)
〒400-0807
山梨県甲府市東光寺3-13-25
電話番号:055-237-1641

<実行委員会> 
原田隆史氏山梨県講演会 
実行委員長  日原  達仁
実行副委員長 吉野  聡
実行副委員長 矢ヶ崎 真美

原田隆史氏 山梨初公演の詳しい情報は、下記のブログをご確認下さい。
2013年12月28日
カリスマ元体育教師 原田隆史氏 山梨初公演のご案内 1/2
2013年12月29日
カリスマ元体育教師 原田隆史氏 山梨初公演のご案内 2/2

本日は、「チケット購入とお支払について」
情報UP致します。

原田隆史氏 山梨初公演申込用紙1 原田隆史氏 山梨初公演申込用紙2
写真UPしておりますパンフレットの裏面にある申し込みフォームをご記入。
(下記のpdfをダウンロードをご利用ください)
原田隆史氏 山梨初公演申込用紙1.pdf
原田隆史氏 山梨初公演申込用紙2.pdf

申込用紙にも記載しています4つの申込方法の中から、1つ選んでお申込下さい。
1.特設ホームページからの申込
 山梨セミナーズのWebサイトの右側にある「チケット販売中」をクリック
2.FAXからの申込み
0 5 5 4 - 2 0 - 4 8 5 8
3.Eメールからの申込み
info@ym-ss.com
4.直接購入
原田隆史氏山梨県講演会実行委員会に問合せ
 TEL 0553-20-4848

『チケット料金のお支払いについて』
山梨セミナーズのWebサイトの右側にある「チケット販売中」から行える「クレジットカード決済
若しくは、当日の受付で現金にてお支払下さい。

500名を超える参加申込者。
本当に有難う御座います。
当日の入場・駐車場について、大変混雑する事が予想されます。
出来る限り早めのご来場・受付・ご入場を宜しくお願い致します。
尚、開場予定の17:00を少し早める事も検討しています。
18:00からスタートする原田隆史氏 基調講演。
ご参加下さる皆様のご協力を宜しくお願い致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:28 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月 3日

真冬でも快適に朝シャワーです。

一日のスタートとなる朝
毎日同じ時間に起床です。
それは、一年中夜明け前にです。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
夜明け前の山梨県甲府市 吉野聡建築設計室

直ぐに朝の仕事を行い、AM4:50頃から朝のランニング(1.2km)。
そして朝食をつくり+頂いています。
その後に、朝シャワーです。
夜のお風呂も入っていますので、朝シャワーは7~8分くらい。
温まる・洗うという意味ではなく、今日一日のスイッチをONする為に入っています。

冬になると連日氷点下になる山梨県甲府市
そんな日でも快適に朝シャワーです。
それは、このブログでも何度もUPしている「建築の高断熱化」です。
良く目にするハウスメーカーの高断熱建築とは、考え方・仕様・施工方法まで異なります。
24時間/365日 建物内の全て、どこでも快適なんです。

真冬でも朝シャワーできる建築(住まい・家・住宅)
たくさん提案しています。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:29 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月 2日

トイプードルのハンクと雪

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 吉野聡
詳しくは、吉野聡建築設計室HP profile(プロフィール) をご確認下さい。
ペットとの一緒の生活を初めて1年
(子供の頃も、犬と一緒の生活をしていました)
それは「トイプードルのhank(ハンク)」です。
詳しくは、2013年1月26日 トイプードルとの生活がスタート2/2をご確認下さい。

ドックラン代わりに作った庭
全面に高麗芝を敷き詰めた
ドックラン代わりに作った庭(8月頃の写真)

わが家に来てから1年1ヶ月。
犬の一歳は人間の18歳。ハンクも青年です。
2014年(平成26年)は、いつもの年よりたくさんの雪が降っています。
(記録的な大雪)
そんな雪も関係無しに駆け回るハンク。

雪の中を駆け回るハンク

ボールで遊んでいます

のどが渇いて雪をなめる
たくさん遊んだあとの休憩タイム。
雪でのどを潤しています。

犬と一緒に暮らす。
楽しさの他に、私達人の心身を健康にしてくれることもあります。
また、家族の繋がりを更に強くしたり、人間の本来持つ優しさを引き出したりしてくれます。
だからこそ、ペットも大切な家族の一員です。
私達が生活する住宅
犬や猫などのペットも快適になる提案。
たくさん行っています。
その元になっている経験・関係は、下記のブログをご確認下さい。
・2012年10月31日
 ペット(犬や猫)と一緒に生活する家・住まい

より快適な住宅で
人にもペットにも、更に多くの効果を感じて頂きたい思いです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (6) | トラックバック

2014年3月 1日

Facebookで道路交通情報を発信

平成26年2月14日(金)の早朝から15日(土)にかけて降り続いていた雪
山梨県内は記録的な大雪となり、甲府で積雪114㎝、河口湖では143㎝を記録しました。
観測史上最大の積雪量です。
甲府市の過去の最大積雪は49㎝。今回は倍以上です。
県内や県外に通じる多くの幹線道路・中央自動車道がSTOP。
陸の孤島と化していました。

1人でも多くの皆様のお役に立ちたい。
そんな思いで毎日のブログをAM3:26にUP。
そして、AM4:00頃にFacebookをUPしています。
山梨県の雪による災害を以前から撮影し続けている道路(甲府バイパス 中央道昭和IC付近・アルプス通り甲府 徳行付近)の写真をUPしていました。

甲府バイパス 中央道昭和IC付近
甲府バイパス 中央道昭和IC付近

スターバックス 甲府アルプス通り
甲府徳行アルプス通り スターバックス付近

それは、平成26年2月14日の記録的な大雪の時も同じです。

たくさんの雪が残る甲府バイパス 中央道甲府昭和I付近 大雪から1週間後の甲府バイパス 中央道甲府昭和I付近

大雪時の甲府徳行アルプス通り  大雪の3日後の甲府市徳行アルプス通り
 
大雪の5日後の甲府市徳行アルプス通り 大雪の6日後の甲府市徳行アルプス通り

元の姿に戻っていく様子が確認出来ます。
一人でも多くの皆様に活用して頂きたい。
そして、良かったなぁと思って頂きたい。
それが、弊社のWebサイト・ブログ・Facebookの運用目的です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (6) | トラックバック