« 甲府市徳行南部自治会 平成25年度総会 | メイン | 建物の基礎の下に設ける杭基礎(PC杭)1/4 »

2014年4月 7日

進化・変化を続けながらも基本は変わらない。

デジタル技術の進化によって、世の中も凄まじいスピードで進化・変化し続けています。
私たちもそのスピードについていく事が求められています。
しかし、全てがそれで良いのだろうか?

建築分野の1つでもある住宅建築。
スマートハウスが話題になっています。
詳しくは「スマートハウス - Wikipedia」をご確認下さい。
たくさんの魅力がある素晴らしい建築。
多くの勉強をさせて頂きました。
その結果の答えが、「今は良いが・・・」と答えです。
住宅は、その場所に何十年とたち続けます。
仮に、10年後を考えてください。
システムの進化・変化にどのように対応し続けるのか??
しかし、スマートハウスにする事でのプラスもたくさんあります。
その1つが無駄なエネルギーを少なくして生活出来る事です。

そこで、私が考えるこれからの建築は。
「未来を見据えたアナログ建築」
それは、このブログでもUPし続けている建物の「断熱化」でず。
それも、断熱材の性能を上げるだけでなく、平面プラン・外部のデザイン・開口部・使用材料など、細かなところまでの検討が必要です。
弊社で設計している建築の多くが、この考えを基にデザインしています。
それにより、驚くほど快適な生活が生まれます。

断熱効果を究極に高めた建築
「無暖房建築」

ドイツのブロンエアーベークエコ住宅 無暖房建築
2005年ドイツで出会った「ブロンエアーベークエコ住宅」
無暖房建築です。

無暖房建築について、下記のブログをご確認下さい。
2013年10月16日 なぜ高断熱建築・無暖房建築が大切なのか
2012年10月11日 吉野聡建築設計室が提案する「高断熱建築」

それは「省エネ出来る、またはエネルギーを使わない建築」の提案です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 2014年4月 7日 03:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/2584

コメント

吉野さん、おはようございます!

家は長く使うものですから長く快適にもって欲しいですよね。
長い目で考えてくれる吉野さん素晴らしいです!

投稿者 みんなにこにこ医療食のよっしー : 2014年4月 7日 04:53

吉野聡建築設計室さん、お早うございます。
アナログとデジタルの融合
期待します。
よろしくお願いします。

投稿者 藤井 : 2014年4月 7日 05:52

基本はかわりませんね
努力と継続です

投稿者 伯爵 : 2014年4月 7日 12:47

こんにちは!

全部をデジタルにってなかなか難しいです。デザインでも、まず手書きのラフから入りますから。

投稿者 モルタル・マジック : 2014年4月 7日 17:00

吉野聡建築設計室さん、こんばんは!
環境にやさしい家、すごく憧れます^^
環境に優しければ人間にもやさしいですからね♪
いつか私も家を建てたいです*^-^*

投稿者 新潟スイーツ・ナカシマ : 2014年4月 7日 19:25

こんにちは。
先日のテレビ番組で、「ITは、道具でしかない」と言う言葉を思い出しました。
人間にとって、人間がどうするのかが大切なのですね。
(^^ )

投稿者 保険屋あい : 2014年4月 7日 20:34

こんばんは^^

>そこで、私が考えるこれからの建築は。
「未来を見据えたアナログ建築」
それは、このブログでもUPし続けている建物の「断熱化」でず。

不変のものを基準に考えていくとシンプルになりますね^^

投稿者 日南海岸黒潮市場店長フルサワ : 2014年4月 7日 22:43

コメントしてください




保存しますか?