« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月31日

甲府市倫理法人会モーニングセミナーでの講演

文部科学省生涯学習政策局所管の社会教育団体(公益法人)の倫理研究会
47の都道府県倫理法人会に加え、683ヵ所に市・区単位の倫理法人会を設立。
会員数は60,000社にのぼります
山梨県倫理法人会は、10のブロックに分かれています。
その中の1つ「甲府市倫理法人会」
甲府商工会議所で開催されている早起きは繁栄の第一歩と題した「モーニングセミナー」
経営者モーニングセミナーは、地元で活躍している方々の講話を通じ、企業のトップとして自らの生き方や社会のあり方を真剣に考えるために学び、実践を積み上げる「道場」のようなもの。早朝の爽やかな空気を味わいながら心を磨く場です。「山梨県倫理法人会サイト 抜粋」

山梨県 甲府市倫理法人会 モーニングセミナー
毎週水曜日 午前6時〜7時
甲府商工会議所で開催しています。

平成26年7月30日(水) に開催しました経営者モーニングセミナー。
「早起きのすすめ」(甲府市倫理法人会バージョン)と題して
吉野聡が45分の講演をさせて頂きました。

甲府市倫理法人会
吉野聡の講演「早起きのすすめ」

甲府市倫理法人会
講演終了後の記念写真

早朝よりお集まりくださった17名の参加者。
誠にありがとう御座いました。
「早起き+継続」の凄さ・素晴らしさ・美しさ。
そして厳しさ!!
10年・20年・30年先にある大きな夢を掴むため道と考えています。
決して走らなくても良い。
しかし、一生懸命に歩み続ける事が大切。
それが遠くて近い道になる。
そう信じています。
多くの皆様の温かさ・お気持ちに感謝致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:19 | コメント (7) | トラックバック

2014年7月30日

長期優良住宅化リフォーム推進事業 補助額200万円/戸

ストック社会とは
住宅や、橋・道路などの社会インフラを長持ちさせることにより、持続可能で豊かな社会が実現できるという考え方。価値ある社会資産が長期的に蓄積(ストック)され、何度も作り直す無駄が省かれる結果、経済的なゆとりが生まれ、環境に対する負荷も少なくなるとされる。(goo辞書より抜粋)

ストック社会を中心とした「中古住宅」の活用。
消費者にとって安心・安全、かつ信頼がおけ持続可能な中古住宅流通市場の環境整備の実現に向けた取組。
甲信越地区中古住宅流通促進協議会「良品R住宅」です。

 「長期優良住宅化リフォーム推進事業」は、インスペクションを行い性能の向上のためのリフォーム等による住宅ストックの長寿命化を図る優良な取り組みに対し、国が費用の一部を補助する制度です。平成26年度事業のうち、下記について提案募集を開始することとしました。

1.募集する事業の概要
評価基準に基づき、全ての評価項目においてS基準(※)を満たす長期優良住宅化リフォーム
・補助率1/3、上限200万円/戸
※S基準については下記HPから入手可能な募集要領を参照
2.応募期間
 平成26年7月18日(金)~平成26年8月20日(水)18時(必着)
3.その他
 平成26年9月上旬を目処に採択事業を決定する予定です。
更に詳しい情報は、
独立行政法人 建築研究所
長期優良住宅化リフォーム推進事業をご確認下さい。

良品R住宅認定店 吉野聡の既存住宅現況検査員登録証
良品R住宅認定店、既存住宅現況検査員である弊社だから提案・取扱いができる大きな補助金。
是非、ご活用下さい。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (5) | トラックバック

2014年7月29日

ストック社会、空き家、中古住宅。 良品R住宅の活用

ストック社会とは
住宅や、橋・道路などの社会インフラを長持ちさせることにより、持続可能で豊かな社会が実現できるという考え方。価値ある社会資産が長期的に蓄積(ストック)され、何度も作り直す無駄が省かれる結果、経済的なゆとりが生まれ、環境に対する負荷も少なくなるとされる。(goo辞書より抜粋)

ストック社会を中心とした「中古住宅」の活用。
消費者にとって安心・安全、かつ信頼がおけ持続可能な中古住宅流通市場の環境整備の実現に向けた取組。
甲信越地区中古住宅流通促進協議会「良品R住宅」です。

空き家率 全国1位の山梨県
空き家は、大きなトラブルのきっかけになる可能性があります。
また、空き家を利用する事で環境に対する負荷の軽減にプラスになります。
その他、少子化・過疎化問題。
更に、環境・エネルギー問題への貢献を行う為に、中古住宅の積極的な活用をスタートしています。
・2013年12月 3日
 良品R住宅制度 中古住宅の認定制度

良品R住宅認定店
弊社は良品R住宅認定店

・2014年1月 8日
既存住宅現況検査技術者講習の受講

吉野聡の既存住宅現況検査員登録証
吉野聡の既存住宅現況検査員登録証

良品R住宅認定店、既存住宅現況検査員である弊社だから提案できる大きな補助金があります。
明日のブログは「長期優良住宅化リフォーム推進事業」補助金についてUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月28日

2014年 山梨県梅雨明け ゲリラ豪雨

2014年7月17日(土)
山梨県甲府市「梅雨明け宣言」されました。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室からみた入道雲
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室から見た夏空
梅雨が明けて、入道雲・積乱雲が空高くムクムクと成長を続けています。

入道雲 積乱雲を見て思い出すのが、雷・夕立・局地的な大雨。
「ゲリラ豪雨」と呼ばれています。
局地的な大雨の原因となる、急激に成長する入道雲 積乱雲。
ピンポイントの注意が必要です。

ゲリラ豪雨の発生回数のデータを確認すると、
1時間に80㎜以上の「猛烈な雨」が1年間に発生する回数(気象庁)
■1976~1987年・・・全国平均で1,000地点あたり10.3回
■1998~2007年・・・18.5回
■2013年・・・・・・・・・25回
「ゲリラ豪雨」はここ数十年で倍以上の数となっています。

そして、ゲリラ豪雨の発生する場所のほとんどが大都市。
地球温暖化や大都市に起きるヒートアイランド現象。
ヒートアイランド現象の詳しい内容は
2014年7月24日
敷地の緑化 壁面緑化 ヒートアイランド現象への貢献1/2をご確認下さい。

そこに問題がありそうです。
都市部に水辺や緑をつくる都市設計。
敷地での緑化や建物を使った壁面緑化・屋上緑化など、積極的に行います。
自然と共存する都市計画・建築。
間違いなくこれからの進むべき道です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月27日

甲府市倫理法人会 モーニングセミナー 各資料の完成

文部科学省生涯学習政策局所管の社会教育団体(公益法人)の倫理研究会
47の都道府県倫理法人会に加え、683ヵ所に市・区単位の倫理法人会を設立。
会員数は60,000社にのぼります
山梨県倫理法人会は、10のブロックに分かれています。
その中の1つ「甲府市倫理法人会」
甲府商工会議所で開催されている早起きは繁栄の第一歩と題した「モーニングセミナー」
経営者モーニングセミナーは、地元で活躍している方々の講話を通じ、企業のトップとして自らの生き方や社会のあり方を真剣に考えるために学び、実践を積み上げる「道場」のようなもの。早朝の爽やかな空気を味わいながら心を磨く場です。「山梨県倫理法人会サイト 抜粋」

山梨県 甲府市倫理法人会 モーニングセミナー
毎週水曜日 午前6時〜7時
甲府商工会議所で開催しています。

平成26年7月30日(水) に開催する
経営者モーニングセミナーでの講師依頼。
詳しくは、2014年6月27日
甲府市倫理法人会 モーニングセミナーでの講演依頼。 をご確認下さい。

講演タイトルは「早起きのすすめ」甲府市倫理法人会バージョン。

早起きのすすめ 倫理法人会バージョン
「早起き+継続」にはたくさんの「素敵」が生まれます。
実体験からお伝えさせて頂きます。

早起きは重要でない
しかし、早起きは重要でない!!
そんなお話もさせて頂く1時間。
昨日は、レジメの準備も完了。

甲府市倫理法人会のレジメ
デザイン・見やすさ(機能)・コスト(ローコスト)を考えた
甲府市倫理法人会のレジメ。
平成26年7月30日(水) 午前6時〜7時 甲府商工会議所にて宜しくお願い致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (4) | トラックバック

2014年7月26日

日本にはちょっとない建築 

建築の世界も「日進月歩」である。
常に変化・進化が求められ、社会・人の問題を解決する建築が必要とされています。
外に出てぐるり360°見れば、たくさんの建築が目に入ってきます。
屋根があって・壁がある。
そして、玄関や窓があり、それぞれの室がある建築。
どれも同じように感じます。
しかし、実際には全てが違います。
それは、その建築における条件が異なるからです。
だからこそ「オンリーワンの建築」を提案し続けています。

日本にはちょっとない
山梨県庁に貼ってあった「ポスター」
「日本にはちょっとない」
弊社で提案し続けている建築。
まさにこの表現です。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
デザイン・環境・プラン・コスト・・。
「日本にはちょっとない建築」
そんな建築を多くの皆様に見て頂きたい・感じて頂きたい。
見て頂く事で新たな気付きが生まれてきます。
一生使い続ける建築。
いろんな事をして頂きたいんです。

弊社の建築は、いつでも見学OKです。
お気軽にお問い合わせ下さい。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (4) | トラックバック

2014年7月25日

敷地の緑化 壁面緑化 ヒートアイランド現象への貢献2/2

今年の夏も異常とも思える暑さ。
その原因は「地球温暖化」だけではない。
ヒートアイランド現象
これがもう1つの原因です。
詳しい説明は、昨日のブログ
2014年7月24日
敷地の緑化 壁面緑化 ヒートアイランド現象への貢献1/2
をご確認下さい。

ヒートアイランド現象を抑える為には、もっともっと都市部にも水や緑を。
弊社でも、自社の敷地・建築を使って小さな貢献を行い始めています。
その1つが、敷地の緑化です。

高麗芝とハンク
快適に涼しく過ごす節電方法の1つ、敷地や建物の周囲の芝張り(緑化)を行う事です。
樹木よりはるかに大きい面積で緑化出来る芝張り。
熱の吸収や水分を蓄える力・CO2吸収など、他の緑化より大きな効果感じる事が出来ます。
芝張り(緑化)によって、周囲の温度が-2℃から-3℃、時には-5℃以上の効果があると言われています。
その他、デザイン効果もあり、私たちに癒しを感じさせてくれます。

そして、つる植物を使った壁面緑化。
新築時の5年前に植えた5本ほどのつる植物。
年々大きくなっています。

壁面緑化
地表面を覆い、壁面に向かって伸びるつる。
数年後には、美しい壁面緑化が完成します。
ヒートアイランド現象への小さな貢献です。

また、室内温度にもいい影響を与えます。
甲府市を積極的に「水の街・緑の街」にしよう!!
弊社から吉野聡からの提案です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (7) | トラックバック

2014年7月24日

敷地の緑化 壁面緑化 ヒートアイランド現象への貢献1/2

今年の夏も異常とも思える暑さ。
その原因は「地球温暖化」だけではない。
その他にも原因があります。

道路や建築物・工作物などのアスファルトやコンクリート。
真夏では、表面の温度が50℃以上となる事も。
その温度がそのまま大気に影響する為、直接的な加熱量が大きくなり、気温が上昇します。
これが「ヒートアイランド現象」です。

コンクリートで覆われた甲府市中心部
甲府市役所から見た甲府市中心部

「ヒートアイランド現象とは」
郊外に比べ、都市部ほど気温が高くなる現象のことです。
東京では、過去100年間の間に、約3℃気温が上昇しました。中小規模の都市の平均気温上昇が約1℃であるのに比べて、大きな上昇です。これは、地球温暖化の影響もありますが、ヒートアイランド現象による影響も大きく現われています。「東京都環境局より抜粋」

逆に、なぜ自然が豊かな地域ではそのような現象がないのか??

山梨県北杜市の広大な水田
山梨県北杜市の広大な水田
水面、草地、水田、森林等では、地表面が水分を含んでいるため、水の蒸発に伴う熱の吸収が気温の上昇を抑える働きをするからです。

ヒートアイランド現象による気温の上昇は、地球の環境・エネルギー問題を悪化させる原因となります。
だからこそ、もっともっと都市部にも水や緑を。
弊社でも、自社の敷地・建築を使って小さな貢献を行い始めています。
詳細内容は、明日のブログでUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (5) | トラックバック

2014年7月23日

夏を快適に過ごす建築は、冬を基準に考えるべき 2/2

地球規模の環境•エネルギー問題において多くの取り組みが行われている現在。
建築は、様々な取組を行ったエコハウスが増えてきています。
このエコハウス建築。(環境省のエコハウス
取組は大賛成ですが、根本的な考え方が間違っているんです。
昨日のブログでUPしました
夏を快適に過ごす建築は、冬を基準に考えるべき 1/2
基準は冬です。
しかしです。
多くの「エコハウス」は、夏を基準に考えられています。

甲府市和田峠から見た冬の富士山と夏の太陽
甲府市和田峠から見た冬の甲府盆地+富士山と夏の太陽

日経アーキテクチュア』は2011年5月10日号より
東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻の前真之准教授(一級建築士)
エコハウスを設計する上で多くの人が考える"定石"は必ずしも当たっていない。
筆者は、住宅のエネルギーについて研究している中で、環境負荷の低減や省エネ・省CO2への工夫を図った、いわゆる「エコハウス」をいくつか調査してきた。多くのエコハウスは、建築設計者が創意工夫を凝らしている。しかし、筆者がこれらに違和感を持たなかったと言えばウソになる。「夏」ばかり強調していて「冬」をあまり考慮していないのだ。

さらに設計者と話す中で、冬の備えの要である「高断熱・高気密」に対して、いまだに強烈なアレルギーと反感があることにも驚かされた。なぜ、建築家はかくも「夏が好き」なのか。筆者には長らく謎であったが、ある時、建築雑誌を飾るような"モダンな住宅"に共通するデザイン要素のほとんどが、風通しのよい夏向きの家とするのに「都合がよい」ことに気付いた。

こうしたデザインは、夏には快適性の向上にいくらか貢献するかもしれないが、冬には温熱環境を悪化させ、エネルギー消費やCO2を増やしかねない。それがもしも「写真うつり」のためならば、本末転倒もはなはだしい。ちまたにあふれるエコハウスは、本当に省エネ・省CO2と快適性を両立できているのだろうか。

「さらに」
・世界の主要都市で気温を比べると、夏の東京は温暖地の中でもかなり高温で熱帯気候のジャカルタに近い。これは、実際の印象とほぼ合う。一方、冬はいかにも寒そうなパリやベルリンと大差ない。日本では「夏は熱帯」「冬は欧州」という両極端の気候が、1年の間に否応なく繰り返されている。夏も冬も厳しい気候の中で、日本の家はどのような要件を備えるべきか。

「夏は湿度と風でしのげる」
そもそも人間は、寒さと暑さのどちらに強いのだろう。「人間は寒さに強く、暑さに弱い生き物」と思い込んでいるのではないだろうか。しかし、人間ほど暑さに強い動物は滅多にいない。マラソン選手は夏に炎天下でも走り続けるが、こんなことができる動物は、人間のほかには馬くらい。ともに体毛が薄く発汗機能が発達しているため、暑さは「得意」なのだ。

人間が快適と感じる気温は、湿度と風速、輻射熱などで決まる。この快適域を示した一例が、オルゲーの生気候図である。湿度が低く風があれば発汗が促進され、30度を超える高温でも許容できる。

一方、低温側は、焚き火などの輻射熱がなければ20度が下限である。体毛が少なく、比較的薄い体脂肪しか備えない人体は、寒さには大きなハンディを負っている。夏の最高気温は日射を遮れば35度がせいぜいであるが、冬の寒さは氷点下を切ることもザラである。寒さへの対応が重要であることは明白だ。

もちろん、日本では湿度が高いために発汗の効果は低くなりがちであり、暑さへの配慮は必要ではある。しかし、だからといって、冬をおろそかにしてよい理由とはならない。
夏と冬のどちらかを優先するのなら、「冬を旨とすべし」である。

日本で最も厳しい北海道の冬を基準としている弊社の建築設計。
だからこそ、他には無い快適が生まれます。継続します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (8) | トラックバック

2014年7月22日

夏を快適に過ごす建築は、冬を基準に考えるべき 1/2

2014年6月5日に梅雨入りした山梨県甲府市。
2014年7月22日(火)
梅雨明けしそうな雰囲気です。
これから毎日「35℃」を超える暑い・熱い日が続きます。
そんな中でも「月々のコスト抑え、涼しく・快適な環境で生活を」と思います。

夏の対策として、気温・湿気・日差しなどのも必要ですが、
もっと大きな範囲で考えると、夏でも快適に過ごす事ができる建築は「冬を基準に考えるべきと」考えています。

例えば、そのような基準で造られた建築の室内で冷房を使用した場合、
外部の環境に左右されにくい仕様なので、室内の快適な環境が長時間持続します。
「消費電力が少なくなります=ランニングコストを抑えることが出来ます」
また、地球環境(CO2削減)問題、エネルギー問題への貢献にも繋がります。

それは、建物配置・間取り(プラン)・建築デザイン・開口部(窓)と断熱性能が関係します。
冬を快適に過ごす為の1つが断熱性能の追求です。
それが、夏の快適性に繋がってきます。

洞窟の中は夏は涼しく・冬は暖かい。
また、地下水は夏に冷たく・冬に温かい。
そんなイメージです。

弊社では、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の断熱性能の地域区分表を基準としています。
間違いの無い基準。
全国の気候条件に応じて区分されています。

断熱性能の地域区分
断熱性能の地域区分

断熱性能の地域区分表1  断熱性能の地域区分表2
市町村単位で分けられた断熱性能の地域区分表

Ⅰ地域は北海道
Ⅱ地域は青森県、岩手県、秋田県
Ⅲ地域は宮城県、山形県、福島県、栃木県、新潟県、長野県
Ⅳ地域は茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、富山県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
Ⅴ地域は宮崎県、鹿児島県
さらに、市町村単位で詳細に分かれています。

この断熱性能の地域区分表も、冬を基準にして考えられています。
この中で、吉野聡建築設計室が基準としているのは
「Ⅰ地域の北海道」
日本で最も環境の厳しい地域。
そのような地域でも快適に過ごす事できる建築です。

冬が快適な建築は夏も快適
だからこそ、建築は冬を基準に考えるべきです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月21日

山梨県北杜市 明野ひまわり(サンフラワーフェス2014)

2014年7月17日 明野のひまわり

山梨県北杜市(ホクトシ)明野町の広大な敷地に咲く60万本のひまわり。
素晴らしい風景を見る事が出来ます。
詳しい場所・イベントの内容などは、
山梨県 北杜市HP「北杜市明野サンフラワーフェス2014」を参照して下さい。
ひまわりのフォトコンテストも開催されています。

山梨県北杜市明野町
弊社に継続的にご依頼下さる「社会福祉法人 緑樹会」様の施設があります。
そんな事もあり、この明野村のひまわり会場付近にも頻繁に訪問させて頂いております。

2013年 明野ひまわり
昨年の7月23日(火)の2013年 明野ひまわり

今年の「北杜市明野サンフラワーフェス2014」
●期間:2014年7月27日(日)~8月25日(月)
●時間:8時~17時
●場所:山梨県北杜市明野町浅尾5664
●入場無料
●駐車料金:バス:1,000円・自家用車:500円(メイン会場駐車場のみ。事前予約不可)
●本数:60万本

見事な景色と素晴らしい環境がある明野ひまわり
「サンフラワーフェス2014」
8月下旬まで楽しむ事が出来ます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (5) | トラックバック

2014年7月20日

ロードバイクの練習 甲府市 昇仙峡・荒川ダム・金桜神社 

「良い仕事を行う為には健康から」
そんな思いで始めた自転車。
そこで選んだロードバイク。
より楽しく体力・筋力UPが可能です。
長時間続く仕事に、大きな・多くのプラスになっています。

そして、目標を持つ・チャレンジする事でより楽しくなる。
ロードバイクの長距離走行で選んだ場所は、山梨県中部に位置する
金桜神社
ロードバイクの初心者には、厳しい場所です。
バイクの指導者 ナチュラルグレースの三村さんと共にスタートです。

それは、弊社のある甲府市徳行から甲府市御岳町にある「金桜神社」
走行距離 往復40km 標高差700m

甲府市徳行3-3-25にあります「吉野聡建築設計室」を出発。
甲府駅から北西約8.5km、平瀬町にあります「平瀬浄水場
甲府盆地北側、富士川の支流、荒川上流 に位置する「昇仙峡
その上流にある「荒川ダム」入口を通り抜けると見えてくる
金桜神社

目的地の金桜神社
目的地の金桜神社
ナチュグレの三村さんとロードバイクとミラーに写る吉野聡。
スローペースのお付き合い・ご指導をありがとう御座いました。
厳しい・過酷な条件だからこそ大きな達成感があります。
それは、建築設計と同じです。
今後も更に練習を重ねパワーUPに努めます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:01 | コメント (4) | トラックバック

2014年7月19日

クロスバイクからロードバイク

365日 年中無休が基本。そして、仕事は平均16時間/1日。
そして、よりいい仕事・提案を行いたい。
その為には、体力・筋力UPが不可欠です。
わずかな時間を使っていつでも・どこでも運動できる自転車を選択しました。
そして、4月に購入したクロスバイク。
目標を持って練習する事で、更なる楽しさが生まれてきます。

クロスバイク(自転車)で、山梨県甲府市~静岡県沼津市まで!!
平成26年の元旦に掲げた目標の1つです。
GTのクロスバイクとマウンテンバイク
GTのクロスバイク(右)とマウンテンバイク(左)

そして、クロスバイクを購入してから1ヶ月。
山梨県甲府市にありますナチュラルグレースの三村様の提案により
山梨県昭和町になりますシャルドネの平井様の協力で、ロードバイク(ブリジストン アンカー)を入手しました。
平井様 素晴らしいバイクをありがとう御座います。

ロードバイク アンカー
ロードバイク(ブリジストン アンカー

生まれて初めて乗るロードバイク。
ポテンシャルの高さに驚いています。
クロスバイク走行より20%程タイムを短縮しています。
より楽しく体力・筋力UP。
「良い仕事を行う為には健康から」
長時間続く仕事に、大きな・多くのプラスになっています。

明日のブログは、甲府市北部にある金桜神社までの練習をUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月18日

チャレンジ・経験(学問なき経験は、経験なき学問に勝る)

「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」と言うイギリスのことわざがあります。
経験する事で理解する・気付く・発見する。
自分自身の感覚でYesかNoか。またどう感じるか。
自分の思い・言葉で表現する事が出来ます。 
また、経験の中から学べることもあります

学問から得た知識を実践する事で、新たな気付き・発見が生まれてきます。
そして、経験から得た新たな課題をもう一度考える・学ぶ事で更なる変化・進化となります。
学問も大切。
同じように実践・経験も大切です。

「経験に勝るものはありません」
このような言葉もあります。

山梨県甲府市にありますコラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
山梨の文化発信の拠点として さまざまなイベント・公演など行っております。

6月下旬。
コラニー文化ホールにてバレエの舞台に立つ機会がありました。

コラニ―文化ホール 舞台の袖から
コラニ―文化ホール 
舞台の袖から舞台を見る。
舞台の左側には多くの観客の皆様。
他の出演者の緊張感も伝わってくるんです。

経験したからこその思い・発見・気付きがたくさんあるんです。
それが、建築設計にとって大きな・多くのプラスに繋がります。
だからこそ、これからも積極的にチャレンジ・経験し続けます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:24 | コメント (7) | トラックバック

2014年7月17日

アスベストを含む建築の仕上材の解体

アスベストと解体
建物を解体・改修する時には、石綿を含むスレート板、ビニル床タイルに注意を。
現在、建っている建物の仕上材。
もしかしたら、その建材の中にアスベストが含まれている材料が使われている可能性があります。
そのような建材が使われている建築を解体する時には、実際に石綿(アスベスト)が建材に使用されているか必ず事前に調査し、記録することが義務付けられています。
石綿が使用されていた場合、適切な飛散・ばく露防止措置をとる必要があります。

「建築物の部位と材料の例」
・天井/壁 内装材:
 スレートボード、けい酸カルシウム板第一種、パルプセメント板

・天井/床 吸音断熱材:
石綿含有ロックウール吸音天井板

・床材:
 Pタイル
 ビニル床タイル、フロア材(yahoo画像より)

・外壁/軒天 外装材 :
 窯業系サイディング、スラグせっこう板、押出成形セメント板、スレートボード、
 スレート波板、けい酸カルシウム板第一種

・屋根材 :
 スレート屋根
 スレート波板、住宅屋根用化粧スレート(yahoo画像より)

これらの建材の全てにアスベストが含まれている事ではありません。
材料がつくられた年によって変わります。
まずは、建物の建築年度・建材の作られた年の確認です。
最終判断は、アスベストの分析調査を行う必要があります。

万が一、含まれている建材がある場合には、その建物を解体する時に別工程の解体作業が必要となります。
厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署のパンフレットもご確認下さい。
アスベストが含まれる建材の解体パンフレット.pdf

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 04:49 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月16日

都市部の建築物の解体を行う設計(解体設計)

建築を新築する新築工事に対して、撤去する解体工事があります。
今ある建物の、何らかの理由により撤去する解体工事。
その工事も、建物の規模・構造・用途よって大きく変わります。
そして「周辺環境も含めた敷地条件」
この条件によって大きく変わります。
・建物の廻りに十分な空地が無い。
・隣の建物との間隔がほとんど無い。
・建物の隣には交通量の多い道路。
東京都中心部の建物はほとんどこのような条件です。
山梨県では、甲府市中心部。

建物が密集している甲府市中心部
甲府市役所の最上階から撮影した甲府市中心部

2014年6月2日現在 甲府市の人口は193,932人
人口数は少ないが、甲府市中心部ではビルが立ち並び建物が密集しています。
そんな難しい条件での解体工事。
解体工事を行う為の設計が御座います。
完全な安全を確保しながら、どのように解体するのか??
綿密な現地調査と隣接地・道路管理者・警察などの各関係機関との打合せが必要となります。

そして、解体を行った廃材について。
環境省の建設リサイクル法が適用となります。
詳しくは、環境省HP「建設リサイクル法の概要」をご確認下さい。

更に、もう1つ注意しなければならない事があります。
それは「アスベスト」です。
明日のブログは、アスベスト材・アスベストを含む建材についてUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (5) | トラックバック

2014年7月15日

建築物の解体をする・取り壊す時には。

建て替えを行う・老朽化して危険・住みてがいないなどの理由により、今ある建物を解体する。

建築の解体工事の設計
建物の解体工事

これも新築・増築・改修・リフォームと同じ。
いろんな条件が関係してきます。
その条件とは、
①重機や廃材を運搬するトラックが通行できるかの道路状況
②隣地との関係
③敷地内に重機が入って作業可能か。
④木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造と言った構造の違い。
⑤建物・基礎の現状
⑥解体工法の検討
⑦アスベスト・アスベストを含む建材について
⑧関係法の確認+申請

建築の解体工事
周辺道路の管理者との協議も必要になってきます。
その為、設計図面があると詳細に・容易に判断しやすくなります。
建物の解体からも設計図面は、大切に保存をお願いします。
2013年4月16日
設計図・確認申請書は大切に保存

解体工事の設計。
新築・増築・改修・リフォームと同様。
あらゆる検討を行います。
明日のブログは、都市部での解体についてUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:31 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月14日

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のコンセプト建築 

人の思い・手によって作られる建築。
弊社でデザインする建築は、それぞれにそれぞれの「コンセプト」があります。
それは、全てのクライアントの皆様・全ての建築の条件が異なるからです。
「条件」 一つとして同じものはありません。
それぞれのコンセプト。
形となって表れる建築に表現されることもありますが、目には見えない事もあります。
時には、その見えない部分が大切であり、豊かな環境をつくる為に欠かせない部分でもあります。
それは、建築における「配慮」となって表れてきます。
弊社で行って来た建築デザイン。
その一部は、弊社のWebサイトで確認出来ます。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 
山梨県甲府市にある建築設計事務所、吉野聡建築設計室のWebサイト
projects(プロジェクト)」のページの中には、これまでデザインしてきた建築の1部をUPしています。

それぞれにあるコンセプト。
それは、クライアントの皆様とお話を重ねて生まれてきます。
「綺麗だから・カッコいいから!!」
弊社のデザインする建築は、デザインだけのデザインではなく機能もプラスする
「機能美」です。
外観・室内の空間のデザインはもちろん、平面プラン・導線・環境も含まれます。

皆様の生活しているお住まい。仕事を行っている会社の建築。
どのような「コンセプト」なんでしょう??

はっきりしたコンセプトがある建築。
デザイン・機能・安心感・充実感が変わってきます。
そして、その思いは継続します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 02:58 | コメント (5) | トラックバック

2014年7月13日

Facebookの吉野聡建築設計室 朝食(朝ごはん)

山梨県甲府市にある吉野聡建築設計室 吉野聡
私にとって、朝(AM3:20~AM6:00)はとても大切な時間です。
その2.5時間を使って多くの事を行っています。
その1つが「朝食づくり
キッチンに対する新たな提案を行う為に始めた朝食づくり
2010年10月よりスタート。
3年8ヶ月が経過しています。
UPした数は1300回以上。
継続する事で新たな、気付き・目的・目標が生まれています。

記念となる第1回目のメニューは
「ふあふあ目玉焼き」

目玉焼き
弱火でじっくり、6分から7分かけて作ります。
その後、弊社にあるミニスタジオにて撮影。
そしてFacebook「吉野聡建築設計室の朝食(朝ごはん)」にUPします。

Facebook 吉野聡建築設計室の朝食

平成26年6月21日にUPしました「アメリカンビーフのステーキ」

アメリカンビーフのステーキ

一日のリーチ件数が1954人

1954人のリーチ
驚きの数字です。

FacebookとBlog、そしてWebサイトが1つになる取組。
4年以上行い続けています。
そして、その効果は絶大。
大きな夢に向かって、1歩1歩 歩み続けています。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:20 | コメント (7) | トラックバック

2014年7月12日

山梨県韮崎市と南アルプス市を結ぶ農業用水路「徳島堰」

徳島せぎの案内板
山梨県韮崎市と南アルプス市を結ぶ農業用水路「徳島堰」(とくしませぎ)

徳島せぎの歴史
甲府盆地には大小多数の河川が流入してきて、それぞれの河川が扇状地をつくり、いわゆる複合扇状地が形成されています。その中で特に大きな扇状地が甲府盆地西側に位置する御勅使川によって形成された地です。

扇状地はみずはけがよい砂礫で構成されているため、しばしば水の入手が困難な地域にもなります。御勅使川扇状地の一帯は原七郷といわれ、この地域の人々は古くから水の入手に苦労してきました。1666年江戸の出身徳島兵左衛門という浪人が甲州にきて、この荒地の開発をするための徳島せぎの工事を開始しまた。徳島は私財をすべてつぎ込みましたが、工事は難航を極めたため、途中でこの事業を諦めてしまいました。その後幕府が工事を引き継ぎ完成しました。取水口は韮崎の穴山で御勅使川扇状地の山沿いを沿うように流れています。現在も用水路としてその機能を果たし、日本の著名なせぎ・用水のひとつと言われています。
※現在「せぎ」と言えば川の水をせき止める川の横断方向工作物の意味ですが、古くは取水施設+用水路を総称して堰(せぎ)と呼んでいた。
(写真の案内板より)

徳島せぎ

山梨県の西部にあります「南アルプス市」
フルーツ王国山梨の代表的な市の1つです。
先月まではさくらんぼ。
品種は「高砂」「佐藤錦」「豊錦」「紅秀峰」「月山錦」など、様々な品種があります。

南アルプス市のさくらんぼ
真っ赤に輝くさくらんぼ。
そして、この時期の楽しみは「すもも」です。
南アルプス市が生産量日本一。
6月下旬から8月中旬まで続きます。
そして、7月~8月に桃の収穫のピークを迎えます。
「フルーツ王国山梨」の一翼を担う南アルプス市。
1666年江戸の出身徳島兵左衛門という浪人によって生まれています。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:19 | コメント (5) | トラックバック

2014年7月11日

山梨県甲府市 県民会館 

山梨県県民会館 

山梨県甲府市丸の内1丁目9-11にあります「県民会館
山梨県南アルプス市出身の建築家である内藤多仲氏の設計により、1960年に竣工し築後54年経過しています。
「内藤多仲氏」
日本を代表する建築家の一人です。
代表作として東京タワー・通天閣があります。

新築当時は、現在の事務所棟の北側に観客席やステージのついた多目的ホールが存在したが、老朽化と代替施設の竣工・供用開始により使用頻度が減少したため1999年に取り壊され、現在は駐車場になっています。
子供の頃、コンサートや大きなイベントと言えば「県民会館」しかなかった。
そんな思い出も詰まった建築です。

現在残っている事務所棟。
3階には山梨県の建築住宅課があり、行くことが多いんです。
この県民会館にあるエレベータ―。
私は好きなんです。
それは「レトロなデザイン」

山梨県県民会館のエレベーター
山梨県県民会館のエレベーター
触れると言うより、しっかり押すボタンのエレベーター。
ホッとするデザインです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月10日

雨が降る音が聞こえない(防音性)

弊社でデザインしている住宅建築。
快適に過ごすことが出来るオリジナルの提案をたくさんご提供しています。
そのような住宅建築での生活。
生活が一変します。
驚く事がたくさんあるんです。

その一つが防音性です。
一般的には窓(ガラス)を防音仕様にするだけなのかなと思います。
音の進入部の大きい窓の防音性能をUPさせる事はとても有効です。
しかし、音の進入路は、窓だけではありません。
屋根・壁・基礎からもあるんです。
その部分の防音性を向上させることで、快適な室内環境が生まれます。
その証拠に、弊社の建築。
窓を閉め切ると、雨の音が聞こえないんです。

台風8号の大雨
山梨県甲府市 昨日の夕方から強い雨となっています。
(7月9日PM6:45の写真)
車のボンネットを叩きつける強い雨。
そんな雨でも、窓から外を見て「雨が降っていたんだ!!」なんてこともあります。

この防音性の提案。
交通量の多い道路や線路の近くに立つ建築でも有効です。
防音も建物全体で考える。
これは、平面プランや外部デザイン・環境・断熱性・空気の流れと同じことです。

快適な建築とは、一部を良くしても効果が小さい。
トータルでバランスの良い建築にする事が必要です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (5) | トラックバック

2014年7月 9日

今年も「無暖房建築」の実施を目標にしています。

弊社が設計する建築のほとんどが、他には無い高断熱建築です。
それは、一般の断熱性能をUPさせるだけの高断熱建築ではなく、プラン・外部デザイン・開口部・基礎・壁・屋根・・・。
全てにおいて対応する高断熱建築だからです。

地球の環境問題やエネルギー問題で求められる「省エネ」
また、2013年の記録的な暑さ・燃料費の高騰。
そのような多くの問題をクリアしながら、誰でも健康で楽しくより快適に過ごす事が可能。
それが弊社が提案する「高断熱建築」です。
快適な環境をつくる為に、いろんな設備機器やシステムがありますが
夏の暑さ+冬の寒さにおいて
「断熱の追及に勝るものはない」
断言します。

そして、その究極の建築は「無暖房建築」です。
高断熱建築の究極の形です。
この建築を確信したのは、2007年に行ったドイツのブロンエアーベークエコ住宅の見学に行った時です。

ドイツ ブロンエアーベークエコ住宅
ドイツ ブロンエアーベークエコ住宅
更に詳しい情報は
2009年1月24日
これからの建築「無暖房建築」のブログをご確認下さい。

その他、「無暖房建築」を行うためには、しっかりとした根拠が必要です。
その一部は、下記のブログをご確認下さい。
・2009年7月 7日 吉野聡建築設計室のオリジナル断熱分類表
・2009年1月21日 建築物の断熱性能
・2009年1月23日 建築の諸問題に対応できる断熱性能
・2010年3月25日 木造建築の外張り断熱
・2010年9月29日 建築の断熱材の選び方

エネルギー問題、地球環境問題、建築+人の健康問題に対して多くのクリアさせます。
だからこそ、弊社では優れた高断熱建築。
そして「無暖房建築」を提案し続けています。
それは、システムや設備を使わないもっともシンプルな「断熱」をメインとしながら設計。
半永久的に効果が続きます。
機械や電気製品を使わないので故障・メンテナンスも必要無しです。

たった1つしかない大切な・大切な青い地球。
たくさんの命があるかけがえのない地球。
今より、もっと綺麗しながら未来に繋げて行きたい。
だからこそ「無暖房建築」を提案し続けます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:17 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月 8日

優れた高断熱建築は、社会・人・環境の問題を解決します。

弊社が設計する建築のほとんどが、他には無い高断熱建築です。
それは、一般の断熱性能をUPさせるだけの高断熱建築ではなく、プラン・外部デザイン・開口部・基礎・壁・屋根・・・。
全てにおいて対応する高断熱建築だからです。

地球の環境問題やエネルギー問題で求められる「省エネ」
また、2013年の記録的な暑さ・燃料費の高騰。
そのような多くの問題をクリアしながら、誰でも健康で楽しくより快適に過ごす事が可能。
それが弊社が提案する「高断熱建築」です。
快適な環境をつくる為に、いろんな設備機器やシステムがありますが
夏の暑さ+冬の寒さにおいて
「断熱の追及に勝るものはない」
断言します。

それは、春夏秋冬の全ての季節が快適であるとともに、ランニングコストが0円
その上、エアコンやヒーターなどの設備機器・システムを使用しない為に故障やトラブルがありません。

高断熱によって外と内の環境を遮断する。
最もシンプルな考えです。
それは、基礎・壁・小屋裏・そして屋根までも断熱を施しています。
使用している断熱材は、現場発泡硬質ウレタンフォーム。
屋根の野地板面、柱・間柱の間の壁面、基礎または床に吹き付けることにより高い断熱性・気密性を発揮します。

基礎断熱
基礎から断熱

壁 小屋裏 断熱
外壁内・小屋裏の断熱

そして最も環境の変化を受ける屋根も断熱します。

屋根断熱
屋根の断熱
屋根仕上げ材(ガルバリウム鋼板)の裏に断熱ボード(白い板)

そして、最も熱損失量が大きい開口部(窓)は、最高性能を持つ樹脂サッシ+Low-eガラス
その他、プラン(間取り)、空気のサーキュレーションんなど、あらゆる提案を注ぎ込んだ建築です。

明日は、このブログで何度もUPしている「無暖房住宅」
断熱性能を究極に高めた建築についてUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:24 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月 7日

技術のみを提供する時代から、社会・人の問題を解決する建築を提案

地球
青い星「地球」(気象庁より)

たった1つしかない地球。
その中で生活し続ける私たち人間。
より良い生活が送れるようさまざまな技術が生まれています。

しかし、平成23年3月11日 東日本大震災の津波による福島原発の崩壊による東京電力管内の電力不足、計画停電。
私たちの生活は一変しました。
それまで私たちは
1.温暖化による電力需要の増大
2.生活レベルの向上による電力の増大
3.24時間の生活による電力の増大
さまざまな要因によって電力使用量は増大の一途をたどっていました。
電気は、無くならないもの、使いたい放題の生活です。
それが、東日本大震災をきっかけに電気(エネルギー)は限りあるものだと!!

私たちは、より良い生活を送る為の技術を生み出す時代から、社会・人の問題を解決する建築を提案する時代に変化しています。

火力・原子力・風力・水力・太陽光・地熱・バイオ発電・・・など
「エネルギーの作り方も大切」ですが「作ったエネルギーをどう使うか」
そこも重要であると考えています。

小さなエネルギーで快適に過ごすための建築
とても大切な事です。

弊社が2007年から提案し続けている建築。
それは「高断熱」なんです。
一般の断熱性能をUPさせるだけの高断熱建築ではなく、プラン・外部デザイン・開口部・基礎・壁・屋根・・・。
全てにおいて対応する高断熱建築です。
なぜそのような高断熱なのか??
明日のブログでUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (7) | トラックバック

2014年7月 6日

この夏、日本で二番目に高い山「北岳」にチャレンジします。

山梨県には、日本で高い山の1位、2位、3位があります。
1位は、世界遺産に登録になった「富士山」標高3776m
2位は、「北岳」(きただけ)標高3,193m
3位は、「間ノ岳」(あいのたけ)標高3190m

この夏、日本で二番目に高い山「北岳」にチャレンジすることが決まりました。
日本百名山であり山梨百名山「北岳」
「南アルプスの盟主」とも呼ばれています。

山梨県南アルプス市 北岳
山梨県南アルプス市にある「北岳」 (Wikipediaより)
標高3,193mの山です。

標高3,193mの北岳
標高3,193mの北岳(Wikipediaより)
本格的な登山になります。
Webの情報によると夏でも雪が残る山。
靴の装着するアイゼンの準備も必要になります。
そして、毎日のトレーニング。
更にハードにしながら体力UPに努めます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 02:56 | コメント (3) | トラックバック

2014年7月 5日

山梨県の方言 「甲州弁」

NHK連続テレビ小説「花子とアン」
東京と山梨県甲府市が舞台となっているドラマです。
主人公の安東はなは、東京ではお嬢様言葉、山梨ではコテコテの甲州弁をお話します。
そんな話題の甲州弁。
一瞬にして全国の広がる情報の速さ。
メディア(TV)の凄さと動画の魅力を感じています。

甲府市役所の1階にある展示スペースでは、花子とアン推進委員会が「花子とアン」についての展示を行っています。

甲府市役所の1階にある展示スペース

その中にある「甲州弁」の展示。
見るたびに「そうそう♪」なんて思いをしています。

甲州弁のこぴっと
4月の第1位は「こぴっと」
【意味】しっかり。しゃんと。
【例文】東京行ってもこぴっと頑張るだよ!(東京に行ってもしっかり頑張るんだよ!)

こぴっとしろし~なんていう合わせ技の言い方もあります。
意味は「しっかりしなさい」です。

「花子とアン」推進委員会のWebサイト内には、甲府市(山梨県内)で日常的によく使われる甲州弁を紹介しています。

その中で私が選ぶ甲州弁のNo1は
「いいさよぉ」
「良いよ!!」と意味のみんなが笑顔になる方言です。
Let's 甲州弁!!
楽しんでみてはと思います。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:23 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月 4日

建築工事と埋蔵文化財 3/3

地盤の中にある埋蔵文化財。
埋蔵文化財包蔵地とされる区域内で建築工事を行なう時、基礎工事で掘り下げる事で国民の財産である埋蔵文化財を傷つけるおそれがあります。
そのような事は避けなければなりません。
山梨県では(全国でも同じ)、建築工事等に伴う埋蔵文化財関係の法的手続きがあります。
その作業の第1歩は、建設地が埋蔵文化財包蔵地とされる区域内となっているかを確認です。
区域内であれば届出を行い、各市町村の担当者の現場調査が行われます。

この調査で、国民の財産である埋蔵文化財が発掘された場合はどうなるのか??
法第96条第1項の規定により、発見された現状を変えることなく、遅滞なく所定の書式で届け出ることが求められています。
届出に対しては、発掘調査または試掘確認調査、工事立会などへの協力を求められます。

発掘調査
発掘調査(山梨県/埋蔵文化財センターより)

そして、ここからが「最重要ポイント」です。
1.国民の財産である埋蔵文化財を発掘する時の費用です。
発掘作業が規則通りに行われていても、その費用は事業主(建築主)の負担となります。
個人や中小企業などは補助金がある市町村もあります。
ただし、補助の対象は直接要した発掘調査費用だけです。
発掘調査による工期延長の損害(例えば、住宅建築中の金利あるいは仮住まいの家賃など)は補助の対象になりません。

2.出土した土器や石器などの出土品について
法的には「落とし物」として扱うこととされています。
出土品については、所管の警察署長に提出する必要があり、これが文化財らしいと認められる場合、都道府県・政令指定都市及び中核市の教育委員会が文化財であるかどうかの鑑査を行います。文化財であると認められたもので所有者が判明しないものは、原則として都道府県に帰属されます。
そして、発掘期間は建築工事を行う事が出来ません。
多くは、1週間から2週間。重要な埋蔵文化財の場合には、数ヶ月になる事も。
国宝級の発見の場合には、建築が不可となる可能性も・・・。

土地を購入する時には、埋蔵文化財のチェックも重要項目の1つです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (7) | トラックバック

2014年7月 3日

建築工事と埋蔵文化財 2/3

地盤の中にある埋蔵文化財。
埋蔵文化財包蔵地とされる区域内で建築工事を行なう時、基礎工事で掘り下げる事で国民の財産である埋蔵文化財を傷つけるおそれがあります。
そのような事は避けなければなりません。
山梨県では(全国でも同じ)、建築工事等に伴う埋蔵文化財関係の法的手続きがあります。
その作業の第1歩は、建設地が埋蔵文化財包蔵地とされる区域内となっているかを確認です。

埋蔵文化財包蔵地」とは??
埋蔵文化財がある場所で、遺跡地図に記載されるなどその存在が明らかにされている地。
その数は、全国で約46万カ所あり、毎年9千件程度の発掘調査が行われています。

建築工事を行う敷地が、仮に区域内だった場合にどうなるのか?
そして、埋蔵文化財が発掘された場合はどうなるのか??
詳しくご説明致します。

埋蔵文化財包蔵地とされる区域内の場合には。
工事着手予定日の60日前までに、文化財保護法第93条関係の届出+添付書類を各市町村教育委員会へ提出します。

文化財保護法第93条関係の届出
文化財保護法第93条関係の届出書

敷地の条件・建築の規模・構造・用途によって変わる掘削の条件。
届出を行う前に、各市町村の担当者と密な打合が必要となります。
それは、どのような方法で建築工事の土工事(土を掘る工事)を行うのか、どのくらい深く掘るのかなどです。

条件によっては、各市町村の担当者の現場調査が行われます。
この調査で、国民の財産である埋蔵文化財が発掘された場合はどうなるのか??
明日のブログでUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (6) | トラックバック

2014年7月 2日

建築工事と埋蔵文化財 1/3

土地に埋蔵されている文化財のことを「埋蔵文化財」と言います。
山梨県内には、平遺跡(中道町)、釈迦堂遺跡(笛吹市・勝沼町)、 金生遺跡(北杜市)、全国的には佐賀県の吉野ケ里遺跡、青森県三内丸山遺跡など、もともとその存在すら知 られていなかった遺跡の発掘調査によって、それまでの地域の歴史、あるいは日本の歴史を塗り替える大発見 が少なくないのはご承知のとおりですが、こうしたことが埋蔵文化財の特徴でもあるといえます。
このように、埋蔵文化財が有する豊かな歴史性は、長い時間をへだてた今日の私たちに直接、遠いむか しのことを語りかけてくるものであり、真に国民の財産であるといえます。(山梨県HP抜粋)

建築工事と埋蔵文化財
強い関係があります。
それは、建築の基礎を作る時に敷地の地盤を掘ります。
掘る深さは、その建物の規模・構造や敷地の条件によって異なります。

住宅の根切り深さ
木造住宅建築 地盤を掘り下げた深さ。
基準点から700㎜

地盤の中にある埋蔵文化財。
埋蔵文化財包蔵地とされる区域内で建築工事を行なう時、基礎工事で掘り下げる事で国民の財産である埋蔵文化財を傷つけるおそれがあります。
そのような事は避けなければなりません。

山梨県では(全国でも同じ)、建築工事等に伴う埋蔵文化財関係の法的手続きがあります。
その作業の第1歩は、建設地が埋蔵文化財包蔵地とされる区域内となっているかを確認です。
それは、各市役所の生涯学習課で確認する事が出来ます。

甲斐市の生涯学習文化課
山梨県甲斐市 生涯学習文化課で確認する埋蔵文化財包蔵地
調査した木造住宅建築。
100mの距離で「区域外」でした。
ホッとしています。

仮に工事を行う場所が区域内だった場合にどうなるのか?
そして、埋蔵文化財が発掘された場合はどうなるのか??
明日以降のブログでUPさせて頂きます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:28 | コメント (5) | トラックバック

2014年7月 1日

得々三文会の発表した「早起きのすすめ」

朝の時間を有意義に使った参加型の会の「得々三文会」
・得々三文会とは?
「視野と繋がりを少し広げてから職場へ行こう!!」をコンセプトにしている早朝勉強会です。
誰もが気になっている身近なテーマを話し合ったり、地域で頑張っている人や団体の紹介を通して、視野と繋がりを広げていける場所を目指しています。
そして、「早起きは三文の得(徳)」の言葉通り、朝の時間を有意義に使っていけたらと思っています。

詳しくは、「得々三文会ブログ
Facebookページ「得々三文会」をご確認下さい。
これまでの発表者・発表内容、そして参加メンバーがUPされています。
そして、出欠席の確認もFacebookで行っています。

吉野聡建築設計室 吉野聡
平成26年6月24日(火) AM7:00~ 得々三文会で3回目の発表を行いました。
会場は、甲府市中央2丁目13-20にあります「Cafe へちま」です。
テーマは「早起きのすすめ」

三文会で発表する早起きのすすめ
「早起きのすすめ」

出席下さった31名の参加者
早朝よりお集まりくださった31名の参加者。
誠にありがとう御座いました。
「早起き+継続」の凄さ・素晴らしさ・美しさ。
そして厳しさ!!
10年・20年・30年先にある大きな夢を掴むため道と考えています。
決して走らなくても良い。
しかし、一生懸命に歩み続ける事が大切。
それが遠くて近い道になる。
そう信じています。
多くの皆様の温かさ・お気持ちに感謝致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 16:45 | コメント (6) | トラックバック