« 木造建築・住宅の工法1/5 「木造枠組壁構法(2×4工法)」 | メイン | 木造建築・住宅の工法3/5 「金物工法」 »

2016年1月 6日

木造建築・住宅の工法2/5 「木造軸組構法(在来工法)」

弊社が設計・デザインを行う木造建築・住宅。
ご依頼いただける皆様の思い浮かべる夢や希望を現実に!!
たくさんの弊社のオリジナルのデザイン・提案をさせて頂いております。
だからこそ、木造工法も5つの工法から検討しています。
このような体制を行っている設計事務所・建設会社・ハウスメーカーは、他にはありません。

5回シリーズでお送りする「木造建築・住宅の工法」
今日の第2回目は
「木造軸組構法(在来工法)」

木造軸組工法(在来工法)とは柱や梁といった軸組(線材)で支える構造。
日本においては、木造住宅の工法としては主流の工法です 。
また、柱を直接あらわした本格的な本格和風建築を作ることもできます。

木造軸組構法 在来工法
木造軸組構法 在来工法

内部から見た木造軸組構法 在来工法
柱や梁といった軸組(線材)で支える木造軸組工法(在来工法)

木造軸組構法では、各部材に継手・仕口などの複雑な加工をして部材をつなぎます。
その接合部には、金物の設置(基準で定められたも金物)で補強します。

柱と梁は、地震荷重や風荷重などの水平荷重(横からの力)に対しては、平行四辺形になって倒壊してしまいます。このため、筋交いや構造用合板などを用いて、一定量以上の耐力壁・耐力床を作ることが義務付けられています。
建物全体のバランスを保つ為に、設置位置の基準もあります。
耐力壁ではない壁は、窓や扉等の開口部を設置したり、完成後の大規模なリフォームがしやすいというメリットがあります。
このよに木造軸組工法(在来工法)は、構造設計の自由度が大きく、空間・デザインでも自由な発想の建築を設計する事が可能です。
しかし、構造的なことを全く考えないで、耐力壁を次々に撤去していくような設計者・施工者には注意が必要です。

明日の第3回は「木造金物工法」をUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 2016年1月 6日 03:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/3239

コメント

吉野聡建築設計室さん

おはようございます!

時々近所で建築中の家を見かける時には興味をもってチェックしたりしています。

以前、素人がみても木材の長さが短いんじゃぁないのと思うのがありました。

投稿者 溶射屋 : 2016年1月 6日 07:49

こんにちは!

昔の人は金属工具なしで家を建てていたんですよね。臍を掘って、柱と柱を合わせて。不思議だけどすごい技術です。

投稿者 モルタルマジック : 2016年1月 6日 18:28

吉野さん、こんばんは!


このような工法を教えて下さると、お客様には安心ですね!

投稿者 みんなニコニコ医療食のよっしー : 2016年1月 6日 18:39

軸で支える在来工法
家を建てる時検討しました

投稿者 動物大好き店長 : 2016年1月 9日 05:31

コメントしてください




保存しますか?