« 「建築」を通じて、輝く日本の未来を築く提案(高断熱編) 2/5 | メイン | 「建築」を通じて、輝く日本の未来を築く提案(空き家対策編) 4/5 »

2016年2月 4日

「建築」を通じて、輝く日本の未来を築く提案(高断熱編) 3/5

暑い・熱い夏でも涼しい建築。
それは、冬を基準としているからです。

厳しい寒さに耐える建築
環境の厳しい地域の冬。(yahoo画像より)

冬を基準で造られた建築は、より高性能な断熱性能が求められ、外部環境に左右されにくい仕様となります。
その結果、室内の快適な環境が長時間持続します。
と言う事は、消費電力が少なくなり月々のコストを抑えることが出来ます。
更に!!地球環境(CO2削減)問題、エネルギー問題への貢献にも繋がります。

断熱性能の追及した建築とは、断熱性能を高めるだけではありません。
建物配置・間取り(プラン)・建築デザイン・開口部(窓)と建築材料などが関係します。
小さな取組が1つになる事で、大きなパワーを発揮します。
「それが厳しい夏の快適性に繋がってくるんです」

弊社がデザインする断熱性能が良い建築とは??
洞窟や地下水をイメージして下さい。

洞窟の中 地下水
(yahoo画像より)
 
洞窟の中は、夏は涼しく・冬は暖かい。
また、地下水は夏に冷たく・冬に温かい。
それは、洞窟や地下水が外部の環境にされない空間にあるからです。
基本が冷暖房などの設備機器ではないので、故障やメンテナンスも必要ないんです。
そして、その効果はそのまま続きます。

メリットしかない弊社が提案している断熱性能が良い建築。
「暑い夏・寒い冬を快適に過ごす為には、環境の厳しい極寒の冬を基準とすべき」
これからの基準・基本です。

明日の第4回は、
日本の住宅建築 断熱性と耐震性の現状と
魅力の・選ばれる空き家についてUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 2016年2月 4日 03:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/3379

コメント

2012年に福島県のあぶくま洞を訪ねました深いです

投稿者 動物大好き店長 : 2016年2月 4日 05:57

こんにちは!

>洞窟の中は、夏は涼しく・冬は暖かい。
また、地下水は夏に冷たく・冬に温かい。
言われてみればなるほど。自然の知恵をふんだんに盛り込んであるんですね。

投稿者 モルタルマジック : 2016年2月 4日 16:34

こんにちは。
同じ免責の敷地に住宅を建てるのでも
南側に入り口があるのか北側にあるのかで
玄関までの空間の使い方も変わりますね。

投稿者 保険屋あい : 2016年2月 4日 17:06

吉野さん、こんばんは!

1つを突き詰めると冬・夏、両方に快適になるのですね。
エコにもあり素晴らしいですね。

投稿者 みんなニコニコ医療食のよっしー : 2016年2月 4日 20:47

コメントしてください




保存しますか?