« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月30日

静岡県清水港・三保の松原へ ロードバイクトレーニング1/4

4回のシリーズでお送りいたします
「2016年夏 清水港へマグロ丼を頂きに行こうロードバイクトレーニング」
山梨県甲府市にあります「吉野聡建築設計室」から南の太平洋へ!!
走行距離195kmのロング+ハードなトレーニングを行いながら、楽しみもプラスするロードバイクトレーニング。
案内図

平成28年6月18日(土)
梅雨の真っ只中ですが、最高に良い天気の(最高気温33.5℃)中のチャレンジです。

本日の第1回は「出発編」です。
4人のサイクリストの仲間と一緒に、山梨県中央市浅利1010-1にあります
道の駅とよとみ」にAM5:30に集合。
そこから県道4号線笛吹ラインを南下。
鰍沢(かじかざわ)口駅を通り過ぎ、富士川にかかる富士橋を渡ります。

富士川 富士橋
富士川にかかる富士橋。
この先の交差点を左折すると国道52号線。
国道52号は、静岡県静岡市清水区から山梨県甲府市へ至る一般国道 。
ほぼ全線が富士川に沿う。この道路と並走する形で中部横断自動車道が整備 中です。

富士川沿いを南下
国道52号 富士川沿いを南下
身延と南部町平山で休憩を取ります。

南部町平山
この休憩時間は、体を休める事と十分なエネルギーの補給です。
南部町平山を出発して直ぐにです。
峠道をフルパワーで登っていた時にです!!
1台の車から「吉野さん♪ファイト!!」の掛け声が。

トライアスロン全日本・アジアチャンピョン エース栗原
プロのアスリートとして活躍。
トライアスロン全日本・アジアチャンピョン・山梨大使。 
エース栗原(栗原 正明氏)
詳しくは、エース栗原のブログ「明日やろうはバカ野郎だ!」をご確認下さい。
第2回びわ湖トライアスロンin近江八幡大会に出場との事です。
エースにパワーを頂き再出発!!

国道52号 静岡県
国道52号。
AM9:00頃には、静岡県に突入です。

続きは明日。
明日の第2回は「清水港 ランチ編」をUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (4) | トラックバック

2016年6月29日

義務化から10年 住宅用火災警報器の点検・交換

「住宅用火災警報器」の設置
就寝中に火災に遭遇することで発見が遅れ、逃げ遅れることが原因で犠牲者が多くなり、就寝に使用する部屋に火災警報器の設置を義務付けることにより、住宅火災による犠牲者を減らし、人命と財産を守ることを目的としています。

住宅用火災警報器
平成16年の消防法改正、平成18年の改正火災予防条例の施行により設置が義務化されており、各ご家庭での住宅用火災警報器の設置は着実に増えてきています。
施行後から10年。
設置されたご家庭では、「もしも」の時に確実に警報が鳴るかどうかの点検や維持管理が必要です。

火災報知器点検方法
火災報知器点検方法
上記の方法で手動で点検を行いますが、保守協会で紹介する製品は全て、自動試験機能付です。
機能の異常警報があった場合、本体ごと交換が必要です。
また、電池寿命は約10年の製品です。10年経ったら本体ごと交換してください。(オプションにて電池購入できる製品もあります)

住宅用火災警報器の設置義務化から10年。
こんな事にもご注意ください。
「住宅用火災警報器は、専門の業者により定期的に点検する必要がある。いまなら安く点検する業者を紹介する」と言うご家庭の訪問。
住宅用火災警報器の点検は、個人で簡単に行うことができますので、専門の業者が点検する必要はありません。
点検の義務があるように装う詐欺には十分ご注意ください。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (2) | トラックバック

2016年6月28日

木造建築の基礎 鉄筋コンクリート造の配筋検査

工事現場監理を通じてさまざまな 確認・検査を行います。
その確認方法は材料や梱包箱の目視・計測確認、施工状況の目視・計測確認、納品書・認定書などの書類確認などを行います。
計測時は、必ずスケール(定規)を用いて確認+撮影です。

下記の写真は、鉄筋コンクリート基礎(木造住宅の基礎)の鉄筋の配筋。
設計図面(基礎伏図+基礎断面詳細図)や鉄筋コンクリート構造仕様書との照合を行います。

鉄筋(配筋方法の基準)
基礎のベース(床版)部の配筋
鉄筋の仕様 
・異形鉄筋 13φ タテ・ヨコ@150
・鉄筋と鉄筋の継手 鉄筋の太さ×40
 13㎜の鉄筋×40=420㎜(必要)≦計測750㎜(有効) ∴OK

建築基準法 配筋
基礎立上り 配筋・・・異形鉄筋 10㎜@200 タテ・ヨコ
              端部:異形鉄筋 13㎜
・鉄筋と鉄筋の継手 鉄筋の太さ×40
 10㎜の鉄筋×40=400㎜(必要)≦計測630㎜(有効) ∴OK

次に、鉄筋の外側にあるコンクリートのかぶり厚。

現場監理 配筋の確認
60㎜の高さがあるコンクリート製のサイコロ

建築基準法の基準では、
・耐力壁を除く壁・床 2cm
・耐力壁・柱・梁 3cm
・直接土に接する壁・柱・床・梁布基礎の立上り部分 4cm
・立上り部分を除く基礎 6cm(捨コン除く)

上記以外にも多くの確認事項があります。
このように工事現場監理とは、設計図・仕様書・基準・規則に基づいて施工されているかを確認します+確認ヶ所は必ず撮影を行います。
写真の一部は、写真帳に整理・プリント(印刷)して、毎週行われる現場定例会議時にお渡ししています。
「正しい事を正しく」の思いです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月27日

吉野デザイン 湿気・カビにも効果があります。

2016年入梅
7月下旬頃まで、毎日ムシムシ・ジメジメした日が続きます。
この季節、気になる「カビ」
独特な臭いや見た目も悪く食中毒や水虫の原因となったり、ダニを発生させ てアレルギーや喘息を招くこともあります。
また、家具や土台・柱など住まいにとっても良くないものです。
気温20℃以上、湿度75%を越えると元気にる「カビ」
早めの対策が必要ですね。

人や建築にとって大きなマイナスとなる「カビ」
発生を抑える決め手は、湿気対策です。
吉野聡建築設計室の事務所は、そんな湿気対策も自然の力でOKです。

1.本物の木(無垢)のサイプレス(豪州ヒノキ)のフローリング
サイプレス自信が呼吸していますので、湿気を吸収してくれます。

サイプレスのフローリング
弊社の床材のサイプレス(豪州ヒノキ)
素晴らしい効果は、下記のブログをご確認下さい。
2014年5月16日
サイプレス(豪州ヒノキ)を使い続ける理由

2.床下全面に敷き詰められている「ホンモノの紀州備長炭」
調湿効果に優れています。

床下 紀州備長炭
空気循環+紀州備長炭で調湿
消臭・調湿・電磁波吸収効果のある和歌山県のホンモノの「紀州備長炭」
・2016年3月24日
 1階の床下が大きな空気清浄器になる建築 1/2
・2016年3月25日
 1階の床下が大きな空気清浄器になる建築 2/2

3.壁の仕上材として使用している「紀州備長炭入り特殊な漆喰壁」
 呼吸できる壁です。

紀州備長炭入り漆喰壁
紀州備長炭入り漆喰壁
驚きの効果のある特殊な漆喰に紀州備長炭の粒を混ぜたオリジナルの「最強の漆喰壁」
・2015年3月30日
「健康になる建築」の更なる提案

人にも環境にも良い自然の材料を使いながら、自然に調湿
他には無い、優れた快適空間が生まれます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (2) | トラックバック

2016年6月26日

第23回 ガラスに写る吉野聡 「北巨摩合同庁舎編」

2008年1月からスタートしています「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ
弊社のブログでUPし続ける・シリーズ化しているブログがあります。
それは「ガラス・鏡に写る吉野聡」。
訪問した建築にある窓ガラス・鏡を使い、私自身を撮影する事です。

過去にUPした回数は22回。
ガラスに写る吉野聡シリーズ(過去のブログ)
(21)2016年3月11日 ガラス・鏡に写る「吉野聡」シリーズ21(ハカマ編)
(20)2016年2月10日 ガラス・鏡に写る「吉野聡」シリーズ20(山梨県総合教育センター編)
(19)2016年1月30日 ガラス・鏡に写る「吉野聡」シリーズ19(着物編)
(18)2015年9月26日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ18(山梨県八ヶ岳少年自然の家)
(17)2015年8月20日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ17(山梨県歯科衛生専門学校)
(16)2014年10月13日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No16(県立高校のトイレの鏡)
(15)2014年5月21日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No15(玄関フロントガラス)
(14)2013年9月 3日ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No14(Low-eガラス)
(13)2013年7月11日ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No13(ボンネット編)
(12)2013年5月13日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズ No12
(11)2013年2月14日 山梨県立八ヶ岳少年自然の家 体育館の耐震補強設計
(10)2012年11月18日 ガラスに写る「吉野聡」シリーズの変化バージョン
(9)2012年10月19日 ガラスに写る「吉野聡」 No9
(8)2012年8月 8日甲府市総合市民会館ガラスに写る「吉野聡」シリーズ
(7)2012年4月 4日 ガラスに写る 吉野聡建築設計室 吉野聡
(6)2011年6月17日 山梨 甲府 吉野聡建築設計室
(5)2011年6月 2日 山梨県甲府市 建築設計事務所
(4)2011年6月 1日 有難う御座います「ブログ3周年」
(3)2010年8月15日 ブログの休日3
(2)2010年5月 2日 山梨県 甲府市 建築設計事務所 
(1)2009年12月24日 2009年 メリークリスマス

そして、今回の第23回となる「ガラスに写る吉野聡」
山梨県韮崎市(にらさき)にある北巨摩合同庁舎。
ファサード(建築物の正面(デザイン))を利用しての撮影(携帯カメラ)です。

ガラスに写る吉野聡

この日は、山梨県中北林務環境事務所環境課にて浄化槽に関する打合せです。
建築は、雑排水や汚物などの排水を浄化する浄化槽法も関係しています。
申請を行う建物がどんな用途・面積なのか?
それぞれで基準が変わります。
だからこそ、事前に詳細の打合せが必要です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:17 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月25日

中古住宅・空き家は、購入前に検査

中古住宅・空き家を購入する前には、インスペクションを行う既存住宅現況検査員の検査を行って下さい。
「インスペクションとは=建物診断・検査」です。
検査料金がかかりますが、事前の不具合の部分を把握していれば安心して購入出来ます。
また、改修の工程・資金計画や、建物所有者様との金額交渉もスムーズに行う事ができます。

住宅の検査・調査を行う「インスペクション」の新しい登録制度となる「既存住宅現況検査技術者制度」
2014年10月8日 吉野聡は、既存住宅現況検査員登録を行っています。
2016年3月23日 既存住宅現況検査員登録の更新

そして最大の魅力は、既存住宅現況検査員のイスペクションを行う事で、中古住宅でも瑕疵保険の加入が出来る事です。
中古住宅をリフォームしてマイホームにする、という方が増えてきている一方、その住宅取得時の瑕疵(欠陥)リスクについては従来買主が負うという状況でしたが、リスクを軽減すべく、「インスペクション(事前検査)」と「瑕疵保険」がセットになった対応。
全員が安心する制度。
弊社では、2014年から対応しています。

中古住宅や空き家。
今現在の詳細な状態をご理解下さい。
地震や雨・風に対して大丈夫なのか?
また、建物の屋根や壁・床・設備などの部分が、何年後にどのくらいの金額で改修工事を行わなければならないのか?
修繕工程や資金計画も必要になります。
事前に把握・計画・実行。
この流れが、全てを安心にさせてくれます。

平成28年2月26日
「宅地建物取引業法の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。

インスペクション
これにより、不動産取引の媒介契約締結時・重要事項説明時・売買契約締結時に宅建業者は「インスペクション」の説明が義務付けられます。

中古の建物を販売される不動産業者の皆様。
中古の建物を購入される皆様。
売買の前には「インスペクションとは=建物診断・検査」です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:24 | コメント (1) | トラックバック

2016年6月24日

空き家対策の新たな提案

甲府市役所10階にあります「議場」

甲府市議場
定期的に傍聴している甲府市議会。
本日は、その中で議論された「空き家問題」について、個人的な意見をUPさせて頂きます。

空き家率日本一の山梨県。
総務省の平成25年住宅・土地統計調査速報集計によると、日本の空き家数は820万戸で、5年前より63万戸(8.3%)増えています。
空き家率(総住宅数に占める割合)は13.5%で、5年前より0.4ポイント上昇して過去最高になっています。
別荘等の二次的住宅数は41万戸で、二次的住宅を除く空き家率は12.8%。
都道府県別では、二次的住宅を除く空き家率が最も高いのが山梨県で17.2%。
2位以下は、愛媛県、高知県、徳島県、香川県と四国4県が続く。

空き家率日本一 山梨県

日本一空き家が多い山梨県。
個人的な意見をUPさせて頂きます。
空き家を、建築年度の1981年(昭和 56年)6月1日 区分けします。
その日を境に旧耐震基準と新耐震基準と別れているからです。
空き家を活用するという考え方は、もちろん賛成です。
しかし、その前に建築基準法の第1条の「目的」
この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。
これが満足できる事が基本にあります。

ターニングポイントの1981年(昭和 56年)6月1日 以前の建物で長年空き家となって、管理されていない建築は積極的に解体する。
と言う考えです。
解体をした後に、後世に残る優れた建築を作る。
この事によって、様々な問題が良い流れになっていきます。
建築は、建築だけの事では無いんです。
「地球環境問題・エネルギー問題・医療・税金・教育などなど」
全てに関係してきます。
どうして環境・エネルギー・医療・税金・教育なのか??
全てにハッキリ・しっかりとした理由があります。
だからこそ、積極的に・継続的に国への働きかけも行っているんです。
2016年3月15日
国へ・政府への提案 建築の断熱による凄さ 2/2

空き家問題もその1つ。
多くのマイナスのある建築を残しても、マイナスが増えるだけです。
耐震性を満足していない空き家。
今日です。今です。
山梨県甲府市で「大震災が起こったらどうしますか??」

そして!!空き家を使った「リノベーション」
「リノベーション」と言う言葉を間違って使っている方が多いんです。
「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
これです。これなんです。
デザインも性能も環境も耐久性もUPさせる事です。
リフォームとはまったく違います。
正しいリノベーションは大賛成です。

山梨県に空き家が多いのは、良い建築・魅力がない・不安が多い建築が多いからです。
これが、不動産市場の判断です。
より良い建物をつくり、後世に残す。
これが、世界の流れです。
山梨県の住宅の平均坪単価は58.8万円。
隣の静岡県は60.6万円、東京は73.5万円。
この数値からも判断できます。

より良い建物をつくる。残す。
このプラスの分野に多くの補助金が必要ではと考えています。

1981年(昭和 56年)6月1日 で長年空き家となって、管理されていない建築は積極的に解体する。
私の思いです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (6) | トラックバック

2016年6月23日

甲府市議会 平成28年6月定例会の傍聴

山梨県の県庁所在地である甲府市 
明治22年7月1日甲府に市制が施行され甲府市がスタートしています。

甲府市役所
平成25年4月20日(土)
現在の甲府市役所庁舎(5代目)が竣工しています。
更に詳しくは、2013年10月 2日 甲府市役所庁舎の歴史 2/2をご確認下さい。

甲府市役所10階にあります「議場」
甲府市議場

甲府市議会

定期的に傍聴している甲府市議会。
平成28年6月16日(木)甲府市議会 平成28年6月定例会に行ってきました。
今回は、神山 玄太 (無所属)先生の一般質問の傍聴です。
1~4まである質問。
全て、私の建築設計に関係する質問となっています。
これは、傍聴しなければなりません。
1 新たに整備されるリニア中央新幹線甲府駅周辺と既存中心市街地の捉え方について
2 旧市街(既存中心市街地)の強みと課題について
3 新市街(リニア中央新幹線甲府駅周辺)の課題について
4 人口減少していく中で進める本市のこれからのまちづくりについて

私が仕事・生活をおこなっている甲府市のこれからを話し合う議会
考えや方針、問題や課題、そして新たな情報など
この時間・ここに居るからこそ得る・感じる思い・情報がたくさんあります。
明日は、2 旧市街(既存中心市街地)の強みと課題。
その中で議論された「空き家問題」について、弊社の・私個人的な意見をUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月22日

耐震診断結果報告書 補強工事案・概算予算案の提出

平成28年1月下旬にご依頼がありました、山梨県大月市にある商業ビルの耐震二次診断。
山梨県大月市に建つ 鉄筋コンクリート5階建て 延床面積が約1750㎡の商業建築。
平成28年1月にお問合せがあり、詳細に作成したオリジナルの資料を提出しながら業務開始です。
今回行う建物は、建築設計図・構造図・構造計算書が無い建築です。
そんな時は、どうするのか??
設計図面がない建物の耐震診断を行う場合は、現地調査に基づいて一から設計図面を作成します。
新築や増築・改修の設計図面のように、矩計図、展開図、天井伏図、建具表、部分詳細図、電気設備図、給排水衛生設備図、空調設備図までは不要ですが、少なくとも構造計算に必要な図面を復元する必要があります。

詳しくは、
2016年5月16日 山梨県大月市 商業建築の耐震(二次)診断
をご確認下さい。

多くの現地調査・試験などを行った耐震診断。
耐震診断結果報告書は、A4サイズで約1000の報告書になります。

耐震診断結果報告書
ご依頼のあったお客様へ耐震診断結果報告書の提出

弊社では、この報告書を提出する時、一緒に耐震補強工事案。
そして、その補強工事に係る概算予算書を提出しています。
いつ・どのように耐震補強設計・補強工事を行うのか?
いくらかかるのか??
この大きな2点を知る事で、新たな一歩に向かって進みやすくなります。
建築用語の「段取り八分 仕上げ二分」
建築設計・耐震診断にも共通します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (4) | トラックバック

2016年6月21日

更に上を目指した オリジナルの現場監理方法

毎週1回行う現場定例会議や材料の確認・施工状況によって確認を行う現場監理
どの部位のどんな確認したのか。
その場での打合内容を記録として保存しまています。
保存したデータの1部を工事監理日報・工事監理写真にまとめ、毎週クライアントの皆様へ説明を行いながら提出します。

監理写真・監理日報
監理写真・監理日報

工事監理日報には、日時・出席者・施工状況・打合内容などを記載します。
工事監理写真は、現場の状況や各部位の仕様・寸法などをスケールと一緒に撮影した写真を用紙にまとめます。
工事の完成後には、これらのデータをCD-Rに収め、お引渡し資料の1つとしてお渡ししています。

成果品 CD-R
監理日報・写真データ
その場の施工状況の記録・監理状況の証拠になる事はもちろん、何十年後に行うリフォームや増改築にも嬉しい資料となります。


全てをオープンにして行う監理。
そして、何十年後に役に立つ資料づくり。
吉野聡建築設計室のオリジナル監理方法です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (2) | トラックバック

2016年6月20日

静岡県藤枝市 木造の家 建て方

平成27年8月に建築設計の問合せ・ご相談がありました静岡県藤枝市のUN様。
さまざまな打合・多くの説明・確認を行いながら、平成28年5月11日(水)建設地で地鎮祭を行いました。
2016年5月17日
静岡県藤枝市の新築住宅 地鎮祭

そして現場監理の状況は、弊社Webサイト「工事監理の進行状況」
静岡県藤枝市 UN House 新築工事 
をご確認下さい。

平成28年6月上旬。
梅雨の真っ只中、この日は朝から晴れになり、静岡県藤枝市に建設中のUN-House新築工事の木造軸組建築の建て方を行いました。

静岡県藤枝市の家 建て方
静岡県藤枝市の家 建て方

そして、その後に行われた上棟式
おめでとう御座います。
上棟式は、建築工事の中間の折り返し地点
今後も、工事に携わる全ての人の気持ちを1つにしながら、工事の安全と自信のある建物の完成・引き渡しができる建築の施工・現場監理を行い続けます。
クライアントのU様 これからも宜しくお願い致します。
吉野聡建築設計室 吉野 聡

明日は、弊社が行なう手間暇かけた・更に上を目指たオリジナルの現場監理方法をUP致します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (4) | トラックバック

2016年6月18日

ブログ開始から8年6ヶ月。 明日は33回目のブログの休日。

住宅、店舗、飲食店、事務所、集合住宅、各種病院・歯科医院などのデザイン・設計・監理。
耐震関係の耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査。
建築確認申請手続き、特殊建築物定期報告書検査作成、マンションの長期修繕計画書、各種申請業務 ・中古住宅の既存住宅現況検査員を行っております
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳細な業務内容については、吉野聡建築設計室HP
また、過去に設計を行った建築については、
完成写真がUPされていますprojects(プロジェクト)  
物件名がUPされていますworklist(業務リスト)
をご確認下さい。

いつも、弊社のブログにご訪問頂き、誠に有難う御座います。
また、ご依頼頂けるクライアントの皆様・私を支えて下さる皆様
全ての皆様に感謝の気持ちです。
誠に有難う御座います。

2008年1月19日にスタートしました
「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室ブログ」
明日の平成28年6月19日(日)は、33回目の休日とさせて頂きます。

そして、吉野聡のFacebook個人ページ、吉野聡建築設計室のFacebookページ、朝食(朝ごはん)のFacebookページも休日にさせて頂きます。

夜景の吉野聡建築設計室
しかし、事務所はOPENしています。
よって、連絡もOK。
365日 いつでも・どこでも繋がります。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

前回お休みしたのは、4ヶ月前の2016年2月25日
5.5ヶ月ぶりのブログ・Facebookの休日です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:02 | コメント (2) | トラックバック

2016年6月17日

家で・リビングで「エアリアルヨガ」

アメリカ ニューヨーク発祥の「エアリアルヨガ」
特殊な布を使って空中でヨガをします。
その人気はアメリカに留まらず、日本をはじめ世界30カ国以上に広がっています。
約4mに天井から吊るした大きな布を使って行います。

エアリアルヨガを行う条件の1つが、4m以上の天井です。
そんな空間を、今生活しているご自宅で・リビングで!!
様々な特殊な建築の設計・増築・改修・耐震などを行っている弊社では、そんな事も可能にさせています。

吹き抜け
1階の天井と2階の床を撤去して吹き抜けに。
2階の光が1階に降り注ぎます。
建物の全体のバランスを考え、同時に構造材の補強も行います。

天井高さが約5mの解放された空間が出現。
その上部からエアリアルヨガの特殊な布を吊り下げます。

エアリアルヨガ
不安定な状態の中に身をゆだねる事で美しい動きと流れが自然に意識できるようになります。

「エアリアルヨガ」の効果は!!
①布に身体を預けるので無理な力が抜け、リラックスして深い呼吸ができる
②普通のヨガではできないポーズができる
③逆さまに世界を見る事で固定概念から解放される
④空中に浮いているので自然と体幹が鍛えられる
⑤逆さまになることで血液の循環が良くなるので、気持ちも明るくなる

4m以上の天井高を確保して、ご自宅で・リビングで「エアリアルヨガ」
そんな事が可能です。
詳しい内容については、下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
私「吉野聡」が対応させて頂きただきます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月16日

ナチュラルグレースのデッキでバレエ発表会

美味しい食事をよりおいしく頂く為には、料理の味はもちろんですが、どこで・誰と頂くかも大切です。
非日常的な空間は、そんな刺激を更にUPさせてくれます。
演出された空間で頂く食事。
そんな空間が、山梨県甲府市上石田2-25-1にあります。
こころとからだにやさしい「ナチュラルグレース」。
たくさんの緑に囲まれた自然をいっぱいに感じる空間です。

ライトUPされた 木製デッキ
ライトUPされた 外部の木製デッキ
弊社の設計でデザインさせて頂きました。

この空間を使ってバレエの発表を企画しています。
バレエを鑑賞しながら食事。
日常では味わえない空間を演出します。

ナチュグレのデッキでバレエの発表
山梨県甲府市 Anriインターナショナルバレエスクールのお子様
リハーサル時の1コマです。
(本番はライトUPされた幻想的な雰囲気に)

お店のコンセプトによって変わる建築デザイン。
たくさんの「素敵」を感じる空間を提案・デザインしています。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook  http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:23 | コメント (2) | トラックバック

2016年6月15日

大切にする土地選び。この段階からご相談下さい。

これから建物を建てようと考えている。
また、将来に建物を建てたいと考えている皆様。
土地選びは、たくさんの事を同時に検討することが求められます。
・周辺・土地のイメージ
・建物の計画デザイン・規模・配置・ライフライン
・建築基準法などの各法律
・土地や建物。そして諸費用まで含んだ資金計画
・個人・企業・店舗・病院などの現在と将来について
・地盤の強さ
・自然災害に強い地域

吉野聡建築設計室の敷地
2008年9月
弊社がある敷地との出会い。
8ヶ月後の2009年5月末日
自社建築が完成しています。

「土地選び」について
1.周辺・土地のイメージ
 その土地や周辺環境の雰囲気・第1印象(これは非常に大切)
2.条件
 この敷地にどんな建築が建てれるのか。また建つのか?
 電気・ガス水道・日当たり・通風などなど。 
 その敷地の地盤の強さも大切です(軟弱地盤は建築費用が大となる)
 そして、敷地へのアクセス・公共交通機関やスーパーや各店舗からの距離
  
3.各種関係法
 建築基準法・都市計画法・水道法などその敷地に関わる法律。

4.全体工程
 何を考え・何を検討して、どのような工程で進めるのか??
 その手順をご説明しています。

1つの土地において、多くの検討事項を同時に行う事が求められます。
クライアントの皆様が、1つ1つを調査・確認・理解しながら進めていくのは非常に困難。
また、理解している条件でも答えが出てこない事もあります。
これらの事の一部を不動産業者でも教えてくれますが、不動産業者は土地のプロ。
その土地にどのような建物を建てる事が出来るのか。
プランや建築デザイン・建物環境までも提案するのは難しいかなと思います。

土地を選ぶときは、建物の事を考えて選んで頂きたい。
それが、成功への1歩です。

そんな思いから、弊社では建築・設計の立場から見た土地・敷地選びを共に行っています。
下記連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。
私、吉野聡が対応致します。
土地から共に歩み続ける。
より良い・より素敵な提案をさせて頂いております。
また、条件によっては、土地代金の大きな値引きがある場合が御座います。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:28 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月14日

デジタルとアナログ 建築設計の打合

建築設計を行う時には、たくさんの話し合いが必要となります。
グローバル化が進むデジタルのこの時代、弊社では積極的にメール・SNS・ブログなど積極的に活用しています。
いつでも・どこでも繋がる。
これも安心感の1つです。
しかし、それはだけでは「NO」となります。
これからの時代を生き抜くために、日本人に求められるものは何か。
それは人との繋がり「輪・話・和」です。
その思い・行動によってたくさんのプラスが生まれてきます。
大きな財産です。
携帯電話・インターネット・PCなどデジタル化が進む一方で、私たちが忘れてはならなし事です。
デジタルがもてはやされた時代から、デジタルを使ったアナログの時代に進む。
強く感じています。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室の思い。

2015年以降
リアルな繋がりがより大切になっていく。
アナログ時代に帰っていくと考えています(時代の回帰)
しかし、そのまま昔に戻って行くのではなく、デジタルを使ったアナログに変化・進化すると考えています。
5年、10年先を見据えながら、未来に向かっての取り組みを行っています。

それは、建築も同じ。
何十年・百年と立ち続ける建築。
その建築を使用する方によって異なる未来。
それぞれの未来を共に話をしながら・想像しなながら・話し合い・検討し・デザインしています。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:11 | コメント (5) | トラックバック

2016年6月13日

災害時 緊急輸送道路 耐震診断補助金

大規模な地震が起きた時に避難・救助をはじめ、物資の供給や諸施設の復旧等広範囲な応急対策活動を広域的に実施するため、非常事態に対応した交通の確保を図ることを目的に、重要な路線を緊急輸送路として定めています。
この道路は、緊急時には原則として一般車両は通行禁止となります。
緊急輸送道路は、隣接都県との連携強化及び県の庁舎と主要都市等を相互に結ぶ道路(緊急輸送路1次路線)や、これらの道路と市町村役場、主要な防災拠点(救急物資等の備蓄拠点等)を相互に連絡する幹線的な国道、県道、市町村道(緊急輸送路2次路線)を指定しています。

山梨県内の指定路線の概要
1.高速自動車国道(NEXCO管理)
 中央自動車道西宮線・富士吉田線
2.自動車専用道路(NEXCO管理)
 東富士五湖道路
3.清里高原有料道路
4.河口湖大橋有料道路
5.一般国道(国土交通省管理)
 国道20号、52号、138号、139号
6.一般国道(山梨県管理)
 国道137号ほか
7.県道(山梨県管理)
 甲府市川三郷線ほか
8.市町村道(該当市町村管理)
 甲府市道富士見通線ほか

弊社のある甲府市の緊急輸送道路(指定避難路)は

緊急輸送道路(指定避難路)甲府市北部
緊急輸送道路(指定避難路)甲府市北部

緊急輸送道路(指定避難路)甲府市南部
緊急輸送道路(指定避難路)甲府市南部

上記の避難路沿道にある建築物の所有者の皆様
昭和56年5月31日以前に建築された建築物。
倒壊した際に緊急輸送道路等を半分以上閉塞してしまう建築物。
耐震診断が義務付けになっております。

避難路沿道にある建築物の耐震診断や耐震補強設計、耐震工事などに、補助金が御座います。
補助金がある時に、適切にご活用いただき、有利に進めて頂く事を行っております。
それには、多くの基準や手順も御座います。

緊急輸送道路(指定避難路)の詳細な確認や、各種補助金について。
詳細には、弊社までお問合せ下さい。
適切にお答えさせて頂きます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (2) | トラックバック

2016年6月12日

高速道路 ガソリンスタンドの距離

【道路交通法第75条の10】
自動車の運転者は、高速自動車国道等において自動車を運転しようとするときは、あらかじめ、燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量又は貨物の積載の状態を点検し、必要がある場合においては、高速自動車国道等において燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量の不足のため当該自動車を運転することができなくなること又は積載している物を転落させ、若しくは飛散させることを防止するための措置を講じなければならない。

「高速自動車国道等運転者遵守事項違反」という罰則規定があるため、高速道路上でガス欠になるとキップを切られる可能性があります。
万が一これに該当した場合は、以下のような処分となります。
・基礎点数2点
・反則金9000円(普通車の場合)

時間を有効に使いたい為に、渋滞の少ない夜明け頃の時間に車の運転を行う事があります。
そんな時に注意したいのが、ガソリンの量です。
高速道路に乗った瞬間に気付いたガソリンの量。

ガソリン警告ランプの点灯
ガソリンの警告ランプが点灯したんです。
と言う事は、ガソリン残量が残り10リットル。
10km/1L=100km走行可能。
高速道路上では、一般的に約50km~60km間隔でガソリンを給油できるサービスエリアが存在します。
しかし、2015年4月に国土交通省が調査したところ、ガソリンスタンド間の距離が100km以上の区間が全国で83カ所。そのうち150km以上ガソリンスタンドがない区間が16カ所。
注意しなければなりません。

高速道路のガス欠は、大きな事故に繋がる可能性もあります。
車の事前確認。
これも安全の1つです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 04:03 | コメント (0) | トラックバック

2016年6月11日

「𠮷」と「吉」 𠮷野と吉野

早い・安い・旨いの吉野家の牛丼。
皆様は、この看板を見たことがあると思います。

吉野家の牛丼
吉野家の牛丼の看板

吉野家の吉に注目して下さい。
見慣れない漢字を使っています。
私の吉野聡の「吉」も「𠮷」を使っていたとの事です(父親より)
吉の漢字の部首が土(つちへん)か士(さむらい)の違いがあります。
より親しみ感がある𠮷野家の牛丼。
しかし、どうして2つの漢字が存在しているんだろう??
気になって、パソコンの文字入力で調べましたが、IMEでは「𠮷」が収録されていません。
なぜだろう??

三省堂辞書サイトのWebサイトに掲載されていました。
人名用漢字の新字旧字:「𠮷」と「吉」
長文の説明があります。

三省堂辞書サイトさん有難う御座います。
すっきり・さっぱりです。
これからは、気持ち良く
・吉野聡
・吉野聡建築設計室 を使います。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (4) | トラックバック

2016年6月10日

山梨県甲斐市 歯科医院 建築設計監理委託契約

平成28年3月中旬に相談がありました、山梨県甲斐市にある歯科医院
4月・5月・6月の3ヶ月
さまざまな問題点を1つ1つクリアさせながら、綿密な計画+多くの提案・打合(ヒアリング)を行ってきました
その時の提出資料は下記の基本計画図面+書類です
① 平面プラン(間取り)
   A・B・C・D・E案の5プランの提出です。
② 建物外部デザイン
③ 敷地における建物配置
④ 建物の仕様書、外部・内部仕上表
⑤ 全体スケジュール表
⑥ 資金計画表+融資に関する必要書類
⑦ その他
そして、基本計画の確認を行いながら5月の中旬に建築設計監理業務委託契約です。
契約の前には、重要事項説明書の説明を行い、確認の記名・捺印を頂きます。

歯科医院の設計監理委託契約書
歯科医院の設計監理委託契約書+重要事項説明書

有難う御座いました。
他には無い多くの提案の実現、建築デザイン、コスト、建築の仕様など
患者様・先生・スタッフにたくさんのプラスをお約束致します。
楽しみながら、1歩1歩着実に・確実に!!
今後も宜しくお願い致します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月 9日

ガラス・鏡に写る「吉野聡」シリーズ22(特建定期報告現場調査編)

全ては一瞬の出来事の積み重ねである。
だからこそ、その一瞬一瞬を大切にしています。
シャッターチャンスも同じ!!
その一瞬をとらえる事が求められます。
だからこそ、常にデジタル一眼レフカメラ or コンパクトカメラのどちらかを持っています。
そして、そのカメラを使って楽しむ事も行っています。
それは、建築にある窓ガラス・鏡を使い、私自身を撮影する事。
弊社のブログでUPし続ける「ガラス・鏡に写る吉野聡」シリーズです。

ガラスに写る吉野聡シリーズ(過去のブログ)
前回の21回目は
2016年3月11日
ガラス・鏡に写る「吉野聡」シリーズ21(ハカマ編)
平成28年3月に行われた、在籍8年の山梨青年工業会の卒業式で来たハカマの衣装合わせ時の一枚です。

鏡に写る吉野聡
甲府市内にあるホテルの結婚式を行う新婦の控室。
特殊建築物定期調査報告の現場調査中に、鏡に写る「吉野聡」です
現場調査用の7つ道具と一緒に撮影。

山梨県甲府市にある建築設計事務所 吉野聡建築設計室では、山梨県の多くの公共建築でも「特殊建築物定期調査」を行っています。
信頼と実績の証です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:11 | コメント (6) | トラックバック

2016年6月 8日

静岡県藤枝市の家 基礎コンクリート打設

平成27年8月に建築設計の問合せ・ご相談がありました静岡県藤枝市のUN様。
さまざまな打合・多くの説明・確認を行いながら、平成28年5月11日(水)建設地で地鎮祭を行いました。
2016年5月17日
静岡県藤枝市の新築住宅 地鎮祭

そして現場監理の状況は、弊社Webサイト「工事監理の進行状況」
静岡県藤枝市 UN House 新築工事 
をご確認下さい。

平成28年5月下旬。
爽やかな五月晴れの中、静岡県藤枝市に建設中のUN-House新築工事の基礎(ベース)のコンクリートの打設を行いました。

基礎コンクリート打設
絶好のコンクリート打設日和です。
ポンプ車で運ばれるコンクリート。

ポンプ車によりコンクリート打設
基礎(ベース) コンクリート打設

天端は金コテ押え
打設後は、天端は金コテ押エで仕上げます。

コンクリートの打設においても、様々な規則・基準があります。
全て、正しく行われているか監理を行います。
その内容は、
1.型枠の設置状況
2.打設部にゴミや異物が無いか
3.レディーミクスコンクリート(フレッシュなコンクリート)の納入書
  配合計画書との照し合せ。
4.搬入時間 + 打設時間
5.コンクリート強度やスランプなどの仕様(JIS規格)
6.打設状況
7.バイブレーターのかけ具合
8.クラック(ひび割れ)・ジャンカ・コールドジョイント

建物を支える基礎。
その材料であるコンクリート。そして施工方法。
大切にしています。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (4) | トラックバック

2016年6月 7日

郷に入っては郷に従え

山梨県甲府市にあります「吉野聡建築設計事務所
山梨県や甲府市などの公共建築をはじめ、住宅・店舗・飲食店・事務所・集合住宅・各種病院・歯科医院など、あらゆる設計を行ってきています。
それぞれが持つあらゆる問題をクリアさせる建築の設計を行っています。

同じ建築・同じ敷地でも、その建築を使う方が変われば「プラン・デザイン・コスト」などの条件が、全てが変わります。
弊社ではあらゆる建築の設計を行っている事もあり、多くのノウハウ・実績・提案力があります。
それぞれが持つそれぞれの条件において、たくさんの提案を行い続けています。
その為には、計画にしっかり・正しく検討を行います。
その1つが、
2016年4月22日 「建築設計」 計画を行う前の各種調査
にUPさせて頂いたブログ。
ご依頼するお客様の事を知る・理解する事を行っています。
それが弊社のオリジナルの強みでもあります。

先日、静岡県沼津市で出会った1冊の本。

静岡のおきて
この中に書かれていた事の1つがこれです。

吉野屋 本屋
なるほど!!
これが、静岡のイメージなんですね。

「郷に入っては郷に従え」
風俗や習慣はその土地によって違うから、新しい土地に来たら、その土地の風俗や習慣に従うべきだということ。
また、ある組織に属したときは、その組織の規律に従うべきという思い。
自由な発想・柔軟な思いで対応する建築設計。
まずは、受け入れる事からスタートです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月 6日

山梨県歯科医師会改修工事 工事請負契約の立会い

山梨県歯科医師会
山梨県甲府市大手1丁目4番1号にあります
社団法人 山梨県歯科医師会
山梨県歯科衛生専門学校

敷地内にある建築のリフォーム・改修工事・耐震診断・耐震補強設計など行いながら、継続的にご依頼くださる大切なクライアントの1つです。
関係者の皆様 いつも有難う御座います。
その他、山梨県歯科医師会会員の皆様の歯科医院の設計も行っております。

平成25年11月 山梨県歯科医師会館の改修内容・概算金額・工事工程などの全体計画
平成27年 1月 補助金関係についての対応。
平成28年 4月 改修工事に向けた実施設計・設計書の作成・入札公告
平成28年 5月 指名競争入札
一歩一歩着実に・確実に、共に歩んできました約2.5年。
平成28年 5月の良き日に工事請負契約の締結です。

山梨県歯科医師会 改修工事
工事請負契約の締結
工事請負契約書+東日本建設業保証の保証に関する書類。

山梨県歯科医師会の皆様・会員の皆様。
施工業者のI社様。
有難う御座います。
今後は現場監理を通じて、宜しくお願い致します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月 5日

「トライアスロン」に参加する為の練習をスタート 2/2

平成26年6月にはじめたロードバイク。
365日 年中無休が基本。そして、仕事は平均15時間/1日。
そんな条件で、より良い仕事・良い提案を行いたい。
「全ての源は健康から」
その為には、体力・筋力UPが不可欠です。
わずかな時間を使っていつでも・どこでも運動できる自転車(ロードバイク)・ランニングを選択しました。
その日の、天候・体調・仕事の予定によって行先・走行距離を変えて行う練習。
AM4:00前には、弊社をスタートします。

そして2016年は、更なるレベルUPをめざして!!
「トライアスロン」に参加する為の練習を開始しています。
村上・笹川流れ国際トライアスロン
トライアスロン珠洲

子供の頃から短距離を得意としていたこともあり、長距離のスイム・ラン・バイクは苦手なんです。
その中でも特に水泳。これが最も苦手で・・・。
現在のレベルは、クロールで50m、平泳ぎで200m程の距離です。
参加を目指している村上や珠洲のトライアスロンは、ハーフコースとなっており1.5kmのスイムです。
と言っても、1.5kmのスイムは未知の世界。
しかも、波がある海で泳ぎ続ける。もちろん足もつかない海。
たくさんの恐怖心もあります。
だからこそ、キッチリ練習を重ねしっかり泳ぎ続ける耐力・テクニックを身に着けます。

トライアスロン スイム
村上トライアスロン スイム

ロードバイク 
ロードバイク(富士ヒルクライムゴールの吉野聡)

村上トライアスロン エース栗原
2015年村上トライアスロン 優勝者エース栗原
トライアスロン・ヂュアスロン日本・アジアチャンピョン。
私のトライアスロンのコーチの1人です。

ハーフのトライアスロンは51.5Km(スイム:1.5Km、バイク:40km、ラン:10Km)の距離を
スイム:60分
バイク:スイムスタートから160分
ラ ン:スイムスタートから240分 
総合:4時間00分の制限時間内にゴールする大会です。

制限時間内に完走する事を目指して!!
これからも日々の練習の積み重ねです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (2) | トラックバック

2016年6月 4日

「トライアスロン」に参加する為の練習をスタート 1/2

平成26年6月にはじめたロードバイク。
365日 年中無休が基本。そして、仕事は平均15時間/1日。
そんな条件で、より良い仕事・良い提案を行いたい。
「全ての源は健康から」
その為には、体力・筋力UPが不可欠です。
わずかな時間を使っていつでも・どこでも運動できる自転車(ロードバイク)やランニングを選択しました。

その日の、天候・体調・仕事の予定によって行先・走行距離を変えて行う練習。
AM4:00前に弊社をスタートします。
・和田峠・千代田湖コース(ヒルクライム 走行距離22km)
・5分/1kmペースで5kmのランニング
・甲府市千代田湖へ行く約10km 獲得標高約350mのトレラン
そして、時間がとれた休日には100km以上のロードバイクトレーニングを行っています。

そんな中で、多くの仲間との出会い・繋がりも!!
日本を代表するアスリートと一緒の練習
・トライアスロン・デュアスロン日本代表「エース栗原 栗原 正明氏」
・スノーボードアルペンプロチャンピョン K林氏 ・ 日本代表S木氏
・トライアスロンの参加をメインに活動するアスリート「山梨鉄人会」の皆様

そんな皆様にたくさんの刺激を受け、2015年6月14日(日)に開催された
「富士の国やまなし 第12回Mt.富士ヒルクライム」に初出場です。

2015 富士ヒルクライム
富士ヒルクライム

ロードバイク 
富士山5合目のゴールに着いた瞬間
タイムは「1時間49分33秒」
目標にしていた過去12回に行われた大会の平均タイムと同じです。
そして、2016年5月に行ってきた富士スバルラインの練習会。
走行タイムは1時間42分と、昨年より7分短縮。

ホッチ峠・観音峠・金桜神社・帯那山など、半日で60km 獲得標高1500m以上の走行。
そして、甲府市を出発して富士山1周の180km 獲得標高2200m以上のトレーニングや、山梨県韮崎市にある甘利山ヒルクライムや甲州市の琴川ダムヒルクライム。
山梨県の中でも、屈指の厳しいハードコースへの練習を行っています。

トレーニングを始める前には、考えもしなかった走行距離・獲得標高・走行タイム。
ロードバイクで・ランニングでどこまでも!!
このレベルUPが嬉しいんです。楽しいんです。
この気持ちによって、ハート(心・気持ち)もレベルUPです。

そして、更なるレベルUPをめざして!!
「トライアスロン」に参加する為の練習を開始しています。
村上・笹川流れ国際トライアスロン
トライアスロン珠洲
続きは明日のブログで。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:20 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月 3日

「夫婦仲や職場の人間関係」色や光の効果

真っ白な階段
光りも風も通る真っ白な階段

人は色や光によって感情が大きく左右されます。
その逆を考えれば、色や光で人の感情を誘導する事が可能ですね。
その時の場所や状況、モチベーションに合った色や光で演出すると、その効果は更に広がってきます。

色や光に起こった不思議な出来事を2つUPします。
①とある職場で仕事中の事です。
同僚は、なにかいつもより不機嫌そうな表情をしているように見えました。
私は「なにかあったの」と尋ねると、同僚は「いつもと変わらないよ」と答えます。
では、なぜ同僚は不機嫌そうな表情に見えたのか。
理由は単純でした。
部屋が薄暗かった。
部屋が薄暗いと、顔に影ができやすくなります。

②「これからはエコの時代だ」と言う事で、部屋の明かりを消してランチをしています。
そのエコ活動を始めてから、不思議な変化を感じるようになりました。
昼食が、いつもより味気なく感じられるようになりました。
昼食はいつもと変わらないメニューですが、部屋の電気を消して暗い中で食べると、不思議と昼食の味がぼんやりしてきます。

これら2つの事は、家庭内でも同じです。
喧嘩しやすい夫婦の部屋は「部屋が暗くて、雰囲気が悪い」という特徴があります。
暗い部屋の中であれば、夫のいつもと変わりないはずの顔が、なぜか怒っているように見えます。
そして、どんなにおいしい食事も、薄暗い部屋では台無しです。
部屋の電気が暗いというだけで、マイナスの印象を受けてしまいます。

もちろん、環境に配慮したLED照明を使う事も方法ですが、建築のデザインでより優れた効果を得る事も出来ます。

天井から光が降り注ぐ浴室
天井から光が降り注ぐ浴室
壁で囲まれた閉鎖的な空間ですが、思いっきり解放感がある笑顔が生まれる空間に生まれ変わります。。
・薄暗い明るさで入る浴室。
・気持ちの良い自然光で入る浴室。
その時の気持ちによってもかわりますが、爽やかな今の季節は後者の「気持ちの良い自然光で入る浴室」でリフレッシュしたい思いです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (4) | トラックバック

2016年6月 2日

煙突の煙道にあるアスベスト。

工場、事業場、事務所、家庭、銭湯、船舶などから燃焼等の過程で排出されるガスを屋外に導くための長い筒状の高い筒状の「煙突」
過酷な条件で使用され続けられています。
各種調査・耐震構造計算の結果、煙突が構造耐力上不可と言う煙突もあります。
そんな煙突の解体時に、煙突内部に使用されているかもしれないアスベストについてUPします。

古い学校や役場などではコンクリート製の煙突があり、その内部で「カポスタック」と呼ばれる ような石. 綿断熱材が使われているケースがあります。
これがダイオキシンや アスベスト等の有害物質の場合があります。
(最終判断は、その煙突からサンプルを採取して、成分分析を行い判断します)

アスベストが使われている煙突の煙道
この煙突の内部にある煙道にアスベストが使われていますので、アスベストの除去工事が必要になります。
一般的には、煙突内部及び排煙管に施されたアスベスト含有材(煙突用断熱材・スタック材・カポスタック)及びアスベスト管(石綿管・排煙管)を高圧水を使用して自動洗浄装置にてハツリ撤去する工法を行います。
工法の概要は、下記のyoutubeをご確認下さい。


1分12秒のyoutube
ウォータージェット工法による煙突内部石綿除去(カポスタック除去)

アスベストの除去工事にも、多くの基準・規則・対応があります。
安全に・安心に・正しく解体設計・除去工事です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2016年6月 1日

建物と一体化する煙突の点検

弊社では、積極的に建物の点検業務を行ています。
それは、建築の劣化等を見る事で、今後の新築や改修工事の設計に大きな・多くのプラスになるからです。
工場、事業場、事務所、家庭、銭湯、船舶などから燃焼等の過程で排出されるガスを屋外に導くための長い筒状の高い筒状の「煙突」
過酷な条件で使用され続けられています。
建築物に設ける煙突は、建築基準法施行令第115条に定める構造とする必要があります。
基準を満たしていても、建築の他の部位よりひび割れ、剥離、脱落等の様々な劣化、損傷が生じやすい部位です。
だからこそ、定期的な点検+補修です。

クラックがある煙突
煙突の壁面にクラックがある煙突

鉄筋が露出している煙突内部
鉄筋が露出している煙突内部

煙突の点検・調査項目は、
1.コンクリート圧縮強度測定
・シュミットハンマーによる圧縮強度の測定 (非破壊検査)
・コンクリートコアの採取(破壊検査)
2.コンクリートの中性化試験
3.内外部目視点検
5.履歴情報や耐震保有耐力検討等など。

これら調査結果を基に、検討や耐震構造計算を行い、安全かどうかの確認を行います。
明日のブログは、煙突内部(煙道)に使用されているアスベストの除去をUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (5) | トラックバック