« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月31日

2016年 高麗芝のメンテナンス「芝刈り」2/2

山梨県甲府市にあります吉野聡建築設計室
案内図は弊社のWebサイト contact(連絡先)をご確認下さい。
敷地の南側には、高麗芝が広がっています。

2016 高麗芝
今年は、特に気持ちが良いんです。
・夏の涼しさをつくる
・太陽光の吸収
・雨水の地中内への浸透など環境への配慮
・庭の空間のデザイン
・BBQなど人が集まる空間
・ドックランとしても活用しています。

毎年、同じ時期に、同じメンテナンスを行っていますが、
2016年の今年は、特に芝が美しいんです。
それは、造園のアドバイスを頂いています
山梨県韮崎市若宮2丁目9-39にある「坂本造園」様のお話です。

今年は、シーズン初めに芝刈り機の刃を交換しています。
そして、芝を刈った後のメンテナンス+刃研ぎを行っています。
その結果、いつでも気持ち良く切れる状態です。


紙も簡単に・綺麗に切れる芝刈り機。
この切れ味が大切との事です。
良く切れる刃と切れ味が悪い刃。
良く切れる刃は、芝刈り時に芝のストレスが無くなるそうです。
ここに今年の芝の元気の原因があります。

芝も生きています。
良い環境で・定期的な正しいメンテナンス。
これによって、元気な芝に生まれ変わります。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月30日

2016年 高麗芝のメンテナンス「芝刈り」1/2

山梨県甲府市にあります吉野聡建築設計室
案内図は弊社のWebサイト contact(連絡先)をご確認下さい。
敷地の南側には、高麗芝が広がっています。

2016 高麗芝
弊社の庭に広がる高麗芝。

芝は、草取りや芝刈り、散水など大変なんです。
なんて事を耳にします。
はい!!同感します。
しかしです!!
青々とした芝が元気よく育っていると、とっても気持ちが良いんです。
だからこそ、芝のある庭が好きなんです。
そして、その他たくさんの楽しみも生まれます。
・夏の涼しさをつくる
・太陽光の吸収
・雨水の地中内への浸透など環境への配慮
・庭の空間のデザイン
・BBQなど人が集まる空間
・ドックランとしても活用しています。

トイプードル ハンク
トイプードル ハンク
毎日、走り回っています。

快適に涼しく過ごす節電方法の1つ、敷地や建物の周囲の芝張り(緑化)を行う事です。
樹木よりはるかに大きい面積で緑化出来る芝張り。
熱の吸収や水分を蓄える力・CO2吸収など、他の緑化より大きな効果感じる事が出来ます。
芝張り(緑化)によって、周囲の温度が-2℃から-3℃、時には-5℃以上の効果があると言われています。
その他、デザイン効果もあり、私たちに癒しを感じさせてくれます。

元気な芝。
定期的なメンテナンスが必要になります。
今日は、芝のメンテナンス(芝刈り編)をUPします。
この季節は、2週間に一度のペースで芝刈りを行います。
いつもと同じメンテナンスを行っていますが、今年は芝が特に美しいんです。
これには、大きな理由が!!
明日のブログでUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:17 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月29日

2016年 山梨県の梅雨明け ゲリラ豪雨

気象庁は山梨を含む関東甲信地方が2016年7月28日(木)、梅雨明けしたとみられると発表しました。
平年より7日遅く、去年より18日遅い梅雨明けです。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室からみた入道雲
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室から見た夏空
梅雨が明けて、入道雲・積乱雲が空高くムクムクと成長を続けています。

入道雲 積乱雲を見て思い出すのが、雷・夕立・局地的な大雨。
「ゲリラ豪雨」と呼ばれています。
局地的な大雨の原因となる、急激に成長する入道雲 積乱雲。
ピンポイントの注意が必要です。

ゲリラ豪雨の発生回数のデータを確認すると、
1時間に80㎜以上の「猛烈な雨」が1年間に発生する回数(気象庁)
■1976~1987年・・・全国平均で1,000地点あたり10.3回
■1998~2007年・・・18.5回
■2013年・・・・・・・・・25回
「ゲリラ豪雨」はここ数十年で倍以上の数となっています。

そして、ゲリラ豪雨の発生する場所のほとんどが大都市。
地球温暖化や大都市に起きるヒートアイランド現象。
ヒートアイランド現象の詳しい内容は
2014年7月24日
敷地の緑化 壁面緑化 ヒートアイランド現象への貢献1/2をご確認下さい。

そこに問題がありそうです。
都市部に水辺や緑をつくる都市設計。
敷地での緑化や建物を使った壁面緑化・屋上緑化など、積極的に行います。
自然と共存する都市計画・建築。
間違いなくこれからの進むべき道です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月28日

非常用照明の点検

火災や地震などの自然災害や、不慮の事故などによって供給電源が絶たれた際に、避難方向や周囲の状況を把握できなくなるため避難活動が困難になります。
そんな時に、安全かつ円滑に避難が出来る為に設置する「非常用照明」。
建築基準法や消防法によって、設置基準・機器選定が定められております。
また、建築主は安心・安全な建築の維持管理を努める義務があります。

非常用照明
さまざまなデザインがあります非常用照明
照明器具から点検用のヒモがあるタイプが、その照明器具になります。

非常時のみ使用する「非常用照明」
そんな時に備えて普段からの点検が必要になります。
不特定多数の方が使用する「特殊建築物」の場合には、建築基準法第12条の規定による特殊建築物 定期調査報告が義務づけられています。
吉野聡建築設計室では、山梨県内の公共建築をはじめ多くの特殊建築物の定期調査報告を行っています。
その報告の中には、非常用照明の点検項目が含まれています。

その点検方法は、予備電源により即時点灯する事を確認し、その照度は床面において水平面照度で1 ルクス(LED及び蛍光灯の場合は2 ルクス以上確保できること(地下街の地下道は10 ルクス以上)ある事の照度確認(計測)します。

非常用照明の点灯
非常用照明の点灯。
予備電源により即時点灯する事を確認します。
続いて、照度計測。
専用の計測器を用いて行います。

照度計測
照度計測。
点検を行った非常用照明は7ルクス。
基準をクリアしています。

火災などで停電が発生すると、避難方向や周囲の状況を把握できなくなるため避難が困難になります。
非常用照明により、停電時に一定の照度を確保し、避難を速やかに 行うことができる大切な照明です。
だからこそ、常に良い状態にある事が大切です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:29 | コメント (4) | トラックバック

2016年7月27日

建築主・設計者・監理者の役割

建築は、綿密な計画に基づいて設計を行う必要があります。
機能・性能・コスト・デザイン。
そして、目的を満足させるプランニングや機能・性能・耐久性。
様々な事柄について、ご依頼いただいた建築主と共に判断と決定をしなければなりません。
次に、信頼できる施工業者の選定も重要です。
施工業者等との十分な連携プレーの基で計画を進めていくことも大切です。

建築主 設計者 監理者の役割

建築物の安全性の確保と質の向上を図るためには、
建築主・設計者・工事監理者などが適切にその役割を果たすことが重要です。
・「建築主」
 設計者、工事監理者、工事施工者の選定・契約から、設計条件の詳細の確定に至るまでの主体です。設計者、工事監理者を選定する必要があります。
・「設計者」
 その者の責任において、設計図書を作成すること(建築士法第2条第5項)
・「工事監理」
 その者の責任において、工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認すること(建築士法第2条第7項)

建築物に対する安全性の確保や質の向上を図っていくことは、皆様の生命、健康及び財産の保護並びに公共の福祉の増進の観点から極めて重要なことです。
この安全性を確保するためには、建築の主体である建築主、設計、施工及び工事監理を実施する建築士をはじめとする建築技術者並びに行政のそれぞれが責任をもってその役割を果たしていくことが必要です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月26日

甲府市 建築基準法43条ただし書き 

建築基準法第43条(敷地等と道路との関係)
建築物の敷地は、「道路」に2m以上接しなければならない。
ただし、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りでない。

法第43条第1項の規定には、建築物の敷地は原則として「道路」に2m以上接しなければならないとされています。
建築基準法で言う「道路」とは、
1道路法による道路(国道、県道、市道等) 4m以上
 法第42条第1項第1号(1項1号道路)
2土地区画整理法、都市計画法その他の法令による道路(開発道路等) 4m以上
 法第42条第1項第2号(1項2号道路)
3建築基準法第3章の規定が適用されるに至った際、現に存在する道路 4m以上
 法第42条第1項第3号(1項3号道路)
4道路法、都市計画法その他の法令による事業計画のある道路で、特定行政庁が指定した道路 4m以上
法第42条第1項第4号(1項4号道路)
5土地所有者等が築造し、特定行政庁からその位置の指定を受けた道路(位置指定道路) 4m以上
 法第42条第1項第5号(1項5号道路)

全て、道路巾員が4m以上必要ですが、実際には4m以上ない道路があります。
その他、特定行政庁が道して認定をしてない道(空地)の場合にも、建築基準法の43条の「ただし」以降(ただし書きと言う)の規定の許可制度があります。
これが「建築基準法43条ただし書き申請」です。

その他に、都市計画法43条第1項の規定における申請も行う必要があります。
調整区域内で建築基準法の道に接していない敷地。
建築確認申請の前に、
・都市計画法43条第1項の規定における申請
・建築基準法43条ただし書きにおける申請

都市計画法43条第1項 申請書
2種類の申請を同時に行っています。
この申請の許可を受けて建築確認申請の申請を行います。
建てる敷地によって変わる関係法。
全体工程にも影響してきます。

これから、建築をご検討の皆様。
土地を探している皆様。
敷地選び前の段階からご相談下さい。
さまざまなご提案をさせて頂きます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:20 | コメント (6) | トラックバック

2016年7月25日

考える前に、まずはご相談下さい。

山梨県甲府市にあります「吉野聡建築設計室
昭和48年 3月 創業開始 吉野建築設計事務所
平成12年 5月 吉野聡建築設計室に改め現在に至る。
・1級建築士事務所 
・日本建築士連合会認定 専攻建築士 
・山梨県認定応急危険度判定士 
・甲斐の木活用アドバイザー 
・山梨建築士会 甲府支部所属
・山梨県木造住宅耐震診断・補強計画技術者
・既存住宅現況検査員技術者 
創業44年の中で、多くの建築の設計や耐震診断・各種調査・申請手続きなどを行ってきました。
多くの実績があります。
だからこそ、多くの情報や様々な条件をクリアさせる術(すべ)を持っています。

建築には、それぞれの条件が御座います。
その中で、建築や敷地(土地)を考える時に、多くの検討をすることががあります。
これらの事を、ご自身で考えてクリアできればOKですが、解決出来なかったりもっと良い条件の情報があったりします。
そんな時に、お気軽に吉野聡建築設計室へご相談下さい。
「正しい事を正しく」の思いでご返答させて頂きます。
最善の判断でクリアさせる為の方法が必ずあります。

建築に関しての疑問・質問・お悩み例として
1 何をしたら・何から始めれば良いか分からない。
2 土地・建築の検討に対して良い相談者がいない。
3 依頼先をどこにしようか悩んでいる 。
4 これからの建築における多くの提案が欲しい 。
5 自分だけのオリジナルなデザインされた建物が欲しい。
6 デザインされた空間でシンプルな生活をしたい。
7 環境問題を考えたエコ建築を知りたい 。
8 より良い耐震性もち安心できる建築にしたい。
9 楽な生活が出来る建築にしたい 。
10 土地・建物を検討している時間が無い 。
11 建設予定地又は現在の拠点が山梨県以外だけど・・・。

その他に、資金計画(コスト、費用、融資)・法律関係・特殊建築物定期調査報告などの各種申請業務について・・・。
これらの事を考える・検討する前に、吉野聡建築設計室へ相談して下さい。
質問内容にもよりますが、TEL・メールでの返答が出来ない場合もあります。
それはクライアントの皆様と吉野聡建築設計室のお互いの確認作業や、各関係機関への相談・確認があるからです。
まずは、相談です。
その後に、1つ1つ問題をクリアします。

吉野聡建築設計室
下記の連絡先まで、お気軽にお問合せ下さい

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡がご返答させて頂きます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:29 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月24日

集まる・見せる・使う・楽しむガレージハウス

車好きの人・バイク好きの人。
私の廻りにはたくさんいます。
それは私自身、車やバイクのレースを行う事やガソリンエンジンが好きだからです。
時間があればレースに参加したり、バイクやクルマのエンジン整備も自分で行っています。
2013年8月17日
スクーター(バイク)のオーバーホール(メンテナンス)

そんなたくさんの楽しみがある車やバイク。
現在は、建物と一体のガレージハウスを提案しています。
車やバイクのガレージには、たくさんの人が集まります。
シャッターの向こうには、たくさんの楽しみがあるガレージライフ。

建物と一体型のガレージハウス
ガレージからそのまま部屋に!!
部屋の中からガレージを・車を・バイクを見る事が出来ます。

単に車を駐車する事だけでなく、その空間にたくさんの人が集まり・楽しみながら、車を見る・整備する。
その為には、建築の構造やプラン・予算など多くの事が関係してきます。
建築もバイクもクルマも!!
たくさんの経験・実績・ノウハウがあります。
吉野デザインのガレージで、より美しく・より機能的に・より細かな配慮があるガレージライフを提案しています。
車をバイクを思いっきり楽しむガレージ。
毎日の生活も楽しくなります。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月23日

建築の計画も大切にしています3/3(工程編)

3回のシリーズでUPさせて頂きます。
「建築の計画も大切にしています。」
だからこそ、じっくり・しっかり準備・検討・計画を行っている為に、多くの時間を費やしています。
今日の最終回は「工程編」です。
建築を行う時に、事前確認しなければならない事はたくさんあります。

建築物の相談から完成

プラン・デザイン・性能・環境・コスト・・・などなど。
無数にあります。
いつ・何を・いつまでに判断するのか。
その手順・流れが大切になります。
だからこそ、工程・スケジュールの確認です。
一般的には、下記のような工程表での確認になります。

設計・施工 工程表
設計・施工 全体工程表
全体の日程・工程は確認出来ますが・・・。
このようなの工程表では不明点が多い、また理解されにくいのではと思います。

吉野聡建築設計室では、このような工程表でなく個々の工程を詳細に言葉・文字として表現したスケジュール表を提出しています。
建築は相談にはじまり、ヒアリング~設計~現場施工~完成・引渡しと進んでいきます。
吉野聡建築設計室のオリジナルの「着工~完成までのスケジュール表」をお渡しています。
建築主・設計者・施工者がそれぞれ何をするのか、またしているのか一目瞭然です。

家づくりスケジュール表
吉野聡建築設計室のオリジナルの「スケジュール表」
全て言葉・文字で記載してあります。

表の見方(左から)
・時期(予定日)
・工程
・「青文字」建築主概要(建築主が行うこと)
・「黒文字」設計者概要(吉野聡建築設計室が行う事)
・「赤文字」施工者概要(施工者が行う事)

この表から何をすべきなのか。
また、建築主・設計者・施工者がそれぞれ何をしているのかが簡単に確認できます。
また、次回の準備へ何をすべきかも分かります。
全体スケジュールも、しっかり事前に確認です。

3回シリーズでUPさせて頂いた「建築の計画も大切にしています」
建築(大工)の用語に「段取り八分・仕上二分」と言う言葉があります。
仕事を進める上で、事前の準備がいかに重要かを表した言葉です。
「仕事の段取りを確実にする事で、その仕事は8割完了した。」という意味。
正しい建築計画は、設計に・建築に・将来に安心して進むことが出来ます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月22日

建築の計画も大切にしています2/3(資金計画編)

3回のシリーズでUPさせて頂きます。
「建築の計画も大切にしています。だからこそ多くの時間を費やします。」
今日の第2回目は「資金計画編」です。

建物を建てる時には、とてもに大きなコストがかかります。
そのコストは、さまざまな項目に分かれます。
土地取得費・建設費・外構費・設計費・各種申請費・水道加入金・祭典費・引っ越し費・融資を受ける時の費用(保証料・印紙代・手数料)・火災保険・地震保険・各種税金・保存登記・表題登記などなど多岐に渡ります。

建築を行う時にかかる費用。
建設費はもちろん、その他にも大きな費用が必要となります。
1式工事と言う見積では無く、全て詳細に積算した見積書のチェック
実際、どのような項目で、どのくらいの費用が掛かるのか。
資金計画の甘さから、後になって「お金が足りなくなった」なんて話も良く耳にします。
それを裏付ける記事が・・2010年8月14日付の朝日新聞
「無理なローン 家失う 09年度6万個が競売に」
こんな悲しい事が6万個です。
計画の甘さ・無理な予算計画・建築の依頼先の問題などが考えられます。

資金計画

吉野聡建築設計室では、建設に関する全ての項目を計上した
資金計画表」の作成を行っています。
詳しい内容は、下記のブログをご確認下さい。
・2008年7月22日 資金計画表
・2009年2月 6日 吉野聡建築設計室の資金計画表
・2010年7月21日 家を建てる時の費用
・2011年11月 9日
住宅ローンに関する事前相談・チェック・アドバイス

このような費用は、自己資金や融資額、月々の返済額、返済回数にも関係します。
事前に全ての確認を行い計画を進めています。
資金計画も安全側に沿って進めています。
だからこそ、安心して進める事が可能となります。

吉野聡建築設計室のオリジナル資金計画表
資金面でも、人によって条件は違います。 
よって、個々の条件で作成を行っています。

3回シリーズの「建築の計画も大切にしています」
最終回の明日のブログは、
「工程編」をUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
        https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:16 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月21日

建築の計画も大切にしています1/3(プランニング・デザイン編)

3回のシリーズでUPさせて頂きます。
「建築の計画も大切にしています。だからこそ多くの時間を費やします。」
今日の第1回目は「プランニング・デザイン編」です。
弊社は、建築の設計事務所。
「デザイン・機能・性能・環境・コスト」が1つになった多くのオリジナルの提案行っております。
その中の「平面プラン・デザイン」
全て自由な発想でプランニングしています。
それは、ハウスメーカーのような規格の中で行う自由設計ではなく、全て0から生まれる自由な考えです。
世界に1つしかないオリジナルデザインを提案しています。
詳しくは
2015年3月27日
自由な発想でプランニング(プラン・間取り)。そしてデザインをご確認下さい。

その他、提案の種類と数です。
弊社では、ご依頼のある皆様にたくさんの提案を行っています。

住宅建築のプランニングの数
10のプランを提案さして頂いている住宅建築。
ご依頼頂くクライアントの皆様にも、多くの・大きな気づきを感じて頂きたい。
そして、思いっきり楽しんで頂きたい。
必ず結果が変わります。
だからこそ、たくさんの提案を行っています。

3回シリーズの「建築の計画も大切にしています」
第2回目の明日のブログは、
「資金計画編」をUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月20日

静岡県藤枝市の家 完成・引渡しに向けての準備

平成27年8月に建築設計の問合せ・ご相談がありました静岡県藤枝市のUN様。
さまざまな打合・多くの説明・確認を行いながら、平成28年5月11日(水)建設地で地鎮祭を行いました。
2016年5月17日
静岡県藤枝市の新築住宅 地鎮祭
そして、6月下旬には建築基準法の中間検査を行っています。
2016年7月 6日
静岡県藤枝市 木造の家・住宅・住まい 中間検査

また、現場監理の状況は、弊社Webサイト「工事監理の進行状況」
静岡県藤枝市 UN House 新築工事 
をご確認下さい。

静岡県藤枝市 新築住宅 
外部足場と養生シートおおわれている建築現場
7月中旬、シート内の建築現場では外壁・内部共に仕上工事に入っております。

屋根がある大きな玄関ポーチ
屋根がある大面積の玄関ポーチ
雨でも安心です。

この段階になると、建築工事以外に完成に向けて様々な事を行う時期です。
建築基準法完了検査の申請書・書類。
金融機関との打合。
建物の登記。
引っ越し・仮住まいの退去などです。

建築工事は、全て予定で動きます。
だからこそ事前の準備が大切になります。
このような所まで、しっかり手配・指示・段取りを行う。
それが設計者の役割りの1つです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月19日

山梨県歯科医師会改修工事 工事現場・工事監理

山梨県歯科医師会
山梨県甲府市大手1丁目4番1号にあります
社団法人 山梨県歯科医師会
山梨県歯科衛生専門学校

敷地内にある建築のリフォーム・改修工事・耐震診断・耐震補強設計など行いながら、継続的にご依頼くださる大切なクライアントの1つです。
関係者の皆様 いつも有難う御座います。
その他、山梨県歯科医師会会員の皆様の歯科医院の設計も行っております。

平成25年11月 山梨県歯科医師会館の改修内容・概算金額・工事工程などの全体計画
平成27年 1月 補助金関係についての対応。
平成28年 4月 改修工事に向けた実施設計・設計書の作成・入札公告
平成28年 5月 指名競争入札
一歩一歩着実に・確実に、共に歩んできました約2.5年。
平成28年 5月の良き日に工事請負契約の締結です。
詳しくは、2016年6月 6日
山梨県歯科医師会改修工事 工事請負契約の立会い
をご確認下さい。

建物を使用しながらの改修工事。
建物の使用状況・導線などを判断しながら、各ブロックごとの工事を行います。

中廊下型の事務室
真ん中に廊下があった中廊下型の事務室。
すべて撤去して、新たな区画に作り替えます。

今ある建物を使って、美しく・便利に・機能的に・快適に・省エネに!!
あらゆる提案を行い続けています。

その他、設計・監理以外の対応も求められます。
一般社団法人の山梨県歯科医師会。
山梨県や甲府市などへの基準・補助金・保証の対応。
公共工事と同じ内容での準備・流れを行っています。
国・件・市町村において、多くの建築の公共工事が実績があるからこその対応です。
多くのノウハウを持っている。
これも弊社の強みの1つです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (4) | トラックバック

2016年7月18日

IHコンロ(電気プレート)でも火災は起きる

IHクッキングヒーターが普及した理由のひとつに「火を使わないから安全」ということが挙げられます。
「ガスコンロとIHコンロ」
火災になる確率は、ガスよりも火を使わないIHの方が低くなります。
ガスコンロに代わって多くのご家庭で使用されているIHクッキングヒーター。
火を使わずに調理ができるという点では、確かに安全と言えるのですが、使い方を誤ってしまうと、やはり火災や事故が発生する危険があります。

IHの天ぷら火災
『IH調理器』での天ぷら調理(yahoo画像より)

神戸市役所のWebサイトに情報がUPされています。
IHクッキングヒーターにも火災の危険
IHから実際に発生した事例です。

揚げ物をするために、小さな片手鍋にてんぷら油を100ml程入れて加熱中、他の用事で約3分間台所を離れていたところ、てんぷら油が発火し、火災が発生した。
この火災が発生した最大の要因は、調理中に台所を離れたことですが、その他に、IHクッキングヒーターの特徴が要因のひとつとなっています。その特徴とは「加熱する力が強い」ことです。少量の油が強い火力で急速に加熱されたため、安全装置の作動が間に合わず火災が発生してしまったのです。

「対策として」
・天ぷら調理中に、その場を離れない。
・その場を離れるときはスイッチを必ず切る。
・IHコンロの周囲に可燃物を置かない。
・なべ底に規定以上の反りがあると、安全装置が働かないことがあるので、なべ底が平らなものを使用する。

火を使わないIHでも、正しく・安全に調理です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:19 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月17日

台風前に、屋根+軒樋の点検を。

2016年、梅雨が明け間近と本格的な夏と共に台風シーズンです。
台風は、北西太平洋や南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、中心付近の最大風速が17.2 m/s以上のものを指す(Wikipediaより)
2015年は、台風1年。
1月から12月まで毎月台風が発生しました。

月別台風発生表
年別・月別 台風発生数表。
観測史上50年ぶりの記録となった2015年。
エルニーニョ現象の影響との事です。

強い風と強い雨の台風。
事前に屋根や軒樋の点検を宜しくお願い致します。

コロニアル屋根が吹き飛ばされる
コロニアル葺き屋根。
赤丸しるし部。
強い風で屋根材が吹き飛んだとの事です。
隣地に駐車してあたっ車にあたる被害。
万が一、人にあたっていれば・・・。
最悪の結果も考えなければなりません。

猛烈な強風雨の台風。
事前に点検をお願い致します。
それは、直接屋根に登って、直接目で見て、手で触って・打診棒でたたいて音を聞いて下さい。
その建物を利用する方へはもちろん、隣地・周辺の皆様の安全の確保も宜しくお願い致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月16日

山梨県歯科衛生専門学校 学園祭「歯っぴいフェスタ」

山梨県甲府市大手1丁目4番1号にあります

山梨県歯科医師会 歯科衛生専門学校

山梨県歯科医師会 歯科衛生専門学校
社団法人 山梨県歯科医師会
山梨県歯科衛生専門学校

敷地内にある2つの建築のリフォーム・改修工事・耐震診断・耐震補強設計など行いながら、継続的にご依頼くださる大切なクライアントの1つです。
関係者・会員の皆様 いつも有難う御座います。
その他、会員の皆様の歯科医院の設計も行っております。
完成した建築は、
吉野聡建築設計室Webサイト projects(プロジェクト) 歯科医院・病院建築をご確認下さい。
山梨県甲府市丸の内甲府駅前歯科
山梨県甲府市国玉町ふじたに歯科

山梨県歯科衛生専門学校では、7月17日(日)AM9:00~PM3:00まで学園祭がおこなわれます。

山梨県歯科衛生専門学校 学園祭
山梨県歯科衛生専門学校 学園祭「歯っぴいフェスタ」

・AM9::30~ 販売・展示・学校紹介・交流ブース・体操指導・アトラクション
・AM10:00~ バザー
・AM10:30~ コーヒー・カレー・カキ氷・清涼飲料水・たこ焼き・焼きそば
       おにぎり・ピザなどなど。
・PM1:30~ LIVE 

7月17日(日)
明日は、山梨県甲府市大手1丁目4番1号にあります
山梨県歯科衛生専門学校 学園祭「歯っぴいフェスタ」へ。
活気溢れる楽しいイベント。

また、楽しく歯科医療に接するチャンスです。

山梨県歯科衛生専門学校 案内図

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:23 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月15日

新築より10年以降の建築 弊社の「無料点検」をご利用下さい 2/2

積極的に建物の点検を行っている山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
その理由は、下記のブログをご確認下さい。
2016年2月23日
特殊建築物定期調査報告を積極的に行うもう1つの意味
そして、既存住宅現況検査員
2016年6月25日
中古住宅・空き家は、購入前に検査

弊社では、鉄筋コンクリート・鉄骨・木造と言ったあらゆる建築の点検させて頂いております。
そんな中、もう少し早くに点検・対応を行っていれば、大きな工事・コスト・工期にならなくて済んだのに・・・。
と言う建築を見かけます。
それは、点検を行う事を気付かなかったと言う事もあります。
「ここに問題があるんです」

建築は、定期的な点検が必要です。
車の定期点検・車検と同じです。
特に!!築年数が経った建築です。
良く耳にする「新築後の10年点検」
新築から10年までは、一般的に大きなトラブルが無いんです。

そこで、皆様に気付いて頂きたいと言う思いから
弊社オリジナルの「新築より10年以降の建築」
「建物の無料点検」をスタート致します。
まずは、お使いの建物の現状を確認してください。

点検7つ道具
特殊建築物定期調査報告における現場調査の7つ道具
①プラスチック製の台紙(点検結果を書き込みながらの調査)
②ノギス(クラックなどの幅を計測)
③取付・設置状況を打診音で確認する金づち
④照明の明るさを測る照度計+換気扇にお風量を測る風量計
⑤コンベックス(各種・各寸法の計測)
⑥撮影用看板(表示+撮影を1人でも行えます)
⑦看板に記載するマジック

建物の点検に気になる皆様。
まずは、下記のご連絡まで「無料点検」とお伝えください。
電話・FAX・メール・Facebook。
全てOKです。
お気軽にご相談下さい。
建物の点検は、建築士と既存住宅現況検査員の資格と実績で正しい調査です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (5) | トラックバック

2016年7月14日

新築より10年以降の建築も!! 弊社の「無料点検」をご利用下さい 1/2

「建物の点検」
誰に依頼しても同じではありません。
それは「建築基準法やその他に関する関係法を理解しているか?」
それぞれの構造・建物用途など建築を点検する方にとって、基本となる条件です。
その他、点検実績です。
新築・改修など木造から鉄骨・鉄筋コンクリートの建築を設計行っている事に加え、建築基準法第12条の規定の「特殊建築物定期調査」を行っています。

特殊建築物定期点検 現場調査 特殊建築物定期点検 現場調査

特殊建築物定期点検 現場調査 特殊建築物定期点検 現場調査
特殊建築物定期点検 現場調査。
詳細は、2016年2月23日
特殊建築物定期調査報告を積極的に行うもう1つの意味
をご確認下さい。
点検を行い続けている代表的な建築は
山梨県総合教育センター
山梨県青少年協会様(県立科学館・八ヶ岳少年自然の家)
社会福祉法人 緑樹会
・その他、ホテル・マンション・山梨県の各高等学校などです。

不明な事が多い既存建物の調査。
建築士であり既存住宅現況検査員の資格を持った吉野聡が点検を行います。

既存住宅現況検査員
既存住宅現況検査員
最大の魅力は!!
既存住宅現況検査員のイスペクション(点検)を行う事で、中古住宅でも瑕疵保険の加入が出来る事です。
中古住宅をリフォームしてマイホームにする、という方が増えてきている一方、その住宅取得時の瑕疵(欠陥)リスクについては従来買主が負うという状況でしたが、リスクを軽減すべく、「インスペクション(事前検査)」と「瑕疵保険」がセットになった対応。
全員が安心する制度。
弊社では、2014年から対応しています。

そんな多くの点検実績もある弊社では。
皆様に「建物の点検」の必要性を感じて・気付きて頂きたい。
そんな思いから、新築より10年以降の建築の「無料点検」を新たにスタート致しました。
詳細は、明日のブログでUPさせて致します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月13日

木造建築の床下換気口は不要です。

吉野聡建築設計室が設計する木造建築
・1階の床下を換気する為の基礎の立上り換気口
・基礎の上部にパッキンなどを設けた換気口
がありません。

一般の木造建築の床下換気口 基礎パッキン 仕様
基礎の立上りにある         基礎の上部にパッキンを設け
W300×H100の床下換気口   パッキンの無い部分の隙間
防虫網が設けられています     から換気を行います

なぜ床下換気口が無いのか??
それは
「床下も1つの部屋(室内)として考えているからです」
この考えが、他の建築と大きく異なる事の1つです。

床下も1つの部屋(室内)にする為には、基礎の上に直接土台を敷きます。
その為には、コンクリートからの湿気が木に直接影響を及ぼさないようにしなければなりません。
そこにも、他の木造建築では見かけない対応を行っています。
それは基礎と土台の間に防湿シートを設けます。

防蟻・防湿シート
基礎の上部・土台の下部に設ける
「防蟻・防湿シート」

これは、専用の基礎天端用の防蟻・防湿シートです。
材質はVシート同様EVA樹脂を使用しており、薬剤混入し厚みを0.5mm(Vシートは0.18mm)と厚くして、防蟻性も高めています。
そして、土台の木の性能も求められます。
今回の建築は、ヒノキ(乾燥材)を使用しています。

基礎と建物が接合する重要な部分
他には無い、ダブル・トリプルな工夫が必要です。
表面上の事だけでなく、建築に関する根本的・基本的な考え方から違うんです。
だからこそ、多くの「プラス」がある建築になります。

「建築とは」
小さな工夫・配慮の積み重ねによって造られるもの。
そんな思いです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (5) | トラックバック

2016年7月12日

今ある工場を涼しく・快適に。そして節電に 2/2

「工場を持つ事業主」様
今ある工場を、節電しながら涼しく・快適にする方法があります。

地球環境、そしてエネルギー問題に対しての貢献が求められている現在。
多くの工場では「我慢」と言う節電を行い続けています。
過酷な環境。
プラスになる事は、1つもありません。

そのような工場を、快適な工場に変える事ができるんです。
それは、エアコンなどの機器設備の増設は不必要。
そして、電気量・電気料金もダウンします。
そんな夢のような工場
本日は、その内容をUPします。

弊社では、2007年環境先進国のドイツに行って学んできてから、他には無い考え方で建物の高断熱化を提案し続けています。
常に人が作業する工場も、建物の高断熱化も同様です。
それは、単に断熱材も設けるだけではありません。
弊社独自のたくさんのノウハウがあります。
建築の高断熱化は、エネルギーや機器設備を利用しない為、劣化や故障が無く同じ効果が持続します。
電気料金も大きなコストダウンに繋がります。
たくさんの良いことがある 建築の高断熱化。
設計時には「温熱シュミレーション」も行っています。

吉野聡建築設計室が提出する温熱シュミレーション提案書

断熱改修の温熱シュミレーション 提案書1 断熱改修の温熱シュミレーション 提案書2

断熱改修の温熱シュミレーション 提案書3 断熱改修の温熱シュミレーション 提案書4

既存建物の高断熱改修における「温熱シュミレーション」
真冬と真夏で、室温が何℃向上するのか。
数値でご提案致します。

節電しながらの快適な工場
そして、健康で楽しく仕事が出来る職場環境
生産性・品質のUP+良い人材への確保が容易となります。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (5) | トラックバック

2016年7月11日

今ある工場を涼しく・快適に。そして節電に 1/2

「工場を持つ事業主」様
今ある工場を、節電しながら涼しく・快適にする方法があります。

今年の夏も過酷な暑さが続いています。
節電がが求められる2016年の夏。
原油高騰による電気料金UP。
そして、地球環境やエネルギー問題に対して、節電は絶対条件です。
しかしです。
多くの工場が、簡易的な建築によってこの暑さにおいて「我慢」を行っています。

機械・金属を取り扱う一般的な工場
機械・金属を加工する工場の内部仕上げ

多くの工場の床は、土間コンクリートに塗装仕上げ。
開口部は、アルミサッシの1枚ガラス。
屋根・外壁には断熱材が無く、仕上材のみという建築がほとんどです。
そして、工場内では熱を発するたくさんの機械。
そのような建物の中での節電
気合を入れた「ガマン」が必要になってきます。
短期の我慢は可能ですが、長期の我慢には限界があります。
仮にガマン出来たとしても、生産性や品質の低下・健康にも影響が出てきます。
そして、劣悪な環境で作業する皆様の定着率など、マイナスがたくさん発生致します。

そのような工場をに快適な工場変える提案。
エアコンなどの機器設備は不必要。
また、電気量・電気料金もダウンします。

そんな夢のような工場
提案について、明日のブログでUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月10日

山梨県南アルプス市 わかば支援学校改築工事 建築工事現場

山梨県南アルプス市にあります「山梨県立わかば支援学校
平成24年12月下旬
山梨県より委託を受け、改築工事の設計における全体打合が開催されました。
詳しくは、
2013年1月 4日
山梨県南アルプス市 山梨県立わかば支援学校をご確認下さい。

山梨県南アルプス市 わかば支援学校 完成パース
山梨県南アルプス市 わかば支援学校改築工事 完成パース
設計委託を受けてから3年8ヶ月。
山梨県南アルプス市 わかば支援学校の敷地では、第2期建築工事の建築のすがたが形を表してきています。

わかば支援学校 二期工事
わかば支援学校 二期工事。
既存の建物を使用しながらの改築工事。
安全が最優先です。

曲線の庇
曲線のデザインが姿を現してきています。

上記の完成パースのような全ての完成までには、まだ長い道のりがあります。
一歩一歩着実に・確実にの思いです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月 9日

建築設計図の展開図。 大切な・重要な設計図の1つです。

建築設計図の展開図(てんかいず)とは、
室内の中心より北、東、南、西の四方を見た投影図です。
各部屋の天井高、窓の位置や高さ、出入り口と家具の関係、設備器具の位置、仕上げ方法などがなどが示されます。
設計図書の1つになっています。

実際の設計図をご確認下さい。
木造(軸組工法)2階建て 一戸建ての住宅の平面詳細図です。

平面詳細図
4.5帖の子供室。
押入れ上部にロフトベットが配置されています。
部屋の中心からそれぞれにA・B・C・D方向の展開図を描きます。

展開図
左からD・A・B・C方向の展開図。
様々なデザイン・仕様・情報などが描かれています。
設計図書の中に、展開図が無い建築があります。
施工する前に、設計図で事前に確認する事。
クライアントの皆様・設計者・施工者の全ての皆様にとって大切・重要な展開図。
正しく描いています。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月 8日

猛暑・暑さにも強い「ヨシノデザイン」の建築

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
弊社がデザインするオリジナルの断熱に優れた建築は、暑い・熱い夏でも涼しいんです。
それは、「冬」を基準としているからです。
しかし、日本の建築には「建物は夏を旨とせよ」という言葉があります。
日本の夏は蒸し暑くて不快だから、建物は夏を基準にして建てた方がいいという考えです。
多くの建築家の皆様は、まだこの「夏」を基準にしています。
今のこの日本では「ナンセンス」です。

厳しい寒さに耐える建築
環境の厳しい地域の冬。(yahoo画像より)

冬を基準で造られた建築は、より高性能な断熱性能が求められ、外部環境に左右されにくい仕様となります。
その結果、室内の快適な環境が長時間持続します。
と言う事は、消費電力が少なくなり月々のコストを抑えることが出来ます。
更に!!地球環境(CO2削減)問題、エネルギー問題、熱中症などの医療、税金への貢献にも繋がります。
建物の断熱を高める事で、多くの・おおきなプラスがあります。

断熱性能の追及した建築とは、断熱性能を高めるだけではありません。
建物配置・間取り(プラン)・建築デザイン・開口部(窓)と建築材料などが関係します。
たくさんの小さな取組が1つになる事で、大きなパワーを発揮します。
「それが厳しい夏の快適性に繋がってくるんです」

弊社がデザインする断熱性能が良い建築とは??
洞窟や地下水をイメージして下さい。

洞窟の中 地下水
(yahoo画像より)
 
洞窟の中は、夏は涼しく・冬は暖かい。
また、地下水は夏に冷たく・冬に温かい。
それは、洞窟や地下水が外部の環境にされない空間にあるからです。
基本が冷暖房などの設備機器ではないので、故障やメンテナンスも必要ないんです。
そして、その効果はそのまま続きます。

メリットしかない弊社が提案している断熱性能が良い建築。
「暑い夏を快適過ごす為には、環境の厳しい冬を基準とすべき」
これからの基準・基本となります。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月 7日

平成28年7月7日 七夕

夏の風物詩として、今や日本の定番となった年間行事の一つに「七夕」
一年に一度だけ「おりひめ(織女 )」と「ひこぼし(牽牛)」が天の川の上で再会をする日。
また、色鮮やかな飾りを折り紙で作ったり、短冊に好きな願い事を書いて竹に飾りつけたりした思い出があります。
その竹。
山梨県立博物館の門を入った正面に、たくさん植えられています。

山梨県立博物館

山梨県立博物館にある竹
山梨県立博物館の竹。
良い雰囲気です。

近年7月7日の七夕は、恋人や家族、友人など大切な人たちに感謝の気持ちを伝えるという「サマーバレンタイン」と言われ、夏のイベントの1つに定着しつつあります。
皆様にとって楽しみが多い一日になりますように。


童謡 七夕さま。
1分23秒のyoutubeをお楽しみ下さい。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:01 | コメント (2) | トラックバック

2016年7月 6日

静岡県藤枝市 木造の家・住宅・住まい 中間検査

平成27年8月に建築設計の問合せ・ご相談がありました静岡県藤枝市のUN様。
さまざまな打合・多くの説明・確認を行いながら、平成28年5月11日(水)建設地で地鎮祭を行いました。
2016年5月17日
静岡県藤枝市の新築住宅 地鎮祭

そして現場監理の状況は、弊社Webサイト「工事監理の進行状況」
静岡県藤枝市 UN House 新築工事 
をご確認下さい。

平成28年6月上旬には建て方も終わり、同月の下旬には建築基準法の「中間検査」です。
中間検査を行う前には、監理者である弊社で事前の検査を行います。
・設計図面通りに施工されているか。
・基準を満足させた建築材料が使用されているか。
・正しい施工方法で施工されているか。
・工事関係書類は整理されているか。
・各工程毎に工事写真が撮影され、整理されているか。
全てを確認したら、中間検査申請書と申請手数料を確認検査機関に提出します。
数日後に現場検査です。

中間検査 検査員
中間検査 検査員
正しい事前の準備を行っている為に、短時間で検査が終了。
検査結果はもちろん「合格」
次の工程に進みます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月 5日

吉野聡・吉野聡建築設計室Facebook 5周年

住宅、店舗、飲食店、事務所、工場、倉庫、集合住宅、各種病院・歯科医院。
山梨県・甲府市などの公共建築などの建築設計・監理。
そして、耐震診断・耐震補強設計、建築確認申請や特殊建築物の定期調査報告などの各種申請手続きを行っております
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室

2008年1月にlivedoorブログでスタートした吉野聡建築設計室のブログ。
2008年6月からは、Movable Typeを使用したブログとしてリニューアル。
毎日更新を行いながら8年6ヶ月が経過しています。
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ
そして、毎日の運営・管理も行っているWebサイト
山梨県甲府市にある建築設計事務所、吉野聡建築設計室(HP)

もっと、多くの皆様に弊社・私の建築や思いを知って頂きたい。
その1つのツールとして、2011年7月5日より「Facebook」をスタート。
吉野聡のFacebook個人ページ(FBの会員のみ閲覧可)
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 Facebookページ
吉野聡建築設計室 Breakfast(朝食)Facebookページ
山梨県南アルプス市 居酒屋芳野 Facebookページ
現在は、4つのFacebookの管理・更新を行っています。

Facebookの第1号記事
Facebookに初めてUPした情報。

それは、弊社のブログの2011年7月 5日にUPした記事
節電出来る 涼しい建築 2/4」です。

2016年7月5日(水)
本日、吉野聡・吉野聡建築設計室Facebook 5周年を迎えます。

弊社が運営するWebサイト・blog+4つのFacebookに、毎日多くの皆様の訪問+コメント+Facebookの「いいね!」を有難う御座います。
大きな・多くの感謝の気持ちです。
皆様の思いが強力なパワーになっています。
今後も、訪問して下さる皆様にとって有意義な情報を発進し続けます。

山梨県甲府市にある建築設計事務所、吉野聡建築設計室にUPしています
「もっと簡単に設計をする方法はあるけれど、人はみんな違います。その人のための建築通じてみんなが知らない数多くのことを伝えていきます」
吉野聡の強い思いです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:18 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月 4日

やっぱり!!建築設計は面白い。

夢に向かって1歩1歩 歩み続ける建築。
何も無い敷地に、機能・環境・性能・デザインを満たしたたくさんの思いが詰まった建築が建つ。
そこには、多くの笑顔・感動が生まれます。

下記の写真は、吉野聡建築設計室の新築工事の「着工前と完成後」の写真です。

着工前
新築工事着工前の敷地

吉野聡建築設計室 社屋
吉野聡建築設計室 完成
着工前と完成後(ほぼ同じ方向からの撮影です)
同じ敷地ですが、着工前と完成後ではこんなに大きく変わります。

建築は、それぞれに・それぞれの条件があります。
「1+1=2」のような即答が出来ない事もあります。
その場合、多くのヒアリング・検討・提案を重ね、1つ1つの正しい答えを出していきます。
たくさんの答えの中から、BESTな答えを出していく。
そこに多くの魅力を感じます。
だからこそ!!
「やっぱり建築設計は面白い」
私にとって、こんな面白い仕事って無いんじゃないかと思っています。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月 3日

静岡県清水港・三保の松原へ ロードバイクトレーニング4/4

4回のシリーズでお送りいたします
「2016年夏 清水港へマグロ丼を頂きに行こうロードバイクトレーニング」
山梨県甲府市にあります「吉野聡建築設計室」から南の太平洋へ!!
走行距離195kmのロング+ハードなトレーニングを行いながら、楽しみもプラスするロードバイクトレーニング。
平成28年6月18日(土)
梅雨の真っ只中ですが、最高に良い天気の(最高気温33.5℃)中のチャレンジです。

本日の最終回は「甲府に帰る編」です。
静岡県静岡市清水区から山梨県甲府市へ至る国道52号線。

国道52号線
清水から甲府に行く道は、上り坂がメインとなります。

ヒルクライム
一般国道52号線の登り坂。
この程度の勾配は、問題無しです。

国道52号線 山梨県に入る
順調にクリアしながら山梨県に入ります。
しかし、この日の気温(34℃)とエネルギー補給の未熟さがありパワーダウンです。
ロードバイクのロングトレーニング時は、2~3時間毎にしっかり食事かエネルギー補給が必要です。
今回のトレーニングで学んだ1つです。

クールダウン
休憩のコンビニでクールダウンです。
頭から足のつま先まで、熱くなった体温を下げます。
これが気持ちが良いんです。

追い風が背中を押してくれる
富士川から上がってくる南の風。
北に向かて走る私たちの背中を押してくれます。

PM6:30頃には、集合場所の道の駅とよとみに到着。
4名のサイクリストの仲間と食事です。
その後、山梨県甲府市にあります「吉野聡建築設計室」に戻り、全行程の終了です。
走行距離195kmのロング+ハードなトレーニング。
大きなパワーと自信に繋がります。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (3) | トラックバック

2016年7月 2日

静岡県清水港・三保の松原へ ロードバイクトレーニング3/4

4回のシリーズでお送りいたします
「2016年夏 清水港へマグロ丼を頂きに行こうロードバイクトレーニング」
山梨県甲府市にあります「吉野聡建築設計室」から南の太平洋へ!!
走行距離195kmのロング+ハードなトレーニングを行いながら、楽しみもプラスするロードバイクトレーニング。
平成28年6月18日(土)
梅雨の真っ只中ですが、最高に良い天気の(最高気温33.5℃)中のチャレンジです。

本日の第3回は「駿河湾 三保の松原」です。
清水港で出会った遊覧船(ロードバイクの乗船もOK)と言う事です。

清水港の遊覧船
ロードバイクと一緒に出発です。

清水港
気持ちの良い海風と清水港の景色。
10分程の乗船で、降りたところは「三保の松原」
平成25年6月に富士山世界文化遺産の構成資産に登録されています三保の松原。
約7kmの海岸に約3万本の松が生い茂り、松林の緑、打ち寄せる白波、海の青さと富士山が織りなす風景は歌川広重の浮世絵や数々の絵画・和歌に表現されてきました。

三保の松原
上記のような場所で記念撮影と思いましたが、ロードバイクと一緒と言う事もあり、他の場で記念写真です。

駿河湾とロードバイク
大きな・大きな太平洋(駿河湾)とロードバイク。
とっても気持ちが良いんです。

駿河湾をバックに記念写真
達成感・満足感があるロードバイクで行く「三保の松原」
この思いを味わえるからこそ、ロードバイクが楽しいんです。

撮影も直ぐに切り上げ、時間のかかる帰りの準備を行います。
帰りは、国道52号線の登り道。
続きは明日の最終回
「甲府に帰る編」をUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:05 | コメント (4) | トラックバック

2016年7月 1日

静岡県清水港・三保の松原へ ロードバイクトレーニング2/4

4回のシリーズでお送りいたします
「2016年夏 清水港へマグロ丼を頂きに行こうロードバイクトレーニング」
山梨県甲府市にあります「吉野聡建築設計室」から南の太平洋へ!!
走行距離195kmのロング+ハードなトレーニングを行いながら、楽しみもプラスするロードバイクトレーニング。
平成28年6月18日(土)
梅雨の真っ只中ですが、最高に良い天気の(最高気温33.5℃)中のチャレンジです。

本日の第2回は「清水港 ランチ編」です。
静岡県 清水港

今回のトレーニングの目的の1つは、清水港でマグロ丼を頂く事です。
それは、清水港はマグロの水揚げ量 日本一を誇るマグロ天国。
そして、「マグロ」の消費支出が多い地域は
1位の静岡市(静岡県)......1万3,859円。
2位は甲府市(山梨県)......1万247円となっています。
こんな条件が揃えば、マグロ丼は絶対条件ですね。

中トロのマグロ丼
丼ぶりから溢れるマグロの中トロ。
笑顔になる最高の一品です♪

ごちそう様の後で清水港を見に行くと遊覧船が!!
乗船時間約10分で三保の松原へ。

遊覧船
ロードバイクと一緒に乗船してOKとの事です。
行くしかありません!!

続きは明日の第3回
「駿河湾 三保の松原」をUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (4) | トラックバック