« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月31日

平成28年9月27日(火)得々三文会 4回目の発表2/2

平成28年9月27日(火) AM7:00~ 
2年ぶりの発表となる第4回目の発表を行います。
会場は、甲府市中央2丁目13-20にあります「Cafe へちま」です。

テーマは「建築の高断熱で 日本を・世界を変える」
(エネルギーの「作り方」は大切。エネルギーの「使い方」はもっと大切。)

得々三文会 レジメ
「タイトル」
2007年 地球環境と断熱で視察に行ったドイツ。
その時から、継続的に多方面に提案をさせて頂いている内容です。
今年の3月には、直接国土交通省への提案も行っています。
2016年3月15日
国へ・政府への提案 建築の断熱による凄さ 2/2

地球
グーグルEarthの地球

本日は、その内容について少しお話させて頂きます。
車社会を見てください。
「省燃費化」の開発が進められています。
また、多くの国民の皆様が省燃費の自動車を求めています。
これなんです!!
この流れが大切なんです。
その為には、知ることです。

限りあるエネルギーの開発はもちろんですが、作られたエネルギーをどのように使うか。
建築分野では、弊社が提案し続けている
「断熱」です。
それは、弊社が提案し続けている仕様です。
毎日の生活が、本当に快適になるんです。
そして、そんな断熱仕様になった建築は、各分野の各問題に大きなプラスになります。
その取り組みを、国の各省庁へ提案です。

得々三文会 国への提案
それぞれの省庁の縦の繋がりから各省庁での横の繋がりへ。
一体となった取組で、様々な問題をクリアさせる事が出来ます。
弊社が提案する「断熱」は、輝きのある地球・世界・日本を作る事ができるんです。
メリットしかない提案。

平成28年9月27日(火) AM7:00~ 
得々三文会で発表させて頂きます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月30日

平成28年9月27日(火)得々三文会 4回目の発表1/2

朝の時間を有意義に使った参加型の会の「得々三文会」
・得々三文会とは?
「視野と繋がりを少し広げてから職場へ行こう!!」をコンセプトにしている早朝勉強会です。
誰もが気になっている身近なテーマを話し合ったり、地域で頑張っている人や団体の紹介を通して、視野と繋がりを広げていける場所を目指しています。
そして、「早起きは三文の得(徳)」の言葉通り、朝の時間を有意義に使っていけたらと思っています。

詳しくは、「得々三文会ブログ
Facebookページ「得々三文会」をご確認下さい。
これまでの発表者・発表内容、そして参加メンバーがUPされています。
そして、出欠席の確認もFacebookで行っています。

吉野聡建築設計室 吉野聡は、これまで3回の発表を行ってきました。
・第1回 平成24年4月17日(火)
 テーマ「私がFacebookを選んだ理由」
・第2回 平成24年1月17日(火) 
テーマ「地球環境・エネルギー問題を救う高断熱建築」
 「地球環境・エネルギー問題を救う高断熱建築」1/2
 「地球環境・エネルギー問題を救う高断熱建築」2/2
・第3回 平成26年7月 1日(火) 
 得々三文会の発表した「早起きのすすめ」

そして、平成28年9月27日(火) AM7:00~ 
2年ぶりの発表となる第4回目の発表を行います。
会場は、甲府市中央2丁目13-20にあります「Cafe へちま」です。

吉野聡建築設計室 吉野聡
テーマは「建築の高断熱で 日本を・世界を変える」
(エネルギーの「作り方」は大切。エネルギーの「使い方」はもっと大切。)

2007年地球環境と断熱で視察に行ったドイツ。
その時から、継続的に提案をさせて頂いている内容です。
今年の3月には、直接国土交通省への提案も行っています。

明日のブログは、その提案内容についてUP致します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast


投稿者 2715201 : 03:09 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月29日

朝のトレーニング(運動)で大きな・多くのプラスを!!

365日 年中無休が基本。
そして、仕事は平均15時間/1日。
そんな条件で、より良い仕事・良い提案を行いたい。
「全ての源は健康から」
その為には、体力・筋力UPが不可欠です。
わずかな時間を使っていつでも・どこでも運動できるロードバイク・ランニングを選択しました。

ロードバイク 和田峠ヒルクライム
甲府市 和田峠(みはらし広場)とロードバイク

早朝ランニング
早朝ランニング中、事務所建築のファサードのガラスを使って撮影。
その日の天候・体調・仕事の予定によって、行先・走行距離を変えて行う練習。
AM4:00頃に、弊社をスタートします。
休むことができる日曜日には、ロードバイクで走行距離200km程のロングライディングにも行っています。

ミネラルウォーターをかぶる
昨年の真夏の八ヶ岳・清里ロードバイクで味わった最高の瞬間。
これが、とっても気持ちが良いんです。
毎日が楽しくなる運動。
それが、建築設計においても大きな・多くのプラスです。

健康だけでなく、良い仕事を続ける為には運動が大切。
そんな記事をよく見かけます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「40代に運動不足だと脳の委縮が加速!米研究発表」
適度な運動をしていないと、健康を害したりストレスが溜まったりと悪いことばかりが起きるといわれていますが、さらに驚きの研究結果がアメリカの医学誌「Neurology」で発表されました。それは、「中年のときに運動不足だと、将来脳のサイズが小さくなってしまう」ということ。今回は、そんな健康と脳にまつわる最新情報をご紹介します。
参考:Midlife exercise blood pressure, heart rate, and fitness relate to brain volume 2 decades later (Neurology)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジョン・J・レイティ ハーバード大学医学部准教授。
「運動はあくまで、脳が学習するための準備を整える役割です。成績を上げるためには、そのあとの学習とセットで考える必要があります。運動を終えるとまもなく脳の血流が増しますが、このときこそが、思考力や集中力が飛躍的に高まるチャンス。勉強を始める前、できれば朝にやることをお勧めします」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『Medicine & Science In Sports & Exercise』
誌の2015年3月号に掲載されている。
運動をすると筋肉が鍛えられることはよく知られていることだが、脳にも良い効果があるということが最新の研究で示された。ひとりは運動をし、もうひとりはあまり運動をしていない双子を比べた結果、運動をしていたほうが、脳の運動制御をつかさどる部位である「灰白質」がはるかに多かったのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
などなど、多くの発表がされています。

42歳の3年前から再開した運動。
最大の効果は「集中力の耐力・体力が持続」する事です。
その事で、ビジネスに・プライベートに大きな・多くのプラスが生まれています。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (4) | トラックバック

2016年8月28日

甲府市の住宅 完了検査を受けてキンモクセイをいただこう。

甲府市では「緑と花と太陽のあふれるまちづくり」をスローガンに都市緑化地業の推進を図っております。
この事業の一環として個人住居を新築し、建築物完了検査済証の交付を受けた皆様に。記念樹(キンモクセイ苗木)を配布しています。
詳しくは、甲府市役所 建設部 まち保全室 講演緑地課
TEL055-223-6101 までお問い合わせ下さい。

今から7年前の平成21年6月に完成している
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 社屋

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
新築完成時に、甲府市からキンモクセイ苗木を頂いております。
それから7年。
1m程のキンモクセイが、今では2m程の高さに。

キンモクセイ
共に成長を続ける甲府市の記念樹のキンモクセイ。
秋になるとの甘い香りでいっぱいになります。

キンモクセイの花
キンモクセイは
モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、ギンモクセイの変種。中国南部が原産で江戸時代に渡来した。Wikipedia抜粋
静岡県では、都道府県の木に指定しているそうです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:04 | コメント (2) | トラックバック

2016年8月27日

建築で毎日の生活を・仕事を楽しむ

毎日の生活・仕事・人生を思いっきり楽しむ。
それには、住まい・勤務先・店舗・飲食店などの建築が大きく関係してきます。
「プラン・デザイン・環境・機能・性能」
より多くの「正しい」情報があります。
しかし、それぞれの条件が異なるので答えも変わってきます。
だからこそ、ご相談下さい。
条件にあった正解をご返答させて頂きます。
建築には、多くの疑問・質問・不明点が御座います。
そんな皆様。
山梨県 甲府市 建築設計事務所 デザイン・環境 吉野聡建築設計室のホームページの
「建築を楽しむ為に」のページをご確認下さい。

建築を楽しむ為に
建築を楽しむ為に」のWebページ。

建築には、いろんな情報があります。
そして、その人の条件によって答えが変わる事があります。
その建築で毎日の生活を・仕事を楽しむ!!
毎日が楽しくなります+未来が変わります。

弊社は創業44年の中で、多くの建築の設計や耐震診断・各種調査・申請手続きなどを行ってきました。
多くの実績があります。
だからこそ、多くの情報や様々な条件をクリアさせる術(すべ)を持っています。
「正しい事を正しく」
弊社・吉野聡の思いです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (1) | トラックバック

2016年8月26日

何十年後も!!快適な生活を送り続ける為に。

2016年の夏。
今年も過酷な・厳しい・危険な猛暑でした。
それは日本の事だけでなく、インドでも熱中症で亡くなられる方が増えていると世界各国で猛暑が問題になっています。

夏が暑く、冬が寒い内陸型盆地気候の山梨県甲府盆地。
昨年は、甲府市と甲州市勝沼では9日も最高気温が35度以上になり、11日間連続で猛暑日を記録。連続日数としては、勝沼では歴代2番目、甲府では4番目になっています。
そんな事を考えながら、とある建築の調査を行っている時に目にした、工場の屋上の屋外機。

屋上のエアコン屋外機
びっしり並んだエアコンの屋外機。
他の方向に目を向けると。

エアコン屋外機
屋根の上部に並んだ屋外機。

地球温暖化の影響で、今年の夏も猛暑と言われています。
(その温暖化現象を造ったのは私たち人間です)
厳しい環境の中で、私たちは快適な生活を得る為にたくさんの空調を利用します。
「このままで良いのでしょうか?」

弊社のブログで何度となくUPしています
・断熱性能の追求
・環境に配慮した建築デザイン・プランニング。
・建築材料、機器設備
そして「無暖房建築」など、エネルギーを使わなくてもより快適な生活が送れる建築にしなければならない時になっています。
このままでは、現在の生活レベルを保てなくなってしまいます。
「気付き<意識変化<実行<継続」
弊社では、ご依頼して頂いたクライアントの皆様に、環境に優れた建築の提案をさせて頂きます。
ガマンをするのではなく、快適な生活を送りながら環境に・地球に配慮した建築。
それは、2007年にドイツに行った時からの提案です。
たくさんの情報・ノウハウを持っています。
限りある資源!
建築の分野からも大きな・多くの貢献です

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:27 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月25日

甲斐市 歯科医院 実施設計完了の打合

平成28年3月中旬に相談がありました、山梨県甲斐市にある歯科医院
4月・5月・6月の3ヶ月
さまざまな問題点を1つ1つクリアさせながら、綿密な計画+多くの提案・打合(ヒアリング)を行ってきました
そして、基本計画の確認を行いながら5月の中旬に建築設計監理業務委託契約です。
詳しくは、
2016年6月10日
山梨県甲斐市 歯科医院 建築設計監理委託契約
をご確認下さい。

それから2.5ヶ月。
様々な打合・ヒアリング・見学を行ってきました。
敷地と今ある建物の詳細確認です。
その他に、新築時の設計図・確認申請書・構造計算書の確認を行いながら、建築基準法・消防法・県条例などの関係法を確認。
各関係機関との事前打合を行いながら、実施設計を行ってきました。
平成28年8月上旬。
実施設計の完了の打合せです。

甲斐市 歯科医院 増築工事 設計図面
甲斐市 歯科医院 設計図面
建築図・構造図・電気設備図・給排水設備図・医療機器設備図
と現場説明書

後日は、施工者へ「現場説明書」を提出しながら施工見積りの依頼。
そして建築確認申請・甲斐市条例の景観条例の提出。
工事請負契約・工事着工へと進んでゆきます。

甲斐市歯科医院の〇〇先生。
今後とも宜しくお願い致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:04 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月24日

平成28年6月より 特殊建築物定期調査報告制度が変わっています。

「特殊建築物定期調査報告」とは
建築基準法第12条の規定により、特定行政庁が指定する特殊建築物等の所有者(管理者)は、専門技術を有する資格者に定期的に調査させ、その結果を特定行政庁に報告するように義務づけられています。
不特定多数の人が利用する特殊建築物は、いったん火災などの災害が起こると大惨事になるおそれがあります。
このような災害を未然に防止するため、特殊建築物、昇降機及び建築設備は定期的に専門技術者の点検を行う必要があります。
所有者または管理者にとってこの制度は、社会的に課せられた義務であるといえます。

この「特殊建築物定期調査報告」
2016年6月に施行される建築基準法改正で,法第12条の定期報告制度が大きく変更されます。変わるのは次の3点です。

定期報告変更点
「定期報告制度の改正内容(2016年6月施行)」
① 定期報告を必要とする建築物や建築設備の指定を,これまでは特定行政庁が指定するものだったことを,国が建築基準法施行令で指定できるようにする。
② 定期報告をする調査者の資格の改正。
③ 防火設備が建築設備として調査対象となることの位置付けとともに調査資格者の新設。

特殊建築物定期調査報告を積極的に行うもう1つの意味があります。
詳しくは、下記のブログをご確認下さい。
2016年2月23日
特殊建築物定期調査報告を積極的に行うもう1つの意味

**建物もあたなと同じ健康診断を**
吉野聡建築設計室では、建築に関する事故を未然に防ぎ、安全な状態で維持して頂きたいと考えています。
新築から何年・何十年経った建築を調査する事で、新築の設計に生かされます。
だからこそ、弊社では積極的に特殊建築物定期調査報告を行います。

特殊建築物定期調査報告の詳細については、弊社までお問合せ下さい。吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 02:58 | コメント (2) | トラックバック

2016年8月23日

静岡県藤枝市の家・住宅・住まい 2/2

平成28年8月に完成・引渡しを行いました
「静岡県藤枝市 UN House 新築工事」
完成写真は、吉野聡建築設計室HP「設計・デザイン 建築実績」「Un-House」をご確認下さい。
また、建築工事中の現場監理状況は、吉野聡建築設計室HPの「工事監理の進行状況」をご確認下さい。

静岡県藤枝市 UN Houseの敷地は、藤枝市の商店街の中にあります。
境界線ギリギリまで隣の建物が建つ商業地の中の敷地。
以前のお住まいは、光・風と言った自然を感じる事が少なく、またプライバシー性も乏しい・・・。
また、温暖な地域と言う事もあり、寒さ・熱さ・湿気などの対策は「無」に等しい住まいでした。
しかし!!
温暖な地域と言っても「夏にはエアコン・冬には暖房やコタツ」が必要です。

エネルギーや設備機器類を使わずに暑さ・寒さから守る建築・家。
弊社は、2007年から取り組んでいます。
それは「断熱」です。
その断熱を更にプラスにさせるノウハウを注ぎ込んだ住宅です。
そして光と風です。

静岡県藤枝市の家
玄関ポーチ
道路側から見るデザイン。
道路から見える部分に窓がありませんが、設計コンセプトの1つが「光と風」です。
そんな状況で室内の明るさを追求した住まいです。
一般的に暗くなる「中廊下」も明るいんです。

明るい中廊下
明るく・爽やかな中廊下。
デザインと機能を満たしたたくさんの「機能美」がある家です。

家とは、休むだけ・寝るだけ・食事するだけのものではありません。
自然に楽しく・笑顔が生まれる空間で、心からリフレッシュが出来る事を大切にしています。
それが、山梨県甲府市 吉野聡建築設計室がデザインする建築です。
他の建築と違う理由の1つです。

最後に、建築主のUN様がFacebookにUPしている感想をUPさせて頂きます。
昨年のお盆休みにお伺いしてからちょうど1年。
想いが叶って無事新しい家に住むことができました。
こちらこそありがとうございました。
とにかく明るい家。
光と風がどの部屋にも心地よく縁側も夕涼みや夜空やお月様を寝っ転がって見れて気持ちいいね連発。
癒される場となっています。
またヘルパーさんに我が家の介護がウキウキになったと言われました。
同じ介護をするのに見る景観が新しく綺麗ですとモチベーションが違ってくるのですね。
私自身もそれを実感しています。
これから荷物の整理収納部屋作りぼちぼちやっていきます。
また家の状態をいい状態で保つ方法や工夫など教えて下さい。
今後もよろしくお願いします。

最後に、本日お誕生日を迎えるUN様(奥様)
お誕生日おめでとうございます。
この一年がたくさんの幸福と可能性に満ちた日々でありますようお祈します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:13 | コメント (5) | トラックバック

2016年8月22日

静岡県藤枝市の家・住宅・住まい 1/2

平成27年8月に建築設計の問合せ・ご相談がありました静岡県藤枝市のUN様。
さまざまな打合・多くの説明・確認を行いながら、平成28年5月11日(水)建設地で地鎮祭を行いました。
2016年5月17日
静岡県藤枝市の新築住宅 地鎮祭
6月下旬には建築基準法の中間検査を行っています。
2016年7月 6日
静岡県藤枝市 木造の家・住宅・住まい 中間検査

そして、平成28年8月。
建築設計の問合せ・ご相談から1年。
全ての工事が完了して引渡しを行いました。

静岡県藤枝市の家 完成
静岡県藤枝市の家 完成
建築主・設計者(吉野)・施工者で記念写真。
(プライバシーの関係から写真は加工済みです)
各種取扱い説明を行った後に、各種書類の提出です。

業務完了報告書
工事関係書類、各種申請許可書、保証書などの書類を提出しながら
監理業務完了報告書にサイン+受領㊞を頂きます。

携帯電話・メール・Facebookを使いながら、繋がり続けた1年。
頻繁にお話させて頂きました。
UN様の素敵なお気持で、とても楽しく仕事をさせて頂きました。
有難う御座いました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

明日は、「設計条件・設計コンセプト」についてUPさせて頂きます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:24 | コメント (2) | トラックバック

2016年8月21日

山梨県甲府市にある吉野聡建築設計室 ホームページのリニューアル

デザイン住宅、飲食店、店舗、アパート・マンション、公共建築、歯科医院など建築設計・監理。
そして、耐震診断・耐震補強設計、建築確認申請や特殊建築物の定期調査報告などの各種申請手続きを行っております。
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳細な業務内容については、吉野聡建築設計室のWebサイトをご確認下さい。

弊社のWebサイトは
2008年1月19日にホームページビルダーを使いスタート。
2008年6月7日に完全リニューアルをしてMovableTypeブログを使ったWebサイトとして生まれ変わっています。
その後、数回のバージンUPを行いながら
8.年7ヶ月、毎日更新を行ないながら共に歩み続けています。
しかしこれまでの中で、大きなリニューアルをしていない事に大きな反省をもち。
平成28年8月上旬。
3日間の集中リニューアルを行いました。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 Webサイト
大きなリニューアルを行った
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 Webサイト

①TOPページのメニューの日本語表記
②文章の編集・言葉の表現の見直し
③各ページの画像の追加。
 特に設計させて頂いた建築を紹介する「設計・デザイン 建築実績」のページ。
 画像の追加でより見やすく・分かりやすくリニューアルです。
④新たなページの追加。
耐震診断
耐震診断・補強設計・耐力度調査 業務実績
建物無料点検
断熱

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 吉野聡
Webサイト・ブログ・2つのfacebookの個人ページと4つのFacebookページ。
合計6つを毎日運営・更新し続けています。
1.Webサイト
  山梨県甲府市にある建築設計事務所、吉野聡建築設計室
2.ブログ
 山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ
3.吉野聡Facebook(個人ページ)
 ①吉野聡Facebook(個人ページ) (FBの会員のみ閲覧可)
 ②山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のFacebookページ
 ③吉野聡建築設計室の朝食(朝ごはん
 ④山梨県南アルプス市 居酒屋 芳野

それぞれにそれぞれの目的・立場・役割を果たしながら、お互いに手を取り合い1つの輪を描く。
そんな思いで毎日更新を行いながら運営し続けています。

Web・Blog・4つのFacebookに訪問・コメント・いいね!を下さる多くの皆様。
いつも有難う御座います。
大きな・多くの感謝の気持ちです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (4) | トラックバック

2016年8月20日

第69回沼津夏まつり・狩野川花火大会

山梨県甲府市の吉野聡建築設計室は、静岡県沼津市を第二の拠点として建築設計を行っています。
そんな事もあり、頻繁に訪問している沼津市。
7月31日(日)は第69回沼津夏まつり・狩野川花火大会に行ってきました。
JR沼津駅南口より徒歩約10分の狩野川河川敷で行われる花火大会。
市街地で打ち上げられる花火大会としては東海地方随一です。

沼津夏まつり
この通りの左側の建物の裏が花火大会の会場(狩野川)。
久しぶりの花火大会。
とっても良い雰囲気です。
そして、夜空になった瞬間に花火大会のスタートです。

沼津夏祭り 狩野川花火大会

写真だけでなく、動画で音も光の動きもご覧ください。


第69回沼津夏まつり・狩野川花火大会
また来年もの思いです。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:09 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月19日

創業43年の実績がある建築設計事務所(吉野聡建築設計室)

山梨県甲府市徳行3-3-25にあります吉野聡建築設計室。
詳しい案内図は、下記のリンクをご確認下さい。
吉野聡建築設計室Webサイト 案内図・連絡

「沿 革」 (創業43年)
昭和48年 3月 創業開始 吉野建築設計事務所
平成12年 5月 吉野聡建築設計室に改め現在に至る
平成21年 6月 山梨県甲府市徳行3-3-25に新社屋完成

「建築士事務所 各登録」
1級建築士事務所 
日本建築士連合会認定 専攻建築士 
山梨県認定応急危険度判定士 
甲斐の木活用アドバイザー
山梨建築士会 甲府支部所属

昭和48年から 創業27年の先代の吉野建築設計事務所
平成12年から 創業16年の吉野聡建築設計室(合計43年の実績)
内装のリフォームや小さな室の増築。
学校・体育館・病院・マンションなど大規模建築。
耐震診断・耐震補強設計。
特殊建築物定期調査などの各種申請手続き、中古住宅の既存住宅現況検査員など。
多くの実績があります
「業務実績」(2000年より掲載)
吉野聡建築設計室 worklist(業務リスト)をご確認下さい。

長年にわたる設計事務所の存続。
そして、他には無い多くの実績があるからこそ
「正しい事を正しく」
瞬時に・的確にお話させて頂いております。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月18日

緊急輸送道路沿いの建物 耐震診断の補助金 平成29年2月3日(金)まで

昨日のブログでUPした山梨県甲府市内の「緊急輸送道路」
この道路沿いにある建物の所有者の皆様。
昭和56年5月31日以前に建築された建築物。
倒壊した際に緊急輸送道路等を半分以上閉塞してしまう建築物。
耐震診断が義務付けになっております。

緊急輸送道路 耐震診断が義務

緊急輸送道路 道路を封鎖する建物

建築物の耐震化を推進するため「耐震改修促進法」により、上記の条件に該当する建物の耐震診断が義務化されています。
報告期限は「平成31年3月末日」となっています。

この耐震診断に該当する建物所有者の皆様。
緊急輸送道路沿いの建物の耐震診断には、
「大きな補助金があります」
その建物の規模・構造・用途などによって変わりますが、弊社の場合は耐震診断の費用のほとんどがこの補助金でカバーする事が可能です。

補助金の受付は、平成29年2月3日(金)(必着)です。

弊社のある甲府市の緊急輸送道路(指定避難路)は

緊急輸送道路(指定避難路)甲府市北部
緊急輸送道路(指定避難路)甲府市北部
(国道52号・アルプス通り・武田通り・平和・新平和・新々平和通り・甲府バイパスなど)

緊急輸送道路(指定避難路)甲府市南部
緊急輸送道路(指定避難路)甲府市南部

緊急輸送道路(指定避難路)の詳細な確認や、各種補助金について。
詳細には、弊社までお問合せ下さい。
お得な・有利な補助金について詳しくご説明させて頂きます。
書類の提出は、平成29年2月3日(金)(必着)
補助金の申請・申込・受理を行う為には、事前に耐震診断を行い、膨大な書類の作成があります。
秋頃までにスタートしなければなりません。
早めの対応が求められます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:09 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月17日

緊急輸送道路沿いの建物 耐震診断の実施義務

山梨県内・甲府市内にもある「緊急輸送道路」
この道路沿いにある建物の所有者の皆様。
建築物の耐震化を推進するため「耐震改修促進法」により、耐震診断が義務化されています。
報告期限は「平成31年3月末日」となっています。

大規模な地震が起きた時に避難・救助をはじめ、物資の供給や諸施設の復旧等広範囲な応急対策活動を広域的に実施するため、非常事態に対応した交通の確保を図ることを目的に、重要な路線を緊急輸送路として定めています。
この道路は、緊急時には原則として一般車両は通行禁止となります。
緊急輸送道路は、隣接都県との連携強化及び県の庁舎と主要都市等を相互に結ぶ道路(緊急輸送路1次路線)や、これらの道路と市町村役場、主要な防災拠点(救急物資等の備蓄拠点等)を相互に連絡する幹線的な国道、県道、市町村道(緊急輸送路2次路線)を指定しています。

山梨県内の指定路線の概要
1.高速自動車国道(NEXCO管理)
 中央自動車道西宮線・富士吉田線
2.自動車専用道路(NEXCO管理)
 東富士五湖道路
3.清里高原有料道路
4.河口湖大橋有料道路
5.一般国道(国土交通省管理)
 国道20号、52号、138号、139号
6.一般国道(山梨県管理)
 国道137号ほか
7.県道(山梨県管理)
 甲府市川三郷線ほか
8.市町村道(該当市町村管理)
 甲府市道富士見通線ほか

弊社のある甲府市の緊急輸送道路(指定避難路)は

緊急輸送道路(指定避難路)甲府市北部
緊急輸送道路(指定避難路)甲府市北部
(国道52号・アルプス通り・武田通り・平和・新平和・新々平和通り・甲府バイパスなど)

緊急輸送道路(指定避難路)甲府市南部
緊急輸送道路(指定避難路)甲府市南部
上記の避難路沿道にある建築物の所有者の皆様
昭和56年5月31日以前に建築された建築物。
倒壊した際に緊急輸送道路等を半分以上閉塞してしまう建築物。
耐震診断が義務付けになっております。

緊急輸送道路 耐震診断が義務

緊急輸送道路 道路を封鎖する建物

避難路沿道にある建築物の耐震診断や耐震補強設計・耐震工事などに、大きな補助金が御座います。
補助金がある時に、適切にご活用いただき有利に進めて頂く事を行っております。
それには、多くの基準や手順も御座います。

緊急輸送道路(指定避難路)の詳細な確認や、各種補助金について。
明日のブログでUP致します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:09 | コメント (5) | トラックバック

2016年8月16日

山梨県歯科医師会改修工事 各種下地調整

山梨県歯科医師会
山梨県甲府市大手1丁目4番1号にあります
社団法人 山梨県歯科医師会
山梨県歯科衛生専門学校

敷地内にある建築のリフォーム・改修工事・耐震診断・耐震補強設計など行いながら、継続的にご依頼くださる大切なクライアントの1つです。
関係者の皆様 いつも有難う御座います。
その他、山梨県歯科医師会会員の皆様の歯科医院の設計も行っております。

今回の山梨県歯科医師会改修工事は、
平成25年11月 山梨県歯科医師会館の改修内容・概算金額・工事工程などの全体計画
平成27年 1月 補助金関係についての対応。
平成28年 4月 改修工事に向けた実施設計・設計書の作成・入札公告
平成28年 5月 指名競争入札
一歩一歩着実に・確実に、共に歩んできました約2.5年。
平成28年 5月の良き日に工事請負契約の締結です。
詳しくは、2016年6月 6日
山梨県歯科医師会改修工事 工事請負契約の立会い
をご確認下さい。

山梨県歯科医師会改修工事は、隣接する山梨県歯科衛生専門学校の夏休み期間に行っています。
平成28年8月上旬。
各部屋の各部位の下地調整工事を行っています。

山梨県歯科医師会 天井下地調整
天井の下地調整
高い所はローリングタワー(足場)を使って工事を行います。

山梨県歯科医師会 床・天井下地調整
床と天井の下地調整

下地調整とは。
素地の劣化(外壁のクラックや鉄部の錆びなど)や、下地の劣化(表面のカビ、汚れ、塗膜の剥がれ、チョーキング現象)をできるだけ除去するために行う高圧洗浄、樹脂注入、目地のシーリング、ケレン(旧塗膜の除去・錆び落とし)などの処理のことを言います。
仕上がりの美しさは、下地によっても変わると言われている大切な工程です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:28 | コメント (4) | トラックバック

2016年8月15日

山梨県北杜市 明野ひまわりをわが家に!!

明野のひまわり
山梨県北杜市 明野ひまわり「サンフラワーフェス」
山梨県北杜市(ホクトシ)明野町の広大な敷地に咲く60万本のひまわり。
2016年7月23日(土)〜8月21日(日)
素晴らしい・美しい・見事なひまわりを見る事が出来ます。
詳しい場所・イベントの内容などは、
山梨県 北杜市HP「北杜市明野サンフラワーフェス2016」を参照下さい。

北杜市明野サンフラワーフェス2016でご活躍の
上野電子株式会社 代表取締役 上野 政巳様より、「明野サンフラワーフェスで咲くひまわり」と同じひまわりの種を頂きました。
いつも有難う御座います。
貴重なひまわりの種。
わが家の庭に植え、大切に育ててきました。
そして!!8月中旬。
太陽に向かって咲くひまわりの開花です。

明野のひまわりをわが家で
明野のひまわりをわが家で。

このひまわりからたくさんの種をとり、来年は庭+道路沿いの敷地へ!!
更に次の年は、近隣の皆様に種をお分けする。
そして、数年後には「ひまわり」をいっぱいの町にする。
楽しみの計画です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月14日

日本百名山 木曽駒ヶ岳山頂パスタ会(ゴール編)5/5

山梨百名山「山頂パスタ会」として、新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントですが、今回は特別企画の緊急イベント。
日本百名山の木曽駒ヶ岳へ7人で登山です。

千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳
千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳

本日の最終回は「ゴール編」です。
険しい・厳しいコースの後には、美しい景色が広がっています。

極楽平
「極楽平」
納得する地名です。
そこから見る景色は

千畳敷カールを上から望みます
千畳敷カールを上から望みます。
右側にある赤い屋根は、中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ。
美しい・素晴らしい景色に大きな感動です。
この後は、一気に下山です。
20分程で、スタート地点の中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイに到着。

千畳敷カールから見る宝剣岳
千畳敷カールから見る宝剣岳(赤〇印)
あの山頂から下ってきました。

達成感のある山頂パスタ会。
これが登山の楽しみの1つです。
帰り道では、地元の温泉に!!

こぶしの湯
これも楽しみの1つです♪

山頂パスタ会を通じて、自然の素晴らしさ・美しさ・雄大さ。
そして、厳しさを感じます。
環境を大切にの思いが更に強くなります。
これからも、建築を通じて多くの提案を行い続けます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:09 | コメント (4) | トラックバック

2016年8月13日

日本百名山 木曽駒ヶ岳山頂パスタ会(厳しい帰り道編)4/5

山梨百名山「山頂パスタ会」として、新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントですが、今回は特別企画の緊急イベント。
日本百名山の木曽駒ヶ岳へ7人で登山です。

千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳
千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳

本日の第4回は「登山の厳しさを知る帰り道編」
予想より早い時間に山頂についた事もあり、帰り道は宝剣岳へ行くルートを選択です。

木曽駒ヶ岳登山ルート
行きが赤いラインのルート。
帰りが青いラインのルート(中岳巻道)。

中岳巻道
中岳巻道との分岐点。
難所ありの看板文字。
気にもせず進んでいくと!!

宝剣岳
目指す宝剣岳
まさか尾根沿いを進むのでは?の思いが正解です。

断崖絶壁のルート
断崖絶壁のルート。

中岳巻道
断崖絶壁のルート。

90°近い岩山を登る
赤〇の中で両手・両足で登る吉野。
90°近い岩山です。
これが登山!!
高所恐怖症の私が、しっかり確認・体験させて頂きました。
しかし、3点支持やルートの取り方などを指導頂きながらスムーズに制覇です。

明日の最終回は「ゴール編」です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (2) | トラックバック

2016年8月12日

日本百名山 木曽駒ヶ岳山頂パスタ会「山頂パスタ編」3/5

山梨百名山「山頂パスタ会」として、新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントですが、今回は特別企画の緊急イベント。
日本百名山の木曽駒ヶ岳へ7人で登山です。

千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳
千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳

本日の第3回は「山頂パスタ編」です。
山頂パスタ会のメインイベントの1つが、山頂でヘルシーレストラン「ナチュラルグレース」のお店で作るパスタと同じものを山頂で調理して、茹でたてパスタをみんなで頂く。
これが最高に美味しいんです。嬉しんです。楽しいんです。

お湯に塩を入れる
まずはパスタを茹でるお湯を沸かします。
そこに塩を入れ準備完了。

パスタを茹でる
麺(パスタ)を茹でます。

ナチュグレ特製のソースにからめる
ナチュグレ特製のソースにからめる。

ナスと地鶏のボロネーゼ
ナスと地鶏のボロネーゼ 完成です。
標高2956mの日本百名山 木曽駒ヶ岳山頂で頂きます。
その他、それぞれが用意する料理。

エノキのニンニク炒め ホルモン焼き

カップヌードル コーンスープ
左から
・エノキのニンニク炒め
・ホルモン焼き
・カップヌードル
・コーンスープ
それぞれのメンバーも山頂で料理です。

大満足のそれぞれの料理。
有難う御座います。

続きは明日のブログで!!
明日の第4回は「登山の厳しさを知る帰り道編」です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:23 | コメント (2) | トラックバック

2016年8月11日

日本百名山 木曽駒ヶ岳山頂パスタ会(木曽駒ヶ岳登頂編) 2/5

山梨百名山「山頂パスタ会」として、新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントですが、今回は特別企画の緊急イベント。
日本百名山の木曽駒ヶ岳へ7人で登山です。

千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳
千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳

本日の第2回は「木曽駒ヶ岳 登頂編」です。
美しい千畳敷カールのど真ん中にある登山道を進み、下記の赤〇の乗越浄土(のっこしじょうど)を目指します。

千畳敷カール
千畳敷カールを進む7人の山頂パスタ会。
順調に進んでいくと、千畳敷カールの最大の急坂の登り(八丁坂)が現れます 。

千畳敷カール 八丁坂
千畳敷カール 八丁坂から見る「宝剣岳」
帰りのコースになる事を、この場では知りません。

乗越浄土
あっという間に乗越浄土(のっこしじょうど)です。
ここから30分!!

木曽駒ヶ岳
目の前にある山の頂上が木曽駒ヶ岳です。

木曽駒ヶ岳 山頂
標高 2,956mの 木曽駒ヶ岳 山頂。
千畳敷カールから1.5時間程で付いた山頂。
3000m級の日本百名山のお手軽登山です。
そんな甘い考えが、後半に打ち砕かれます。

続きは明日のブログで!!
明日の第3回は「山頂パスタ編」です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (5) | トラックバック

2016年8月10日

日本百名山 木曽駒ヶ岳山頂パスタ会(スタート編)1/5

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース
建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 の合同イベント!!
通常は、山梨百名山「山頂パスタ会」として、新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントですが、今回は特別企画の緊急イベント。
日本百名山の木曽駒ヶ岳へ7人で登山です。

千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳
千畳敷カール 木曽駒ヶ岳 宝剣岳
今回の山頂パスタ会の会場となる木曽駒ヶ岳は、長野県上松町・木曽町・宮田村の境界にそびえる標高2,956mの山で、木曽山脈(中央アルプス)の最高峰であり、「日本百名山・新日本百名山・花の百名山」
そして、今回は特別コースの木曽山脈縦走コースの一部。
駒ヶ岳頂上山荘 ~中岳(2925m)~天狗荘~宝剣岳 (2,931m) も楽しみの1つです。

本日の第1回目は「スタート編」
駒ヶ根にある菅の台バスセンターに車を止めバスに乗り換えです。

菅の台バスセンター
約30分のバスの旅
中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイを目指します。

駒ヶ岳ロープウェイ
満員のロープウェイ。
1回の乗車数は60名です。
7分30秒の空の旅。
一気に標高2500mの雲上の別世界への「千畳敷カール」。

千畳敷カール
広がる千畳敷カールの先に木曽駒ヶ岳 宝剣岳
何て素晴らしい・美しい自然なんだろうと感動しながら出発です。

信州駒ケ岳神社
その前に!!
スタート地点にある信州駒ケ岳神社で御祈願です。

続きは明日のブログで!!
明日の第2回は「木曽駒ヶ岳 登頂編」です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月 9日

花火の観覧・星の観測が出来る家

屋根の上で星の観測・花火の観覧が出来る
そんなたくさんの楽しみがある住宅・家があります。
2003年(平成15年)吉野聡建築設計室の設計監理にてデザインされました、山梨県甲府市 A's House

山梨県甲府市の家
山梨県甲府市の家 A's House

完成写真は、吉野聡建築設計室HP projects(プロジェクト) A's Houseをご確認下さい。

屋上面にあるサイプレス製(豪州ヒノキ)のデッキ
ベンチもあります。

星の観測・花火の観覧席
屋根面にあります「星の観測・花火の観覧席」
(プライバシーより、周辺の街並みは加工済)

星や月などの天体観測
この季節には、各地で行われる花火の特別観覧席に!!
この住宅が建つ場所から、毎年8月下旬に行われる山梨県笛吹市「笛吹市夏祭り石和温泉花火大会」には最高です。
そして冬には、温かいコーヒーとカメラで冬の夜空の撮影会なんて事もOKです。
生活するだけの家ではなく、思いっきり楽しむ「家」
毎日の生活が・仕事が大きく変わります。
楽しい・笑顔が生まれる建築・住まい。
デザインさせて頂きます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (4) | トラックバック

2016年8月 8日

2016年8月 残暑お見舞い申し上げます。

「残暑お見舞い申し上げます。」
厳しい暑さが続いておりますが いかがお過ごしでございましょうか。
日頃はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚くお礼申し上げます。
酷暑の折から くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
平成28年8月

毎年8月中旬。
多くの皆様がお盆休みとなりますが、吉野聡建築設計室は今年もお盆休みは無しです。
いつでもOPENしています。
お盆中も仕事ができる事。
多くの皆様からのご依頼。
本当にありがとう御座います。
この期間に一気に進めます。

そして、多くの皆様がお休みとなるお盆休みを使って
2016年夏休み・お盆休み 建築相談会+見学会を開催しています。
詳しくは、下記のブログをご確認下さい。
2016年8月 2日
2016年8月お盆休み・夏休み 建築・住宅見学会・相談会

夢に向かって進む建築。
常に変化・進化し続ける建築。
多くの皆様に、新しい情報をたくさん知って頂きたい思いがあります。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
山梨県甲府市山梨県甲府市「吉野聡建築設計室」
明るい未来に向かって、大きな夢を持って進みましょう。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月 7日

軽車両の自転車 単独事故でも警察への届出を

軽車両とは、日本の法令の用語で、原動機を持たない車両の総称である。運転にあたり運転免許は不要だが、自動車などと同様の交通規則が定められております。
道路交通法第2条第1項第11号
自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつレールによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む。)であつて、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小児用の車以外のものいう。

ロードバイク(自転車)にての山梨県の有数の観光地をツーリング中。
車道の渋滞を避ける為に、幅員3.56mの歩道面を走行中に単独事故です。
(昨日のブログの「やむを得ない場合」の歩道の走行です)
ロードバイクとウエア―の一部が破損しましたがケガはありません。

カンパニョーロ: BORA ONE
ロードバイクの損傷の一部。
ホイール「カンパニョーロ: BORA ONE」の破損

道路交通法の中で「軽車両」の自転車。
単独事故でも、その場で警察への届け出が必要となります。

道路交通法と自転車
単独事故の現場検証。

健康・運動・体力・環境・エネルギーへの貢献として、普段からよく利用する自転車。
改めて道路交通法を学んで、正しく・快適に・安全に運転です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月 6日

普通自転車は歩道?車道??

自転車は車道 歩道は例外
自転車安全利用五則パンフレット
(赤の四角で囲まれた部分)

平成27年6月1日施行された新たな「道路交通法」
歩道が設けられている道路においては、基本的に車道を通行しなければならないが、法で定められた条件を満たしている場合に限り、歩道を通行することもできる。
更に詳しい情報は「警察庁 自転車は「車のなかま」」のサイトをご確認下さい。
その他、自転車の利用について多くの情報がUPされています。

道路交通法では、自転車は車両であるため歩道が設けられた道路においては、基本的に車道を通らなければなりません。
ただし、次のいずれかに該当する場合には、歩道を通行することもできます。
①「自転車通行可」の道路標識または「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある歩道を通るとき
②運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合
③安全のためやむを得ない場合

③の安全のためやむを得ない場合の例
その「やむを得ない場合」としては、次のようなケースが考えられる。
・路上駐車車両が多く、かつ右側に避けるのが困難な場合。
・自動車の交通量が著しく多く、かつ車道が狭い場合。
・煽り運転、幅寄せなどの危険運転や、理由もなくクラクションを鳴らすなど、自動車を用いた暴行行為を行う者がいる場合。
・幅員3m以上の歩道

山梨県の場合、歩道部分の自転車が許可になっているのは、甲府市の中心部の一部の道路のみです。
その他は、この上部にあげられるやむを得ない場合で走行する事となります。
そしてこの「やむを得ない場合」は、明確な基準がなく判断に難しさがあります。

ロードバイク以外にも、移動の手段として利用する自転車。
その場・その時の判断で安全に走行を基本としていましたが・・。
自転車で車道を走る事で、より危険になるなどの個人的な思いもありますが、
「道路交通法」では、
歩道が設けられている道路においては、基本的に車道を通行しなければならないが基準です。
明日は、幅員3.56mの歩道上で起きたロードバイクの単独事故についてUPします。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (5) | トラックバック

2016年8月 5日

屋根に・敷地に降った雨の排水経路 2/2

平年より7日・去年に比べて18日遅く、平成28年7月28日に梅雨が明けた山梨県甲府市。
山梨県甲府市では、大気の状態が不安定になり、連日雷雨やゲリラ豪雨など短時間に強烈な雨が降っています。
屋根・バルコニー・外廊下など建物に降った雨水。
その排水によって、敷地全体が水浸しになる事もあります。
地盤の緩み・安全の確保などマイナスが起こります。
だからこそ、しっかりとした排水経路を確保する事が大切です。
昨日のブログでは、屋根面に降った雨水が軒樋~縦樋~地中配管まででした。
今日は、その先の経路をUPします。

軒樋・縦樋を流れてくる雨水は、地中内に埋め込まれた配管を流れます。
地中内にある配管は、適所に点検マスを設け点検・メンテナンスも容易にしています。

雨水枡
適所に設ける雨水マス
「雨水」と書かれたマスの蓋を開けて確認。
雨水が地中内の配管を流れ敷地外の側溝へ放流しています。
その他、敷地内の側溝です。

敷地内にある排水溝と接続
敷地内にある排水溝。
排水溝と地中内の配管と接続部分(赤丸部分)。

雨水が流れる排水溝
雨水が流れる敷地内にある排水溝。
屋根面に降った雨水以外に、敷地内の雨水の排水も行っています。
排水溝の放流先も前面道路にある側溝です。

吉野聡建築設計室では、屋根面に降った雨水は敷地内での放流を行わず、排水経路を確保して側溝放流を行います。
このよう事の積み重ねによって、常に安全な状態を保つ事を考えています。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月 4日

屋根に・敷地に降った雨の排水経路 1/2

平年より7日・去年に比べて18日遅く、平成28年7月28日に梅雨が明けた山梨県甲府市。
山梨県甲府市では、大気の状態が不安定になり、連日雷雨やゲリラ豪雨など短時間に強烈な雨が降っています。
屋根・バルコニー・外廊下に降った強烈な雨は、軒樋に集められ、そこから縦樋によって排水されます。
皆様が使用されている建築は、縦樋から先はどのようになっていますか??

一般雨水排水(縦樋)
一般の建築で良く見かける縦樋からの排水経路
縦樋からの雨水は、そのまま敷地内に放流(たれ流し)
この仕様では、雨量によっては敷地が水浸しに・・・。
場合によっては、室内に「浸水」。
なんて事も考えられます。

吉野聡建築設計室の設計監理を行う建築は、違います。
(写真は自社の建築です)

雨水排水計画
縦樋は、地中内に埋め込まれている配管へ。
雨量に関係なく、敷地は良い状態に保つ事ができます。

続きは、明日のブログ。
地中内に埋め込まれた配管から先の経路についてです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (4) | トラックバック

2016年8月 3日

楽しい「建築デザイン」 大切にしております。

山梨県甲府市徳行3-3-25 吉野聡建築設計室。
弊社の設計をコンセプトは。
デザインだけでなく・性能だけでない。
また、環境に配慮した建築だけでなく、ローコストを追及するだけの建築ではなく。
これらが1つになった
「デザイン・高性能・環境・コスト」建築です。

その中で、最もはじめに揚げている「デザイン」
力を注いでいます。

甲府市北口の家 甲府市桜井町の家

笛吹市御坂の家 上野原市の家

吉野聡建築設計室 吉野聡

弊社は、デザインに多くの力を注いでいます。
それには、大切な・重要な意味があります。
それは!!
その建築を、いつまでも・美しく・楽しみながら使い続けて頂きたい。
・美しいものは、感動があります。
・感動があるものは、大切に使い続けます。
・大切に使うから長持ちします。
・長持ちは、環境にもプラスになります。
建築デザインは、地球にとって大きな・大切なエコに繋がります。
「機能美」を持つ建築デザイン。
積極的に・大切にしております。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (2) | トラックバック

2016年8月 2日

2016年8月お盆休み・夏休み 建築・住宅見学会・相談会

2016年8月のお盆休み・夏休み。
多くの方は8月13日(土)~16日(火)まで連休となります。

避暑地への旅行やドライブ・ショピングなど、多くの予定を計画されているのかなと思います。
そんな中、今年の予定の中に「建築・住宅の見学・相談」もご検討頂ければと思います。
連休中の見学・相談
ゆっくり時間をかける事も可能です。

2016年(平成28年)8月のお盆休み・夏休み
吉野聡建築設計室では
「建築・住宅見学会・相談会」を開催致します。
建築(プラン・デザイン・環境・コスト・各種法律・・・)、資金計画・土地などの不明点・疑問点など、何でもご相談下さい。
また、吉野聡建築設計室の自社建築の見学も可能です。
オリジナルの提案やさまざまなデザイン・考え方が確認できる建築。
多くの提案・たくさんの驚きがあります。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
吉野聡建築設計室

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
案内図は、弊社HP contact(連絡先) をご確認下さい。

申し訳ありません。
皆様に1つお願いが御座います。
建築相談・見学して下さる皆様1人1人を大切な時間にしたいと考えていますので、全て予約制にさせて頂きます。
ご希望の方は、下記の電話・メール・FAX、そしてFacebookのメッセージを使ってご連絡頂ければと思います。
お気軽にお問合せ下さい。
吉野聡が、ご案内させて頂きます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2016年8月 1日

「環境経営(CO2)削減の取り組み」

各企業・病院・店舗・飲食店・各団体などの皆様。
建築を通じて「環境経営」への提案を行っています。
環境負荷を減らし持続可能な社会を実現することや、それによって企業の社会的責任を果たすことなど、エネルギー・環境・医療・税金などの各問題をクリアす取組です。
環境経営の取り組みによって、電力料金・水道料金など経費削減となり、社会的信頼が高まる等のメリットもあります。
そんな多くのプラスがある「環境経営」
国・山梨県・甲府市などの公共機関にも提案しています。

建築の高断熱で日本 世界を変える
建築の高断熱で日本 世界を変える

弊社が提案し続けているオリジナルの「断熱」
多くの問題をクリアさせることが出来る。
・地球環境問題(環境省・国土交通省)
・温暖化問題(環境省・国土交通省)
・エネルギー問題(経済産業省・資源エネルギー庁)
・熱帯の発展途上国への提案(外務省・国土交通省)
・ヒートショック・熱中症の健康問題(厚生労働省・財務省)
・空き家問題(財務省・国土交通省)
・教育問題(文部科学省)

これからも、国をはじめ多くの企業への提案を行い続けて行きます。
「断熱」
この無限のパワーを知って+実践していきましょう。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (2) | トラックバック