« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月30日

甲府市 公共建築 設計業務委託の入札

山梨県甲府市にあります吉野聡建築設計室
詳しい案内図は、弊社Webサイト「案内図・連絡」をご確認下さい。

毎年、数多くの公共建築の設計もさせて頂いております。
その1つが「甲府市役所」
いつも有難う御座います。
公共建築の設計を受注する時は「入札」を行います。

山梨県などでは、電子入札と言ってインターネットを接続して自社のPCから入札を行う事ができます。
しかし、甲府市では従来通りに金額を記載した「入札書」を甲府市に提出します。

甲府市役所入札室
入札書を提出する甲府市役所 入札室。

このドキドキ感も良いんです。
いつも!!試験の結果発表を聞く・見るような気持になります。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月29日

公共建築工事標準仕様書  埋戻し及び盛土

公共建築工事標準仕様書(建築工事編)平成 28 年版ノ20ページに書かれている
3.2.3 埋戻し及び盛土
(a) 埋戻しに先立ち,埋戻し部分にある型枠等を取り除く。ただし,型枠を存置する場合は,監督職員と協議する。
(b) 埋戻し及び盛土の材料及び工法は表 3.2.1 により,種別は特記による。
なお,埋戻し及び盛土は,各層 300mm 程度ごとに締め固める。

(b)に記載されている太文字。
 地盤の地耐力が弱く、地盤改良を行う場合、30㎝を超える土の置き換えにはこの太文字の部分が適用になります。
 更に簡単に説明すると
 「埋戻しを行う土や砕石は30㎝毎に締固めを行う。」

1t振動ローラー
地盤の地耐力が弱く、基礎下の土を70cm砕石に置き換え工事を行っています。
その時、砕石は30㎝毎に1t振動ローラーで散水を行いながら締固めを行います。
そして動画を!!


締固めの動画。

基礎も大切。
その下の地盤はもっと大切。
だからこそ、正しく設計・正しく施工です。
「正しい事を正しく」
弊社の思いです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (4) | トラックバック

2016年11月28日

設計・施工における教科書となる公共建築工事標準仕様書

建築設計を行う中で、教科書となる
国土交通省大臣官房官庁営繕部
「公共建築工事標準仕様書(建築工事編)平成 28 年版」

公共建築工事標準仕様書(建築工事編)平成 28 年版
A4版314ページからなる公共建築工事標準仕様書(建築工事編)

この標準仕様書は、国土交通省官庁営繕部及び地方整備局等営繕部が官庁施設の営繕を
実施するための基準として制定したものです。また、この標準仕様書は、官庁営繕関係基準類等の統一化に関する関係省庁連絡会議の決定に基づく統一基準です。
山梨県や甲府市などの公共建築の設計もこの標準仕様書がもとになります。

1章 一般共通事項
2章 仮設工事
3章 土工事
4章 地業工事
5章 鉄筋工事
6章 コンクリート工事
7章 鉄骨工事
8章 コンクリートブロック・ALCパネル・押出成形セメント板工事
9章 防水工事
10 章 石工事
11 章 タイル工事
12 章 木工事
13 章 屋根及びとい工事
14 章 金属工事
15 章 左官工事
16 章 建具工事
17 章 カーテンウォール工事
18 章 塗装工事
19 章 内装工事
20 章 ユニット及びその他の工事
21 章 排水工事
22 章 舗装工事
23 章 植栽及び屋上緑化工事
に分かれ、それぞれに詳細な基準・規則における設計・施工方法が記載されています。

建築物の設計図面の中には、必ず建築工事特記仕様書という図面があります。
これ以外にも電気設備・機械設備工事編があります。
弊社の特記仕様書は、国土交通省大臣官房官庁営繕部「公共建築工事標準仕様書(建築工事編)」が基準になっています。

「正しい事を正しく」
基準となるものも正しく使用しています。

明日のブログは、この標準仕様書の3.2.3 「埋戻し及び盛土」についてUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (2) | トラックバック

2016年11月27日

甲州百目柿の「ずくし」

山梨県甲斐市にあります「米山おとなこども歯科クリニック

米山おとなこども歯科クリニック

平成28年4月の中旬に、米山おとなこども歯科クリニック 院長の米山先生より、増築工事における設計相談がありました。
現場監理状況は、吉野聡建築設計室HP 工事監理の進行状況 
山梨県甲斐市 米山おとなこども歯科クリニック 増築工事 をご確認下さい。

11月上旬。基礎の配筋検査に訪れた時にです。
米山先生のご両親が下さった甲州百目柿の完熟品「ずくし」です。
有難う御座います。
柿の木になったまま完全に熟している為に、ギュッと握るとつぶれてしまうんです。

甲州百目柿の「ずくし」
甲州百目柿の「ずくし」
冷蔵庫で一晩冷やしたとろっとろのずくし。
スプーンですくって頂いています。
見事な美味しさに感動です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:17 | コメント (5) | トラックバック

2016年11月26日

朝のスタート時間 吉野聡建築設計室のブログで確認

山梨県甲府市にある吉野聡建築設計室 吉野聡。
1年365日 年中無休でAM2:50~AM3:20までに起床します。

それは、2008年1月にスタートした弊社のWebサイトの開設に伴い、早起きが始まっています。
それから8年11ヶ月。
大きな目標に向かって、毎日続けています。
早起きした時間を使って
①弊社のWebサイト・ブログ・Facebookの更新。
②TEL・FAX・メールも無い時間にさまざまな検討・計画・管理の時間に。
③建築CADを使って描く設計図や申請書・検討書・報告書などの書類の作成の時間に。
④ランニングやロードバイクのトレーニングの時間に。
大切な時間としています。

多くの皆様に「何時に起きるの??」
なんて質問を頂きます。
日々のスタートをする時間を、毎日更新する弊社のブログで確認する事ができます。
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ

毎日のブログの最後に更新時間がUPされています。

AM3:26にUPするブログ
AM3:26にUPするブログ

AM3:01にUPするブログ
AM3:01にUPするブログ

AM2:50~AM3:20の起床する時間によって変わるブログの更新時間。
何時にUPされているか。
この部分にもチェックを宜しくお願い致します。
本日はAM2:53に起床して、ブログUPはAM3:01です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:01 | コメント (1) | トラックバック

2016年11月25日

2016年(平成28年) クリスマスまであと1ケ月

今日は、2016年11月25日(金) 
平成28年の12月24日のクリスマスイブ、25日のクリスマスまで1ヶ月
街中は、温かな・素敵なクリスマスになるようキラキラ輝き始めています。

クリスマスまで1ヶ月
クリスマスまで1ヶ月
この季節の楽しみの1つです。
そんな事を考えていると寒さを忘れてしまいます。


桑田佳祐 - 白い恋人達

2016年(平成28年)のクリスマス。
皆様にとって心温まる素敵なクリスマスになりますように。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月24日

コンクリート・セメント・モルタルの違い。

建築の材料の「コンクリート」・「セメント」・「モルタル」。
よく似たこの3者。
何がどのように違うのか、しっかりご説明させて頂きます。

①「セメント」
一般にはモルタルやコンクリートをつくるための結合材で,粘土を含有する石灰石や石膏を焼いて粉末としたもの。
水を加えて練れば化学反応によって固化します。

セメント

②「モルタル」
砂(細骨材)とセメントと水とを練り混ぜて作る建築材料。

kabemorutarsitaji.jpg
壁下地の金網とモルタル塗

②「コンクリート」
セメントに砂と砂利と水を混ぜ硬化させたものです。
コンクリートは、モルタルに比べて強度が高いため、土木・建築に幅広く使用される建築資材です。
コンクリートの弱点である引張力を鉄筋で補った「鉄筋コンクリート(RC)」は、建築・土木などで多く使用されています。

基礎コンクリート
コンクリートの内部に鉄筋を配筋した木造住宅建築の基礎コンクリート。

よく似た「コンクリート・セメント・モルタル」。
はっきりとした違いがあります。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:09 | コメント (4) | トラックバック

2016年11月23日

紅葉の瑞牆山登山と奥藤川田アニキの蕎麦会4/4(瑞牆山 下山編)

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース
建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 の合同イベント!!
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントです。
2016年11月2日(水)
今回は山頂パスタからの特別企画
「紅葉の瑞牆山登山と奥藤アニキの蕎麦会」
日本百名山の瑞牆山の登り、奥藤川田第二分店の茹でたて蕎麦・作り立ての鳥もつ煮を頂く企画です。

今日の最終回は「瑞牆山 下山編」です。

参加者全員で日本百名山の瑞牆山への登頂。
そして、奥藤川田の新蕎麦+鳥もつ煮。
ココロもお腹も満たしたところで下山です。
約1時間程で、出発地点の駐車場に到着。
そこで、みんなの無事を最終確認です。

瑞牆山 下山完了
全員が安全に・楽しく下山できた事。
参加者の皆様のご協力のおかげです。
本当に・本当に有難う御座います。

最後は、第52回全国植樹祭が行なわれた瑞牆の森で参加者全員で記念写真。
「ハイチーズ!!」

第52回全国植樹祭 瑞垣の森
紅葉が美しい瑞牆の森での記念写真。

たくさんの美味しさ・嬉しさ・楽しさ・驚き・感動がある山頂パスタ会。
誰もが参加できるスペシャルなBIGイベントです。
次回は、春の新緑の季節に開催致します。
1人でも多くの皆様に、この感動を感じて頂きたい思いです。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:23 | コメント (4) | トラックバック

2016年11月22日

紅葉の瑞牆山登山と奥藤川田アニキの蕎麦会3/4(瑞牆山 蕎麦編)

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース
建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 の合同イベント!!
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントです。
2016年11月2日(水)
今回は山頂パスタからの特別企画
「紅葉の瑞牆山登山と奥藤アニキの蕎麦会」
日本百名山の瑞牆山の登り、奥藤川田第二分店の茹でたて蕎麦・作り立ての鳥もつ煮を頂く企画です。

今日の第3回は「瑞牆山 蕎麦編」です。
いつもの山頂パスタ会は、山梨百名山の頂上で茹でたてパスタを作ります・頂きますが、今回の山頂蕎麦会は、蕎麦以外に鳥もつ煮・豚汁・ボイルソーセージです。
となると、瑞牆山の山頂には、平坦な所がなく不安定な為に、標高の低い不動滝で蕎麦会を開催です。

まずは、奥藤川田のホンモノの鳥もつ煮です。

鳥もつ煮を調理

奥藤川田の鳥もつ煮
奥藤川田のアニキ事(名取信造様)の鳥もつ煮。

次はメインの奥藤川田の日本蕎麦。

山頂蕎麦会
瑞牆山 不動滝で蕎麦を茹でる。
その他、トン汁とソーセージはお湯で温めて完成です。

鳥もつ煮
奥藤川田の鳥もつ煮
ホンモノの美味しさです。

奥藤川田の新蕎麦
30人前の奥藤川田 茹でたての新蕎麦。

参加者全員で頂きます。
日本百名山の瑞牆山で蕎麦会のパーティーです。
美味しい・楽しい・嬉しい時間!!
この素晴らしい時間を体験できるのは、この山頂パスタ会(今回は山頂蕎麦会)だけです。
みんなが笑顔になる山梨百名山 山頂パスタ会。
大人気の秘密の1つです。

続きは明日のブログ。
明日の最終回は「瑞牆山下山編」をUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:16 | コメント (4) | トラックバック

2016年11月21日

紅葉の瑞牆山登山と奥藤川田アニキの蕎麦会2/4(瑞牆山山頂編)

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース
建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 の合同イベント!!
初心者でも楽しめる日帰り登山。
そして、頂上でナチュラルグレースの茹でたてパスタをみんな頂く。
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントです。
2016年11月2日(水)
今回は山頂パスタからの特別企画
「紅葉の瑞牆山登山と奥藤アニキの蕎麦会」
日本百名山の瑞牆山の登り、奥藤川田第二分店の茹でたて蕎麦・作り立ての鳥もつ煮を頂く企画です。
今日の第2回は「瑞牆山山頂編」です。

紅葉あり・川(不動沢)・不動滝・岩がある変化にとんだ登山コース。
ゆっくり歩いて3時間程で山頂です。

瑞牆山山頂
日本百名山の瑞牆山山頂
みんなで記念写真です。
そしてカメラマンの私も!!

標高2,230mの瑞牆山
標高2,230mの瑞牆山で一枚。
瑞牆山は2回目の登山となります。
曇りで山頂からの景色が見えなく残念でしたが、この山頂の高さはいつ来ても「ぞっと」します。
ちなみに晴れていれば!!

秋の紅葉 瑞牆山山頂からの景色
秋の紅葉 瑞牆山山頂からの景色(yahoo画像より)

続きは明日のブログ。
明日の第3回目は「瑞牆山蕎麦会編」をUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:23 | コメント (5) | トラックバック

2016年11月20日

紅葉の瑞牆山登山と奥藤川田アニキの蕎麦会1/4(スタート編)

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース
建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 の合同イベント!!
初心者でも楽しめる日帰り登山。
そして、頂上でナチュラルグレースの茹でたてパスタをみんな頂く。
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントです。
2016年11月2日(水)
今回は山頂パスタからの特別企画
「紅葉の瑞牆山登山と奥藤アニキの蕎麦会」
日本百名山の瑞牆山の登り、奥藤川田第二分店の茹でたて蕎麦・作り立ての鳥もつ煮を頂く企画です。

瑞牆山(みずがきやま)は山梨県北杜市にある標高2,230mの山で、奥秩父の山域の主脈の一つ。旧須玉町域の最北部にあたる。日本百名山のひとつです。(Wikipedia)

瑞牆山
(yahoo画像より)

瑞牆山への登山は瑞牆山荘前から登るのが一般的ですが、今回は第52回全国植樹祭が行なわれた瑞牆の森を通り過ぎた場所から登る「不動沢コース」です。
ゆっくり歩いて登り4時間。
下り2時間の初・中級コースです。

瑞牆山 不動沢コース
(100%山登り入門より)
赤ライン 瑞垣山荘からの登山コース
黄ライン 今回登った不動沢コース

瑞牆山蕎麦会 スタートです
出発前の集合写真。
楽しみながら・安全に山頂を目指します!!

紅葉の瑞牆山
一部紅葉が残っている中の瑞牆山。
快適にスタートです。

大鍋を担ぐ
ナチュラルグレース オーナー三村さん。
山頂パスタと同じ、蕎麦を茹でる大鍋を担いで登山です。

定期的に休憩も
定期的に休憩もとりながら。
飲んだり・食べたり・話をしたり!!
これも楽しみの時間です。

続きは明日のブログ。
明日の第2回目は「瑞牆山山頂編」をUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (2) | トラックバック

2016年11月19日

建築物省エネ法(エネルギーの使用の合理化等に関する法律)講習会

社会経済情勢の変化に伴い建築物におけるエネルギーの消費量が著しく増加していることに鑑み、建築物のエネルギー消費性能の向上を図るため、住宅以外の一定規模以上の建築物のエネルギー消費性能基準への適合義務の創設等の措置を講ずる「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(建築物省エネ法)が平成27年7月8日に公布されました。 公布後2年以内(平成29年4月を予定)の施行となっています。

建築物省エネ法

「エネルギーの使用の合理化に関する法律(以下「法」という。)第75条及び第75条の2に基づき、一定規模以上の建築物の新築、増築、改築、修繕等を行う場合に、省エネルギー措置の所管行政庁への届出が義務付けられています。

【届出対象】
床面積の合計が300m2以上の建築物のうち、
第一種特定建築物・・・床面積の合計が2000m2以上の建築物
第二種特定建築物・・・それ以外の建築物(床面積の合計が300m2以上2000m2未満)
と区分して規定しており、建築物の用途や規模により、届出対象行為、届出内容、判断基準、担保措置、定期報告内容等が定められています。

【省エネ措置が著しく不十分であるときの措置】
所管行政庁が内容を確認し、省エネ措置が判断基準に照らして著しく不十分である場合には、省エネ措置の変更等の指示を行うことができます。

【届出事項】
省エネルギー措置に関する届出に求められる事項の概要は以下のとおりです。
建築物の躯体等の断熱措置
建築物に設ける空気調和設備等に対するエネルギーの効率的利用のための措置

【定期報告】
届出を行った場合には、その後3年ごとに維持保全の状況を所管行政庁に報告する必要があります(第二種特定建築物にあってはエネルギーの効率的利用のための措置に係るものに限り、住宅である場合は報告を要しない。)

省エネ方の概要
省エネ法 設計者技術テキスト

講習会の時間で理解する。
そして、何がどこに書いてあるかを確認しやすいようにインデックスを貼る。
5時間の講習。
休み時間以外は、フル回転で話を聞きます・理解します。

建築物省エネ法。
弊社が2008年より唱え続けている「建築の断熱化」のスタートとなる取り組み。
進んで実践して行きます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月18日

たくさんの条件を満たした、たった1つの建築を設計

日本は、東アジアの東方(ヨーロッパを中心に見ると極東と呼ばれることもある)
世界の中の小さな日本。
日本は周囲を海に囲まれた島国であることから、海上交易・漁業ともに盛んな海洋国家です。
世界地図

内海を含む領海、排他的経済水域などの水域面積は約447万km²であり、これは国土面積の11.7倍にあたります。

世界の国々の人口密度から見ていくと(2015年)
世界の国々の人口密度
・日本は、国土面積は38万km²(世界60位)、人口は1億2693万人(11位)
 人口密度は336人/km²
・ロシアは、国土面積は1708万km²(世界1位)、人口は1億4600万人(9位)
 人口密度は8.56人/km²
 日本とロシアを比較すると39.3倍の違いがあります。

そんな小さい国の中に多くの人が生活している日本。
小さい敷地の中に多くの提案が注ぎ込まれる建築が必要になります。
同じ条件の敷地は2つとありません。
それぞれ違った条件の中で、Only oneの建築が求めらています。
また、周辺環境やその建築を使用する人の考えの違いなど、多くの条件があります。

吉野聡建築設計室が設計する建築は、
「建築が人に合わせる」
デザイン・機能面・性能だけでなく、どんな時間を過ごすのか。
決まった形や基本となるものなどありません。
建築は0からスタートします。
それぞれの違った条件の中で最高の建築にする為に、さまざまな提案を行なっています。
それが「ヨシノデザイン」の建築です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:42 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月17日

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 パート・アルバイトを募集

山梨県甲府市にあります吉野聡建築設計室

山梨県 甲府市 吉野聡建築設計室

詳しい情報は
Webサイト 山梨県甲府市にある建築設計事務所、吉野聡建築設計室
blog     山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ
Facebookページ 吉野聡建築設計室
をご確認下さい。

・住宅、店舗、飲食店、事務所、倉庫、アパート、マンション、各種病院・歯科医院・公共建築などの建築設計・現場工事監理
・耐震診断、耐震補強設計
・建築確認申請、特殊建築物定期報告書・外壁タイル調査など各種申請業務
・各種建築に関する建物計画・資金計画・各種補助金申請などのコンサルタントを行っています。
・Webコンサルタント

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
「パート・アルバイトを募集させて頂きます」

<仕事内容>
建築設計(実務経験者)・建築営業
<条件>
・建築CAD(JWW-CAD・DRA-CADのどちらか使える方)
・Word、Excelが使える方

<その他>
・時給、休日、就業時間などは相談。
・年齢、性別は問いません。
・条件によっては、フレックスタイムや自宅勤務も可能。

まずは、下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
吉野聡建築設計室 吉野聡が担当致します。
多くの皆様からの問合せ。
宜しくお願い致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail     yao@ruby.plala.or.jp
HP      http://sekkei-y.com
facebook   http://www.facebook.com/sy.sekkei
       https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:09 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月16日

耐震診断 詳細な現場調査3/3(圧縮強度試験編)

鉄筋コンクリート造の建物の耐震診断・耐力度調査を行う時に、その建物からコンクリートのコアを採取します。
詳しくは、下記のブログをご確認下さい。
(動画付きのブログです)
2012年5月31日
耐震診断 コンクリートコア抜きの動画

圧縮強度試験を行う事で、その建物のコンクリートの状態を確認します。
コンクリートは、圧縮方向の力に強い反面、引張方向には弱いので、鉄筋コンクリート構造では、圧縮力に主として抵抗するように設計されています。
圧縮強度は、コンクリートにとって基本的+重要な力学的特性値です。

耐震診断を行う建物から採取したコンクリートコアは、山梨県コンクリート技術センターで圧縮強度試験を行います。

国土交通省や経済産業省、山梨県といった公的機関に代わって品質検査を行う機関です。
コンクリートの圧縮強度は、鉄筋コンクリート造建築物の耐震性能を推定する上での重要な要因であるので慎重な調査を行って確認します。
耐震診断のコンクリートの圧縮強度試験は
調査を行うRC造(鉄筋コンクリート造)の建築からコンクリートコアを採取、そしてコアの圧縮試験を行う事により調査建物の強度・耐久性を確認することができます。
試験方法の詳しい内容は「コンクリートの圧縮強度試験方法」を参照下さい。

アムスラー型圧縮強度試験
山梨県コンクリート技術センターにあります
「アムスラー型圧縮強度試験」

圧縮荷重が加わるコンクリートコア
圧縮荷重が加わるコンクリートコア

このような調査・試験を行い、実際に建っている建物から多くのデータを採取し、耐震診断や耐力度調査(構造計算)を行います。
「建築基準法 第1条」
この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。
この条文にも繋がる耐震診断
まずは、今ある建物の状態を確認する事です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:01 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月15日

耐震診断 詳細な現場調査2/3(コンクリート中性化試験編)

鉄筋コンクリート造の建築の耐震診断・耐力度調査を行う前に、診断する建築の調査を行います。
数ある調査の1つに「コンクリート中性化試験」と言う調査(試験)があります。
コンクリート中性化についての詳しい情報は、下記のブログをご確認下さい。
2012年6月 1日
耐震診断 コンクリートコア中性化試験1/2 
2012年6月 2日
耐震診断 コンクリートコア中性化試験2/2

中性化試験を行う時には、フェノールフタレイン溶液を用いります。

フェノールフタレイン溶液
フェノールフタレイン溶液(500ml ¥3,800-)
アルカリ検出の指示薬です。
無色透明の液だがアルカリ性の水溶液に入れると色が赤紫色(濃い桃色)に変化します。
pH8以上で色が変わり、pHが高くなるにつれ、色が濃くなります。

「コンクリートの中性化」とは
二酸化炭素によって生じる、鉄筋コンクリートの劣化のひとつです。

硬化したコンクリートは、セメントの水和作用により生成された水和物のひとつである水酸化カルシウムの化学的影響により強アルカリ性を示しています。しかし、水酸化カルシウムは空気中の二酸化炭素と反応して炭酸化され、コンクリートは表面から徐々に中性化していくこととなります。
コンクリートは強アルカリ性ですから、正常なコンクリート中の鋼材は、表面に不動態皮膜(鋼材表面に形成されている鉄の水酸化物(Fe(OH)2) )という安定した保護膜が形成されているので、長い年月を経ても腐食しません。しかし、鋼材周囲のコンクリートが中性化し、鋼材表面に水分の供給があり、酸素や二酸化炭素の作用を受けると、やがて鋼材は腐食を始めます。

中性化はコンクリート表面より進行し、鉄筋などの鋼材位置に達すると、不動体被膜を破壊します。これにより鋼材を腐食させ、腐食生成物の堆積膨張により、コンクリートのひび割れ・剥離を引き起こし、耐荷力など構造物の性能低下を生じさせます。また、ひび割れが発生したコンクリートはさらにCO2の侵入を促すため、中性化によるコンクリート構造物の劣化、雨水等の浸入による鉄筋の腐食を加速させることが知られています。
中性化してもコンクリート自体の強度が低下するわけではないので、無筋コンクリートの場合は問題になりません。

コンクリート中性化試験
試験結果を記載した看板と共に写真撮影です。

明日は、コンクリートコアの試験のもう1つ「圧縮強度試験」についてUPします。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月14日

耐震診断 詳細な現場調査1/3 (調査内容編)

建築の耐震診断では、荷重計算や耐震診断計算を行うほかに、診断を行う建築の調査を行います。
調査内容は
①設計図面(構造図共)と調査を行う建物との整合性の確認・実測
②用途変更・増改築・被災状況等のヒアリング
③ひび割れ(クラック)や雨漏れの確認
④建物内部・外部の不同沈下(レベルの測量)
⑤柱の傾きの測量
⑥建築設備の設置状況
⑦コンクリートの圧縮強度、中性化試験

⑦の試験を行う為には、実際の建築からコンクリートコアを採取します。
採取の手順は
1.コア採取において、コンクリート内部に配筋されている鉄筋を切断しないよ、鉄筋の位置を確認します。

鉄筋探査機
コンクリート内にある鉄筋位置が確認できる「鉄筋探査機」
写真の赤い線上に配筋されている事が分かります。


2.鉄筋を切断しないよう、鉄筋と鉄筋の中間部にポイントを置きコアを抜きます。

コンクリートコア抜き
コンクリートコア抜きの機械を使いコアの採取
採取するコアは、下記の規定があります。(JIS A 1107)
径 :粗骨材最大寸法の3倍以上,鉄筋ピッチ以下
長さ:径の1倍以上

採取したコンクリートコア
耐震診断を行う建築から採取したコンクリートコアと採取した後の鉄筋コンクリートの壁。(この部分は無収縮モルタル+仕上にて補修致します)

採取したコンクリートコアで中性化試験・圧縮強度試験を行います。
明日は、中性化試験についてのブログをUPします。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:11 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月13日

既存住宅現況検査技術者 ホームインスペクション 2/2

中古住宅契約時、住宅診断の確認義務化
宅地建物取引業法では、不動産仲介業者は中古住宅の売買契約を結ぶ際、その契約確認事項に、住宅診断を行うか否かの項目を掲載することを義務付けるといった内容が盛り込まれました。
これは、中古住宅を購入する際にボトルネックとなっていた、物件情報の不透明性を解消し、消費者に安心して中古住宅を購入してもらうためといえます。

そして最大の魅力は、既存住宅現況検査員のイスペクションを行う事で、中古住宅でも「瑕疵保険の加入」が出来る事です。
中古住宅をリフォームしてマイホームにする、という方が増えてきている一方、その住宅取得時の瑕疵(欠陥)リスクについては従来買主が負うという状況でしたが、リスクを軽減すべく、「インスペクション(事前検査)」と「瑕疵保険」がセットになった対応。
皆様が安心する制度です。

平成28年10月5日(水)
・国土交通省大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人 ㈱住宅あんしん保証
・㈱家守りホールディングス
主催の既存住宅現況検査技術者 ホームインスペクションの運用の講習に参加です。

住宅瑕疵担保責任保険の現場検査マニュアル
住宅瑕疵担保責任保険の現場検査マニュアル
今までの宅地建物取引業法の改正の内容から、実際の運用としてどうするのか。
建築は、様々な関係法が関係してきます。
土地に関係する宅地建物取引業法もその1つです。
この分野でも、事前の準備・対応・継続です。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (2) | トラックバック

2016年11月12日

既存住宅現況検査技術者 ホームインスペクション 1/2

国土交通省は、中古住宅の売買契約時に
「住宅診断の確認を不動産仲介業者に義務付ける」
という内容を盛り込んだ宅地 建物取引業の改正があり、2018年の施行から2年を持って本格運用を目指しています。

インスペクションの動き
2016年の現在。
インスペクションを行う既存住宅現況検査技術者の養成。
そして、実際に運用を行う為の講習会などの取組を行っています。

中古住宅契約時、住宅診断の確認義務化
宅地建物取引業法では、不動産仲介業者は中古住宅の売買契約を結ぶ際、その契約確認事項に、住宅診断を行うか否かの項目を掲載することを義務付けるといった内容が盛り込まれました。
これは、中古住宅を購入する際にボトルネックとなっていた、物件情報の不透明性を解消し、消費者に安心して中古住宅を購入してもらうためといえます。
質が担保された中古住宅が増えることで住宅価値が上がり、消費者は選択の幅を広げることが出来ます。
その結果、若年層がマイホームを取得しやすくなったり、リフォーム市場の活性化に繋がるという期待もあります。
マイホーム取得時にはこれまで新築が当然のように選ばれていましたが、中古住宅購入前に住宅診断を行うことで、物件情報の透明性を高め、新築より もお得にマイホームを取得することが可能になります。

住宅診断(ホームインスペクション)とは?
ホームインスペクションとは、住宅の専門家が第三者の立場で客観的に住宅の状態を評価するサービスです。
基本的に目視調査(国土交通省による「既存住宅インスペクション・ガイドライン」では、一次的なインスペクションと位置付けられています)を基本 としており、私たち人間の体で言うと、健康診断にあたります。
ホームインスペクションにより調査対象物件に何らかの不具合や劣化症状等が発見された場合には、修繕や補修のため、更に詳細の検査を受ける必要が あり、これは「二次的インスペクション」と位置付けられています。
二次的インスペクションは、破壊調査を伴う耐震診断等が当てはまります。
つまりホームインスペクションとは、目視・触診による非破壊調査により不具合・劣化症状の有無といった、対象物件の現状を正しく知ることを目的と しております。
(日本住宅工事管理協会HPより)

中古住宅を購入する前に、どんな状態の住宅なのかを把握できるこの制度。
2018年の施行と言わず、今年からでもスタートできるように運用面の講習会への参加など多くの準備を行っています。

中古の建物を販売される不動産業者の皆様。
中古の建物を購入される皆様。
売買の前には「インスペクションとは=建物診断・検査」です。
明日は、実際の運用面の講習についてのブログをUP致します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:00 | コメント (1) | トラックバック

2016年11月11日

建築設計は、多くの打合せが必要になります。

建築設計には、様々な希望・条件が複雑に絡み合ってきます。
その希望や条件などは、その建築・建築主によってさまざまです。
だからこそ、多くの話し合いを行い・検討して1つ正解を導き出します。

山梨県庁 北別館の3階にあります営繕課。
毎年、山梨県の公共建築の設計を行い続けている事もあり、頻繁に訪問しています。
それは、担当者との打合せです。
詳細な部分まで、時間をかけた打合せを行います。
今回の打合せは、全体構想の基本設計をまとめた提案書の提出です。

基本設計の提出
膨大な資料となる基本計画書。
発注者側である山梨県の確認・チェックが行なわれます。
そして後日に返答を頂き、この基本計画を基に実施設計へと進んでゆきます。

建築設計の中で、最も大切な1つの「設計打合」
「伝えるから伝わる。そして、聞くから理解する。」
この思いを持って「設計打合」を行います。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (4) | トラックバック

2016年11月10日

高断熱建築・無暖房建築が大切な理由

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室では、2005年(平成17年)3月より高断熱建築・無暖房建築の提案を行い続けています。
なぜそのような建築が必要なのか??
その理由をお話致します。

高断熱建築には、建物のデザイン・プランから使用する建材や断熱材、断熱施工方法などで断熱性を高め、省エネルギー効果と快適性を両立させ、さらに壁体内結露などの内部結露を防ぐ、耐久性に優れた住宅です。
・省エネルギ-に効果
・健康に良い。ヒ-トショックやコ-ルドドラフトが起きにくい
Wikipedia ヒートショック現象
Wikipediaコールドドラフト
・カビやダニが発生しにくい+花粉、じん埃が侵入しにくい
 (アレルギーに効果)
・防音効果が高い
・毎月の生活費が安い
・医療費などの税金にも大きなプラス
・一年中、生活が楽
簡単に言うと
快適過ぎる「全てに優しさ・思いやり・楽しさが生まれる建築」です。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
もちろん弊社の建築もオリジナル仕様の高断熱建築です。

そして、高断熱建築の究極が「無暖房建築」です。
詳しくは、2012年10月11日
吉野聡建築設計室が提案する「高断熱建築」をご確認下さい。
2005年(平成17年)3月 環境先進国のドイツで出会った無暖房建築
衝撃的な出会い。
それから、唱え続けています。

弊社では、これら高断熱建築・無暖房建築とデザインが1つになった建築を提案。
それは、健康で快適に。
厳しい季節でも、毎日の生活が楽なんです。
たくさんの楽しみが継続する建築です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:20 | コメント (4) | トラックバック

2016年11月 9日

屋根・天井裏のトリプル断熱。

地球の環境問題やエネルギー問題で早急に求められる「省エネ
また、夏・冬の電気料金・燃料費などの高騰や機器設備のメンテナンス。
そのような多くの問題をクリアしながら、誰でも健康で楽しくより快適に過ごす事が出来る建築。
それが弊社が提案する「高断熱建築」です。
快適な環境をつくる為に、いろんな設備機器やシステムがありますが
夏の暑さ+冬の寒さにおいて
「断熱の追及に勝るものはない」
断言します。

そんな仕様で作られいている木造の住宅建築があります。
それは、山梨県韮崎市にありますSK-House
完成写真は、吉野聡建築設計室Webサイト 設計・デザイン 建築実績
山梨県韮崎市 SK-House 新築工事をご確認下さい。

山梨県韮崎市のSK-House
2階の屋根の断熱は、トリプル断熱仕様です。

屋根の外張断熱
①屋根の外張断熱
 屋根材(ガルバリウム鋼板)の真下に断熱材を設けています。

屋根裏+天井裏断熱
②屋根裏断熱(現場発泡ウレタン吹付断熱)
③天井裏断熱(グラスウール16K厚さ100㎜)

その他、壁・基礎も現場発泡ウレタン吹付断熱で隙間なく断熱も。
環境が厳しくなればなればなるほど強い弊社の建築。
それは、これからの建築となる「無暖房建築」を目指しているからです。
建築の高断熱・無暖房建築については、下記のリンクをご確認下さい。
・2013年8月20日 
建築の高断熱は多くの問題をクリアさせます 1/3
・2013年8月21日
 建築の高断熱は多くの問題をクリアさせます 2/3
・2013年8月22日
 建築の高断熱は多くの問題をクリアさせます 3/3

なぜ「高断熱建築・無暖房建築」なのか??
明日のブログは、その理由をUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:19 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月 8日

「ヒートショック」にも強い吉野デザインの建築2/2

ヒートショックが原因で亡くなる方は、年間1万人以上いると言われています。

ヒートショック死亡者数
ヒートショックが原因で亡くなる方は年間1万人以上。
これは、交通事故で亡くなる人よりもはるかに多い数字となっています。

本格的な冬到来、「ヒートショック」に注意を。
急激な温度変化で脳卒中や心筋梗塞を起こしたりする「ヒートショック」
寒い時期に高齢者が暖かい居間から冷えた風呂場へ移動したり、急に熱い湯につかって症状が出るケースが多くなります。
厳しい冷え込みとなった日本。
冷え込みが予想される本格的な冬の到来に向け注意が必要です。

それは、日本の建築の考え方に原因があります。
日本の住宅建築は、個々の部屋で暖房を行う「個別暖房」を行なっている為
温かい部屋から、暖房されていない寒い廊下や他の部屋に行く時、急激な温度変化があります。
そんな時、寒さに「ゾクッ」っと震えることがあります。
これが良くないんです。
その他、温かい浴室と寒い洗面脱衣。
この温度差にも注意です。

吉野聡建築設計室が設計監理を行う住宅建築は、部屋単位では無く、建物を1つとして全体で考える「全体暖房」を行っています。
「全体暖房」は、平面プラン(間取り)、内部空気の循環、断熱・気密性能、開口部の仕様・位置・大きさ・暖房方式・設置位置など多くの検討が必要です。
このような多くの配慮を行った建築は、建物全体が温かくなります。
建物内のどこへ行っても同じ温かさがあります。

「でも・・・使用していない廊下や部屋を暖房すると無駄だ!!」
なんて事も言われることがあるんです。
それは逆の考えです。
建物全体で温かくすると、コスト面でもプラスに!!
その理由は、周囲の環境に影響されにくい建築となるからです。
簡単にお話すると、建物全体が温かくなってますので空気が冷えないんです。
ですので、快適な環境が持続します
持続すると言う事は、弱い暖房(エネルギー)で温かさが持続するんです。
だからコスト面で有利になるんです。

吉野聡建築設計室が設計を行っています「全体暖房」を考えた建築は「環境に・財布に・健康に」安心です。
もちろん、弊社の建築も「全体暖房」の建築です。
だから、私(吉野聡)が厳しい寒い冬でも「早起き」が可能なんです。
毎朝、楽に・快適にAM3:20までに起床です。

夜明け前の吉野聡建築設計室
夜明け前の吉野聡建築設計室

寒く・厳しい冬の内陸型盆地気候の山梨県甲府市。
12月・1月・2月の最低平均気温は氷点下になります。
そんな中でも快適+安心して早起きができる建築。
他には無い、オリジナルの提案が詰まった「Yoshino Design」
全てを楽にしてくれます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (4) | トラックバック

2016年11月 7日

「ヒートショック」にも強い吉野デザインの建築1/2

ヒートショックが原因で亡くなる方は、年間1万人以上いる
と言われています。
これは!!
「交通事故死よりも多い」
若年層も注意が必要です。

Webサイト・TV・新聞・雑誌などで耳にする・目にする
「ヒートショック」
どんな事なんだろう??
ヒートショックというのは、急な温度の変化により起こる体調不良のこと。人間の体は温度の変化に合わせて体温を調節するために、血管を縮めたり、広げたりして血圧や脈拍を変化させますが、それがあまりに急激だと体がついていけません。
例えば冬に暖房の効いた部屋から移動して、寒い浴室で裸になることで血圧が急激に上がり、上がった血圧が湯船につかることで急激に下がる・・・といった時にヒートショックは起こりやすいんです。特に高血圧の高齢者などの場合、心筋梗塞や脳梗塞につながることも多いですね。入浴中に急死する人の数はなんと交通事故死より多く、年間1万人を超えるといわれているんですよ」(WebR25抜粋)

温度差が危険
・温度差がある部屋から部屋の移動。

浴室への移動
・冬の脱衣室から浴室(yahoo画像より)

トイレの移動
・就寝中の部屋からトイレの移動(yahoo画像より)

本格的な冬到来、「ヒートショック」に注意を。
急激な温度変化で脳卒中や心筋梗塞を起こしたりする「ヒートショック」
寒い時期に高齢者が暖かい居間から冷えた風呂場へ移動したり、急に熱い湯につかって症状が出るケースが多くなります。
厳しい冷え込みとなった日本。
冷え込みが予想される本格的な冬の到来に向け注意が必要です。

明日のブログは、ヒートショックにも強い吉野デザインをUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月 6日

耐震構造の父 山梨県南アルプス市の出身 内藤多仲氏

山梨県庁にあります山梨近代人物館の導入展示室に展示されております

構造の父
耐震構造の父 山梨県南アルプス市の出身 内藤多仲氏。

早稲田大学大隈記念講堂、世界平和記念聖堂、東海大学校舎など日本を代表する建築の構造設計を手掛けています
山梨県では、山梨県民会館(弊社が解体設計を担当)
詳しくは下記のブログをご確認下さい。
2015年10月19日
山梨県甲府市 県民会館 解体工事
その他、旧甲府市役所1号館(1階に市民課があった建物)、山梨県庁舎本館が代表的な建築です。
そして!!「東京タワー」です。

東京タワー

東京タワーの鉄骨

日本を代表する建築の構造設計を行った耐震構造の父である
「内藤多仲氏」
残した言葉が山梨近代人物館に展示されています。

内藤多仲氏
「積み重ね 積み重ねても また積み重ね」
建築設計・構造設計・耐震設計。
そして人生においても、スッと入ってくる言葉です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (1) | トラックバック

2016年11月 5日

山梨県庁 山梨近代人物館

昨年の4月にOPENしています「山梨近代人物館」
山梨県庁 別館の2階・3階に御座います。

山梨近代人物館

山梨近代人物館。
まずは導入展示室からスタートします。
明治時代から戦前にかけて、山梨の発展に貢献した人物や、同県出身で、国内外で活躍した人物などを映像やパネルで展示。小林一三、根津嘉一郎、浅川巧、樋口一葉をはじめ、幅広い分野の人物を取り上げ、先人たちの残した言葉なども紹介しています。
人物館で紹介している50人は、下記のリンク先をご確認下さい。
山梨県 山梨近代人物館

導入展示室
導入展示室での紹介は、それぞれに貢献した人物ごとにモニターで分かりやすく表現しています。

その中の1人に内藤 多仲氏(ないとう たちゅう)。
山梨県南アルプス市の出身で「耐震構造の父」と評されています。
早稲田大学大隈記念講堂、世界平和記念聖堂、東海大学校舎など日本を代表する建築の構造設計を手掛けています。
山梨県では、現在は解体された山梨県民会館(弊社が解体設計を担当)
詳しくは下記のブログをご確認下さい。
2015年10月19日
山梨県甲府市 県民会館 解体工事
その他、旧甲府市役所1号館(1階に市民課があった建物)、山梨県庁舎本館が代表的な建築です。

続きは、明日のブログでUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2016年11月 4日

木によって機能・性能が変わります。2/2

1口に「木」と言っても、多くの種類があります。
竹の仲間やヤシの仲間を含めると、日本にある木の種類はおおよそ1,500種だといわれています。
このうち、木材としての使いみちが比較的よく知られている木が100種類以上。種類によって木材の性質が違うので、それぞれの特徴に応じた使い方が求められます。
また、建築で扱う木材は、種類、性質、板目・柾目・杢目、製材の挽き方などによっても変わります。

今日は、同じ無垢材のサイプレス(豪州ヒノキ)と杉の違いについてUPします。
サイプレス豪州ヒノキは、弊社のデザインする建築で多く使うオーストラリアの一部だけにあるとても素晴らしい木です。
過去のサイプレスの紹介
・2009年07月08日 テリーニューマンさん(オーストラリア人)来客 
・2009年01月13日 自然素材を使った健康住宅などの建築
・2008年11月23日 サイプレス(豪州桧)の表札
・2008年11月03日 サイプレス(豪州桧)を使った吉野デザイン
・2008年10月20日 吉野デザインPart1
・吉野聡建築設計室のOLD BLOG(2008年2月18日)から連続5日にわたり連載をしたサイプレス(オーストラリアのヒノキ材)

サイプレス(豪州ヒノキ)と杉を使っての実験です。
実験内容は、サイプレスと杉材の上に5滴程の水滴をたらします。
15秒くらい経過した時に、互いの違いがはっきりしてきます。

①サイプレスに水滴をたらした15秒後
サイプレス

②杉に水滴をたらした15秒後
杉

2つの写真を見比べてください。
違いが明らかです。
サイプレスは、表面に水滴が広がっただけですが、杉は、木の内部に水が浸入しています。

どうして???
それはそれぞれの木の断面を確認して下さい。
①サイプレスの断面
サイプレスの断面
②杉の断面
杉の断面

サイプレスの断面は、隙間が無く目が詰まっているのに対し、杉は空洞がたくさんあります。
という事は、杉材を外部や内部の水廻りに使用すると・・どうなるかは想像がつきます。
大きな範囲で考えると同じ木ですが、それぞれに特性が違います。
サイプレス(豪州ヒノキ)を外部に使用できるのには、意味があります。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:00 | コメント (5) | トラックバック

2016年11月 3日

木によって機能・性能が変わります。1/2

1口に「木」と言っても、多くの種類があります。
竹の仲間やヤシの仲間を含めると、日本にある木の種類はおおよそ1,500種だといわれています。
このうち、木材としての使いみちが比較的よく知られている木が100種類以上。種類によって木材の性質が違うので、それぞれの特徴に応じた使い方が求められます。
また、建築で扱う木材は、種類、性質、板目・柾目・杢目、製材の挽き方などによっても変わります。

今日は、無垢材と合板の違いについてUPします。

無垢材'(杉)と構造用合板
右:杉無垢材 左:構造用合板

・「無垢材」
用する形状で丸太から切り出した木材。割れやひびなどが入りやすいが、天然木本来の風合いを持ち、室内の湿度を調整する働きもあります。
また、ホンモノの木を使った建築の美しさを魅力の1つです。

・「合板」
木材を薄くむいて板とし、板の繊維方向が互いに直交するようにして奇数枚を積み重ね接着剤で貼(は)り合わせて1枚の板としたものです。
①広い面積が得られる
②製品サイズ(厚さ・幅・長さ)が豊富である
③含水率の変化に伴う伸び縮みが少ない
④あらゆる方向からの力に対して高い強さを発揮する
⑤単板の樹種や構成(厚さ、枚数)によって、いろいろな性能の製品がつくれる
⑥釘の保持力が高い
⑦樹脂や薬剤の処理が容易にできる

この様にそれぞれが、それぞれの特徴があります。
明日は、サイプレス(豪州ヒノキ)と杉の比較をUPします。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail    yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:23 | コメント (2) | トラックバック

2016年11月 2日

米山おとなこども歯科クリニック 地鎮祭

山梨県甲斐市にあります「米山おとなこども歯科クリニック

米山おとなこども歯科クリニック

平成28年4月の中旬に、米山おとなこども歯科クリニック 院長の米山先生より、増築工事における設計相談がありました。
現場監理状況は、吉野聡建築設計室HP 工事監理の進行状況 
山梨県甲斐市 米山おとなこども歯科クリニック 増築工事 をご確認下さい。
それから6ヶ月、10月下旬の良き日に「地鎮祭」の開催です。

地鎮祭の開催
全ての皆様に「おめでとう御座います」
共に1歩1歩、確実に着実に歩んできました6ヶ月。
これからは、良い施工・現場監理を行い、完成時には自信をもって素晴らしい建築(歯科医院)を引き渡します。
そして、米山先生・スタッフの皆様・そして患者様が、新たな歯科医院で素敵に・快適に・楽しく・安心して過ごせるように、一生懸命に対応を続けます。
改めて、今後共宜しくお願い致します。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 02:55 | コメント (2) | トラックバック

2016年11月 1日

「楽」に過ごす為には、建築は冬を基準に考えるべきです「2/2」

毎年、この季節に提案させて頂いております建築に対する考え。
他の建物の考え・作り方とは、異なる仕様です。
厳しい環境にある山梨県甲府市でも快適に・楽しく・美しく。
そんな思いだからこそ、吉野聡建築設計室が基準としているの建築は
日本で最も厳しい環境にある「Ⅰ地域の北海道」

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の断熱性能の地域区分表
(住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の断熱性能の地域区分)
日本で最も環境の厳しい地域です。
そんな地域でも快適に過ごす事できる建築です。
そして「冬が快適な建築は夏も快適」になります。
本日は、その理由をUPします。

『日経アーキテクチュア』は2011年5月10日号より
東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻の前真之准教授(一級建築士)
エコハウスを設計する上で多くの人が考える"定石"は必ずしも当たっていない。
筆者は、住宅のエネルギーについて研究している中で、環境負荷の低減や省エネ・省CO2への工夫を図った、いわゆる「エコハウス」をいくつか調査してきた。多くのエコハウスは、建築設計者が創意工夫を凝らしている。しかし、筆者がこれらに違和感を持たなかったと言えばウソになる。「夏」ばかり強調していて「冬」をあまり考慮していないのだ。
さらに設計者と話す中で、冬の備えの要である「高断熱・高気密」に対して、いまだに強烈なアレルギーと反感があることにも驚かされた。なぜ、建築家はかくも「夏が好き」なのか。筆者には長らく謎であったが、ある時、建築雑誌を飾るような"モダンな住宅"に共通するデザイン要素のほとんどが、風通しのよい夏向きの家とするのに「都合がよい」ことに気付いた。
こうしたデザインは、夏には快適性の向上にいくらか貢献するかもしれないが、冬には温熱環境を悪化させ、エネルギー消費やCO2を増やしかねない。それがもしも「写真うつり」のためならば、本末転倒もはなはだしい。ちまたにあふれるエコハウスは、本当に省エネ・省CO2と快適性を両立できているのだろうか。

「さらに」
・世界の主要都市で気温を比べると、夏の東京は温暖地の中でもかなり高温で熱帯気候のジャカルタに近い。これは、実際の印象とほぼ合う。一方、冬はいかにも寒そうなパリやベルリンと大差ない。日本では「夏は熱帯」「冬は欧州」という両極端の気候が、1年の間に否応なく繰り返されている。夏も冬も厳しい気候の中で、日本の家はどのような要件を備えるべきか。

「夏は湿度と風でしのげる」
そもそも人間は、寒さと暑さのどちらに強いのだろう。「人間は寒さに強く、暑さに弱い生き物」と思い込んでいるのではないだろうか。しかし、人間ほど暑さに強い動物は滅多にいない。マラソン選手は夏に炎天下でも走り続けるが、こんなことができる動物は、人間のほかには馬くらい。ともに体毛が薄く発汗機能が発達しているため、暑さは「得意」なのだ。

人間が快適と感じる気温は、湿度と風速、輻射熱などで決まる。この快適域を示した一例が、オルゲーの生気候図である。湿度が低く風があれば発汗が促進され、30度を超える高温でも許容できる。

一方、低温側は、焚き火などの輻射熱がなければ20度が下限である。体毛が少なく、比較的薄い体脂肪しか備えない人体は、寒さには大きなハンディを負っている。夏の最高気温は日射を遮れば35度がせいぜいであるが、冬の寒さは氷点下を切ることもザラである。寒さへの対応が重要であることは明白だ。

もちろん、日本では湿度が高いために発汗の効果は低くなりがちであり、暑さへの配慮は必要ではある。しかし、だからといって、冬をおろそかにしてよい理由とはならない。
夏と冬のどちらかを優先するのなら、「冬を旨とすべし」である。

山梨県 山中湖から見た冬の富士山
山梨県 山中湖から見た冬の富士山
最低気温が-15℃以下になります。

日本で最も厳しい北海道の冬を基準としている弊社の建築設計。
だからこそ、他には無い快適が生まれます。
そして、継続します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (4) | トラックバック