« 「ヒートショック」にも強い吉野デザインの建築2/2 | メイン | 高断熱建築・無暖房建築が大切な理由 »

2016年11月 9日

屋根・天井裏のトリプル断熱。

地球の環境問題やエネルギー問題で早急に求められる「省エネ
また、夏・冬の電気料金・燃料費などの高騰や機器設備のメンテナンス。
そのような多くの問題をクリアしながら、誰でも健康で楽しくより快適に過ごす事が出来る建築。
それが弊社が提案する「高断熱建築」です。
快適な環境をつくる為に、いろんな設備機器やシステムがありますが
夏の暑さ+冬の寒さにおいて
「断熱の追及に勝るものはない」
断言します。

そんな仕様で作られいている木造の住宅建築があります。
それは、山梨県韮崎市にありますSK-House
完成写真は、吉野聡建築設計室Webサイト 設計・デザイン 建築実績
山梨県韮崎市 SK-House 新築工事をご確認下さい。

山梨県韮崎市のSK-House
2階の屋根の断熱は、トリプル断熱仕様です。

屋根の外張断熱
①屋根の外張断熱
 屋根材(ガルバリウム鋼板)の真下に断熱材を設けています。

屋根裏+天井裏断熱
②屋根裏断熱(現場発泡ウレタン吹付断熱)
③天井裏断熱(グラスウール16K厚さ100㎜)

その他、壁・基礎も現場発泡ウレタン吹付断熱で隙間なく断熱も。
環境が厳しくなればなればなるほど強い弊社の建築。
それは、これからの建築となる「無暖房建築」を目指しているからです。
建築の高断熱・無暖房建築については、下記のリンクをご確認下さい。
・2013年8月20日 
建築の高断熱は多くの問題をクリアさせます 1/3
・2013年8月21日
 建築の高断熱は多くの問題をクリアさせます 2/3
・2013年8月22日
 建築の高断熱は多くの問題をクリアさせます 3/3

なぜ「高断熱建築・無暖房建築」なのか??
明日のブログは、その理由をUP致します。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2016年11月 9日 03:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/3598

コメント

省エネには断熱が有効なんですね。
納得です!

投稿者 餃子Love : 2016年11月 9日 10:07

こんにちは。
素晴らしい断熱ですね。
屋根からの熱が一番多いですからね。

投稿者 保険屋あい : 2016年11月 9日 18:37

こんばんは!

断熱材がぎっしり!これは効果が期待できます^^

投稿者 モルタルマジック : 2016年11月 9日 21:09

コメントしてください




保存しますか?