« 2017年1月「ラン・バイク・スイム」トレーニング集計表 | メイン | 平成29年度 ホテルの省エネ対策を経済産業省がランク付がスタート »

2017年2月13日

誰でも快適に・簡単に・安全に・省エネ出来る高断熱建築

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログでUPし続けている
「誰でも快適に・簡単に・安全に・省エネ出来る高断熱建築」

断熱にもこだわった自社の建築
断熱にもこだわった自社の建築

火力・原子力・風力・水力・太陽光・地熱・バイオ発電・水素・・など「エネルギー(電気)の作り方も大切」ですが、「作ったエネルギー(電気)をどう使うか」も大切です。
苦労して作ったエネルギー(電気)をガマンしながら節電して使い続ける。
苦労やガマンは継続しにくいんです。

自動車社会を見て頂きたい。
低燃費車、ハイブリット車など、エネルギーの使い方の提案を積極的に行っています。
快適に省エネ・エコですね。
まさにこれなんです!!
楽だから・快適だから継続するんです。

そこで、弊社が提案するのは「建築の高断熱化」です。
高断熱にする事で、多くの問題が簡単に・安全に・誰もが楽しく解決する方向に向かいます。
お伝えしたい事は、山ほどあります。
今日は、弊社のブログでUPしている建築とエネルギーについての記事を一部をアップさせて頂きます。

公共建築 県営・市営の公共団地のスマート化の提案
いまある建築の断熱改修。 まずは公共建築から1/3
いまある建築の断熱改修。 まずは公共建築から2/3
いまある建築の断熱改修。 まずは公共建築から3/3
環境先進国のドイツと環境発展途上国の日本の違い
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 1/4
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 2/4
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 3/4
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 4/4
優れた高断熱建築は、社会・人・環境の問題を解決します。
進化・変化を続けながらも基本は変わらない。
「ヒートショック」にも安心 温かなで快適な住宅・家
日本の住宅建築 断熱性と耐震性の現状
人口の減少 良質な住宅を作ろう・残そう

2008年からスタートしている弊社のブログ。
約3000ページあります。
その中から一部ピックアップさせて頂きました「建築とエネルギー」
継続的に提案を行っています。
・地球環境問題
・温暖化問題
・エネルギー問題
・教育問題
・熱帯の発展途上国への提案
・ヒートショック・熱中症の健康問題・医療費の問題
・空き家問題
・税金対策
建築士である私の役目です。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2017年2月13日 03:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/3759

コメント

吉野聡建築設計室さん

おはようございます!

高いお金を掛けるなら快適な家にしたいですね。

投稿者 溶射屋 : 2017年2月13日 08:27

こんにちは。
高断熱で省エネをして
自然エネルギーで電気をまかない
薪ストーブで暖房が私の理想です。

投稿者 保険屋あい : 2017年2月13日 11:42

こんにちは!

鳥取は積雪で寒いです!高断熱にしておいてよかった^^

投稿者 モルタルマジック : 2017年2月13日 18:03

コメントしてください




保存しますか?