« 2017年春 山頂パスタ会下見登山(日向山)2/2 | メイン | 配管(給湯管)の保温材 アスベスト »

2017年2月27日

建築設計と環境アドバイザ―会議

私たちが使い続ける建物。
周辺の環境と調和した.良好な居住環境の保全をめざして。
様々な検討・対策・取組を行う必要があります。
それは、周辺の自然環境や街並みに配慮するとともに,周囲の自然環境との調和を計る建築の機能・性能・耐久性・デザインです。

山梨県では、ある一定の規模・用途の建築を設計する場合には、環境のプロフェッショナルの先生の皆様にご意見を聞く「環境アドバイザ―会議」があります。

環境アドバイザー会議
南都留合同庁舎の環境アドバイザー会議

プロジェクターを使った会議
多くの皆様が出席する会議では、
シッカリ伝える・伝わるよう、配付する資料以外にプロジェクターを使います。

デザインだけのデザインは「NO」です。
建築デザインは、「機能・性能・耐久性」を満たしたデザイン「機能美」である事が必要です。
そのような建築は、いつまでも・どんな時でも美しさを保ち続けます。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
      https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 2017年2月27日 03:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/3776

コメント

こんにちは!

表面的なデザインだけでなく、機能やライフスタイルをデザインしてあげることも必要ですね。

投稿者 モルタルマジック : 2017年2月27日 17:58

吉野さん、こんばんは!

環境との調和大事ですね!

投稿者 みんなニコニコ医療食のよっしー : 2017年2月27日 22:47

コメントしてください




保存しますか?