« 煙突内部にアスベストが含まれた建材が使わている可能性あり | メイン | 「いろはにほへと・・・」とは?? »

2017年3月 2日

木造建築では「漢数字やいろはにほへと」を使います。

建築の柱や壁の中心線をさす「通り芯」
木造軸組構法(在来工法)では、柱と柱の中心をむすぶ線です。
通り芯は設計上、また施工上の基準となり、1つ1つに番号をつけてそれぞれの交点が分かるようにしています。

1つ1つに付ける番号。
木造の建築では、漢数字やいろは順「いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせす」を用いて表現します。
それがこれです。

木造軸組工法の木材
木造建築現場に納品された構造材。
どこに施工するのか、全て決まっています。
それを表す番号です。

通り芯番号で明記された構造材
1つい1つ通り芯番号で明記された構造材
柱も梁も同じです。

梁の通り芯番号
梁の通り芯番号(赤丸印)
ほ-八通りに設置します。

柱の通り芯番号
柱の通り芯番号
右手前から「い-八」「ろ-八」
そして、その後ろが「い-七」

このように、木造建築では昔ながらの漢数字やいろは順。
(ひらがな47文字全てをそれぞれ1度ずつ使って作られたいろは歌に基づいた順番である)を使って表現しています。
それぞれの部材がどこに行くのか。
全てが事前に決められています。

明日のブログは「いろはにほへと・・・」の意味をUPさせて頂きます。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2017年3月 2日 03:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/3773

コメント

これは大変興味深いです
うちも木造ですがこのようなことはなかったと思います

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2017年3月 2日 05:45

吉野聡建築設計室さん

こんにちは!

なるほどねぇ・・・(^^)

投稿者 溶射屋 : 2017年3月 2日 15:33

こんにちは!

何故いまだにいろはに~が使われているのか不思議でたまりませんでした。明日の更新楽しみにしています!

投稿者 モルタルマジック : 2017年3月 2日 16:57

こんにちは。
面白いですね。
パズルを組み立てるような感覚ですね。(^^ )

投稿者 保険屋あい : 2017年3月 2日 19:00

コメントしてください




保存しますか?