« 山梨県南部町 タケノコ狩り。 | メイン | 夏を快適に過ごす為には、冬を基準に考えるべき2/2 »

2017年5月 1日

夏を快適に過ごす為には、冬を基準に考えるべき1/2

毎年「35℃」を超える猛暑となる暑い・熱い日が続く夏。
そんな厳しい・危険な環境の中でも「月々のコスト抑え、涼しく・快適な環境で生活を」と思います。

一般的に夏の対策として、気温・湿気・日差し・通風などを考えます。
しかしです。
弊社が提案し続けている夏でも快適に過ごす事ができる建築は
「冬を基準に考えるべきと」考えています。

そのような基準で作られた建築の室内で冷房を使用した場合。
外部の環境(暑い・寒い)に左右されにくい仕様なので、室内の快適な環境が一定に長時間持続します。
「消費電力が少なくなります=ランニングコストを抑えることが出来ます」
また、地球環境(CO2削減)問題、エネルギー問題への貢献にも繋がります。

それは、建物配置・間取り(プラン)・建築デザイン・開口部(窓)と断熱性能が関係します。
冬を快適に過ごす為の1つが断熱性能の追求です。
それが、夏の快適性に繋がってきます。

洞窟の中は夏は涼しく・冬は暖かい。
また、地下水は夏に冷たく・冬に温かい。
そんなイメージです。

弊社では、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の断熱性能の地域区分表を基準としています。
間違いの無い基準。
全国の気候条件に応じて区分されています。

断熱性能の地域区分
断熱性能の地域区分

断熱性能の地域区分表1  断熱性能の地域区分表2
市町村単位で分けられた断熱性能の地域区分表

Ⅰ地域は北海道
Ⅱ地域は青森県、岩手県、秋田県
Ⅲ地域は宮城県、山形県、福島県、栃木県、新潟県、長野県
Ⅳ地域は茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、富山県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
Ⅴ地域は宮崎県、鹿児島県
さらに、市町村単位で詳細に分かれています。

この断熱性能の地域区分表も、冬を基準にして考えられています。
この中で、吉野聡建築設計室が基準としているのは
「Ⅰ地域の北海道」
日本で最も環境の厳しい地域。
そのような地域でも快適に過ごす事できる建築です。

冬が快適な建築は夏も快適
だからこそ、建築は冬を基準に考えるべきです。

明日は、東京大学の教授と元総長の2人のお話をUPさせて頂きます。

住宅、店舗、飲食店、事務所、工場、倉庫、集合住宅、各種病院
など建築の設計・監理
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2017年5月 1日 03:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/3845

コメント

吉野聡建築設計室さん

おはようございます!

いつもありがとうございます。

甲府基準で設計すると静岡市内ではより快適な家になりますね。

投稿者 溶射屋 : 2017年5月 1日 07:37

年を取ると寒さに弱くなりますから
断熱がありがたいです

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2017年5月 1日 08:10

こんにちは!

これからの季節を快適に過ごすヒントが詰まっていますね!

投稿者 モルタルマジック : 2017年5月 1日 17:11

こんにちは。
>冬が快適な建築は夏も快適
  良く分かる気がします。
  上越も冬使用の家が多いですが、
  夏も家の中は快適な家が多いです。

投稿者 保険屋あい : 2017年5月 1日 21:00

吉野さん、こんばんは!

冬を基準に考える!勉強になります。

投稿者 みんなニコニコ医療食のよっしー : 2017年5月 1日 23:09

コメントしてください




保存しますか?