« 2017年7月 | メイン | 2017年9月 »

2017年8月31日

排煙窓 オペレーターハンドルを使った開閉2/2

排煙窓とは、万が一の火災の際に生じる有害な煙を外へ排出し、建物内の安全を確保するための窓のことです。
排煙窓は、天井から下方80cm以内の距離にある部分に設けます。
「建築基準法施行令 第126条の2」
天井面から80cmの窓!!
開閉を行う時に手が届かない高所にあり、開閉には「排煙オペレーター」などが備わっています。
昨日のブログでは、排煙窓の開け方をUPしましたが、本日は閉め方をUP致します。

排煙窓 オペレータハンドル
排煙窓の近くにあるオペレータハンドルを使って閉めます。
詳細は、下記の動画をご確認下さい。


排煙窓 オペレーターハンドルを使った開閉。

この排煙窓は、通常時には換気窓としても利用できます。
いざと言う時に開閉ができるよう、日ごろから排煙窓の開閉は行って下さい。
「いつも使える!!」
緊急時にの安心に繋がります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (2) | トラックバック

2017年8月30日

排煙窓 オペレーターハンドルを使った開閉1/2

日本ではこれまで、有毒ガスによる中毒や窒息が原因で人的被害を拡大させた建物火災がたびたび起きています。1970年代に起きた大阪と熊本のデパート火災では、100名以上の犠牲者を出し、そのうち大半が有毒な煙による中毒や窒息が原因でした。このような大火災を機に、建築基準法や消防法などの法律が改正されています。特殊建築物への安全な退避経路の確保や迅速に消火活動を行えるようにするために、建築基準法と消防法のなかで義務付けられています。
排煙窓は、これらの法律のなかで「自然排煙設備」に分類され、窓の大きさや位置など設置基準が細かく規定されています。
その1つが「排煙窓の設置位置」です。
天井から下方80cm以内の距離にある部分に設けます。
「建築基準法施行令 第126条の2」
天井面から80cmの窓!!
開閉を行う時に手が届かない高所にあり、開閉には「排煙オペレーター」などが備わっています。

今日のブログは、排煙窓をオペレーターハンドルを使った開閉についてUP致します。
まずは、開ける方法です。

排煙窓 オペレータハンドル
排煙窓の近くの壁面にある「オペレータハンドル」
この真ん中の「排煙PUSH」を押してください。
排煙窓が自動的に開きます開きます。
その動画がこれです。


排煙窓の開き方(15秒の動画です)

火災時にワンプッシュで有害な煙を外へ排出する優れた窓です。
明日は、開いた排煙窓の閉め方をUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:00 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月29日

品質向上・効率化・コストダウンに繋がります。

「春夏秋冬」
1年を通じてとっても気持ちが良い弊社の事務所。
もちろん24時間快適です。
それには多くの理由があります。
その1つは
・2017年1月16日
「健康になる建築」 多くのオリジナルの提案
をご確認下さい。

先日ある事に気が付きました。
現在の場所に新築(移転)した2009年5月から8年。
風邪を引いたことがない」んです。
それは、下記のブログが関係するのかなと考えています。
・2017年6月27日
 1階の床下の全てが大きな空気清浄器 2/2
・2017年6月26日 
 1階の床下の全てが大きな空気清浄器 1/2
・2011年6月10日
 インフルエンザ(風邪)に効果がある特殊な漆喰壁

気持ちの良い環境と過酷な環境で比べた場合、品質・効率・クオリティーなど、結果は一目両全です。
その他、気持ちのいい空間は、パワーが生まれてきます。
そのパワーによって、更に高効率化が期待できます。
仕事をする環境は、常にベストコンディションで居たいんです。
良い環境があるから良い仕事が出来る。

良い仕事・楽しい生活をする為には「BESTな健康と環境」から

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
BESTな健康と環境 
弊社では「環境」の提案もさせて頂いております。
職場や家庭の環境を変える。
そして健康になる。
良い流れで進みます。

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:59 | コメント (5) | トラックバック

2017年8月28日

北杜市高根町の家 現場着工

平成29年1月の中旬に、住宅建築の設計相談がありました建築主のS様。
S様は、長年山梨県や地元北杜市に多くの功績を残され、多くの経験・知識をお持ちの先生です。
敷地調査・関係法などの確認を行い、またヒアリングは、短期間に多くの時間を費やしながら密に行ってきました。
ご協力を有難う御座います。
設計相談から7ヶ月。
各種相談の後、基本プラン・建築デザイン、資金計画、全体スケジュール。
そして、実施設計・各種申請手続きを行ってきました。
共に1歩1歩、確実に着実に歩んできました7ヶ月。
全てがスムーズに流れています。
平成29年7月下旬、施工者との工事請負契約を行い、8月中旬に建築工事の着工です。

地縄 レベル測量
地縄 レベル測量
そして、水盛り・やり方・根切り・基礎工事へと進んで行きます。

標高 750mにあります山梨県北杜市高根町の建築工事現場。
内陸型盆地気候の甲府市よりは涼しさを感じますが、高原の高根町でも日中の暑さを感じます。
そんな時に、クライアントのS様のお気持ちです。

休憩時間のお茶の時間
冷たい飲み物・ゼリー・ブドウ(シャインマスカット・甲斐路)・スイカ・とうもろこし。
素晴らしい・見事なお茶の時間です。
嬉しい・美味しい・温かなおもてなし・お気持を有難う御座います。

クライアントのS様にお伝えさせていただきました。
「豪華なお茶の時間は、本当に嬉しい事ですが、毎日続くとS様のご負担になります。」
「コミュニケーションの1つとして、1週間・10日・2週間に1回、たまにのペースで大丈夫です。」
「お茶にかける時間・コストは、建築へ費やして頂きたい」
この建築に携わる全ての人の思いです。
弊社で設計させて頂いた建築は、全て同じルールで行っています。
これも、ヨシノデザインの1つです。

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:17 | コメント (4) | トラックバック

2017年8月27日

岐阜県 乗鞍スカイライン・長野県 乗鞍エコーライン2/2

北アルプスの南端、長野県乗鞍高原から畳平をへて岐阜県平湯にいたる日本一の高所を走る道路で、岐阜県側は乗鞍スカイライン、長野県側は乗鞍エコーラインと呼ばれています。
2003年から一般車乗り入れ禁止になり、観光バス・タクシー・許可車。
そして、自転車の山岳観光道路です。

岐阜県 乗鞍スカイライン・長野県 乗鞍エコーライン

ゆっくり・楽しく・安全にの観光ライドとして、7名のロードバイク仲間と平成29年8月13日に乗鞍スカイライン。
翌日の14日に乗鞍エコーラインへ、ロードバイクで行ってきました。
本日の第2回目のブログは「乗鞍エコーライン編」です。

三本滝 スタート
スタートは、三本滝(標高1800m)
乗鞍エコーラインの一般車の最終地点です。
昨日の乗鞍スカイラインと同じ、ゴールの乗鞍岳畳平を目指します。

乗鞍岳畳平
ゴールの長野県側の乗鞍岳畳平(標高2716m)

7名全員ゴール
他の7名も全員ゴール

夏スキー・スノーボード・登山で訪れた事のある乗鞍岳畳平。
ロードバイクでくると気持ちも・思いも変わります。
そして、昨日の乗鞍スカイライン、今日の乗鞍エコーラインを走っていると、緑の景色・鳥の声や温泉(硫黄)の匂いなど、五感がフル回転になります。
ロードバイクで大自然を走る。
これも魅力の1つです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:54 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月26日

岐阜県 乗鞍スカイライン・長野県 乗鞍エコーライン1/2

北アルプスの南端、長野県乗鞍高原から畳平をへて岐阜県平湯にいたる日本一の高所を走る道路で、岐阜県側は乗鞍スカイライン、長野県側は乗鞍エコーラインと呼ばれています。
2003年から一般車乗り入れ禁止になり、観光バス・タクシー・許可車。
そして、自転車の山岳観光道路です。

岐阜県 乗鞍スカイライン・長野県 乗鞍エコーライン

ゆっくり・楽しく・安全にの観光ライドとして、7名のロードバイク仲間と平成29年8月13日に乗鞍スカイライン。
翌日の14日に乗鞍エコーラインへ、ロードバイクで行ってきました。
5月の下旬に発症した両足つま先の激しい痛み(痛風)
2017年6月11日
激しい運動・遺伝による痛風!!
それから2.5ヶ月。
やっとロードバイクへの復帰です。

復帰第1段は、乗鞍畳平を目指す「乗鞍スカイライン・乗鞍エコーライン」のロードバイクツーリング。

7台のロードバイク 乗鞍スカイライン
7人の仲間と7台のロードバイクと乗鞍スカイライン

乗鞍スカイライン スタート
乗鞍スカイライン 平湯峠(標高1,684 m)
スタート地点です。

ゴールの畳平
ゴールの乗鞍岳畳平
標高2702m
夏スキー・スノボーボード・登山で訪れた事のある乗鞍岳畳平。
ロードバイクでくると気持ちも・思いも変わります。
これが魅力の1つです。

観光ライド 乗鞍スカイライン
観光ライドで行った・走った乗鞍スカイライン
途中で記念写真です。

そして、宿泊は乗鞍温泉で一泊。
乗鞍温泉
酸性硫化水素泉
硫黄分が空気に触れて固形化して
白く濁った温泉です。

続きは明日のブログ。
「乗鞍エコーライン編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:24 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月25日

甲府市 武井歯科医院様のリノベーション現場施工状況

山梨県甲府市 武井歯科医院
山梨県甲府市中央5-2-10にあります
一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科の「武井歯科医院」
大正9年(1920年)に開院し、創業97年の地域の皆様に愛され続ける歯科医院です。
歯科医院の建築は、数回の大きな増改築工事・リフォームを行い、現在の歯科医院になっています。

平成28年8月に行われた設計コンペで勝利をした山梨県甲府市武井歯科医院様のリノベーション。
開業しながらの大規模リノベーションと言う大きな条件も含め。
たくさんの打合せ行いながら、詳細な設計・各工事流れ・準備・工事施工者への見積依頼を行い続けてきました。
設計の開始から10ケ月。
6月28日に工事請負契約を行い、第1期工事が7月5日に工事がスタートしています。
そして、第2期工事は7月24日にスタート。
外部のデザインも変わり始めています。

甲府市 武井歯科医院のリノベーション
スタイリッシュに・機能的に・安全に・使いやすく。
来月には、メインの第3期工事がスタートします。
歯科医院を開業しながらの工事です。
工事範囲を明確にする仮設工事、歩行通路など安全を最優先にしながらの工事を進めています。

現場工事の監理状況は、
吉野聡建築設計室Webサイト 工事監理の状況
山梨県甲府市 武井歯科医院」にてUPし続けます。

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:47 | コメント (2) | トラックバック

2017年8月24日

吉野聡建築設計室 ストリートビューの作成2/2

山梨県甲府市徳行3-3-25にあります吉野聡建築設計室。
詳しい案内図は、吉野聡建築設計室Webサイト 案内図・連絡をご確認下さい。

弊社の前面道路は、2tトラックでも通行が可能ですが、一部に幅員が3.2mになる道路幅員が狭いところがあり、グーグルのストリートビューが弊社の手前で終了していました。
大きな不自由を感じており、それを補うために、ブログ+写真を使って画像付の案内図を作成を行っていましたが、すべてがクリアになっていない!!
そんな不自由を打破する為に、独自でストリートビューを作成。
360°カメラを使っての撮影です。

甲府アルプス通りから撮影
甲府アルプス通りから撮影

弊社の前で 360°カメラで撮影
弊社の前で 360°カメラで撮影です。
撮影者は、アイリンクコンサルタント 加藤先生です。
いつも有難う御座います。

弊社のグールグマップを確認すると、ストリートビューが反映されています。
下記のリンクをご確認下さい。
グーグルマップ 山梨県甲府市 吉野聡建築設計室

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
ストリートビューから見た吉野聡建築設計室の自社建築。
弊社の案内図+紹介に大きな・多くのプラスです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:58 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月23日

吉野聡建築設計室 ストリートビューの作成1/2

1972年にスタートしている「吉野聡建築設計室
創業45年になります。
〒400-0047 山梨県甲府市徳行3-3-25
平成21年6月の新社屋完成から、この地で建築設計事務所・デザインを行っております。


大きな地図で見る
吉野聡建築設計室の案内図
山梨県 甲府市 徳行3-3-25

弊社の前面道路は2tトラックでも通行が可能ですが、一部に幅員が3.2mになる道路幅員が狭いところがあり、グーグルのストリートビューが弊社の手前で終了していました。
グーグルのストリートビューが無い事で、大きな不自由を感じており、それを補うために、ブログ+写真を使って画像付の案内図を作成していたんです。
詳しくは、下記のブログをご確認下さい。
2017年6月 3日
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 写真をプラスした案内図

このブログでは、すべてがクリアになっていない!!
そんな不自由を打破する為に、独自でストリートビューを作成する事をスタートしています。

続きは明日のブログで。
下記の写真の赤い部分の道を、360°カメラを使っての撮影をUP致します。

吉野聡建築設計室 案内 ストリートビュー

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (2) | トラックバック

2017年8月22日

ヒートショック・熱中症などの健康問題にも効果がある建築

地球温暖化が進むと、気温が上昇するだけでなく地球全体の気候が大きく変化します。既に世界各地では、そのさまざまな影響が現れ始めており、自然環境や人の暮らしにも重大な問題を引き起こしています。こうした問題は、温暖化への対策を十分に行なわない場合、さらに深刻化し、地球規模の深刻な被害をもたらす危険性が指摘されています。(出典:IPCC 第5次評価報告書)

・高潮や沿岸部の洪水、海面上昇による健康障害や生計崩壊のリスク
・大都市部への内水氾濫による人々の健康障害や生計崩壊のリスク
・極端な気象現象によるインフラ機能停止
・熱波による死亡や疾病
・気温上昇や干ばつによる食料不足や食料安全保障の問題
・水資源不足と農業生産減少
・陸域や淡水の生態系、生物多様性がもたらす、さまざまなサービス損失

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログでUPし続けている
「誰でも快適に・簡単に・安全に・健康的に・省エネ出来る高断熱建築」

断熱にもこだわった自社の建築
断熱にもこだわった自社の建築

弊社が提案するのはヨシノデザインのオリジナルの「建築の高断熱化」です。
高断熱にする事で、多くの問題が簡単に・安全に・誰もが楽しく・健康的に解決する方向に向かいます。
お伝えしたい事は、山ほどあります。
今日は、弊社のブログでUPしている建築とエネルギーについての記事を一部をアップさせて頂きます。
「環境経営(CO2)削減の取り組み」の提案を行っています。
冬の死亡率3位の山梨県。高断熱建築で死亡率を低くする。
公共建築 県営・市営の公共団地のスマート化の提案
いまある建築の断熱改修。 まずは公共建築から1/3
いまある建築の断熱改修。 まずは公共建築から2/3
いまある建築の断熱改修。 まずは公共建築から3/3
環境先進国のドイツと環境発展途上国の日本の違い
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 1/4
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 2/4
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 3/4
建築の省燃費・省エネルギー化は地球を救う 4/4
優れた高断熱建築は、社会・人・環境の問題を解決します。
進化・変化を続けながらも基本は変わらない。
「ヒートショック」にも安心 温かなで快適な住宅・家
日本の住宅建築 断熱性と耐震性の現状
人口の減少 良質な住宅を作ろう・残そう

2008年1月からスタートしている弊社のブログ。
約3500ページ以上あります。
その中から一部をピックアップさせて頂きました
「ヒートショック・熱中症の健康問題」
継続的に提案を行っています。
その他、弊社の提案し続ける高断熱建築は、
・地球環境問題
・温暖化問題
・エネルギー問題
・教育問題
・熱帯の発展途上国への提案
・ヒートショック・熱中症の健康問題・医療費の問題
・空き家問題
・税金対策に効果があります。
これからも、継続的に提案し続けて行きます。
それは、建築士である私の役目です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:08 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月21日

黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の登山7/7「ゴール編」

8月9.10日 7名で登った甲斐駒ヶ岳の登山。
黒戸尾根コースは、日本三大急登の一つに数えられ、標高差2,300mのロングコースには高度感のある梯子や鎖場が連続して現れるタフなコースです。
本日の6回目のブログは「ゴール編」です。

竹宇駒ヶ岳神社
ゴール手前にある「竹宇駒ヶ岳神社」で記念写真。

甲斐駒ケ岳登山のタフな黒戸尾根コース。
下記のこんな情報も!!
「日本アルプスで一番つらい登りは、この甲斐駒ヶ岳の表参道かもしれない。何しろ600mくらいの山麓から、3000m近い頂上まで、殆んど登りずくめである。わが国の山で、その足許からてっぺんまで2400mの高度差を持っているのは、富士山以外にはあるまい。木曽駒ヶ岳は、木曽からも伊那側からも、それに近い高度差を持っているが、登山道は長く緩くつけられている。甲斐駒ほど一途に頂上を目がけてはいない。」
(深田久弥『日本百名山』より)

登山は「全員無事にゴールする」も大切な事の1つです。
ゴールした瞬間に、みんな喜びを分かち合う。
これも最高の時間です。
一緒に登って頂いた皆様。
楽しい・嬉しい・美味しい時間に感謝します。
本当に有難う御座いました。

最後に甲斐駒ケ岳山頂から撮影したぐるり360度の動画をUPです。
①甲斐駒ケ岳山頂からの景色(北東から南)

②甲斐駒ケ岳山頂からの景色(北西から南)


企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:19 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月20日

黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の登山6/7「下山編」

8月9.10日 7名で登った甲斐駒ヶ岳の登山。
黒戸尾根コースは、日本三大急登の一つに数えられ、標高差2,300mのロングコースには高度感のある梯子や鎖場が連続して現れるタフなコースです。
本日の6回目のブログは「下山編」です。

登った山は、降りなければなりません。
下りは、登り以上にテクニックが必要になります。

甲斐駒ケ岳 下山
甲斐駒ケ岳下山(山頂付近の写真です)
山の天気は変わりやすい。
一瞬にして晴れから曇りになり、視界も悪くなります。
だからこそ、ゆっくり・安全に・慎重にの思いです。
休憩をとりながら、黒戸尾根ルートを4時間程下ってきた登山道でランチタイムです。
黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳の登山の最後の食事です。

アルファー米
山のご飯(米)はアルファー米。
袋の中にお湯を入れて15分待つだけ。
ふっくら炊きたてご飯の出来上がり。

そして!!
山とくればカレーです。
ナチュラルグレースの野菜いっぱいカレーを温めます。

野菜いっぱいカレー
ご飯とカレーの準備はOK。
後は、この2つを合わせるだけ!!

山のカレー
甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根で頂くナチュラルグレースの野菜いっぱいカレー。
「いただきます♪」
山の楽しみの1つは「食事」
最後の食事も、その場で調理してその場で頂く。
ナチュラルグレースの三村さんや皆様の協力があるからこそです。
いつも有難う御座います。

続きは明日のブログ。
「ゴール編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月19日

黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の登山5/7「登頂+山頂ラーメン編」

8月9.10日 7名で登った甲斐駒ヶ岳の登山。
黒戸尾根コースは、日本三大急登の一つに数えられ、標高差2,300mのロングコースには高度感のある梯子や鎖場が連続して現れるタフなコースです。
本日は「登頂+山頂ラーメン編」です。

甲斐駒ケ岳は日本百名山の一つに数えられ、全般になだらかな南アルプスの中にあって、数少ない急峻な山容を呈しています。 駒ヶ岳と名が付く山は日本に18座ありますが、標高2970mの甲斐駒ケ岳はその最高峰です。山梨県北杜市と長野県上伊那郡の県境に位置して、赤石山脈(南ア)のほぼ北端にあり、山全体が花崗岩からなっています。(日本アルプス登山ルートガイドより)

甲斐駒ケ岳 頂上

甲斐駒ケ岳 頂上
2970m 日本百名山の甲斐駒ケ岳 登頂。
日本百名山は、金峰山、大菩薩嶺 、瑞牆山 、八ヶ岳、木曽駒ヶ岳。
そして、今回の甲斐駒ケ岳の6つ目の登頂です。

素晴らしい景色が広がる甲斐駒ケ岳山頂。

甲斐駒ケ岳からの景色
左から「富士山・鳳凰山・北岳」
天気も良く最高の景色です。
これらの山も、これから登る山です。

さぁ~!!お腹もすいてくる時間。
山頂で朝食です。
朝のメニューは「ラーメン」です。
真夏でも寒さを感じる甲斐駒ケ岳の頂上。
温かい食事が嬉しいんです。

甲斐駒ケ岳 ラーメン
ラーメンを作る準備。

甲斐駒ケ岳山頂でラーメン
看板に向かって!!「いただきます♪」
温かいスープが更にGOODな最高の一杯です。

続きは明日のブログ。
「下山編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:24 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月18日

黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の登山4/7「ご来光編」

8月9.10日 7名で登った甲斐駒ヶ岳の登山。
黒戸尾根コースは、日本三大急登の一つに数えられ、標高差2,300mのロングコースには高度感のある梯子や鎖場が連続して現れるタフなコースです。
本日は「ご来光編」です。

1日目の宿泊先の七丈小屋をAM4:15頃に出発。
そのまま甲斐駒ケ岳の頂上を目指します。

真っ暗の中でスタートした2日目登山。
もちろん、ヘッドライトも装備です。
スタートして45分。
東の空が明るくなります。

甲斐駒 雲海 ご来光
見事な雲海の中からの日の出。
「なんて美しいんだろう♪」

全員が朝日をみる
全員が朝日を見る・写真を撮る。
感動の時間です。

そして、朝日の光を使って全員で記念写真です。

甲斐駒ヶ岳 朝日 ご来光
朝日に向かって、カメラに向かっての一枚。
撮影後は、一気に頂上へ!!

続きは明日のブログ。
「登頂+山頂ラーメン編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (4) | トラックバック

2017年8月17日

黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の登山3/7「宿泊編」

8月9.10日 7名で登った甲斐駒ヶ岳の登山。
黒戸尾根コースは、日本三大急登の一つに数えられ、標高差2,300mのロングコースには高度感のある梯子や鎖場が連続して現れるタフなコースです。
本日は「宿泊編」です。
食事・休憩を入れてスタートから7.5時間。
黒戸尾根コースの途中にある「甲斐駒ヶ岳 七丈小屋」に到着です。
本日の宿泊先です。

甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
宿泊場所は、七丈小屋第二小屋です。

七丈小屋

到着して直ぐにビールです。
保冷庫に保冷剤を入れ、大切に担いできた一杯。
「いただきます♪」

山梨に乾杯

そして!!
楽しみの夕飯です。

七丈小屋での夕飯
海老フライ・ハンバーグ・ナポリタン・サラダ・味噌汁・ご飯。
標高2300mの七丈小屋での豪華な夕飯。
食後の後は、第二小屋のバルコニーで夜空のみながらくつろぎの時間。
そして、20時には消灯です。
明日は、ご来光を見る為にAM3:20(いつもの時間)に起床です。

続きは明日のブログ。
「ご来光編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (5) | トラックバック

2017年8月16日

黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の登山2/7「ランチ編」

8月9.10日 7名で登った甲斐駒ヶ岳の登山。
黒戸尾根コースは、日本三大急登の一つに数えられ、標高差2,300mのロングコースには高度感のある梯子や鎖場が連続して現れるタフなコースです。
AM7:20尾白川渓谷駐車場のスタートから4.5時間。
そろそろお腹も空いてくる頃。
今回の登山も、小屋泊りの夕食以外はその場で調理するホカホカの食事です。

刀利天狗/トウリテング(標高2,010m)で1日目のランチです。
メニューは、ナチュラルグレースの茹でたてパスタ(ナスと地鶏のボロネーゼ)。
早速、オーナーの三村さんが調理開始です。

7人前のパスタを茹でる
7人前のパスタを茹でる。
パスタ・パスタソース・調理器具・水などを担いで登って調理する三村さん。

黒戸屋根 茹でたてパスタ
黒戸屋根コースに向かって「いただきます♪」

食後の紅茶
食後の甘い紅茶もお決まりの定番です。

お腹いっぱいになったら、後半向けて出発です。
続きは明日のブログ。
「宿泊編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月15日

黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳の登山1/7「スタート編」

甲斐駒ケ岳は日本百名山の一つに数えられ、全般になだらかな南アルプスの中にあって、数少ない急峻な山容を呈しています。 駒ヶ岳と名が付く山は日本に18座ありますが、標高2970mの甲斐駒ケ岳はその最高峰です。山梨県北杜市と長野県上伊那郡の県境に位置して、赤石山脈(南ア)のほぼ北端にあり、山全体が花崗岩からなっています。(日本アルプス登山ルートガイドより)

甲斐駒ケ岳へは、最短のアプローチの北沢峠を出発するルート。
そしてもう1つの黒戸尾根コースは、日本三大急登の一つに数えられ、標高差2,300mのロングコースには高度感のある梯子や鎖場が連続して現れるタフなコースです。
8月9.10日 7名で登った甲斐駒ヶ岳の登山。
もちろん!!タフな黒戸尾根コースを選んでいます。
と言うより、既に決まっていたんです。

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根ルート
甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根ルート(yahoo画像より)

8月9日AM7:00 尾白川渓谷駐車場をスタートです。
その前に、甲斐駒ヶ岳登山口で登山計画書の提出です。

甲斐駒ヶ岳 登山計画書

尾白川渓谷駐車場を出発して竹宇駒ケ岳神社の参道を奥へ進むみ、尾白川渓谷に架けられたつり橋を渡ってスタートします。

尾白川渓谷に架けられたつり橋
大鍋を背負って登山するナチュラルグレースの三村さん。

1日目の登山は、コース途中にある七丈小屋まで。
と言っても、食事・休息を含めると8時間の登山です。
樹林帯を歩き続けると、第一の難所の「刃渡り」です。

刃渡り
約40度の傾斜があり、左側は垂直の断崖です。

続きは明日のブログ。
「茹でたてパスタランチ編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (4) | トラックバック

2017年8月13日

ブログ開始から9年7ヶ月。明日は38回目のブログの休日。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、集合住宅、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震関係の耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査。
建築確認申請手続き、特殊建築物定期報告書検査作成、マンションの長期修繕計画書、各種申請業務 ・中古住宅の既存住宅現況検査員を行っております
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳細な業務内容については、吉野聡建築設計室HP
また、過去に設計を行った建築については、
完成写真がUPされていますprojects(プロジェクト)  
物件名がUPされていますworklist(業務リスト)
をご確認下さい。

いつも、弊社のブログにご訪問頂き、誠に有難う御座います。
また、ご依頼頂けるクライアントの皆様・私を支えて下さる皆様
全ての皆様に感謝の気持ちです。
誠に有難う御座います。

2008年1月19日にスタートしました
「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室ブログ」
明日のブログは、お休みさせて頂きます。
そして、吉野聡のFacebook個人ページ、吉野聡建築設計室のFacebookページ、朝食(朝ごはん)のFacebookページも休日にさせて頂きます。

吉野聡建築設計室
しかし、吉野聡建築設計室はOPENしています。
よって連絡もOKです。
365日 いつでも・どこでも繋がります。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (1) | トラックバック

2017年8月12日

浴衣で楽しむ日本・山梨県・甲府市の夏 

内陸型の盆地気候の山梨県甲府市。
ムシムシ・ジメジメの暑い夏となります。

山梨県甲府市の気候(Wikipediaより)
盆地の中に位置するため夏と冬で寒暖の差が非常に激しく、夏は暑く、冬は寒い。
年間降水量は日本の中では少ない方である。 気候は中央高地式気候に区分されるが、夏季には日本有数の酷暑となり、たびたび猛暑日に見舞われる。最高気温がニュースになることも少なくない。2013年(平成25年)8月10日に甲府地方気象台で観測された40.7℃は日本の気象観測史上、日最高気温歴代5位である。しかし、日中は暑いが、朝晩は気温が下がり熱帯夜になる日は少ない。
山梨県甲府市の夏の最高気温は「 40.7℃」

そんな山梨県甲府市の夏を楽しむ為の1つが「浴衣」です。
それは、浴衣を着る事で新たな発見・気付き・思いが生まれてきます。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 吉野聡
浴衣着て下駄を履き、和に囲まれた空間の中で打ち水をした石畳を歩く。


打ち水をした石畳。「フォートラベル」サイトより
この写真のイメージが浮かんでくるんです。

建築も同じです。
自ら体験・経験する事が大切。
そこから得る・吸収するものはたくさんあります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:16 | コメント (5) | トラックバック

2017年8月11日

2017年8月 残暑お見舞い申し上げます。

「残暑お見舞い申し上げます。」
厳しい暑さが続いておりますが いかがお過ごしでございましょうか。
日頃はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚くお礼申し上げます。
酷暑の折から くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
平成28年8月

毎年8月中旬。
多くの皆様がお盆休みとなりますが、吉野聡建築設計室は今年もお盆休みは無しです。
いつでもOPENしています。
お盆中も仕事ができる事。
多くの皆様からのご依頼。
本当にありがとう御座います。
この期間に一気に進めます。

そして、多くの皆様がお休みとなるお盆休みを使って
2017年夏休み・お盆休み 建築相談会+見学会を開催しています。
詳しくは、下記のブログをご確認下さい。
2017年7月17日
2017年8月お盆休み・夏休み 建築・デザイン・設計相談会

夢に向かって進む建築。
常に変化・進化し続ける建築。
多くの皆様に、新しい情報をたくさん知って頂きたい思いがあります。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
山梨県甲府市山梨県甲府市「吉野聡建築設計室」
明るい未来に向かって、大きな夢を持って進みましょう。

住宅、店舗、飲食店、事務所、工場、倉庫、集合住宅、各種病院
など建築の設計・監理
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月 9日

ブログ開始から9年7ヶ月。 明日は37回目のブログの休日。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、集合住宅、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震関係の耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査。
建築確認申請手続き、特殊建築物定期報告書検査作成、マンションの長期修繕計画書、各種申請業務 ・中古住宅の既存住宅現況検査員を行っております
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳細な業務内容については、吉野聡建築設計室HP
また、過去に設計を行った建築については、
完成写真がUPされていますprojects(プロジェクト)  
物件名がUPされていますworklist(業務リスト)
をご確認下さい。

いつも、弊社のブログにご訪問頂き、誠に有難う御座います。
また、ご依頼頂けるクライアントの皆様・私を支えて下さる皆様
全ての皆様に感謝の気持ちです。
誠に有難う御座います。

2008年1月19日にスタートしました
「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室ブログ」
明日のブログは、お休みさせて頂きます。
そして、吉野聡のFacebook個人ページ、吉野聡建築設計室のFacebookページ、朝食(朝ごはん)のFacebookページも休日にさせて頂きます。

吉野聡建築設計室
しかし、事務所はOPENしています。
よって連絡もOKです。
365日 いつでも・どこでも繋がります。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:47 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月 8日

木造住宅 和室6帖のリフォームも行っています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、集合住宅、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震関係の耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査。
建築確認申請手続き、特殊建築物定期報告書検査作成、マンションの長期修繕計画書、各種申請業務 ・中古住宅の既存住宅現況検査員を行っております
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳細な業務内容については、吉野聡建築設計室HP
また、過去に設計を行った建築については、
完成写真がUPされていますprojects(プロジェクト)  
物件名がUPされていますworklist(業務リスト)
をご確認下さい。

総事業費が数十億の公共建築の建築設計から、耐震診断・耐震補強設計。
そして、木造住宅の和室6帖のリフォームも行っています。

和室6帖のリフォーム
和室6帖のリフォーム。
畳を上げて工事のスタートです。

さまざまな建築設計を通じて、小さな増築・改修・リフォームも対応しています。
デザインや提案と工事をセットで行える。
ご依頼下さる皆様が、時間もコストも対応も全てにプラスになります。
建物に関する事でより良い提案をお求めの皆様。
小さなことでも、お気軽にご相談下さい。
デザイン・高性能・環境・コストのトータルサポートで対応させて頂きます。

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月 7日

立体駐車場の提案・検討・デザイン

自走式立体駐車場
自走式立体駐車場(㈱内藤ハウスサイトより)

自走式の立体駐車場。
公共施設や遊技場・市街地や郊外の大規模ショッピングセンターなど、限られた敷地の中で駐車場の必要台数を確保する為に設ける立体駐車場。
立体駐車場も、デザイン・工法・工期・コスト・関係法・・・。
また、前面道路や敷地条件による検討も必要になります。
「建築基準法、消防法、駐車場法」などの基準を満たしながら、工事着工前には建築基準法の確認申請書の提出をし、確認済証の交付が条件となります。
と言う事は、通常の建築と同じになります。

それは、計画時の検討内容も同じ。
今日のブログでは、「鉄骨造の自走式立体駐車場」の検討書についてUP致します。
「自走式立体駐車場」
鉄筋コンクリート造・鉄骨造に分けられます。
一口に鉄骨造の自走式立体駐車場と言っても様々な工法があります。
1.認定工法(駐車場メーカーの工法を採用する)
2.事務連絡工法
 (独立した2階建以下の自走式自動車車庫(1層2段、2層3段)の
  建築基準法における取り扱いについて)
3.在来工法(一般の鉄骨造)

ご依頼のあるお客様の条件の中で、何が良いのか。
規制関係法・条件・工法・工期・コストなどを一瞬に比較検討できる一覧表です。

立体駐車場 比較表
立体駐車場 比較表
この表に記載している「メリット・デメリット」は、それぞれの条件によって変わります。
立体駐車場においても、各種相談・検討時の詳細調査、関係法の確認などを行っています。
ご検討の皆様。
立体駐車場のご不明点・ご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせ下さい。
吉野聡建築設計室 吉野聡が対応させて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:26 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月 6日

台風・入道雲・積乱雲・ゲリラ豪雨!!事前の準備です。

2017年8月6日3時30分発表 
強い台風第5号は、6日2時には屋久島付近にあって、北東へゆっくり進んでいます。中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。

2019年 台風5号

9月まで続く台風。
事前に備える準備・対策を行って頂きたい。
建築に関係する事前準備は
①屋根材などの現状確認(屋根面での確認時は注意が必要です)
②屋上防水材のふくれ・破れ・破損などの確認
③軒樋、縦樋、側溝や排水口など排水経路の確認
④外壁面のクラック(ひび割れ)などの確認
⑤アンテナ・看板・外灯などの固定確認
⑥敷地内にある車庫や物置やゴミなどの確認
⑦植木などの外構の確認
⑧その他

そして、台風以外にも入道雲 積乱雲 ゲリラ豪雨に対しても同じです。

入道雲 積乱雲 
昨日の山梨県甲府市の積乱雲

それぞれの事前確認を行い、不具合がある場合には事前の対応をお願い致します。
事前の対応は安心・安全・笑顔に繋がります。
厳しい気候条件にも「被害0」となりますように。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:05 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月 5日

祝3500回 山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ

平成20年1月19日 livedoorブログでスタートした
「吉野聡建築設計室のブログ」
平成20年6月7日よりMovable Typeを使ったブログに変更しています。
毎日UPを基本としながら、Movable Typeブログが
平成29年7月下旬に「3500回」を迎えています。

祝3500回 ブログ
ブログ記事「3500」

毎日多くの皆様の訪問+コメントを有難う御座います。
また、ご依頼を頂けるクライアントの皆様、私を支えてくださる全ての皆様
感謝の気持ちでいっぱいです。
誠に有難う御座います。

2008年1月にlivedoorブログでスタートした吉野聡建築設計室のブログ
毎日、夜明け前にブログの更新を行いながら9年8ヶ月が経過しています。

このブログによって、これからの建築・技術。
そして、私の・弊社の建築に対する思い・ノウハウ・提案などを、多くの皆様にお伝えさせて頂いております。
その事によって、想像も出来なかった大きな・多くのチャンスを掴んで来ました。
有難う御座います。
これからも、弊社・私の目的・目標に向かって、一歩一歩 一生懸命に歩み続けて行きます。
今後とも宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:16 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月 4日

北杜市高根町の家 工事請負契約の締結

平成29年1月の中旬に、住宅建築の設計相談がありました建築主のS様。
S様は、長年山梨県や地元北杜市に多くの功績を残され、多くの経験・知識をお持ちの先生です。
敷地調査・関係法などの確認を行い、またヒアリングは、短期間に多くの時間を費やしながら密に行ってきました。
ご協力を有難う御座います。
設計相談から7ヶ月。
各種相談の後、基本プラン・建築デザイン、資金計画、全体スケジュール。
そして、実施設計・各種申請手続きを行ってきました。
共に1歩1歩、確実に着実に歩んできました7ヶ月。
全てがスムーズに流れています。
平成29年7月下旬、施工者との工事請負契約を行いました。

北杜市高根の家 工事請負契約の締結
北杜市高根の家 工事請負契約の締結
おめでとう御座います。 そして有難う御座います。
これからは、現場監理を通じながら宜しくお願い致します。

隣地に母屋がある新築工事。
建築基準法や北杜市独自の条例・基準などをクリアさせながら、多くの条件があるS様の生活に適した、快適の楽しい・安全・安心な住宅建築となります。
「S様の喜びは、私の喜び」
今後とも、宜しくお願い致します。

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:24 | コメント (4) | トラックバック

2017年8月 3日

限りある予算の中でプラスαのデザイン・設計2/2

吉野聡建築設計室に設計をご依頼くださったクライアントの皆様の建築
より良い条件の提案について、努力は惜しみません。
本日は、その1つをUP致します。

全ての建築に関係する「予算条件
同じ条件は1つもありません。
だからこそ、その建築に関係する全てのコスト管理が大切です。
計画時に提案する吉野聡建築設計室オリジナルの資金計画表が大切になります。
詳しくは、2012年5月21日 「計画時に検討する費用(建設費)」をご確認下さい。

コスト管理も計画通りに進めています。
その1つが「建築工事費」についてです。

ネゴシエーション
建築工事費について
見積内容を詳細にチェック
そして、工事請負業者(施工者)とのネゴシエーションの現場

設計をご依頼下さるクライアントの皆様が、1つでも良い・有利な条件で工事請負契約(施工契約)を行って頂きたい。
そんな思いです。

昨日のブログ、または吉野聡建築設計室HP conceot(コンセプト)にUPされてる情報
デザイン(設計の依頼)すると高くなる...?
そんな話は私たちには嘘の話です。
希望する予算の中で検討していきます。
毎日の生活が楽しくなるデザイン(設計)提案します。
これが、吉野聡建築設計室の設計する建築です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (3) | トラックバック

2017年8月 2日

限りある予算の中でプラスαのデザイン・設計1/2

建築の設計を行っています「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築など、建築設計を考える時に全体の予算(コスト管理)が大切になります。
「予算」
これも建築条件の1つです。

yoshino.s design office.jpg

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡
自信を持ってお話させて頂きます。

・ デザイン・高性能・環境・コスト
これからの建物は、デザイン・高性能・環境・コストの4つの要素で検討するべきです。
これらの事についてさまざまな情報があります。
他の人が知らない事、たくさん提案をします 。

・デザイン料(設計費)
建物が完成するまでに多くの諸経費まで負担していませんか。
また、多くの別途費用を見過ごしていませんか。
全体でのコスト管理が大切です。
デザイン(設計の依頼)すると高くなる...?
そんな話は私たちには嘘の話です。
希望する予算の中でプラスαの検討・デザイン・設計していきます。
毎日の生活が楽しくなるデザイン・設計です。

・トータルサポート
全体スケジュール・土地検索・融資(住宅ローン)・保険・引越しなどの資金計画・税金など...。
これから建築を依頼しようとする人に最もBESTなノウハウ・データを提供します。
トータルでサポートする。
それが私たちにできることです。

吉野聡建築設計室HP conceot(コンセプト)にUPされてる情報です。

ご依頼くださったクライアントの皆様の建築
これらの提案について、努力は惜しみません。
その1つを明日のブログでUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:24 | コメント (2) | トラックバック

2017年8月 1日

毎日更新し続けるブログは「朝礼」です。

2008年1月19日にスタートした
「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室ブログ」
スタート時はlivedoorブログを使っていましたが、2008年6月7日にMovableTypeブログに変更しています。
ブログを始めてから9年5.5ヶ月。
毎日のUPを基本としております。
そして、ブログをUPする時間は「AM3:26」
この時間にUPするのには、大きな・多くの意味があるんです。
その中の1つが、Web・blog・Facebookを更新する時間が無いんです。
時間が無いから諦めるのではなく、出来る方法を探した結果がこの時間です。

ブログを作る・ブログをUPする・皆様のブログに訪問させて頂く事で、たくさん情報が入ってきます。
建築設計に対する思い・考え・取組。
山梨県をはじめとする日本全国の情報や流行・デザイン。
そして、人と人との繋がりもプラスに。

私は、弊社のブログに訪問して下さる皆様にとって、「1つでもプラスになれば」の思いでブログをUPしています。
9年5.5ヶ月、継続して行って来たことで、新たな発見・気付き・対応が生まれています。
それは、自分自身が大きなプラスなっています。

そんな大切に育てている山梨県甲府市 吉野聡建築設計室ブログ。
「朝礼」として位置づけています。
一日のスタートとなる朝。
その一日を良い日にする為には、良いスタートを切る。
そんな思いです。

吉野聡建築設計室 吉野聡

吉野聡建築設計室 吉野聡

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:25 | コメント (3) | トラックバック