« 「和食味処 かかし」(イオンモール甲府昭和1F)リニューアル | メイン | 白アリ被害にあった木造アパートの調査・見積・改修工事2/2 »

2017年10月24日

白アリ被害にあった木造アパートの調査・見積・改修工事1/2

シロアリは雑食性昆虫で、加害力の強烈な昆虫ですので、木柱、まくら木、木柵、杭木などの木材のほか、生きた樹木や農作物、プラスチック・ゴム類、繊維類、皮革類をも加害します。ネコやネズミなどの動物の死骸、墓地や納骨堂の人骨まで侵す場合もあります。さらに、煉瓦やコンクリート、金属も軟らかい鉛や薄板は加害します。

シロアリ被害にあった柱
シロアリ被害にあった柱(内部がスカスカです)

木造家屋などに棲みつき木材(場合によってはコンクリートやプラスチック、動物の死骸なども食い荒らすこともあるを食い荒らすシロアリ。
被害にあうと大きなダメージ・損害になる事があります。
新築時に行った防蟻処理。
白蟻防除剤の効果は、5年程度しか続きません。
その為に、定期的なシロアリ対策が必要になります。

シロアリにおける防蟻処理は
「シロアリ(白蟻)における対応は、地盤面から1mまで」
・建築基準法施行令49条2(外壁内部等の防腐措置等)
2 構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない。
住宅金融支援機構が定める技術基準の木造建築の仕様書にも同じような内容で示されています。

そのような内容で勉強してきましたが、実際には違うんです。
シロアリ調査のご依頼がありました山梨県富士川町の木造のアパート。
和室の真壁の柱を見た瞬間に驚きです。

この続きは明日のブログで!!
驚きの写真をUPします。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2017年10月24日 03:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4023

コメント

吉野聡建築設計室さん

おはようございます!

写真をみてもボロボロになっていることが分かります。

これは確かに驚きです・・・。

投稿者 溶射屋 : 2017年10月24日 05:39

すごいものですねえ
驚きです

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2017年10月24日 07:59

こんにちは!

明日のブログが楽しみです^^

投稿者 モルタルマジック : 2017年10月24日 18:25

こんにちは。
我が実家もシロアリの被害に遭っています。
古い家は、対策が難しいです。

投稿者 保険屋あい : 2017年10月24日 20:10

吉野さん、こんばんは!

シロアリ対策は重要ですね~
見えないところで進行しますから。

投稿者 みんなニコニコ医療食のよっしー : 2017年10月24日 23:02

コメントしてください




保存しますか?