« デフラグ(最適化)で快適になったパソコン。 | メイン | 断熱で生活が・社会が・経済が・世界が変わります1/3 »

2017年10月 9日

建築CADで描く建築設計図

山梨県甲府市徳行3-3-25にあります吉野聡建築設計室
設計図は、パソコンソフトの建築CADを使って描いています。

軒先の詳細図
建築CADを使い1本1本ミリ単位で描く鉄骨造の「軒先の詳細図」
その建築のデザインや納まり。
そして、工法やコスト・各種法律・耐久性・施工性も同時に考えます。
時には、頭の中は3D(立体)にしています。

そのような事を考え・想像しながら描く「建築設計図」
弊社のWebサイトのTOPページにUPしています
「もっと簡単に設計をする方法はあるけれど、人はみんな違うその人のための建築 みんなが知らない数多くのことを伝えていく...伝わると信じて...」
「伝えるから・伝わる」
設計図を描くときにも、この思いがあります。
そして、この設計図によって造られる建築を使用する皆様の笑顔を見る為に。
だからこそ、建築設計図も大切にしています。

住宅、店舗、飲食店、事務所、工場、倉庫、集合住宅、各種病院
など建築の設計・監理
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2017年10月 9日 03:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/3882

コメント

吉野聡建築設計室さん

おはようございます!

昔のドラフターから比べれば図面を描くスピードやより細かい所の設計図が描きやすく鳴っているのでしょうね。

投稿者 溶射屋 : 2017年10月 9日 07:48

こんにちは。
>頭の中は3D(立体)にしています。
  これが難しいですよね。
  昔は模型を作ったりしたのでしょうが、
  今は、パソコンが立体映像を作ってくれますね。

投稿者 保険屋あい : 2017年10月 9日 19:50

昔はドラフター使いましたよね

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2017年10月 9日 21:01

コメントしてください




保存しますか?