« 2018年 第15回Mt.富士ヒルクライムに出場します。 | メイン | 1月~2月極寒の甲府市 オール電化の弊社の電気料金1/2 »

2018年3月12日

建物の中古物件の利用 必ず事前に確認して下さい。

今ある建物(中古物件)を利用して、新たな形として再利用する。
「リノベーション」
リノベーション(renovation)とは。
既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることである。

既存建物を再利用する事で
解体における産業廃棄物や建築資材における削減と言う、環境面の向上が期待できます。
そして、建築に関するエネルギーの軽減にも。
更に、コスト面でも大きな削減となります。
たくさんのプラスがある
「今ある建物(中古物件)を利用して、新たな形として再利用するリノベーション」
この取組、弊社でも積極的に行っています。

しかしです。
多くの物件に関わると、それぞれに多くのマイナスがある事が理解できます。
このマイナスに注意して下さい。
不動産の中古物件は、宅建業法で取引されます。
しかし、その建物自身は建築士が専門になる建築基準法に該当します。
不動産の宅建業法・建築士の建築基準法。
横のつながりが弱いんです。
だからこそ、中古物件をご検討されている皆様。
事前に建築士にご相談ください。

そして、まずは下記の範囲のチェック行って下さい。
・新築時・増築時・改修時の設計図はあるか?
・建築確認申請書はあるか?
次に、その建物が「現行の建築基準法を満足しているか?」
満足していない時には、
・何がNOなのか?
・対応が可能なのか?
・費用はどのくらいかかるのか?
・買い手側・売り手側のどちらが負担するのか?
中古物件(不動産)の購入前に、必ず確認してください。

平成26年12月、平成27年1月に調査をご依頼下さった企業様
既存建物の調査報告書を提出です。

建築基準法 違反建築
建築基準法の違反建築(画像加工済)
その建築を見た瞬間に、どこが・どれが違反建築かを把握です。

中古建物の取引を行う前には、必ず「現行の建築基準法」の確認を行ってください。
知っていると知らないでは、大きな差が起こります。
弊社では、そのような調査も行っています。
中古物件をご検討されている皆様。
中古物件を取り扱う不動産会社の皆様。
お気軽にご相談下さい。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年3月12日 03:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4109

コメント

こんにちは!

古い物件だとアスベストが残っていたりしますからね(;^_^A専門家の方にお任せします。

投稿者 モルタルマジック : 2018年3月12日 17:08

こんにちは。
素人には、中古物件の善し悪しの判断は難しいですね。
不動産業者の言いなりにならないで第三者の専門家の目が必要ですね。

投稿者 保険屋あい : 2018年3月12日 19:26

コメントしてください




保存しますか?