« 平成30年春の全国交通安全運動 | メイン | 地震が原因でおきた火災と火災保険 »

2018年4月 9日

中古物件・中古建築・中古建物をご利用時の注意点

今ある建物(中古物件、建物、建築)を利用して、新たな形として再利用する。
既存建物を再利用する事で、解体における産業廃棄物や建築資材における削減と言った、環境面の向上が期待できます。
そして、建築に関するエネルギーの軽減にも。
更に、コスト面でも大きな削減となります。
たくさんのプラスがある中古物件・中古建築・中古建物の再利用。
「今ある建物(中古物件)を利用して、新たな形として再利用するリノベーション」
この取組、弊社でも積極的に行っています。

しかしです!!
多くの物件に関わると、それぞれに多くのマイナスがある事が理解できます。
このマイナスに注意して下さい。
不動産の中古物件は、宅建業法で取引されます。
しかし、その建物自身は建築士が専門になる建築基準法に該当します。
不動産の宅建業法・建築士の建築基準法。
横のつながりが弱いんです。
だからこそ、中古物件をご検討されている皆様。
事前に建築士にご相談ください。

そして、まずは下記の範囲のチェック行って下さい。
・新築時・増築時・改修時の設計図はあるか?
・建築確認申請書はあるか?

次に、その建物が「現行の建築基準法を満足しているか?」
満足していない時には、
・何がNOなのか?
・対応が可能なのか?
・費用はどのくらいかかるのか?
・買い手側・売り手側のどちらが負担するのか?

中古物件(不動産)の購入前に、必ず確認してください。

4月の上旬にご相談がありました中古の店舗を利用して、運動系の建築にリノベーションしたいとのご相談です。
既存建物の設計図を確認した時にです。

建築基準法 違反建築
建築基準法の違反建築
その設計図を見た瞬間に、どこが違反建築かを把握です。

中古建物の取引を行う前には、必ず「現行の建築基準法」の確認を行ってください。
知っていると知らないでは、大きな差が起こります。
弊社では、そのような調査も行っています。
中古物件をご検討されている皆様。
中古物件を取り扱う不動産会社の皆様。
お気軽にご相談下さい。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年4月 9日 02:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4209

コメント

おはようございます。
横も縦も、なんなら斜めも強い吉野さん
全方位に隙が無いからこそ、多くの提案が出来るわけですね(^^)

投稿者 あめつち菜人 : 2018年4月 9日 05:47

そうですねセカンドオピニオンが重要ですね。

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2018年4月 9日 05:57

こんにちは。
吉野さんのブログを読んでいると分かりやすくて
建築のことに対して相談しやすそう、聞きやすそうと感じます!(^^)!

投稿者 三島のリフォーム屋さん ハナワ : 2018年4月 9日 16:19

こんにちは!

数年前ならOKでも今は法律でダメ、なんてこともありますからね><ダメなところは直して安心して暮らせる住まいを手に入れたいですね。

投稿者 モルタルマジック : 2018年4月 9日 16:53

こんにちは。
再生利用は、必要ですが、注意も必要なのですね。
信頼出来る専門家が必要ですね。
吉野さんに頼るのが一番ですね。(^^ )

投稿者 保険屋あい : 2018年4月 9日 19:27

コメントしてください




保存しますか?