« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

2018年5月31日

地球・環境・自然・私たちを救うヨシノデザインの建築3/3

過酷で厳しい・危険な日本の夏。
エアコンなしで生活するのは、我慢の限界です。
それは、この厳しい暑さに耐える事が出来ない「建物」にも原因があります。

日本に建つ約6060万戸(平成25年)の住宅建築。
その多くが、現行基準の断熱性を満足できていません。
温暖化・エネルギー問題・環境問題がある中で、建築分野の省エネルギーが求められています。
その中でも、住宅建築の省エネルギー化です。
しかしです。
下記のグラフを確認してください。

住宅ストックの基準適合率
5000万戸の住宅の断熱基準適合率
右の表を見てください。
現行の断熱基準・性能を満たした住宅建築が僅か「5%」
日本にある住宅のほとんどが断熱を満足していません。
これが現状です。
これでは、暑い・熱い夏を乗り切る事が出来ません。
必要以上に大きなエネルギーを使い、エアコンで冷やしているのが現状です。
環境問題・エネルギー問題・健康問題・空き家問題などに大きなマイナスです。

弊社が提案し続けている「断熱」
快適さ以外に、環境・エネルギーなど、様々な問題をクリアさせる事が出来ます。
だからこそ、
ヨシノデザインの「高断熱建築・無暖房建築」
このブログを使って何度も・何度も提案しています。
これからもです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:58 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月30日

地球・環境・自然・私たちを救うヨシノデザインの建築2/3

今年も危険・過酷な暑い・熱い夏がやってきます。
そんな暑さでも涼しい建築。
ヨシノデザインの建築は、基本から違います。
それは、冬を基準としているからです。

厳しい寒さに耐える建築
環境の厳しい地域の冬。(yahoo画像より)

冬を基準で造られた建築は、より高性能な断熱性能が求められ、外部環境に左右されにくい仕様となります。
その結果、室内の快適な環境が長時間持続します。
と言う事は、消費電力が少なくなり月々のコストを抑えることが出来ます。
更に!!地球環境(CO2削減)問題、エネルギー問題への貢献にも繋がります。

断熱性能の追及した建築とは、断熱性能を高めるだけではありません。
建物配置・間取り(プラン)・建築デザイン・開口部(窓)と建築材料などが関係します。
それぞれの小さな取組が1つになる事で、大きなパワーを発揮します。
「それが厳しい夏の快適性に繋がってくるんです」

弊社がデザインする断熱性能が良い建築とは??
洞窟や地下水をイメージして下さい。

洞窟の中 地下水
(yahoo画像より)
 
洞窟の中は、夏は涼しく・冬は暖かい。
また、地下水は夏に冷たく・冬に温かい。
それは、洞窟や地下水が外部の環境にされない空間にあるからです。
基本が冷暖房などの設備機器ではないので、故障やメンテナンスも必要ないんです。
そして、その効果はそのまま続きます。

メリットしかない弊社が提案している断熱性能が良い建築。
「暑い夏を快適に過ごす為には、環境の厳しい冬を基準とすべき」
これからの基準・基本となります。

明日のブログは、
「日本の住宅建築 断熱性と耐震性の現状について」UPします。
この厳しい暑さに耐える事が難しい理由があります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月29日

地球・環境・自然・私たちを救うヨシノデザインの建築1/3

今年も危険な過酷な暑い・熱い夏がやってきます。
近年では、建物中にいても熱中症になる方が増えています。
今から30年~40年前。
昭和の頃は「夏がこんなに暑くなかった
そんな思いを持っているのは、私だけでは無いと思います。

過去100年 日本の夏の平均気温
気象庁が発表している「日本の季節平均気温差
日本の夏(6〜8月)の平均気温を過去100年で見た時に、約1.06℃の割合で上昇しています。
毎年、暑さが厳しくなっています。
地球環境・エネルギー問題に貢献する為に、エアコンを控えるのも限界です。

そこで、弊社が提案する「猛暑・暑さにも強い建築」
誰でも・直ぐに・その建築を使った瞬間に効果を実感できます。
また、機器設備を使用しない為に故障も無く効果が持続します。
未来の地球や環境を考えると、弊社が提案する建築しかありません。

その建築とは、このブログでも何度となくUPしている、弊社の「オリジナルの高断熱建築」です。
暑い・熱い夏でも涼しんです。
それはなぜか??
その理由は、明日のブログでUPします。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月28日

特殊建築物定期調査報告防火設備 防火戸・防火シャッターなどの点検

平成25年10月に福岡市の診療所の火災で死者10名、負傷者5名の被害が出たことなどを受け、建築基準法の定期報告制度が強化され、新たに「防火設備の定期検査報告」が創設されました。
この防火設備の定期検査報告は、これまで特殊建築物等の定期調査報告で行ってきた防火設備の調査項目のうち、煙感知器や熱感知器(温度ヒューズ式を含む)と連動して閉鎖又は作動する防火設備(防火扉、防火シャッター、耐火クロススクリーン、ドレンチャー等)について、報告対象建築物の所有者又は管理者が、新たに創設された専門技術者である"防火設備検査員"等に作動状況等を検査させ、その結果を特定行政庁に報告するものです。
この防火設備の定期報告は平成28年 6 月 1 日から施行され、全ての検査対象防火設備について毎年報告となります(公益財団法人 東京都防災・建築まちづくりセンター資料抜粋)

簡単に説明すると、防火設備(防火扉、防火シャッター、耐火クロススクリーン、ドレンチャー等)について、毎年正常に動くかを確認して、その結果を特定行政庁に報告する事です。

防火シャッターの点検
防火シャッターの点検

防火戸の点検
防火戸の点検

防火戸は、建築基準法に規定される防火設備の一種です。
通常時には通行する事が可能ですが、火災時に火や煙を遮る大切な・需要な役割を果たします。
火災時に被害を拡大させない事や、人命を確保する為の大切な・重要な役割を果たす防火戸。
定期的な点検で安心・安全な建築を」の思いです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月27日

静岡県藤枝市 蓮華寺池公園

「環境の厳しい山梨、そして極寒の北海道でも快適に生活できる建築を、温暖気候の静岡県へ!!」
山梨県甲府市にあります吉野聡建築設計室
もう1つの拠点が静岡県沼津市にあります。
そんな事もあり、頻繁に静岡県沼津市・富士市・静岡市・藤枝市の建築設計を行っています。
山梨県甲府市から静岡の各地まで、車で1.5時間~2.5時間で行くことが出来る距離。
そして、平成31年度には中部横断道が開通する為、各地まで1時間以内となりグンと近くなり更に便利になります。
静岡県で頻繁に訪問している藤枝市。

訪問した時に良く行くのが「蓮華寺池公園
蓮華寺池公園 

蓮華寺池公園 案内図
蓮華寺池公園 案内図
1年を通じてとっても良い公園です。

5月上旬の早朝に訪問した時にも、多くの皆様がウォーキングをされているんです。

蓮華寺池公園 ウォーキング
朝一番から良い環境でのウォ―キング。
人も・環境も・自然も、全てが輝いています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:57 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月26日

5月 山梨県 笛吹市の桃

笛吹市は山梨県甲府盆地の東に位置し、市名に由来する笛吹川が市の中心を流れています。笛吹川対岸に広がる扇状地は「桃源郷」と呼ばれるにふさわしい、生産量日本一を誇る桃の栽培エリアになっています。そんな桃源郷の桃の花は笛吹市の春の象徴であり、多くのたとえにあげられる「まるでピンクの絨毯を敷き詰めた」見事なまでの春景です。
それから1.5ヶ月の爽やかな初夏となる5月上旬。
山梨県笛吹市の桃の木には、小さな実を付けています。

爽やかな5月 笛吹市の桃畑

5月 笛吹市の桃

あと、1.5ヶ月程経つと、露地桃が出荷が始まります。
日川白鳳 6月下旬~7月上旬
加納岩白桃 6月下旬~7月上旬
なつき 6月下旬~7月上旬
川中島白桃 8月上旬~8月中旬
金桃(きんとう):黄桃 7月上旬
白鳳 7月上旬~7月下旬
黄美娘(きみこ):黄桃 7月中旬~8月上旬
なつっこ 7月下旬
黄金桃(おうごんとう):黄桃 8月上旬~8月下旬
(JAふえふきサイトより)

その後はぶどう・梨・柿と楽しみが続きます。
フルーツ王国山梨の楽しみの1つです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:09 | コメント (2) | トラックバック

2018年5月25日

平成初期の住宅とヨシノデザインの床下の違い

建築の分野も「日清月歩」です。
日々の変化・進化を学びながら、それぞれの建築にある条件に応じた提案を行っています。
先日、約20年前に建てられた木造の住宅建築を調査致しました。
その当時の工法・建築材料・設備機器・関係法で作られた住宅。
20年と言う月日の中で、建築も大きく変化・進化しています。
1つ例を挙げさせて頂きます。
1階の床下について。

20年前の木造建築の1階床下
20年前の木造建築の1階床下

吉野聡建築設計室が設計する木造建築の床下
吉野聡建築設計室が設計する木造建築の床下

各種建築材料・工法など明らかな違いがあります。
湿気や耐久性・快適性に大きな差が生まれます。
そして、床下の断熱材です。
20年前の木造建築の1階床下の写真をご確認下さい。
ヨシノデザインの木造住宅では、写真内の赤丸(基礎内断熱・床下断熱)の部分に断熱材を設けます。
そして、地盤面にある緑丸
地中内の湿気が上がってこないように、また基礎をより強くする為に鉄筋コンクリートを設けます。
それらを表した写真です。

吉野聡建築設計室 木造住宅の床下の仕様
白い部分にある青い矢印(→・↓)が基礎断熱材
基礎の底板面は鉄筋コンクリート
赤丸は、防湿・消臭効果がある紀州備長炭
1階全面が大きな空気清浄器となります。

詳細は下記のリンク(8秒の動画もご確認下さい)
2012年11月11日
毎日使い続ける建築によって健康になる

このように、床下の1つを見ても大きな違いがあります。
これらの積み重ねによって造られる木造住宅。
驚くような大きな違いが生まれます。
「より快適な生活をして頂きたい」
その思いがあるからこその提案です。

そして、この優れた技術を病院・診療所・介護施設・老人ホームなどにも採用しています。
快適な空間を作る為に、ヨシノデザインの建築は基本から異なります。

吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
web   http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei
     https://www.facebook.com/sy.breakfast

投稿者 2715201 : 03:08 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月24日

外壁ALCのコーキングの劣化+雨漏れ

外壁材として使用されるALCとは
"Autoclaved Lightweight aerated Concrete" (高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)の頭文字をとって名付けられた建材で、板状に成型したものを「ALCパネル」と呼びます。
ALCの製造技術は1962年にヨーロッパより日本国内に導入されました。以来50年、ユーザーの皆様の品質や意匠面での高い要求にお応えすることでALCパネルは発展を遂げ、今や超高層ビルから一般住宅にいたるまで、現代建築に欠かせない材料として位置づけられています(ALC協会サイト抜粋)

高温高圧で蒸気養生された軽量気泡コンクリート(ALC)」は、一般的にパネル状に成型され、鉄骨造の外壁・屋根・床・間仕切壁などに使用されており、軽量で断熱性や耐火性などに優れています。外壁パネルはさまざまなデザインの意匠パネルが用意されていおり多くの建築で採用されています。
そんな優れた建築建材のALC。
外壁面に使用する時には、それぞれのジョイント部分をコーキング処理を行った上に、塗装工事で仕上ます。

ここで問題になるのが、ALC・塗装・コーキングのそれぞれの耐年数の違いです。
この3つの材料の中で最も劣化の早いコーキング。
条件によって変わりますが、10年を1つの目安と考えてください。
外壁の雨漏れの原因の1つに、コーキングの劣化によることがあります。

ALCのコーキング改修工事
ALCのコーキング改修工事
一緒にサッシ廻りのコーキングも行います。

ALCサッシ廻りのコーキング
サッシ廻りのコーキング

外部に足場を掛けて行う、外壁廻りのコーキング工事。
外壁の塗装工事も一緒に行う事で、新築時のような輝きとなります。
また、色彩を変えてイメージの変更も可能です。
そして!!足場代の経費削減にもプラスになります。

外壁にALCを使っている建築の所有者様。
定期的な点検+コーキングの改修工事は、建物の寿命を延ばすほか、私たちの生活も安心となります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:11 | コメント (5) | トラックバック

2018年5月23日

祝3800回 山梨県甲府市 吉野聡建築設計室のブログ

平成20年1月19日 livedoorブログでスタートした
吉野聡建築設計室のブログ
平成20年6月7日よりMovable Typeを使ったブログに変更しています。
毎日のUPを基本としながら、Movable Typeブログが
平成30年5月中旬に「3800回」を迎えています。

吉野聡ブログ 3800回

毎日、多くの皆様の訪問+多くのコメントを有難う御座います。
また、ご依頼を頂けるクライアントの皆様、私を支えてくださる全ての皆様
感謝の気持ちでいっぱいです。
誠に有難う御座います。

2008年1月にlivedoorブログでスタートした吉野聡建築設計室のブログ
毎日、夜明け前にブログの更新を行いながら10年5ヶ月が経過しています。
このブログによって、これからの建築・技術。
そして、私の・弊社の建築に対する思い・ノウハウ・提案など、多くの皆様にお伝えさせて頂いております。
その事によって、想像も出来なかった大きな・多くのチャンスを掴んで来ました。
有難う御座います。
これからも、他には無い優れた建築を提案させていただく事で、多くの皆様の笑顔を見たい。
だからこそ、一歩一歩 一生懸命に歩み続けて行きます。
今後とも宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月22日

建築の構造 アルファベットの頭文字をとった名称

建築の構造には、代表として
1.木造
2.鉄骨造
3.鉄筋コンクリート造
4.鉄筋鉄骨コンクリート造
があります。

それぞれの構造の材料・材質をアルファベットの頭文字をとり
1.木造(W造)「Wood」
木造

2.鉄骨造(S造)「Steel」
鉄骨造
鉄骨造の建築

3.鉄筋コンクリート造(RC造)「Reinforced Concrete」
.鉄筋コンクリート造

.鉄筋コンクリート造

4.鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC造)「Steel Reinforced Concrete」
と表現しています。
鉄筋鉄骨コンクリート造
鉄筋鉄骨コンクリート造(建築の仕事と納まり詳細より抜粋)

その他、
・コンクリート充填鋼管構造(CFT造)
・壁式鉄筋コンクリート造(WRC造)
・コンクリートブロック造(CB造)
があります。
建築の構造も、その建築にある様々な条件によって変わります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:58 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月21日

食品に関する建築と食品衛生法の確認

一般食堂、料理店、すし屋、そば屋、旅館、仕出し屋、弁当屋、レストラン、カフェー、バー、キャバレーその他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる飲食店。
また、食品に関する製造を行う工場などの営業を行う時には、食品衛生法の営業許可が必要になります。
その為には、これらの営業施設が山梨県の場合には、山梨県食品衛生法施行条例第4条に基づく施設の基準に適合しなければなりません。

甲府市、甲斐市、中央市、昭和町を管轄する中北保健福祉事務所内にある
中北保健福祉事務所(中北保健所)
甲府市太田町9-1にあります。

中北保健所

食品に関する建築の設計を行う場合には、事前に食品衛生法と建築設備の内容について、中北保健所へ事前に相談を行います。
部屋の面積・区画・施設・床の仕上材・壁の仕上材・天井の仕上材・排水・採光・換気・防虫・手洗いなどの基準があります。
また、それぞれの内容で独自の指導も受けます。
これら内容をクリアできるように設計を行い、計画・設計・工事へと進んで行きます。

営業許可の流れ。
①事前相談(工事着手前の保健所窓口相談)
②申請
③施設検査の打合せ(検査日の予約)
④施設の確認検査
⑤許可書の交付

食品と言っても、いろんな形態があります。
どんな料理なのか・パン・和菓子・洋菓子・惣菜・加工品・乳製品・・・などなど。
どんな材料で何を作るのか。
また、どのような形で提供するのか。
それぞれに基準が変わります。
食品に関する建築は、建築基準法・消防法・浄化槽法・・・以外に保健所(食品衛生法)も関係します。
だからこそ、事前に詳細の打合せが必要です。

山梨県 中北保健所での打合
食に関する建築設計。
山梨県 中北保健所での事前打合

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (2) | トラックバック

2018年5月20日

2018年「富士ヒルクライム」トレーニング2/2

富士ヒルクライム コース案内
富士ヒルクライム コース案内
・スタート:富士北麓公園 (計測開始地点:料金所手前)
・フィニッシュ:富士山五合目
・距離 :25km (計測部分24km)
・標高差:1,270m(計測部分1,255m)
・勾配:平均5.2%、最大7.8%
昨年の優勝タイムは58分31秒。 
2018年「富士ヒルクライム」
3年ぶりに大会にエントリーです。

昨日のブログでUPしました、今年初めての富士ヒルクライムのトレーニングは、惨敗の結果でした。
反省や修正を調整をして、1週間後に第2回目のチャレンジです。
この日は、サイクリストの仲間2人と共にです。

富士スバルライン料金所
スタートとなる富士スバルライン料金所
・左から1950年(昭和25年)生 68歳の清水様。
 私よりはるかに速く・体力があるスーパーアスリートです。
・真ん中が吉野聡です。
・右は、山梨県昭和町にある、身体と心に優しい自然素材の家具、キッチン、家、雑貨を提案するオシャレな専門店。
 「シャルドネ甲府店」 代表取締役 平出様 

ゴールの富士山五合目
ゴールの富士山五合目
気になるタイムは!!

富士ヒルクライム タイム
1時間36分34秒です。

富士ヒルクライムの過去の記録は
・1回目:「2時間04分」
・2回目:「1時間57分」
・2年前の富士ヒルの大会は「1時間49分33秒」
・4回目:「1時間42分」
・5回目:「1時間38分」
・6回目:「1時間37分」
・7回目:「1時間47分」
・8回目:「1時間46分53秒」

前回より約10分の短縮となった、自己ベストを更新です。
今年は、1時間30分を切りたい!!
目標に向かって更なるトレーニングです。
※今年はあと2回、富士ヒルのトレーニングに行きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月19日

2018年「富士ヒルクライム」トレーニング1/2 

良い仕事を行う為には、何と言っても健康でなければ・タフでなければ・パワーを持ってなければなりません。
そして、人一倍体力・耐力・持久力が必要です。
でなければ、365日24時間動けません。
平成26年6月から始めたロードバイク(自転車)の練習。
確実にパワーUPしています。
そんなパワーを試す為に、定期的に大会に出場しています。
その一つが「富士ヒルクライム」
3年ぶりに大会にエントリーです。

富士ヒルクライム コース案内
富士ヒルクライム コース案内
・スタート:富士北麓公園 (計測開始地点:料金所手前)
・フィニッシュ:富士山五合目
・距離 :25km (計測部分24km)
・標高差:1,270m(計測部分1,255m)
・勾配:平均5.2%、最大7.8%
昨年の優勝タイムは58分31秒。 

5月12日(土)2018年初めてのトレーニングに行ってきました。

富士北麓公園に車を止めて
富士北麓公園に車を止めて。
背景に写る富士山の中腹まで行きます。
まずは、スバルラインの料金所までウォーミングUPです。

スバルライン料金所
スバルライン料金所
トレーニングはここからがスタートとしています。
ゴールの五合目まで思いっきり苦しみます。

ゴールの富士山五合目

海外の観光客でいっぱいの富士山五合目
いつものことながら、外国の観光客でいっぱいの富士山五合目。

そして、気になる結果は!!
富士ヒルクライムの過去の記録は
・1回目:「2時間04分」
・2回目:「1時間57分」
・2年前の富士ヒルの大会は「1時間49分33秒」
・4回目:「1時間42分」
・5回目:「1時間38分」
・6回目:「1時間37分」
・7回目:「1時間47分」
そして8日目となる今回の結果は!!

8回目のタイム
1時間46分53秒。
惨敗です。
敗因は理解しています。
1.30分を超えるロングのトレーニング不足。
2.1合目の駐車場から横っ腹の痛みが発生。
 ゴールまで治らなかった・・。
3.結果、心拍が160以上に上げることが出来なかった。
と言っても、これは明らかにトレーニング不足です。
今年は、1時間30分を切りたい!!
目標に向かって更なるトレーニングです。

明日のブログは、上記の反省点を踏まえて挑んだ「第2回目の富士ヒルクライム」をUPします。
どうなったのか??こうご期待です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (1) | トラックバック

2018年5月18日

雨のシーズン 梅雨に備えて「事前の準備」

四季のある日本。
毎年6月前半~7月後半の1.5ヶ月の間は、雨の多い「梅雨」の季節になります。
建築では、雨季のシーズンに向けて事前準備・対策を始めなければならない時期です。
まずは「事前確認」からスタートです。
①屋根材などの現状確認(屋根面での確認時は注意が必要です)
②屋上の防水材のふくれ・破れ・破損などの確認
③軒樋、縦樋、側溝や排水口など排水経路の確認
④外壁面のクラック(ひび割れ)、コーキングなどの確認
⑤アンテナ・看板・外灯などの固定確認
⑥敷地内にある車庫や物置やゴミなどの確認
⑦植木などの外構の確認
そして「排水経路の確認」です。

排水溝に流れる込む雨水

敷地内にある側溝
吉野聡建築設室の敷地内にある排水溝
「雨が降った時に撮影」
(Photoshopにてモノトーン調に加工)
気持ち良く水が流れています。
日頃のメンテナンスが、確実な役目を果たしてくれます。

雨の多い日が続きます。
トラブル後の対応では、多くの時間と費用が必要になる事もあります。
「事前の準備」をお勧め致します。
「時間的に難しい、そして対応しきれない」
そんな時は、吉野聡建築設計室までご連絡頂ければと思います。
早急に対応させて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:54 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月17日

クレセント(鍵)が無い引違窓

外の景色を見たり、採光・換気・排煙などにも有効な窓。
季節の良い時には、窓をいっぱいに開けて外の新鮮な空気を部屋いっぱいに取り込みます。
しかし、外出時には鍵を閉めます。

クレセント(鍵)
その鍵の1つ「クレセント」(鍵)についてです。
「クレセント」(鍵)とは。
アルミサッシの窓に多く用いられている建具用の締め金具の一つ。アメリカの金物メーカー、クレセント社の大ヒット商品である。まさに三日月(crescent)型で、下から上へぐるりと半回転させると締まるという単純な仕掛けのものだが、その締まり具合はしっかりと指先に伝わる(コトバンクより)

このクレセントが無い引違い窓があるんです。
それがこれです。

クレセントが無い窓
引違い窓には、赤い〇の部分に「クレセント」(鍵)がありますが、この引違い窓にはクレセント(鍵)がありません。
では、鍵をどのようにするのか??
下記のyoutubeでご確認下さい。

引手(取手)の部分が鍵になっています。
窓を開ける時に同時に開錠、閉める時に同時に施錠。
閉め忘れ防止。
そして、クレセントが無くなりシンプルなデザインにも大きなプラスです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:00 | コメント (2) | トラックバック

2018年5月16日

静岡県藤枝市 はんこ・印鑑店 【光文堂印舗】様

静岡県藤枝市本町2丁目8−2にあります
実印・銀行印・認印・会社設立印など、印鑑のことなら
光文堂印舗様。
弊社とは、住まい・店舗の建築を通じて、長年良いお付き合いをさせて頂いております。

光文堂印舗

1956年(昭和31年)の創業以来、地元・近隣の皆様に「確かな技術で丁寧に彫る、信頼できる印鑑店」として62年の半世紀以上にわたって愛されている・信頼のはんこ店です。
皆様のご健康とご多幸を願いつつ、1本1本に真心込めて丁寧に彫刻しております。
(ここにも、他店との違いがはっきり理解出来ます。)
印鑑は、いつなんどきでもご本人であることを証明し、権利と財産を守るという、大きな使命を担っております。

店主のUN様は、
良質な印材に品格ある美しい手書き文字を入れ、
印章彫刻一級技能士ならではの技術で彫り上げます。
光文堂印舗のオリジナルのセミオーダーネイルアート印鑑は
結婚や誕生のお祝いにお喜びいたただいています。
「どんな印材を選んだらいいのか」
「どの書体が最も適切なのか」などなど
豊富な経験と知識を持つ専門スタッフが
親切ていねいにご案内・ご説明いたします。
印鑑のことなら何なりとお気軽にご相談ください。

その他、日々の事をブログでUPしております。
藤枝の印鑑屋 光文堂akiのブログ
光文堂のキラキラきれいな印鑑で、お客様の未来に光(希望) キラキラ光輝かせたい 。
そんな思いがこめられたブログです。
確かな技術と信頼の光文堂印舗様です。

お車でのご来店は、お店の隣が駐車場となっております。
ご安心し下さい。
光文堂印舗 駐車場
光文堂印舗 駐車場

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:00 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月15日

弊社の床下は大きな空気清浄器になっています 2/2

吉野聡建築設計室が提案する
良い仕事をするためには、その部屋が快適な環境、気持ちの良い空間、健康になることが大切です。
病院・歯科医院・介護施設・幼稚園・学校・住宅などの「健康になる建築」の1つに、紀州備長炭を提案させて頂いております。
それは、他の炭と効果が違う本物の紀州備長炭。
消臭・防湿・電磁波吸収に効果があります。

その素晴らしい効果がたくさんあります紀州備長炭を、1階の床下に敷き詰める事で
「床下の全てが大きな空気清浄器」になります。

床下に紀州備長炭

しかし、それはただ敷き詰めれば良いと言う事ではありません
紀州備長炭だけが持つ素晴らしい効果をさらに発揮させる為に、たくさんの提案(工夫)があります
その1つが、下記のYouTubeをご確認下さい。
2011年4月7日のブログ
「床面から湧き続ける新鮮な空気」でUPしています。


吉野聡建築設計室の床面にあるガラリから湧き出てくる新鮮な空気
実験用のティッシュが揺れる8秒の映像をご確認下さい
紀州備長炭によって浄化された新鮮で気持ちの良い空気が、部屋いっぱいに広がります
これがとっても気持ちが良いです♪

そして次に「特殊な漆喰に紀州備長炭の粒を混ぜた塗り壁」です。
吉野聡建築設計室で採用している特殊な漆喰は、
1.室内の空気を半永久的にクリーンに保つ「天然の空気清浄器」
2.ホルムアルデヒドだけでなく、様々な化学物質・有害物質を吸着・分解
3.光熱触媒により、壁の汚れ(化学物質の汚れ)は自然に分解するから、いつまでもキレイ
4.マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散することが副交換を刺激し、リラックス効果が得られます。
5.「インフルエンザウィルスを死滅する効果」があります。
2011年6月10日
インフルエンザ(風邪)に効果がある特殊な漆喰壁

その他、左官職人の手の後が残る紀州備長炭入り漆喰壁の優しいデザイン
温かみもあります。

紀州備長炭入り漆喰壁
吉野聡建築設計室の玄関
「紀州備長炭入り漆喰壁」

紀州備長炭を使った健康住宅
吉野聡建築設計室のオリジナル工法・提案です。
不特定多数の方が集まる「病院・歯科医院・介護施設・幼稚園・学校・住宅・店舗・飲食店」などの建築にも効果があります。

「床下の全てが大きな空気清浄器」
弊社の建築で採用しています。
多くの皆様に、快適な・新鮮な・気持ちの良い空気を味わって頂きたい。
体感・見学はいつでもOKです。
ご希望の方は、下記の連絡先まで宜しくお願い致します。
驚きのシステムがあります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:23 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月14日

弊社の床下は大きな空気清浄器になっています 1/2

良い仕事をするためには、その部屋が快適な環境、気持ちの良い空間、健康になることが大切です。環境が良いと気持ちよく仕事ができる他、自然とホッとしたり、笑顔になったりします。
そんな気持ちは、スキルや活力・集中力与えてくれてます。
環境が良い条件の1つに、室内の空気が新鮮な事になります。
「窓を開ければ良い!!」
そんな意見もありますが、暑いとき・寒い時・雨が降っている時・強風がある時など、窓を開ける事がマイナスになる事もあります。
そんな条件でもヨシノデザインの建築は、違います。
常により良いを空間づくりを考えています。
より快適に・高性能に・楽を求めた工法があります。
「1階の床下が大きな空気清浄器」
快適な温度で空気が新鮮。

ヨシノデザイン完全オリジナル工法の「1階の床下が大きな空気清浄器」となった建築。
それを実現する為には、たくさんの技術・対応・ノウハウが必要です。
「床下は部屋の一部」
基本的な考えから違います。
それは、建物の構造材から検討を行います。
そして「紀州備長炭」。

床下にある紀州備長炭
床下にある紀州備長炭
(青い袋の中いっぱいに詰まった紀州備長炭)
和歌山県の生産者から取り寄せる「ほんもの紀州備長炭」です。

詳細な説明・効果は、明日のブログでUPさせて頂きます。。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月13日

平成30年5月 吉野聡建築設計室 吉野聡の定期点検「血圧測定」

良い仕事を行う。
また「毎日の生活や仕事を一生懸命に・楽しく・快適に」過ごす為には健康でなければなりません。
その第1歩として、まずは自分自身の体の確認です。

公共施設の玄関やホールなどに設置されている上腕式血圧計
仕事の打合や調査などで訪れる時には、1~2分の時間を使って自分自身の体の定期点検を行います。
2018年5月7日(月)に測定した吉野聡の血圧

3月12日 吉野聡の血圧
上腕式血圧計でチェックした吉野聡の血圧
・最高血圧138mmhg
・最低鉄圧 71mmhg
・脈拍数   67bpm

「日本高血圧学会より」Webサイトで確認すると

正常な血圧
正常血圧は収縮期血圧が135mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg未満

素人の判断ですが、OKの数値かなと思っています。
それは、定期的に行い続けている朝のトレーニング(ロードバイク・ランニング)のおかげかなと思っています。

私たちの健康も建築と同じ。
定期点検を行い、楽しく・笑顔の毎日になればの思いです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:08 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月12日

早寝早起き!!「何時に寝るのか編」

2018年3月25日のブログでUPさせて頂きました
多くの皆様からの質問「毎朝、何時に起床するの?」
Facebookからのコメントの中で「何時に寝るのか??」
という質問がありました。
ご質問を有難う御座います。

深夜の吉野聡建築設計室
平成30年3月末の1週間の予定を参考にUPさせて頂きます。
年度末の慌ただしい季節。
夜の予定もフルに入っています。
7日ある1週間の中で、夜の予定が無い日が2日でした。
その他の5日は、打合や会議・会合・無尽で夜も外出しています。
とすると帰宅は深夜になるんです。
自分自身の目標は「AM0:00の前に就寝」です。
上手くいかない日もありますが・・・上手にクリアさせています。

予定が無い日は、PM9:00頃には就寝です。
布団に入れば、一瞬でおやすみとなります。
そして月に1回は、寝だめの意味も含めPM7:00くらいにおやすみです。
起床がAM3:00でも8時間睡眠です。
こんな生活でも、決して無理はしていません。
無理をすれば、直ぐに続けることができなくなります。
楽しみながら「規則正しく・毎日を楽しく・健康的に!!」
スキルUPに繋がります。

しかし!!人によって、いろんなタイプがあります。
早起きタイプの人・深夜タイプの人。
それぞれのペースで良いと考えています。
私も以前は深夜タイプでした。
しかし!!
目的・目標をクリアするために、10年5ヶ月間に早起き+仕事+トレーニングを行ってきたことで、更にパワーUPしながら1歩1歩近づいています。
だからこそ、これからもこのペースを続けて行きます。

吉野聡建築設計室 吉野聡

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:01 | コメント (2) | トラックバック

2018年5月11日

リノベーション、リフォーム、増築、改築工事も合法的に!!

新築工事はもちろんですが、リノベーション、小さなリフォーム、増築、改築工事でも建築基準法など、各種関係法が適用になります。
それらの工事が、どのような関係法・条例・基準・規則などに適用になるか。
それは、現在ある建物の新築年度、構造、規模、建物用途、建設地、工事内容などによって変わります。
その他、既存建築への影響の検討を行う必要もあります。
だからこそ、事前にしっかりと確認する事が大切です。

例えば
①既存建物の屋根面・屋上面に太陽光発電の設置工事
屋根面・屋上面に設置する事により、建物荷重が増大します。
その増大する荷重を建物が支える事が出来るのか。
設置前に検討が必要です。

②2つの室を1つの大きな室にリフォーム
2つの部屋に分けている壁。
撤去して良い壁か? 構造上重要な壁か? 補強は必要か?
またどんな補強方法が良いのか?
事前の検討が必要です。

③階段を架け替える(既存を撤去して新たに作り直す)
建築基準法第6条(建築物の建築等に関する申請及び確認)の大規模の修繕・模様替に該当する為、建築確認申請の提出が必要となります。

④床面積10㎡以上の増築工事
建築基準法第6条により、建築確認申請の提出が必要 
と言う事は、10㎡以内であれば不要
しかし、防火地域・準防火地域であれば10㎡以内でも建築確認申請は必要(建築基準法第6条2項)
建築基準法6条の詳細は「Wikibooks 建築基準法第6条を参照

⑤住宅から店舗・飲食店や民泊などへの用途変更
第6条第1項第1号の特殊建築物(不特定多数の方が利用する用途)の用途に供する部分の床面積の合計が100㎡を超える場合には、法第87条の規定により用途変更を行う前に確認申請手続きが必要になります。

このように、リノベーション、リフォーム、増築、改築工事と言っても多種多様です。
それぞれの工事にどんな、法・条例・規則・基準などが適用になるか。
「知らなかった・・・」とならないよう、事前にしっかり確認して頂きたいと思います。
そんな時に、吉野聡建築設計室までご相談下さい。

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡
その建物が、どんな関係法に該当するのか。
ご返答させて頂きます。
皆様の建築。そして命を守ることに繋がります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月10日

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 創業18周年

山梨県甲府市徳行3-3-25 吉野聡建築設計室
詳しくは、吉野聡建築設計室HP contact(連絡先) をご確認下さい。
案内図をUPしています。

昭和48年3月 先代によって山梨県甲府市徳行5丁目の地に「吉野建築設計事務所」としてスタート。
全体の創業では46年目を迎えます。
詳しくは、吉野聡建築設計室HP profile(プロフィール) 改革をご確認下さい。
そして、吉野聡が平成12年5月10日に「吉野聡建築設計室」としてスタート。
本日「創業18年」を迎えます。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室

これは、私達の力だけで成し得た訳ではなく、吉野聡建築設計室にご依頼、また私を支えてくださる多くの皆様のおかげです。
心から感謝と御礼を申し上げます。
本当に有難う御座います。

吉野聡建築設計室 吉野聡

これから中期の目標、そしてその後の目標に向かって
一歩一歩 歩み続けます。
そして、気付き・思う・行動を伴った日々の「継続」です。
引き続き、吉野聡建築設計室・吉野聡を宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:53 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月 9日

軽量鉄骨(LGS) 壁・天井の下地

軽量鉄骨(LGS)とは、天井・壁の下地材です。
LGSとはLight Gauge Steel(ライト・スティール・ゲージ=軽量鉄骨造の意)
単体では1本の棒状の部材です。
種類がいくつかあり、ビスや付属品で留めて、 いろいろな複雑な形を作り上げていきます。 壁下地の場合は、亜鉛メッキ鋼板をロール成型し、C型の断面形状にした縦材(スタッド)と床面とスラブ面に取り付ける横材( ランナー)、縦材(スタッド)の変形を防ぐスペーサーなどで構成されます。

軽量鉄骨(LGS)下地
軽量鉄骨(LGS) 壁・天井の下地

LGS スタッド ランナー
青いラインの縦材(スタッド) 赤のラインの横材(ランナー)

軽量鉄骨下地(天井・壁).は、事務所、マンション、公共建築、商業建築の軽量化・ 不燃化・施工の簡易化により採用する事が多くなっています。
また、工期の短縮や職人・人出不足にも対応です。

天井エアコンの設置
LGSの天井下地の中に、エアコンの設置。

建築には、さまざまな工法・材料があります。
その人の能力・性質によくあてはまる地位や任務を与える「適材適所」
建築の材料にも言える事です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:20 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月 8日

資金計画(建設費)に関する「トラブル」を防いでいます。

店舗・飲食店などの商業建築、企業など事務所・工場・倉庫などの建築。
そして、個人の住宅(家)やアパート・マンション。
土地費、設計料、建築施工費、その他諸経費など、どのくらい必要なのか、不明点が多いと思います。
そして、融資(住宅ローン)は、どのくらい借りたら良いのか?
また、どのくらい借りる事が出来るのか??
自己資金・返済期間・借入額・月々の返済額・返済比率などの事前確認・調査を行い、報告を行っています。

避ける方が多い費用・資金・コスト計画。
弊社では、大切・大切にしております。
それは、決められた費用、また定められた条件の中で、土地の広さ・建築の床面積・デザイン・仕様など、すべての事が決まるからです。
計画時にしっかりした資金計画を行う事で、安心して、スムーズに進めることが出来ます。

しかし!!です。
下記に記載しました「耳を疑いたくなるお話」。
実際にあるようです。
・「計画から設計・建築を進めている中で、費用が足りなくなってしまった」
・「建物は完成したが、その後の生活の準備金が0になってしまった」
・「引越の費用がなくなり、すべてを自分たちだけで行った」
・「建設中に増額融資や親や親せきなどからの援助金が必要になった」
・「融資における仮審査を申請したが、審査が通らない」
・「高金利な金融会社で、更に高額な融資を勧められた」
・「融資の返済が辛い、また不可能になった」
計画時の資金計画の甘さによって起こったトラブルです。

吉野聡建築設計室では、事前に各関係機関との調査・打合を行い、その内容に基づいてオリジナル資金計画表を作成しています。

今日は、今までこのブログでUPしました「資金計画・コスト」についての一部をご紹介いたします。
・2018年1月13日
 「資金相談」は弊社で行っています。
・2017年1月10日
 住宅ローン ライフプラン資金計画+工事費概算資金計画No1/2
・2017年1月11日
 住宅ローン ライフプラン資金計画+工事費概算資金計画No2/2
・2016年7月22日
 建築の計画も大切にしています2/3(資金計画編)
・2016年5月 9日
 住宅建築の資金計画時に考える住宅ローンの金利

計画時の安心・安全な資金計画がある事で、建物の完成・その後の生活を安心して行う事が出来ます。

吉野聡建築設計室

※弊社のオリジナルの資金計画表
 山梨県内の某No,1の金融機関でも認めて頂いております。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月 7日

建築の「補助金・助成金」 積極的に対応・活用しています。

建築における補助金・助成金。
国をはじめ、各市町村・都道府県で支給している建築に関する補助金や助成金。
補助金・助成金は融資と異なり、基本的に返済しなくてもよい資金です。
たくさんあります建築に関する「補助金・助成金」
山梨県で対応を行っている一部をUP致します。

・山梨県住宅供給公社分譲事業支援補助金
(平成26年度から山梨県住宅供給公社債務処理対策補助金に再編)
・山梨県アスベスト飛散防止対策事業費補助金
・緊急木造住宅「わが家の耐震診断」支援事業費補助金
・緊急木造住宅「わが家の耐震化」支援事業費補助金
・山梨県建築文化賞顕彰事業費補助金
・山梨県個人住宅建設資金利子補給金
・木造住宅耐震化建替支援事業費補助金(平成23年度廃止)
・木造住宅耐震シェルター設置支援事業費補助金
・木造住宅耐震改修設計支援事業費補助金
・建築物耐震化促進事業費補助金
・平成30年度住宅用自立・分散型エネルギー設備設置費補助金
・緊急輸送道路沿いに立つ建築の耐震診断・耐震設計・耐震補強工事の補助金
・エコキュートの補助金
・エコウィル(ガスエンジン給湯器)の補助金
・エコジョーズ(潜熱回収型給湯器)の補助金
・太陽光発電システムの補助金
・家庭用電気生ごみ処理機助成金制度
・県産材使用住宅取得費の補助制度
・ペレットストーブの購入資金(甲府市など)
・山梨県住宅スマート化補助金(家庭用燃料電池・太陽光発電)
・浄化槽設置における補助金  などなど。

たくさんのあります建築に関する「補助金・助成金」
補助金の申込の時期もあります。
これらの情報を知っていると・知らないでは大きな差が生まれます。

補助金・助成金の対応
補助金・助成金の対応。

現在は、障害者の皆様の住まいにおける「山梨県障害児(者)施設整備費補助金」における対応を行っています。
それぞれの補助金・助成金にそれぞれの基準があります。
その基準に合わせた建築設計。
弊社では、積極的に行っています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月 6日

2018年山梨百名山棚横手山登山と山頂パスタ会 4/4

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース」
建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 
のコラボ企画の初心者でも楽しめる日帰り登山。
そして、頂上でナチュラルグレースの茹でたてパスタ作る+みんな頂く。
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントです。
2018年4月29日(日)
「山梨百名山棚横手山登山と山頂パスタ会」
34人の皆様と開催です。

本日の最終回は「棚横手山 山頂パスタ いただきます+ゴール編」です。
34人前のパスタが完成したところで、私もナチュグレ特製の「菜の花としらすのペペロンチーノ」を頂きます。
その前に、お決まりのショットです!!

山梨百名山 山頂パスタ会
山梨百名山 山頂パスタ会。
甲府盆地に向かって頂きます。
食後の後は、恒例の甘いミルクティーです。

34人前のミルクティー
最後は、参加者全員で記念写真の撮影です。
は~いチーズ!!
皆様、素敵な笑顔です♪
お腹も・心も・体もいっぱいになったら下山です。

全員無事にゴールです
スタート地点の「大滝不動尊駐車場」
全員無事にゴールです。
これも、参加者全員の協力のおかげです。
「皆様、楽しい・美味しい・笑顔の山頂パスタ会を有難う御座いました」

たくさんの美味しさ・嬉しさ・楽しさ・驚き・感動がある山頂パスタ会。
誰もが参加できるスペシャルなBIGイベント。
次回は、紅葉の秋の開催。
Facebookのイベントページを通じて情報を発信させて頂きます。
1人でも多くの皆様に、この感動を感じて頂きたい思いです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:08 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月 5日

2018年山梨百名山棚横手山登山と山頂パスタ会 3/4

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース」
建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 
のコラボ企画の初心者でも楽しめる日帰り登山。
そして、頂上でナチュラルグレースの茹でたてパスタ作る+みんな頂く。
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントです。
2018年4月29日(日)
「山梨百名山棚横手山登山と山頂パスタ会」
34人の皆様と開催です。

本日の第3回は「棚横手山 山頂パスタ調理編」です。
いつもは、この山頂でパスタを作ります+頂きますが、この山は頻繁に山火事がある山。
火気の使用には、制限があります。
よって、第一休憩所の甲斐御岳神社(展望台)まで下ります。
先発隊の私は、頂上から走って15分で到着です。

先発隊のメンバー
走って下った先発隊のメンバー。
参加者の皆様が下ってくる前に、調理の準備+調理です。

パスタを茹でる
34人の参加者 3.5回に分け10人前づつマスタを茹でます。

菜の花も一緒に茹でます
菜の花も一緒に茹でます。
茹であがったら!!

大きな別の鍋でソースとあえる
別の鍋にうつし、にんにくと唐辛子とオリーブオイルのソースとあえます。
そして、たっぷりのしらすをまぜれば完成です。

菜の花としらすのペペロンチーノ
ナチュグレ特製の「菜の花としらすのペペロンチーノ」

続きは明日のブログで!!
明日の第4回目は「棚横手山 山頂パスタ いただきます編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:03 | コメント (0) | トラックバック

2018年5月 4日

2018年山梨百名山棚横手山登山と山頂パスタ会 2/4

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース」
建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 
のコラボ企画の初心者でも楽しめる日帰り登山。
そして、頂上でナチュラルグレースの茹でたてパスタ作る+みんな頂く。
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントです。
2018年4月29日(日)
「山梨百名山棚横手山登山と山頂パスタ会」
34人の皆様と開催です。

本日の第2回は「山梨百名山 棚横手山 登頂編」です。
第1休憩所の甲斐御岳神社(展望台)から30分程歩くと、景色の良い開けた登山道になります。

山梨百名山 最年少記録のレイちゃん。
小学校入学前に山梨百名山の最年少記録を達成したのレイちゃん。
スイスイと楽しみながら棚横手山です。
この開けた・気持ちの良い・景色の良い登山道。
実は、昨日のブログでもUPしました「過去の山火事によって開けた事が原因」今では人気の山になったと、何とも言えない事情があります。

甲府盆地を一望です
甲府盆地も一望です。
遠くに南アルプスも見えます。
そこから10分程歩くと山頂です。

棚横手山 山頂
山梨百名山 棚横手山(1306m)山頂。
安全で・優しい・お手軽な山梨百名山です。

いつもは、この山頂でパスタを作ります+頂きますが、この山は頻繁に山火事がある山。
火気の使用には、制限があります。
よって、第一休憩所の甲斐御岳神社(展望台)まで下ります。
先発隊の私は、頂上から走って15分で到着です。

続きは明日のブログで!!
明日の第3回目は「棚横手山 山頂パスタ調理編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:04 | コメント (4) | トラックバック

2018年5月 3日

2018年山梨百名山棚横手山登山と山頂パスタ会 1/4

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース」
建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 
のコラボ企画の初心者でも楽しめる日帰り登山。
そして、頂上でナチュラルグレースの茹でたてパスタ作る+みんな頂く。
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年に2回開催しているイベントです。
2018年4月29日(日)
「山梨百名山 棚横手山登山と山頂パスタ会」
34人の皆様と開催です。

山梨百名山 棚横手山から見る甲府盆地
山梨百名山 棚横手山から見る甲府盆地

棚横手山は甲州市勝沼町に位置し、1306mの山頂からは甲府盆地や富士山・南アルプスが見える気持ちの良いです。
それは、過去の山火事によって開けた事が原因となった、何とも言えない事情があります。

4回シリーズでUP致します「2018年山梨百名山棚横手山登山と山頂パスタ会」
本日の第1回は「スタート編」です。

大滝不動尊駐車場
棚横手山のスタートとなる大滝不動尊駐車場に集まった34名の参加者。
スタート前の挨拶。
「安全に・楽しく・美味しく登りましょう♪」

大滝不動尊
大滝不動尊で出発の記念写真。

甲斐駒ケ岳の八畳小屋の歩荷する女性
調理機材・ガスボンベ・コンロなどを背負う女性。
彼女は、甲斐駒ケ岳の黒戸尾根(日本三大急登の一つに数えられ、標高差2,300mのロングコース)にある七丈小屋の歩荷するスーパー鉄人女性です。

甲斐御岳神社(展望台)
スタートして25分程で、第1休憩所の甲斐御岳神社(展望台)です。
水分や軽食で燃料補給です。
ゆっくり休んで、さぁ出発です。
30分程、山の中を歩くと富士見台との分岐点になり、視界が開けます。

日本一の富士山
爽やかな空気と気持ちの良い天気。
そして、雄大な富士山。
「わぁ~♪」皆様の歓声が良く聞こえます。

続きは明日のブログで!!
明日の第2回目は「山梨百名山 棚横手山 登頂編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:02 | コメント (6) | トラックバック

2018年5月 2日

山梨日日新聞社の電子版「さんにちEye」の掲載

2018年4月27日のブログでUPさせて頂きました、山梨日日新聞社の電子版「さんにちEye」の取材。
詳しくは下記のリンクをご確認下さい。
山梨日日新聞社の電子版「さんにちEye」の取材

それから1週間の5月1日(火)
山梨日日新聞社の電子版「さんにちEye」の「役員室 発見」にUP下さいました。

さんにちEye 役員室発見
さんにちEye 役員室発見

さんにちEyeにUPされている吉野聡
さんにちEyeにUPされている吉野聡

弊社の事務所内の建築的な思い・提案・こだわりをお話しています。
これは、ヨシノデザインの多くの建築で採用させて頂いております「これからの建築」の提案です。
良い仕事をするためには、その部屋が快適な環境、気持ちの良い空間、健康になることが大切だと考える。環境が良いと気持ちよく仕事ができる他、自然とホッとしたり、笑顔になったりする。その他、職場は優れた防音性を考慮しながら、大きく広がる窓を配置し、風や光をたくさん取り入れることができる。性能を高めたオリジナルの断熱性にもこだわりがあります。真夏や真冬の過酷な条件から私たちを守ってくれる優しい環境があります。
また機能面では、部屋の床下全面に紀州備長炭を敷き詰め空気清浄器の役割を果たしている。床材は認知症に有効ともいわれている豪州ヒノキ(サイプレス)を使い、壁はインフルエンザ菌を死滅する特殊なしっくいに紀州備長炭の粒を練り込んだオリジナルのしっくい壁となっている。24時間365日、室内の空気を循環させるオリジナルの換気システムも採用している。そして、多くの緑を取り入れた目に優しい空間となっている。 
  

こだわりの詰まった我が事務所。
更に詳しい内容は、
山梨日日新聞社の電子版「さんにちEye」の「役員室 発見」をご確認下さい。
健康に・気持ち良く・良い仕事を行う為にはの提案をUPしております。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:58 | コメント (3) | トラックバック

2018年5月 1日

山梨県北杜市の家 機能を満たした建築デザイン

北杜市(ほくとし)は、山梨県の北西部に位置する市である。
八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳といった山々に囲まれ、市域のおよそ3分の1が八ヶ岳南麓の冷涼な山岳高原地からなっているため、高原観光によって支えられている街である。市内にはアウトレットモール、牧場といった観光スポットが存在し、夏場には観光客が多くみられる。南アルプスからの湧水によるウイスキー製造、日本一長いといわれる日照時間や映画にも登場したヒマワリ畑などでも知られている。(Wikipediaより)
美しい・豊富な・豊かな自然があり、美味しい空気・水・食がある人気の地域です。

平成29年1月の中旬に、住宅建築の設計相談がありました建築主のS様。
S様は、長年山梨県や地元北杜市に多くの功績を残され、昨年には、中綬章を受章されている多くの経験・知識をお持ちの先生。
ご自宅の隣接地に住宅建築の計画です。
設計相談から1年経った平成29年12月。
全ての建築工事が終了し、住宅建築が完成しています。
新たな生活がスタートしており、その後を確認+訪問です。
引渡しが完了している現在、個人の所有物などが室内に並んでしますので、ブログのUPは不可です。
その中でも、誰もが目にする玄関ポーチをUPさせて頂きます。

北杜市 家 玄関ポーチ
住まいの顔となる玄関ポーチ。
とっても大切にしている空間の1つです。
だからこそ、デザインだけのデザインではなく、機能も満足した「機能美」がある玄関ポーチ。
更に、性能・耐久性プラスしています。
これが、弊社が考える建築デザインの基本です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:58 | コメント (5) | トラックバック