« 資金計画(建設費)に関する「トラブル」を防いでいます。 | メイン | 山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 創業18周年 »

2018年5月 9日

軽量鉄骨(LGS) 壁・天井の下地

軽量鉄骨(LGS)とは、天井・壁の下地材です。
LGSとはLight Gauge Steel(ライト・スティール・ゲージ=軽量鉄骨造の意)
単体では1本の棒状の部材です。
種類がいくつかあり、ビスや付属品で留めて、 いろいろな複雑な形を作り上げていきます。 壁下地の場合は、亜鉛メッキ鋼板をロール成型し、C型の断面形状にした縦材(スタッド)と床面とスラブ面に取り付ける横材( ランナー)、縦材(スタッド)の変形を防ぐスペーサーなどで構成されます。

軽量鉄骨(LGS)下地
軽量鉄骨(LGS) 壁・天井の下地

LGS スタッド ランナー
青いラインの縦材(スタッド) 赤のラインの横材(ランナー)

軽量鉄骨下地(天井・壁).は、事務所、マンション、公共建築、商業建築の軽量化・ 不燃化・施工の簡易化により採用する事が多くなっています。
また、工期の短縮や職人・人出不足にも対応です。

天井エアコンの設置
LGSの天井下地の中に、エアコンの設置。

建築には、さまざまな工法・材料があります。
その人の能力・性質によくあてはまる地位や任務を与える「適材適所」
建築の材料にも言える事です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年5月 9日 03:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4218

コメント

おはようございます。
時代に合わせた工法も必要ですよね。
適材適所に、適時も合わせましょうか(^^)

投稿者 あめつち菜人 : 2018年5月 9日 05:30

軽量鉄骨を通すのですね

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2018年5月 9日 07:47

こんにちは!

ぱっと見、素人には全然わかりません^^;
複雑な骨組みがされているのですね!

投稿者 モルタルマジック : 2018年5月 9日 17:42

こんにちは。
素人には難しい建築の材料の適材適所。
信頼できる建築士吉野さんの出番ですね。

投稿者 保険屋あい : 2018年5月 9日 20:39

コメントしてください




保存しますか?