« 2018年5月 | メイン

2018年6月22日

大規模地震への安全「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」3/3

3回のシリーズでUPさせて頂く大規模地震への安全「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」
本日の最終回は「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事の実績編」

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
・昭和48年 3月 創業開始 吉野建築設計事務所
・平成12年 5月 吉野聡建築設計室に改め現在に至る
創業46年の建築設計事務所です。
平成12年からの吉野聡建築設計室が行ってきた「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」の実績をUPさせて頂きます。

「耐震診断」
・甲斐ゼミ大月教室 耐震診断 
 山梨県大月市 貸店舗 RC造 5Floor
・山梨県歯科医師会 耐震診断
 山梨県甲府市 学校 RC造 3Floor
・山梨県歯科衛生専門学校 耐震診断
 山梨県甲府市 学校 RC造 2Floor
・山梨県総合農業技術センター本館他耐震診断
 山梨県甲斐市 研究施設 RC造 2Floor
・山梨県立甲府西高校格技場耐震診断
 山梨県甲府市 公共施設 鉄骨造 1Floor
・甲府市立平瀬浄水場汚泥処理棟耐震二次診断
 山梨県甲府市 公共施設 鉄筋コンクリート造 3Floor
・日立製作所受水槽耐震一次診断
 山梨県甲斐市 工作物 鉄筋コンクリート造 1Floor

「耐震補強設計・補強工事」
山梨県歯科歯科医師会 耐震補強設計・補強工事 
・山梨県歯科歯科医師会 耐震補強設計・補強工事 
 山梨県 甲府市 教育施設 RC造 3Floor

山梨県歯科衛生専門学校 耐震補強設計・補強工事 
・山梨県歯科衛生専門学校 耐震補強設計・補強工事 
 山梨県 甲府市 教育施設 RC造 2Floor

山梨県立八ヶ岳少年自然の家体育館耐震補強設計・補強工事
・山梨県立八ヶ岳少年自然の家体育館耐震補強設計・補強工事
 山梨県北杜市 公共施設 鉄骨造 1Floor

「耐力度調査」
・わかば支援学校校舎他12棟 耐力度調査
 山梨県南アルプス市 公共施設 鉄筋コンクリート造 2Floor
・大里小学校(北館)耐力度調査
 山梨県甲府市 公共施設 鉄筋コンクリート造 3Floor

その他、一般木造住宅の耐震診断です。
このように、弊社では多くの実績・経験がある「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」
全てを、正しく・スムーズに行う事が出来ます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:11 | コメント (0) | トラックバック

2018年6月21日

大規模地震への安全「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」2/3

3回のシリーズでUPさせて頂く大規模地震への安全「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」
本日の第2回は「耐震診断編」

建物の「耐震診断」
・何をするんだろう?
・準備する事はあるのか??
・どのくらい時間と費用がかかるんだろう???
など、多くの問合せがあります。

弊社のオリジナル「建築耐震診断・調査内容説明書」
詳細内容については、下記のリンクをご確認下さい
・2012年3月15日 建築耐震診断・調査内容説明 1/4
・2012年3月16日 建築耐震診断・調査内容説明 2/4
・2012年3月17日 建築耐震診断・調査内容説明 3/4
・2012年3月18日 建築耐震診断・調査内容説明 4/4

吉野聡建築設計室へ「耐震診断・耐震補強設計・耐力度調査」のご依頼頂けるクライアントの皆様に、A4版(8枚)に写真付きの書類を、ご説明しながらお渡ししています。
その書類を一気にUP致します。

耐震診断説明書1 耐震診断説明書2

耐震診断説明書 耐震診断説明書4

耐震診断説明書5 耐震診断説明書6 

耐震診断説明書7 耐震診断説明書8
鉄筋コンクリート造             鉄骨造
耐震診断 現場調査            耐震診断 現場調査

同じ条件の建築はありません。
その建築での条件で対応することが求められます。
だからこそ事前にしっかりご説明を行い、まずはご理解して頂ける事が大切と考えています。

明日のブログは、弊社が行ってきた「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」の実績をUPさせて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:07 | コメント (4) | トラックバック

2018年6月20日

大規模地震への安全「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」1/3

3回のシリーズでUPさせて頂く大規模地震への安全「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」
本日の第1回は「これから起こるといわれている大規模地震編」

中央防災会議が検討対象とした大規模地震
内閣府 防災担当の中央防災会議が検討対象とした大規模地震
「東海地震」 
30年以内の地震発生確率:88%

「東南海・南海地震」
30年以内の地震発生確率:
70%程度(東南海地震)
60%程度(南海地震)

「首都直下地震」
30年以内の地震発生確率:
70%程度(南関東で発生するM7程度の地震)

「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震」
東北地方太平洋沖地震発生前の宮城県沖地震の30年以内の地震発生確率:99%

日本における大規模地震。
かなりの確率で、これからも起こります。
しかし、いつ・どこで・どのような規模で起こるかは分かりません。
だからこそ、早急に建築を安全にする事です。
それは、建物の現行の耐震基準を満足させる必要があります。
「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」です。

弊社では、耐震診断において何のためにするのか・どんな調査をするのか・どのくらいの期間がかかるのか・費用はなどを記した耐震診断・調査内容の説明書の提出しながらご説明しています。
明日のブログは「耐震診断・調査内容の説明書」の詳細情報をUPいたします。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (4) | トラックバック

2018年6月19日

コンクリートブロック造(CB造)の塀 基準・規則

敷地・道路境界の区画に使用されている事が多い、「コンクリートブロック塀」
補強コンクリートブロック構造の基準は、建築基準法施行令 第4章の2に定められています。
この材料を使って作る塀にもさまざまな基準があります。
それは、建築基準法施行令第62条の8・平成12年建設省告示第1355号に示されています。
その他、「コンクリートブロック塀設計規準」、「ブロック塀施工マニュアル」、「壁構造配筋指針」、「建築工事標準仕様書・同解説 JASS7」です。
正しく材料で、正しく施工されていても、日常のメンテナンスや環境などによって劣化のスピードが変わります。
下記の写真は、経年劣化により粉々に破損したCB造の塀です。

経年劣化により粉々に破損したCB造
この破損したCB造の塀の配筋は、基準通りに設計・施工されていますが・・・。
接着する為に使用したモルタルもボロボロ(粉々)です

基準内に設計・施工されていても、経年劣化から耐久性が極端に落ちているCB造の塀があります。
そのようなCB造の塀は、弱い衝撃でも崩れてしまう事もあります。
地震時には、特に危険な状態になりますので、ご注意頂ければと思います。
コンクリートブロック造の塀の所有者。
事前の対応で安全の管理を宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:03 | コメント (2) | トラックバック

2018年6月18日

富士の国やまなし 第15回 Mt.富士ヒルクライム3/3

1万人が参加する日本を代表するロードバイクのBIGイベント。
サポートの方も含めると、どのくらいの人数になるのか?
そんな事もあり、駐車場も富士北麓公園を中心に半径4~5kmの範囲内に数多く用意されています。
その中の1つでもありますメイン会場に近い「船津公園墓地駐車場」に車を止めて、まずはウォ―ミングUPです。

3本ローラー 固定ローラー
3本ローラー・固定ローラーでウォーミングUP
体を温める+心拍数をあげておきます。


2018富士ヒルクライム 3本ローラーでウォーミングアップ
8秒のyutubeです。

そして!!いよいよスタートです。
前日の6月9日(土)は気持ちの良い晴れでしたが、天気予報では大会当日は「雨」との予報が・・・。
雨が降ったら、安全の為に「DNS]不参加と考えていました。
しかし!!その日の天気予報は、更新されるたびに内容が変わり難しい判断を求められていました。
スタート地点の富士北麓公園も曇り+濃い霧に包まれています。
申し訳ありません。写真が無いんです。
いよいよ10,000人の参加者の年齢別・自己申告制のタイム別でスタートして、約90分。苦します・もがきます・楽しみます。
そして、富士スバルライン五合目のゴールです。

霧に包まれていた富士山五合目
大雨の予報も無事にクリアです。
そして、結果です!!

富士ヒルクライム タイム
自己ベストを36秒の更新!!
ですが、目標の90分切りはクリアできずに・・。
1時間32分30秒です。
「公式記録」は
時間・・・・・・1時間32分31秒48
出場種目・・・・男子45~49歳
種目別順位・・・551位/1396人
総合順位・・・・2870位/7395人

来年は、必ず90分切りのブロンズ目指して、リベンジです。

ロードバイクのヒルクライムは、辛く・厳しい・険しい競技です。
そんな中でも、日々の1歩1歩の積み重ねで楽になる・楽しくなるんです。
そして、ゴールに着いた瞬間に、全てのものがクリアになり、喜び・嬉しさに変わります。
どんな困難も向かっていくことで、多くの事が楽になる。
これは、建築設計に通ずる思いです。
来年のMt.富士ヒルクライム。
来月、山梨県韮崎市で開催される甘利山ヒルクライム出場に向けて、日々の練習の開始です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (4) | トラックバック

2018年6月17日

富士の国やまなし 第15回 Mt.富士ヒルクライム2/3

平成30年6月10日開催の「Mt.富士ヒルクライム
1万人が参加する日本を代表するロードバイクのBIGイベント。
エントリーの受付は、前日の9日(土)に富士北麓公園の陸上競技場で行われます。

富士ヒルクライム 受付会場

富士北麓公園の陸上競技場
富士北麓公園の陸上競技場

受付
まずは受付ブースで受付を行います。
1万人の受付を処理する会場。
全てがBIGです。

そして、400mのトラック沿いには、ロードバイクに関するパーツ・ウェアー・装備・サプリメンとなどのブースがたくさん。
Mt.富士ヒルクライム 受付会場
楽しみながらの受付です。

続きは、明日のブログで。
明日は、大会本番です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (0) | トラックバック

2018年6月16日

富士の国やまなし 第15回 Mt.富士ヒルクライム1/3

良い仕事を行う為には、何と言っても健康でなければ・タフでなければ・パワーを持ってなければなりません。
健康はもちろん、人一倍体力・耐力・持久力が必要です。
でなければ、365日24時間動けないと。
平成26年6月から始めたロードバイク(自転車)の練習。
4年が経過しております。

まだまだ初心者・アマチュアの私が、平成30年6月10日に開催された富士ヒルクライムに2回目の参加を行ってきました。
富士の国やまなし 第15回Mt.富士ヒルクライム

「Mt.富士ヒルクライム」
富士山五合目を目指して富士スバルラインを駆け上がる、日本最高峰の公道サイクル イベント。

富士ヒルクライム
富士ヒルクライム コース案内
・スタート:富士北麓公園 (計測開始地点:料金所手前)
・フィニッシュ:富士山五合目
・距離 :25km (計測部分24km)
・標高差:1,270m(計測部分1,255m)
・勾配:平均5.2%、最大7.8%

昨年の優勝タイムは58分2秒。
驚異的な速さです。
3年前に出場した時の私タイムは、「1時間49分33秒」
昨年は、両足の痛風によりDNS。
それから多くのトレーニングを重ねてきた3年。
今年は、健康管理にも注意しながら2回目の出場となる「第15回 Mt.富士ヒルクライム」
結果は、こうご期待です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:03 | コメント (2) | トラックバック

2018年6月15日

多くの歯科医院を設計させて頂いております。

昨日のブログでUPした4枚の写真。
何の専門機器でしょうか??
答えは「歯科医院の診療ユニット」です。

ヨシノデザインで設計させて頂いた実際の診察室にある診療ユニットです。
甲府駅前歯科医院
甲府駅前歯科医院

米山おとなこども歯科クリニック
米山おとなこども歯科クリニック

武井歯科医院
武井歯科医院

2011年(平成22年)5月にスタートした吉野聡建築設計室。
創業17年です。
先代まで含めると、1972年(昭和48年)からの創業46年になります。
山梨県の設計事務所の中では、老舗の1つです。
約半世紀と言う年月の中で、一般社団法人山梨県歯科医師会・山梨県歯科衛生専門学校の改修工事・耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事を始め、山梨県内にあります多くの歯科医院建築の設計行ってきております。
歯科医院の設計実績は

山梨県甲府市 武井歯科医院 山梨県甲斐市 米山おとなこども歯科クリニック
武井歯科医院   米山おとなこども歯科クリニック

甲府市丸の内 甲府駅前歯科 甲府市国玉 ふじたに歯科
甲府駅前歯科     ふじたに歯科

甲斐市篠原 畑歯科医院 笛吹市石和町 後藤歯科医院   
甲斐市篠原畑歯科医院 笛吹市石和町後藤歯科医院
 
・甲府市中央  川口歯科医院  
・甲府市国玉  玉諸歯科 
・韮崎市富士見 小林歯科医院 

そんな実績から、平成30年3月に
山梨県歯科医師協同組合「指定店」
とさせて頂きました事を報告させて頂きます。
山梨県歯科医師協同組合の皆様。
有難う御座います。

優しい空間作り・機能的なレイアウト・バランス・コストを満足するたくさんの素敵な・驚きのご提案させて頂きます。
デザイン・機能・性能・耐久性にある多くの問題をクリアしながら新築・増築・リニューアル・リノベーションを成功へ導きます。
患者様の輝く笑顔を感じながら、建築と言うハード面から素敵に治療を行う事ができる歯科医院です。
歯科医院の運営の1つは「建築」であると考えます。
その為には、明確なコンせプトと目的・目標を定め、どのようなステップで、どこにポイントをおくか等を明確にしてデザインしています。

会社、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (4) | トラックバック

2018年6月14日

何の専門機器の拡大写真でしょうか??

今日のブログは、クイズ形式の内容にてUPさせて頂きます。
下記の4枚の写真。
何の専門機器でしょうか??
私は、ビジネス(建築設計)でも・プライベートでもお世話になっている機器です。

「No1」
これはなんでしょう?

「No2」
これはなんでしょう?

「No3」
これはなんでしょう?

「No4」
これはなんでしょう?

とっても簡単なクイズ!!
皆様はお分かりですね。
答えは明日のブログで発表します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:55 | コメント (7) | トラックバック

2018年6月13日

敷地のレベル(高さ)の測量

建物を建てる敷地。
全てが平らなどと言う条件の敷地は、ほとんどありません。
よって、ある基準点からどのくらい高低差があるのかを、計画地・道路・隣接地との高低差を計測器で測量します。
そして建築を行う敷地は、道路や周囲より少し高くする必要があります。
それは、建築基準法にも記載されています。

建築基準法第19条の「敷地の衛生及び安全」
建築物の敷地は、これに接する道の境より高くなければならず、建築物の地盤面は、これに接する周囲の土地より高くなければならない。ただし、敷地内の排水に支障がない場合又は建築物の用途により防湿の必要がない場合においては、この限りでない。
2  湿潤な土地、出水のおそれの多い土地又はごみその他これに類する物で埋め立てられた土地に建築物を建築する場合においては、盛土、地盤の改良その他衛生上又は安全上必要な措置を講じなければならない。
3  建築物の敷地には、雨水及び汚水を排出し、又は処理するための適当な下水管、下水溝又はためますその他これらに類する施設をしなければならない。
4  建築物ががけ崩れ等による被害を受けるおそれのある場合においては、擁壁の設置その他安全上適当な措置を講じなければならない。

敷地のレベル測量
敷地のレベル測量
測量を行った敷地は、計画建物で南北で25cmの高低差を確認。
敷地のどこを基準とするのか。
その位置によって、雨水の排水計画、道路から敷地・玄関までの勾配・階段、建物の基礎の高さやに大きな変化がこります。
使いやすく・耐久性を考慮しながら、またコストも抑えた設計は、このような事もしっかり検討を行います。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (3) | トラックバック

2018年6月12日

自然派お弁当・宅配・ケータリングの「ナチュラルグレース」

ナチュラルグレース 看板

ナチュラルグレース
山梨県甲府市上石田2-25-1(荒川橋近く) にあります
「レストラン ナチュラルグレース」
山梨県甲府市にオープンして27年になります。オープンから一貫して「自然の恵み」を皆様に提供することにより、少しでもバランスの取れた食生活と皆様の笑顔と健康にこだわるレストランです。
そして、自然派お弁当・宅配・ケータリングの「ナチュラルグレース」
レストランでお出ししているお料理をそのまま、お弁当箱にお詰めさせて頂き、皆様にお届けさせていただきます。

1991年にオープンしましたナチュラルグレース。
常に、お客様にとって何が良いかを考え・実践し続けています。
そして!!2018年3月より。
もっと・もっと多くの皆様に喜んで+笑顔になって頂きたい思いから、新たな目標に向かって、大きくステップアップです。
そのBIGプロジェクトに参加させて頂き、誠に有難う御座います。

「BIGプロジェクトを成功させる」
その思いで、これからもあらゆる検討・提案・実践を行い続けて行きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (5) | トラックバック

2018年6月11日

人は、色や光によって感情が大きく左右されます。

真っ白な階段
光りも風も通る真っ白な階段

人は色や光によって感情が大きく左右されます。
その逆を考えれば、色や光で人の感情を誘導する事が可能ですね。
その時の場所や状況、モチベーションに合った色や光で演出すると、その効果は更に広がってきます。

色や光に起こった不思議な出来事を2つUPします。
①とある職場で仕事中の事です。
同僚は、なにかいつもより不機嫌そうな表情をしているように見えました。
私は「なにかあったの」と尋ねると、同僚は「いつもと変わらないよ」と答えます。
では、なぜ同僚は不機嫌そうな表情に見えたのか。
理由は単純でした。
部屋が薄暗かった。
部屋が薄暗いと、顔に影ができやすくなります。

②「これからはエコの時代だ」と言う事で、部屋の明かりを消してランチをしています。
そのエコ活動を始めてから、不思議な変化を感じるようになりました。
昼食が、いつもより味気なく感じられるようになりました。
昼食はいつもと変わらないメニューですが、部屋の電気を消して暗い中で食べると、不思議と昼食の味がぼんやりしてきます。

これら2つの事は、家庭内でも同じです。
喧嘩しやすい夫婦の部屋は「部屋が暗くて、雰囲気が悪い」という特徴があります。
暗い部屋の中であれば、夫のいつもと変わりないはずの顔が、なぜか怒っているように見えます。
そして、どんなにおいしい食事も、薄暗い部屋では台無しです。
部屋の電気が暗いというだけで、マイナスの印象を受けてしまいます。

もちろん、環境に配慮したLED照明を使う事も方法ですが、建築のデザインでより優れた効果を得る事も出来ます。

天井から光が降り注ぐ浴室
天井から光が降り注ぐ浴室
壁で囲まれた閉鎖的な空間ですが、思いっきり解放感がある笑顔が生まれる空間に生まれ変わります。。
・薄暗い明るさで入る浴室。
・気持ちの良い自然光で入る浴室。
その時の気持ちによってもかわりますが、爽やかな今の季節は後者の「気持ちの良い自然光で入る浴室」でリフレッシュしたい思いです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (3) | トラックバック

2018年6月 9日

ブログ開始から10年5ヶ月。明日は40回目のブログの休日。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、集合住宅、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震関係の耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査。
建築確認申請手続き、特殊建築物定期報告書検査作成、マンションの長期修繕計画書、各種申請業務 ・中古住宅の既存住宅現況検査員を行っております
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳細な業務内容については、吉野聡建築設計室HP
また、過去に設計を行った建築については、
完成写真がUPされていますprojects(プロジェクト)  
物件名がUPされていますworklist(業務リスト)
をご確認下さい。

いつも、弊社のブログにご訪問頂き、誠に有難う御座います。
また、ご依頼頂けるクライアントの皆様・私を支えて下さる皆様
全ての皆様に感謝の気持ちです。
誠に有難う御座います。

2008年1月19日にスタートしました
「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室ブログ」
明日のブログは、お休みさせて頂きます。
そして、吉野聡のFacebook個人ページ、吉野聡建築設計室のFacebookページ、朝食(朝ごはん)のFacebookページも休日にさせて頂きます。
平成29年10月17日の休みから5かヶ月ぶりの休日。

ロードバイクをスタートして4年。
普段の練習は、休みが取りにくい事もあり、夜明け前の時間(AM4:10頃)を使って室内で3本ローラーでの練習を行っています。
そして、数ヶ月に1回は100kmを超えるロングライドと言ったような練習を行っています。
そんな練習を積み重ねで、明日は日本一の富士山を駆けあがる富士ヒルクライムに参加します。

2018富士ヒルクライムWebサイト
(画像をクリックすると「2018富士ヒルクライム」のサイトへ)


富士ヒルクライム コース案内
富士北麓公園をスタートして富士スバルライン料金所を通過し、富士山5合目まで行く過酷な24km。
獲得標高1000m以上のハードコース。
思いっきり楽しんできます。
思いっきり苦しんできます。

2018富士山ヒルクライム
平成30年5月 練習で行った富士山スバルライン料金所
スタート前に一枚。
目指せ!!目標「90分」です。
明日の天気は90%の雨の予報から曇りに!!

富士山五合目の天気
平成30年6月10日(日) 富士山五合目の天気
天気も味方です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:11 | コメント (4) | トラックバック

2018年6月 8日

鉄筋の継手 引張り試験

鉄筋コンクリート構造では、鉄筋は引っ張り方向に耐える力を大きく期待されています。従って「継手」は鉄筋に加わる引っ張り方向の力を十分に伝えることができる必要があります。
昨日のブログでUPしています「ガス圧溶接」
ガス圧溶接
赤い四角の部分がガス圧溶接

その溶接部分が、確実に溶接されているかの試験方法があります。
山梨県コンクリート技術センターにある「油圧式MR型万能試験機」

万能試験機
継手の部分を中心に鉄筋を上下から引っ張る引張試験機。
切断されるまで引っ張り、基準通りの強度をもっているかを判断する試験です。

鉄筋の圧接部分の検査は、圧接箇所の全数について外観試験を行います。
超音波探傷試験又は引張り試験は、抜き取りにより試験を行います。
このように、建物を作る時には様々な基準があります。
その基準をクリアしているかを、1つ1つ確実にチェックする。
これも現場監理の1つです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (3) | トラックバック

2018年6月 7日

鉄筋コンクリート造 鉄筋の継手の種類

鉄筋コンクリート造のコンクリートの内部に配筋されてい鉄筋。
一定の長さとして建築現場に搬入されるために、長い距離を配筋する部分は、工事現場でつなぎ合わせて使います。このつなぎ合わせ有る部分を「継手」と呼びます。
鉄筋の継手には、重ね継手・圧接継手・溶接継手・機械式継手があり、今日のブログでは、継手の代表なる「重ね継手・ガス圧接継手」についてUPします。

鉄筋 重ね継手
「重ね継手」
2本の鉄筋を重ねて一本の様に配置して、コンクリートと一体化することにより、鉄筋に生じる力を伝達する方法です。

鉄筋 ガス圧継手
「ガス圧接継手」(yahoo画像より)
鉄筋端部を突合せ、加熱と圧力を加え鉄筋を一体化する工法です。

一般的には、16㎜以下の場合に重ね継手を利用することが多いです。
それより直径の大きな19㎜以上の鉄筋は次に説明するガス圧接継手となることが多いです。
建築工事標準仕様書JASS5鉄筋コンクリート工事2003(日本建築学会)では、35㎜を超える異形鉄筋の重ね継手には原則として用いないと言う基準もありますが、25㎜以上の鉄筋の継手はガス圧溶接にしています。

鉄筋コンクリート構造では、鉄筋は引っ張り方向に耐える力を大きく期待されています。従って「継手」は鉄筋に加わる引っ張り方向の力を十分に伝えることができる必要があります。
上記のガス圧溶接の溶接部分が、確実に溶接されているかの試験方法があります。
明日のブログは、その試験器具をUPします。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:03 | コメント (4) | トラックバック

2018年6月 6日

建築の断熱改修。まずは不特定多数の集まる公共建築から3/3

断熱にこだわった自社の建築
断熱にこだわった自社の建築

弊社が吉野聡が15年以上にわたり提案し続けている「建築の高断熱化」
まずは、エネルギー使用量が大きい、大規模な公共建築からを提案します。
私たちに・日本に・世界に・地球全体にとってメリットしかない「建築の高断熱化」。
新築はもちろん。
いまある建築の断熱改修を積極的に行うべきと考えています。
小さなエネルギーで快適に・気持ちの良い空間が継続します。
エコでクリーンな取組。
積極的に提案します。

高断熱の建築は、誰でも・単純に・最も効果があります。
外と内の環境を断熱材で完全に遮断する高断熱建築
それは、「性能が良い断熱材を設ければ良い」と言う事だけではありません。
断熱材の施工する場所(外・内断熱)や断熱材の種類の検討
そして、平面プラン(間取り)、室内の空気の循環、気密性能、開口部の仕様・位置・大きさ・補助的な暖房方式・設置位置など多くの検討が必要です。
これらは、建物の大きさ・構造・用途によって使い分けることも必要です。
しっかり検討された高断熱建築。
メインは断熱ですので、生活を始めたその日から、小さなお子様からお年寄りまで、直ぐに効果を感じる事ができます。
そして、機械・コンピューターを使用しない為に故障・メンテナンスが不必要。
まさに!!これからの建築です。
世界の環境先進国は、この方向・道で歩んでいます。

明日へ・未来への道"
これからの進むべき道

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:58 | コメント (4) | トラックバック

2018年6月 5日

建築の断熱改修。まずは不特定多数の集まる公共建築から2/3

弊社が・吉野聡が、15年以上提案し続けている「建築の高断熱化」
なぜ、そのような建築が必要なのか?
国土交通省が発表した「住宅・建築物の省エネルギー施策について」
その一部のデータをUP致します。

全エネルギー消費量の3割以上を占める建築・住宅部門
enerugisyouhi.pdf(拡大版)
日本における全エネルギー消費量の3割以上を占める建築・住宅部門。
この数値を減少させることが出来たら!!
大きな効果が期待できます。
その為には「建築の高断熱化」です。

基準ごとの断熱仕様等の比較
syouenekijyon.pdf(拡大版)
断熱基準が強化されることで、年間暖冷房費・年間暖冷房エネルギー消費量が下がっています。
・昭和55年以前の木造建築の年間暖冷房費 ¥65,000/年
・平成11年基準の木造建築の年間暖冷房費 ¥31,000/年
高断熱によって快適に。そしてランニングコストは1/3に。
冷暖房費が下がると言う事は、エネルギー消費量も少なくなります。
エネルギー消費量も少なくなれば、環境問題にも大きな貢献が出来ます。
だからこそ、更なる高断熱建築。
明日の最終回は、「いまある建築の断熱改修。まずは公共建築から」をUPさせて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:19 | コメント (5) | トラックバック

2018年6月 4日

建築の断熱改修。まずは不特定多数の集まる公共建築から1/3

平成23年3月11日に発生した東日本大震災
あの時の事、今でもはっきり・しっかり覚えています。
津波による福島原発の崩壊
東京電力管内の電力不足、計画停電
私たちの生活は一変しました。

それまでの私たちは
1.温暖化による電力需要の増大
2.生活レベルの向上による電力の増大
3.24時間の生活による電力の増大
さまざまな要因によって電力使用量は増大の一途をたどっていました。
電気は、無くならないもの、使いたい放題の生活です。
それが、東日本大震災をきっかけに電気(エネルギー)は限りあるものだと!!

火力・原子力・風力・水力・太陽光・地熱・バイオ発電・水素・・など「エネルギーの作り方も大切」。
そして、「作ったエネルギーをどう使うか」も大切です。

苦労して作ったエネルギーを苦労しながら節電して使い続ける。
自動車社会を見てください+考えてください。
低燃費車、ハイブリット車など、エネルギーの使い方の提案を積極的に行っています。
快適に省エネ・エコですね。
まさにこれなんです!!
そこで、弊社が提案するのは建築の高断熱化です。
高断熱と言っても、断熱材の仕様を上げれば良いのではありません。
建築デザイン・材料・開口部・間取り・作り方など、小さな事の積み重ねられたホンモノの断熱建築です。
そのような建築は、大きな節電が期待できます。
また、快適性能もUPします。
世界の環境先進国のドイツ。
建築の高断熱化については、日本とはレベルが違います。
2005年(平成17年)、ドイツに環境への視察に行った時に学んできています。

ドイツ ベルリンの壁

素晴らしい取組は、積極的に学んで・提案して・実践する。
何度のUPさせて頂いております「高断熱ブログ」。
15年以上提案続けています+実践続けています。
明日のブログは、なぜ「断熱」を提案するのか??
その理由をUPします。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:18 | コメント (5) | トラックバック

2018年6月 3日

2018年5月 高麗芝のメンテナンス「芝刈り」

山梨県甲府市にあります吉野聡建築設計室
案内図は弊社のWebサイト contact(連絡先)をご確認下さい。
若しくは、グーグルマップ「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室」をご確認下さい。

弊社の敷地の南側には、高麗芝が広がっています。
それは、敷地の緑化における提案の1つです。
その為に、芝のメンテナンスもしっかり行い続けています。
平成30年5月27日(日) 
数時間かけて木の剪定・家庭菜園・高麗芝・消毒のメンテナンスです。

高麗芝とトイプードルのハンク
芝刈り完了後の高麗芝とトイプードルのハンク。

「芝は、草取りや芝刈り・散水など大変」。
なんて事を耳にします。
はい!!同感します。
しかしです!!
青々とした芝が元気よく育っていると、とっても気持ちが良いんです。
だからこそ、芝のある庭が好きなんです。
そして、その他たくさんの楽しみも生まれます。
・夏の涼しさをつくる
・太陽光の吸収
・雨水の地中内への浸透など環境への配慮
・庭の空間のデザイン
・BBQなど人が集まる空間
・ドックランとしても活用しています。

わが家の家族の一員であるトイプードルの「ハンク」も、毎日元気に走り回っています。

快適に涼しく過ごす節電方法の1つとして、敷地や建物の周囲の芝張り(緑化)を行う事も大切です。
樹木よりはるかに大きい面積で緑化出来る芝張り。
熱の吸収や水分を蓄える力・CO2吸収など、他の緑化より大きな効果感じる事が出来ます。
芝張り(緑化)によって、周囲の温度が-2℃から-3℃、時には-5℃以上の効果があると言われています。
その他、デザイン効果もあり、私たちに癒しを感じさせてくれます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:15 | コメント (1) | トラックバック

2018年6月 2日

インターネットの速度が遅くなる

建築設計を行う上で、とっても大切なインターネット
私にとっては「必要不可欠」なものです。
現在、私が使用しているインターネット環境は、NTTのひかり回線(フレッツ 光ネクスト)から。4月にドコモ光に変更しています。
それは、弊社のインターネットの使い方の場合、ドコモ光の方が月に1万円ほど安くなるからです。

「緊急事態発生」
平成30年5月3日 AM3:15頃
「インターネットの速度が極端に遅くなる」と言う不具合が発生。
Webサイトやブログ・Facebookの管理に不具合が発生。
そして、メールの速度も遅くなっています。

弊社では、仕事の全てをデータ化している事。
データの受け渡しもメールで頻繁に行っています。
よって、インターネット・メール速度が早急な対応・対策・普及が求められます。
全ての設計業務一時中断して直ぐに普及作戦開始です。

その時にです。
以前にインターネットがつながらないトラブルが起こった事を思いだいました。
その時の対応は、2014年2月13日
インターネット(モデム)のトラブルから復旧までの2時間をご確認下さい。

そうです!!
その時は、モデムに原因があったんです。

モデムの不具合
NTTひかり電話のモデム
再起動と各種配線・LANケーブルの取り外し+再接続
そして、PCの再起動。
「完全復旧」です。
不具合から10分での復旧に「ガッツポーズ!!」です。

PCの不具合における原因の追究や復旧の対応
はじめから「不可能」と思っていたら何もしなかったであろう!!
しかし、「可能にさせる」と言う気持ちによって、復旧と言う成功につながったのではと考えています。

建築も同じ
それぞれに、それぞれに多くの検討事項があります。
困難な条件もあります。
しかし「クリアさせる」と言う信念持ち続けています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:05 | コメント (4) | トラックバック

2018年6月 1日

新社屋完成から9年が経過しています。

山梨県甲府市にある吉野聡建築設計室。
企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。 耐震関係の耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査。 建築確認申請手続き、特殊建築物定期報告書検査作成  マンションの長期修繕計画書、各種申請業務 ・中古住宅の既存住宅現況検査員などを行っております。
山梨県甲府市徳行3-3-25。
詳しい案内図は、下記のリンクをご確認下さい。
吉野聡建築設計室Webサイト contact(連絡先)

「グーグルマップでの案内図」

「グーグルマップ ストリートビューでの案内図」

弊社は山梨県甲府市徳行3-3-25の地に新社屋を、2009年5月30日に竣工し、6月1日に業務スタートしています。

吉野聡建築設計室 社屋

吉野聡建築設計室 社屋
更に詳しい写真は、吉野聡建築設計室HP 山梨県甲府市 吉野聡建築設計室をご確認下さい。

耐久性・防汚性のある機能・デザインもプラスしながら、定期的なメンテナンスを行い続けています。
新築時の美しさを「いつまでも」
「デザイン・環境・機能・性能」が一つになった建築をデザインしています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:05 | コメント (3) | トラックバック