« 鉄筋コンクリート造 鉄筋の継手の種類 | メイン | ブログ開始から10年5ヶ月。明日は40回目のブログの休日。 »

2018年6月 8日

鉄筋の継手 引張り試験

鉄筋コンクリート構造では、鉄筋は引っ張り方向に耐える力を大きく期待されています。従って「継手」は鉄筋に加わる引っ張り方向の力を十分に伝えることができる必要があります。
昨日のブログでUPしています「ガス圧溶接」
ガス圧溶接
赤い四角の部分がガス圧溶接

その溶接部分が、確実に溶接されているかの試験方法があります。
山梨県コンクリート技術センターにある「油圧式MR型万能試験機」

万能試験機
継手の部分を中心に鉄筋を上下から引っ張る引張試験機。
切断されるまで引っ張り、基準通りの強度をもっているかを判断する試験です。

鉄筋の圧接部分の検査は、圧接箇所の全数について外観試験を行います。
超音波探傷試験又は引張り試験は、抜き取りにより試験を行います。
このように、建物を作る時には様々な基準があります。
その基準をクリアしているかを、1つ1つ確実にチェックする。
これも現場監理の1つです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年6月 8日 03:21

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4034

コメント

吉野さん

こんにちは!

ガス圧溶接とは圧接溶着とは違うのかな?

写真の継ぎ目をみると圧接溶着のようにもみえます。

投稿者 溶射屋 : 2018年6月 8日 12:26

こんにちは!

強度試験もされるのですね!さすがのご対応です。

投稿者 モルタルマジック : 2018年6月 8日 16:18

こんにちは。
やはり、安心安全の確認しながら作業することが大切ですね。
保険も確認しながら契約いたします。

投稿者 保険屋あい : 2018年6月 8日 17:46

コメントしてください




保存しますか?