« 八ヶ岳の最高峰 日本百名山・山梨百名山の赤岳登山「赤岳地蔵尾根・地蔵ノ頭ルート編」2/4 | メイン | 八ヶ岳の最高峰 日本百名山・山梨百名山の赤岳登山「赤岳登頂・山頂カレー編」3/4 »

2018年9月 1日

2019年9月1日 防災の日「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」

「防災の日」は、1960年(昭和35年)に、内閣の閣議了解により制定された。9月1日の日付は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災に因んだものである。また、例年9月1日付近は、台風の襲来が多いとされる二百十日にあたり、「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められている。制定の前年の1959年(昭和34年)には、伊勢湾台風が襲来していた。
「防災の日」が制定されるまでは、9月1日に行われる行事は、関東大震災犠牲者の慰霊祭が中心であった。しかし、「防災の日」が制定されてからは、全国各地で防災訓練が行われる日となっている。「Wikipediaより」

関東大震災
関東大震災

・1923年(大正12年)9月 1日「関東大震災」
・1995年(平成 7年)1月17日「阪神・淡路大震災」
・2007年(平成19年)7月16日「新潟県上中越沖」
・2011年(平成23年)3月11日「東日本大震災」
・2016年(平成28年)4月14日「熊本地震」
地震国家の日本では、上の5つの地震以外にも常に地震が起こっています。

そして東海地震です。
約100年から150年の周期で繰り返し起こっている大地震です。 前回は、1854年の「安政東海地震」。山梨県内でも、多くの地域が震度6弱以上の揺れとなったと推定され、甲府市で約3割、峡南地域では約半数以上の家屋が倒壊した、という記録が残されています。 それ以来、150年以上が経過しており、地震を起こすエネルギーが相当蓄積しているため、『いつ東海地震が起きても不思議ではない』と言われています。
更に詳しい情報は、気象庁「東海地震発生の切迫性」をご確認下さい。

だからこそ!!
建物の「耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事」です。

弊社の耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事の実績は、
吉野聡建築設計室Webサイト
耐震診断・補強設計・耐力度調査 業務実績」をご確認下さい。
公共建築から民間の建築まで、多くの実績があります。

9月1日「防災の日」
見つめ直す機会になればと思います。
「事前の対応で安心な生活を」

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年9月 1日 03:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4347

コメント

一応耐火、耐震の設計です

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2018年9月 1日 06:19

吉野さん

おはようございます。

防災の日として制定して、そういうことが起きるから気を漬けなさいということを喚起しているのでしょうね。

投稿者 溶射屋 : 2018年9月 1日 06:28

吉野さん、こんばんは!

才賀への備え、大事ですね。
忘れた頃にやってくると言いますね。
もちろん来ない方がいいですが。

投稿者 みんなニコニコ医療食のよっしー : 2018年9月 2日 02:42

コメントしてください




保存しますか?