« 使用する生コンクリートの品質・製品検査 | メイン | 建築士の資質・能力。そして人間性。 »

2018年9月14日

マンション・アパート 外壁タイル貼替・改修工事

新築や外壁タイルの改修を行ってから年数が経過しているマンション・アパートなどの建築。
「外壁タイルは、いつかは剥離・落下します」
建築の外壁タイル調査がスタートして数年経ちますが、まだまだ多くのタイル貼りの建築で未調査です。

外壁の仕上材に使われるタイル。
施工方法は、大きく分けて2種類の工法があります。
1.乾式工法
乾式工法には、弾性接着剤でタイルを貼る「接着貼り工法」と下地専用パネルにタイルを留め付ける「引っ掛け工法」とがあります。湿式工法に比べ、工期の短縮・簡易施工・底コスト・タイルの割れ及び剥離の軽減などのメリットがあります。
2.湿式工法
湿式工法とは、昔から行なわれてきたタイル貼りの施工方法で、モルタル下地を施工した上にタイルを貼る方法で、「積上げ貼り工法(団子貼り)」、「圧着貼り工法」、「ユニット貼り工法(マスク工法)」があります。

日本建築防災協会の統計資料(外壁タイル張りの耐震診断と安全性対策指針・同解説の付-5外壁タイル張りの剥離・剥落故障例 1998年発行)によれば、タイル張り外壁の故障が確認されるまでの経過年数は平均13.6年と報告されています。
特に、2.湿式工法によって施工されたタイルは注意が必要です。
その原因は、日射と放冷による表面温度変化で起こる膨張・収縮の繰り返し応力とその重さ(モルタルを含めた)と考えられています。

落下した外壁タイル
タイル1枚当たりの重量は、かなりの重さがあります。
そんなタイルが高層階の外壁から落下する。
たまたま、その下を歩いている人がいたら・・・。
あまりにも危険すぎです。

山梨県内にも多くあります、外壁がタイル仕上げのマンションやアパート。
建物所有者の皆様
定期的な外壁タイル調査を行って下さい。
そして、タイルの浮きが確認出来たらすぐに改修工事です。

マンションの外壁タイル

マンションの外壁タイル落下
山梨県や甲府市の公共建築や一般社団法人歯科医師会。そして、民間の建築の外壁タイル調査・改修工事を行っております
吉野聡建築設計室
調査・改修計画・資金計画など多くの実績があります。
だからこそ、多くの提案をさせて頂きます。
必ず事故が起る前の対応です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年9月14日 03:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4356

コメント

おはようございます。
凶器になりかねないですね。
事が起きる前の調査・対策、大事な事と思います。

投稿者 あめつち菜人 : 2018年9月14日 07:35

こんにちは。
タイルは、しっかりした検査が必要ですね。
地震が心配な日本。
落下の危険になるものは、しっかり検査しないといけません。

投稿者 保険屋あい : 2018年9月14日 18:16

こんにちは!

当時はそれが流行りで最先端だったとしても、時間が経てばもちろん古くなります。どんどん見直されていきますね。

投稿者 モルタルマジック : 2018年9月14日 20:08

吉野さん、こんばんは!

タイル調査、大事ですね!
吉野さんにお任せすれば安心ですね!

投稿者 みんなニコニコ医療食のよっしー : 2018年9月14日 21:43

コメントしてください




保存しますか?