« 消費税 建築では完成日・契約日よって税率が変わります。 | メイン | 使用する生コンクリートの品質・製品検査 »

2018年9月12日

住宅ローン 完済年齢から考える

吉野聡建築設計室で設計監理を行う住宅建築。
資金計画を行う時、多くの皆様が住宅ローンの検討を行います。
その時にも役に立つ吉野聡建築設計室のオリジナル「資金計画表」。
詳しくは、下記のブログをご確認下さい。
2018年5月 8日
資金計画(建設費)に関する「トラブル」を防いでいます。

資金計画表
吉野聡建築設計室のオリジナル「資金計画表」
①土地・建築費・諸経費・融資・税金などを含んだ
 「工事費概算資金計画」
②家族の性別・年齢から、一生涯にわたる
 「ライフプラン資金計画表」

「住宅ローン」
さまざまな角度からの検討が必要です。
金融機関、融資額、返済総額、返済期間、金利、 返済方法、年収、月の生活費、カードやローン返済額、仕事内容、勤務先、雇用形態、勤続年数、家族構成、健康状態・・・。
それぞれの項目が個々の判断ではなく、それぞれが横の繋がりとなって関係してきます。
そして、今日のブログタイトルの「完済年齢」です。

「完済年齢」
住宅ローンを70歳まで払い続ける!!
最近、数名の方からそんな話を聞いています。
住宅金融支援機構のフラット35や財形住宅融資では、最長80歳。
民間の金融機関でも70歳から75歳としております。
75歳、80歳まで一定収入があるかどうかを考えると、大きな不安です。
そして、現在の雇用制度を見ると
厚労省が行なった「平成29年就労条件総合調査 結果の概況」
定年制を採用している会社の「79.3%」が、定年を「60歳」としています。
次に多いのは「65歳」で「16.4%」でした。
現在は、定年を60歳から65歳に引き上げている段階です。
このような状況の中で、吉野聡建築設計室の「資金計画」は
「65歳を完済年齢」と設定しています。

資金計画表

老後は、老後の資金が必要
その資金は住宅ローンの返済にあてるのではなく、老後の楽しみ(買い物・旅行・外食・・)に費やして頂ければと考えているからです。

その為には、住宅の設計・建築を行う数年前からの計画が必要です。
焦らず・じっくり・ゆっくり・しっかり検討する。
その為には、何をどうすれば良いのか??
吉野聡建築設計室 吉野聡までご相談下さい。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年9月12日 03:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4378

コメント

吉野さん

おはようございます。

>「65歳を完済年齢」と設定しています。

30年返済とすると35歳ぐらいで家を持つということですね。

僕は50歳前半でした・・・・。

長生きしなくては!

投稿者 溶射屋 : 2018年9月12日 06:04

安全な返済プランで無事完済がよいですね

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2018年9月12日 06:07

おはようございます。
非常に長期にわたる住宅ローン。
それをどうするのか、その相談までしてもらえるのは嬉しいですね(^^)

投稿者 あめつち菜人 : 2018年9月12日 07:56

こんにちは。
>「ライフプラン資金計画表」
   とても大切なことですね。
   年金生活は、思った以上に大変です。
   今から老後の生活設計するべきですね。

投稿者 保険屋あい : 2018年9月12日 16:08

こんにちは!

しっかり整理しておきたい部分ですね。

投稿者 モルタルマジック : 2018年9月12日 16:44

コメントしてください




保存しますか?