« ビーガン(ヴィーガン)仕様の建築・住宅・インテリア | メイン | 食に関する事業を新規に始める時の手続き(食品衛生法) »

2018年10月 4日

小屋裏・屋根裏にある御幣(ごへい)で確認

中古の木造住宅を購入して、リノベーション・リフォーム・増築を行う。
どのように行なうのか。
手順や資金計画・建築基準法などの関係法など、様々な事が関係してきます。
数年前から、弊社でもこのような設計依頼が多くなっています。
仕上げだけのリニューアルではなく、構造まで関係するリノベーション・リフォームは、更に多くの検討が必要です。
場合によっては、新築よりも難度の高い設計になる事もあります。

現在、建築工事が進んでいる「木造平屋建ての中古住宅のリフォーム工事」です。
今までの天井を撤去した時にです。

小屋裏にある御幣
赤〇部に「御幣」(ごへい)を確認です。
木造住宅の上棟には、小屋裏に「御幣」を祀ります。
「この家に災いも無く幸せにあれと祈祷して」棟束に南向きに建てます。

小屋裏 御幣
束に縄でしっかり取り付けられていた「御幣」

この御幣には、様々な情報が書かれています。
上部には、建築主の名前があり、側面の正面に「祝上棟」、側面の裏にその日付が書かれています。
そして、下部には施工者の名前が書かれています。

上棟年月日
昭和54年10月29日 
この住宅は「40歳」です。

40年経過している木造住宅。
小屋裏も・基礎も良い状態を確認しています。
この家は、新築時の施主様の思い・願い・夢を込めて、当時の施工者の皆様が一生懸命に建てられたと感じます。
これが、本当の良い家です。
その思いを引き継ぎ、更に良い家にリフォームです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年10月 4日 03:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4392

コメント

自分が大学生の時に建てられた建物ですね
あれから40年たつんだ。

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2018年10月 4日 06:16

小屋裏に飾るのを「御幣」(ごへい)とゆうんですね。
40年経過して小屋裏を見て この家の造った時期ごろ
屋根の下地がコンパネだったですね。
自分が子供の頃 家を壊す時に屋根に上ってすき間の板の
間から下が見えて恐ろしかった事を覚えています。

投稿者 前田 博 : 2018年10月 4日 11:39

こんにちは!

最近ではこれを屋根裏に置く家は少なくなったことでしょうね。

投稿者 モルタルマジック : 2018年10月 4日 16:52

こんにちは。
古い家のその時代にあった建て方をしてあり、
それぞれ良いところがありますね。
神社仏閣などは、構造を見るだけでも楽しいですね。

投稿者 保険屋あい : 2018年10月 4日 17:58

コメントしてください




保存しますか?