« 2018年(平成30年) クリスマスまであと1ケ月 | メイン | FacebookやLINEを使った設計打合 »

2018年11月26日

木造軸組工法 筋交いと構造用合板の揺れ方の違い

弊社が設計・デザインを行う木造建築・住宅。
ご依頼いただける皆様の思い浮かべる夢や希望を現実に!!
たくさんの弊社のオリジナルのデザイン・提案をさせて頂いております。
だからこそ、木造建築では、5つの工法から検討しています。
このような体制を行っている設計事務所・建設会社・ハウスメーカーは、他にはありません。
その1つが「木造軸組構法(在来工法)」です。

木造軸組構法(在来工法)
この工法の詳しい説明は、
2016年1月 6日
木造建築・住宅の工法2/5 「木造軸組構法(在来工法)」
をご確認下さい。
この工法は、地震や風圧力に対して、筋交いや構造用合板で建物の耐力をUPさせています。
その「筋交いや構造用合板」地震時に建物の揺れ方が変わります。
今日のブログでは、この2つの工法の地震の揺れ方を比較して頂きます。


木造軸組工法 筋交いと構造用合板の揺れ方の違い
揺れ方の違いが、一目瞭然です。
同じ震度でも、設計の違いによって建物の揺れ方・地震の感じ方が変わります。

そこで、吉野聡建築設計室がデザインするの木造軸組構法(在来工法)は、構造用合板と筋交いのメリットを合わせた建築を設計しています。
より強く・粘り強く・しなやかにの建築です。
だからこそ、弊社がデザインする木造軸組構法(在来工法)は、気象庁から発表される震度より揺れを感じない・感じにくい建築となります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年11月26日 02:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4363

コメント

在来工法での家の建築を検討しましたが
静岡ではやはり不安ということで2×4にしました

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2018年11月26日 05:19

吉野さん

おはようございます。

こういう木造建築物の骨組みをみるとつい、見てしまいます。

本当に綺麗ですよね(^.^)

投稿者 溶射屋 : 2018年11月26日 05:47

こんにちは!

従来の方法が見直されているのですね。

投稿者 モルタルマジック : 2018年11月26日 16:47

コメントしてください




保存しますか?