« ナチュクラルグレース「三毛猫キッチン」完成写真 | メイン | 希望・要望・提案 多くの打合を行う「建築設計」 »

2018年11月 8日

甲府市にある教会のエレベーター設置工事 基礎配筋

老人ホームや病院・集会場などの多くの高齢者の利用する建築では、エレベーターの設置が必要不可欠です。
しかし、古い建物の場合にはエレベーターが設置されていない事もあります。
甲府市にある教会にエレベーターを設置する。
そんな相談が、平成30年3月上旬にありました。
それから、各種提案・検討を行なってきました。
詳しくは、下記のブログをご確認下さい。
2018年4月 2日
今ある建物にエレベーターの設置する。

その後、関係法の確認や詳細検討を行い、更なる基本計画+実施設計+何度となく行ってきた設計打合+各種申請手続き。
そして、施工者の指名競争入札と予定通りに進みながら、10月中旬に建築工事のスタートです。
それから約10日。
建築現場で、配筋検査を行いました。

基礎の配筋検査
鉄骨造の基礎の配筋検査。
代表的な検査項目は、配筋の仕様・形状・鉄筋の径・配筋の配置・配筋のレベル・配筋の継手の位置・配筋の継手の長さ・配筋の定着長さ・配筋のピッチ・補強筋・かぶり厚・スリーブ・逃げ配管の状態・開口部補強筋・アンカーボルトなどなど、多くの検査項目があります。
工事現場監理とは、設計図・仕様書・基準・規則に基づいて施工されているかを確認します+確認ヶ所は必ず撮影を行います。
「正しい事を正しく」の思いです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年11月 8日 03:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4429

コメント

こんにちは!

古い建物にもエレベーターって設置できるんですね!
これでおとしよりもラクチンです。

投稿者 モルタルマジック : 2018年11月 8日 16:27

鉄筋の量が凄いですね。
こんなに必要なんですね。

投稿者 前田 博 : 2018年11月 8日 18:05

こんにちは。
教会にとっては、待ちに待ったエレベーターの設置ですね。
皆さん、完成を楽しみにされていることでしょう。
ご安全に。

投稿者 保険屋あい : 2018年11月 8日 20:21

コメントしてください




保存しますか?