« コンクリートブロック塀のチェックポイント | メイン | 2018年12月 来年に繋げる・繋がる1ヶ月 »

2018年11月30日

避難路沿道の一定規模以上のブロック塀等の耐震診断の義務付け

政府は11月27日、地方自治体が指定した災害時の避難路に面しているブロック塀について、来年1月から所有者に「耐震診断を義務付ける」耐震改修促進法の政令を閣議決定した。耐震基準が強化された1981年以前に、マンションや商業施設などの大きな建物で設置された塀が対象で、一戸建て住宅の多くは除外される。(yahooニュースより)

地方自治体が指定した災害時の避難路について。
山梨県の避難路は、下記のブログをご確認下さい。
2018年4月 5日
緊急輸送道路沿いに建つ建築の耐震診断の義務化

この道路沿いに立つコンクリートブロックの塀・鉄筋コンクリートの塀については、通行障害建築物に、その前面道路に面する部分の長さが25mを超え、かつ、その前面道路に面する部分のいずれかの高さが、当該部分から当該前面道路の境界線までの水平距離に当該前面道路の幅員の2分の1に相当する距離を加えた数値を2.5で除して得た数値を超えるブロック塀等であって、建物に附属するものを追加します。

ブロック塀等の耐震診断

ブロック塀等の耐震診断

分かりやすくご説明させて頂きます。
緊急輸送道路沿いにつくられブロック塀が倒壊すると、道路の半分を塞いでしまうものです。
さらに、
①現行のブロック塀の耐震基準となる1981年以前にできた塀。
② 高さ 0.8m(4m道路) 長さ25m超(自治体により8mまで短くできる)
③マンションや商業施設など(一戸建ては除外)

ブロック塀の基準
ブロック塀の耐震基準

公布:平成30年11月30日
施行:平成31年1月1日

更に詳しい内容・ブロック塀・鉄筋コンクリート塀の耐震診断については、弊社までご連絡を宜しくお願い致します。
対応させて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2018年11月30日 02:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4464

コメント

おはようございます。
何かあったときに、自分の問題だけでは無いですね。
公共の為にも、対策をする。
社会で生きている以上、大事な事と思います。

投稿者 あめつち菜人 : 2018年11月30日 06:52

こんにちは。
なるべく早く基準が満たされるよう願っています。

投稿者 保険屋あい : 2018年11月30日 15:22

こんにちは!

確かに、地震が起きた時のために崩壊も視野に入れておく必要がありますね。

投稿者 モルタルマジック : 2018年11月30日 16:43

吉野さん、こんばんは!

災害時などにもブロック塀の安全は大事ですね。

投稿者 みんなニコニコ医療食のよっしー : 2018年11月30日 22:17

コメントしてください




保存しますか?