« 美しいデザインは、環境に良いんです。 | メイン | 吉野聡建築設計室の住宅は、健康に良い1/2 »

2019年4月10日

平成31年4月1日から 山梨県屋外広告物条例の一部が変わります。

山梨県内の屋外広告物には管理者を置くことが義務づけられ、さらに一定の基準を超える広告物等については講習会修了者等、一定の資格を有する者を管理者とすることとされています。(山梨県HP抜粋)
屋外広告物の「管理者」としても対応を行っています弊社では、今まで多くの屋外広告物のデザイン・設計・施工・許可申請・維持管理を行ってきております。

平成31年4月1日から
「山梨県の屋外広告物の安全点検が義務化」されます。
近年、屋外広告物の落下事故等が全国的に発生しており、屋外広告物の安全性への関心が高まっています。
このため、山梨県では公衆に対する危害防止のため、屋外広告物条例を一部改正し、平成31年4月からすべての広告物及び掲出物件(簡易な広告物等を除く)に安全点検を実施していただくことになりました。(山梨県HP抜粋)
山梨県屋外広告物条例の一部が変わります。

山梨県屋外広告物条例の改正

山梨県屋外広告物条例の改正
○点検の対象
 すべての看板が対象です 。
○点検の方法・時期
 目視、打診などにより、次の期間内に点検をする必要があります。
 【点検時期】
 許可が必要な看板 : 許可の有効期間内
 許可が不要な看板 : 堅ろうな物は3年以内
 その他の物は2年以内
○有資格者による点検が必要な看板
 【対象看板】
 看板の上端の高さが地上から4メートルを超えるもの
 【資 格】
 ・屋外広告士 ・建築士
 ・山梨県屋外広告物講習会修了者
 ・他の地方公共団体が行う屋外広告物講習会修了者
 ・職業訓練修了者(広告美術科にかかるもの) など

更に詳しい情報は「山梨県 屋外広告物」をご確認下さい。
正しい情報で、正しい運営です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年4月10日 03:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4580

コメント

確かにここ数年落下事故がありましたね

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2019年4月10日 07:24

改めて おはようございます。
屋外広告物(看板)危険性の高い看板間だちます。
以前から落ちて来たら大惨事になるのでは と思っていました。
管理者を置くことが義務づけられたんですね。

投稿者 前田 博 : 2019年4月10日 10:45

こんにちは。
法律が変わるときは、注意が必要ですね。
>「山梨県の屋外広告物の安全点検が義務化」
   重要事項ですね。
   何事も定期点検は必要ですね。

投稿者 保険屋あい : 2019年4月10日 16:58

コメントしてください




保存しますか?