« 甲府市向町 タイ料理(トンロー)の完成写真 | メイン | 消費税率10% 住宅取得にメリットが出る支援策 »

2019年4月17日

多くの出席者がある設計打合は、モニターを使用します。

多くの出席者で行う設計打合。
ご参加下さる皆様の手元には、各資料を配布しながら会議形式で行います。
それぞれの検討・確認・承認はOKですが、全体での確認は全員が同じ情報を共有する必要があります。
そんな時に便利な「プロジェクター」や「モニター」を使った設計打合。
出席者の人数によって、使い分けます。
10人以下の設計打合せには、モニターを使用します。

モニター 設計打合
モニターを使っての打合。
1つの情報を、参加者で共有する事が可能になります。
IT技術を活用することで、より短時間で・より便利に・より簡単に進める。
よって、より詳細な意見交換が可能となり、より良い建築設計が可能となります。
時には、4160ページ以上ある弊社のブログ記事を補足資料としても活用しています。
「伝えるから伝わる」
様々な取組を行っています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年4月17日 02:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4290

コメント

おはようございます。
百聞は一見にしかずですね(^^)
視覚から入ってくる情報は、やはり伝わりやすいと感じます

投稿者 あめつち菜人 : 2019年4月17日 07:46

吉野さん

おはようございます。

モニターやプロジェクターはプレゼンの必需品ですよね。

我が社でも両方大活躍してます(^.^)

投稿者 溶射屋 : 2019年4月17日 08:54

こんにちは!

分かりやすくていいと思います!
iPadで説明する場合もありますが、大勢のときはモニターやスクリーンがあると便利ですね。

投稿者 モルタルマジック : 2019年4月17日 16:47

こんにちは。
さすが、素晴らしいプレゼン、説明ですね。
わかりやすさ、伝わることが大切ですね。
(^^ )

投稿者 保険屋あい : 2019年4月17日 18:31

コメントしてください




保存しますか?