« 吉野聡建築設計室の住宅は、健康に良い2/2 | メイン | 建築は、人の思い・手・智恵・技術によってつくられます。 »

2019年4月13日

外壁タイル タイルの浮きの打診調査 

新築や外壁タイルの改修を行ってから年数が経過している建築
「外壁タイルは、いつかは剥離・落下します」
建築の外壁タイル調査がスタートして数年経ちますが、まだまだ多くのタイル貼りの建築で未調査です。

日本建築防災協会の統計資料(外壁タイル張りの耐震診断と安全性対策指針・同解説の付-5外壁タイル張りの剥離・剥落故障例 1998年発行)によれば、タイル張り外壁の故障が確認されるまでの経過年数は平均13.6年と報告されています。
特に、2.湿式工法によって施工されたタイルは注意が必要です。
その原因は、日射と放冷による表面温度変化で起こる膨張・収縮の繰り返し応力とその重さ(モルタルを含めた)と考えられています。

吉野聡建築設計室では、その調査を行う場合「打診調査と赤外線調査」の2種類の調査を行っています。
赤外線調査については、下記のブログをご確認下さい。
2012年5月15日特殊建築物の定期調査報告 外壁タイル調査1/3
2012年5月16日定期調査報告 外壁タイル 赤外線調査2/3
2012年5月17日特殊建築物の定期調査報告 外壁タイル調査3/3

もう1つの「打診調査」
今日は打診調査の動画をUPします。
打診棒でたたく外壁タイルの音の違いをお聞き下さい。


外壁タイルの打診調査 10秒のyoutubeをご確認下さい。
タイル表面を打診棒でなぞった時の音の違いに注目。
高音・・・タイルの接着OK
低音・・・タイルが浮いている状態
このように、打診法ではタイルを1枚1枚をなぞったり・叩いたりしながら確認を行ってきます。

「打診調査と赤外線調査」
それぞれの調査方法・内容にメリット・デメリットがあります。
よって、「打診調査と赤外線調査」の2種類を併用して調査を行う事もあります。
しっかり・正しく調査です。
これが吉野聡建築設計室の外壁タイルの診断調査です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年4月13日 02:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4440

コメント

そういえば岐阜の笠原町にタイル美術館があります。
結構面白いですよ。

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2019年4月13日 17:50

コメントしてください




保存しますか?