« 多くの出席者がある設計打合は、モニターを使用します。 | メイン | 山梨県昭和町フィットネスジム「サイボディ」明日プレオープン »

2019年4月18日

消費税率10% 住宅取得にメリットが出る支援策

消費税8%で住宅取得するには、
2019年3月31日までに請負契約を締結した建築は、10%への税率引上げ後(同年10月1日以後に引渡しの場合)においても、改正前の税率(8%)が適用されます。
と言う事は、2019年4月以降の契約であっても、同年9月30日までに不動産の「引渡し」を受けることで8%が適用になります。
引渡しとは、不動産の所有権を施工者から建築主へ移転することです。
具体的には、鍵の受け渡しや各種登記の手続きを行い、登記済証の交付を受けることです。

消費税8%で行うことが出来るタイミングも、あとわずかになってきました。
しかしです。焦って進める必要はありません。
国土交通省は、平成31年10月1日に予定されている消費税率の引上げ後(8%から10%)の住宅取得にメリットが出る支援策を用意しまています(予算案、関連税制法案が今後の国会で成立することが前提ですが・・・。)

消費税率10%の住宅支援策

消費税率10%の住宅支援策

1.住宅ローン減税
 控除期間が3年延長(建物購入価格の消費税2%分減税(最大))
2.すまい給付金
 給付額が最大50万円に(収入に応じて10万~40万円の増額)・対象者も拡充
3.次世代住宅ポイント制度
 新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当を付与する新たなポイント制度創設
4.住宅取得等のための資金に係る贈与税非課税措置
 贈与税非課税枠は最大3000万円に拡大(現行最大1200万円)

これから、新築・増築・改築・リフォーム・リノベーションなどをご検討の皆様。
焦って判断しなくても大丈夫です。
弊社のご依頼のある住宅建築は、じっくり・しっかり・詳細な検討を行うために、相談・プラン・デザインの検討・設計期間だけでも数ヶ月かかる事もあります。
ご依頼のある皆様ご希望・ご予定に合わせて進めていますが、
弊社のWebサイトのTOPページにも書かれている
「もっと簡単に設計をする方法はあるけれど。人はみんな違います。建築を通じてみんなが知らない多くのことを伝えていきます」
の思いです。
1つの夢に向かって、みんなと一緒に歩み続けましょう。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年4月18日 03:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4583

コメント

吉野さん

おはようございます。

金額が張る建築費用ですので、滑り込みでも8%で済ますことができたらありがたいですよね。

投稿者 溶射屋 : 2019年4月18日 07:50

施策を賢く使ってですね

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2019年4月18日 07:58

こんにちは。
大きな金額の2%は、かなり違ってきますが、
焦って気に入らない買い物をしないようにしたいですね。
何事も十分納得して購入することが大切ですね。

投稿者 保険屋あい : 2019年4月18日 18:07

吉野さん、こんばんは!

こういう情報を教えて下さる業者さんはありがたいですね!

投稿者 みんなニコニコ医療食の : 2019年4月18日 21:23

こんばんは。
人生でも一大イベントでもありますし、大きなお金が動きます。
だからこそ、慌てずじっくり、ですね(^^)

投稿者 あめつち菜人 : 2019年4月18日 22:37

コメントしてください




保存しますか?