« 2019年4月 | メイン | 2019年6月 »

2019年5月31日

鉄筋の加工を動画で確認

基礎の配筋

鉄筋

鉄筋とは、鉄筋コンクリート構造において、コンクリートを補強し、外力に対して一体となって働くように用いられる。一般には鋼製の丸棒。日本工業規格などに適合した熱間圧延の丸鋼を使用することが多い。柱や梁 (はり) など細長い形状の部材では,その重心軸 (部材軸) に平行方向に配筋される鉄筋を主筋,それと直角方向に配され,ループをなすものを補助筋,あばら筋などという。(コトバンクより抜粋)

鉄筋の多くは、1本のまっすぐの棒状の状態で現場に搬入されてきます。
標準の長さについては、3.5メートルから12メートルまで、13種類の長さのパターンが規定されています。
それを基礎の形状や鉄筋コンクリート構造の基準に合わせて、加工して配筋します。

今日のブログは、現場の鉄筋の加工状況をUPします。
初めに、鉄筋を90°曲げる加工です。

続いて鉄筋の切断です。

太くて・固い・強い鉄筋を、簡単に曲げる・切断する鉄筋の加工機械。
このような1本の鉄筋を組み合わせることで、大きな建築を作っていきます。
これが、私たちの生命・健康・財産を守るための建築物です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:02 | コメント (5) | トラックバック

2019年5月30日

「K様にお知らせする」一流住宅メーカーの基礎とK様の基礎

以前にもブログUPさせて頂きました
「誰もが知る一流住宅メーカーの基礎と吉野デザインの基礎の配筋」の違い。
本日は、ヨシノデザインの設計監理で住宅建築を施工中の「K様」へお伝えするブログです。

下記の2つの写真を見比べて下さい
2つの写真は、住宅建築の基礎の配筋です。
①誰もが知っている一流住宅メーカーの基礎の配筋。
②吉野聡建築設計室でデザインした木造住宅の基礎の配筋。

一流住宅メーカーの基礎の配筋
①一流住宅メーカーの基礎の配筋
 「布基礎工法」

べた基礎の配筋
②吉野聡建築設計室でデザインした、甲府市住吉のK様の木造住宅の基礎の配筋。
 「べた基礎」

ハッキリとした違いがある住宅の基礎。
もちろん!!
一流住宅メーカーの布基礎・吉野聡建築設計室のべた基礎も、建築基準法の基準はクリアしています。

弊社では、基準をクリアすればOKと言う考えでなく、コストを考えた中でより安全な住宅を設計・デザインしています。
その1つが下記の内容です。
写真No②の吉野聡建築設計室の木造建築の基礎は、他と違います。
それは、基礎の上部に立つ建築のデザイン・プラン(間取り)などによって鉄筋の配筋方法を分けています。
その理由は、1つの建物の中でも基礎に荷重が集中する部分・そうでない部分があるからです。
これらの検討を行い、その結果における対応を基礎の配筋にも行っています。
他とは異なるヨシノデザイン。
基礎の配筋にもこだわります。
このような違いは、建物の耐久性や災害などがあった時にはっきりとした違いが出ます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:05 | コメント (3) | トラックバック

2019年5月29日

甲府市住吉の家K-House 基礎も凄いんです。 

平成30年6月に相談がありました甲府市にお住いのK様。
様々な打ち合わせを行いながら、建設地の測量や関係機関との事前相談後に基本プラン・建築デザイン、資金計画、全体スケジュール。
そして、実施設計・施行会社への見積もり行ってきました。
設計中に木造工法の変更を行っています。
下記のブログをご確認下さい。
2019年1月24日 木造建築 2×4工法から軸組工法へ変更
そして、平成31年2月の上旬に工事請負契約です。
詳しくは、2019年2月12日
甲府市K様の家 工事請負契約の締結のブログをご確認下さい。

それから約1ヶ月。
甲府市住吉の家 K-Houseは、敷地に既存の木造住宅があります。
引っ越しも完了したところで、既存住宅の解体工事からのスタートです。
更にそれから2ヶ月。
建築現場では、基礎のコンクリート打設を行っています。

ここで、甲府市住吉の家K-House。
配筋の仕様もですが、コンクリートの立上り巾寸法も+基礎断熱の仕様も厚さも凄いんです。
初めに基礎幅です。

基礎幅150㎜ 断熱材50㎜
甲府市住吉の家K-Houseは、基礎幅150㎜
多くの住宅の基礎幅は120㎜です。
続いて基礎断熱です。

カネライトフォームスーパーE-Ⅲ(3種b)
カネライトフォームスーパーE-Ⅲ(3種b)
熱伝導率0.028W/(m・k)以下
多くの住宅に使われる、住宅用断熱材のグラスウール16Kの熱伝導率は0.045W/(m・k)です。

このように、基礎の一部分(基礎の立上り)を見ても、他との違いがはっきりします。
他にもたくさんの「凄い」がある甲府市住吉の家K-House
基礎から違います。
明日のブログは、某ハウスメーカーの基礎配筋とヨシノデザインの基礎配筋の違いをUPさせて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月28日

令和元年8月に開催予定の「第5回山梨未来共創会議」のレジメ

令和元年8月に開催予定の
「第5回山梨未来共創会議」
吉野聡が担当・発表させて頂きます。
テーマ「断熱で山梨から日本を・世界を変える」
連日の危険な猛暑。
今年の夏も異常な状態が続くと考えています。
その為には、建築から官も・民も・自然も・環境もすべてが良い循環となる思い・対応・仕組みです。

断熱で山梨から日本を・世界を変える

2007年 地球環境と断熱をテーマに視察に行ったドイツ。
その時から、継続的に学び・考えを多方面に提案をさせて頂いている内容です。
平成29年の3月には、直接国土交通省への提案も行っています。
2016年3月15日
国へ・政府への提案 建築の断熱による凄さ 2/2

本日は、その内容について少しお話させて頂きます。
温暖化が進む地球。
間違いなく、今年も危険な暑さとなります。

環境の負のスパイラル
・暑いからエアコンのスイッチON。
・電気の消費が進む。
・電気を作るために環境が破壊される。
・環境が破壊されるから温暖化が進む。
と言うように、負のスパイラルが起こっています。
これでは、根本の原因の「暑さ」を解決することはできません。

車社会を見てください。
「省燃費化」の開発が進められています。
それに伴い、多くの国民の皆様が積極的に省燃費の車を求めています。
これなんです!!
「建築の省燃費化」この流れが大切なんです。
その為には、まずは多くの情報を知ることです。

限りあるエネルギーの開発はもちろんですが、作られたエネルギーをどのように使うか。
建築分野では、弊社が提案し続けている
「断熱」です。
それは、弊社が提案し続けている仕様です。
毎日の生活が、本当に快適になるんです。
そして、そんな断熱仕様になった建築は、各分野の各問題に大きなプラスになります。
その取り組みを、私たちも・市町村も・県も・国の各省庁も、みんなが一緒になって動くんです。

官への働きかけ
一体となった取組で、様々な問題をクリアさせる事が出来ます。
弊社が提案する「断熱」は、輝きのある地球・世界・日本・山梨を作る事ができるんです。
メリットしかない提案。
更に詳しい内容は、
令和元年8月 山梨県立図書館(予定)にて開催する「第5回山梨未来共創会議」にてお話させて頂きます。
誰でも参加出来ますので、多くの皆様のご参加を宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:09 | コメント (4) | トラックバック

2019年5月27日

山梨未来共創会議での講師依頼

定期的に開催されている「山梨未来共創会議主催」の勉強会。
山梨1区 衆議院議員・医師であります中島かつひと氏が代表つとめる政策勉強会です。
第1回は、山梨ダルク様の「ギャンブル依存症勉強会」
第2回は、山梨未来共創会議・障がい福祉勉強会
     〜山梨県立盲学校における日本で初の盲ろう教育の実践〜
第3回は、「医療」をテーマとして
     第1部は、中島先生から日本の医療の現状、
     財政状況を踏まえ、私の提案する医療制度改革について。
     第2部は、5人の県内大学生、山梨出身の県外大学生と
     パネルディスカッション。
山梨未来共創会議

第5回となる8月(予定)が、吉野総が担当させて頂きます。
「頼まれごとは、試されごと」
内容確認をさせて頂き、即決で・気持ちよく了承。
建築設計を行いながら、常に思い続けている事・行い続けている事。
40分間お話をさせて・お伝えさせて頂きます。
宜しくお願い致します。

平31年8月に開催予定の
「第5回山梨未来共創会議」
テーマ「断熱で山梨から日本を・世界を変える」
山梨県甲府市ではまだ5月と言うのに、昨日の35℃・一昨日と33℃。
そして、今日の予想最高気温も35℃と異常な暑さです。
このままでは全てが崩れていきます。
官も・民も・自然も・環境も。
すべてが良い循環となる思い・対応・仕組みです。
明日のブログは、作成中のレジメの一部をUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (3) | トラックバック

2019年5月26日

2019年高麗芝 5月のメンテナンス(除草剤の散布)

ヒートアイランド現象を抑える為には、都市部にもっともっと水や緑を。
弊社でも、自社の敷地・建築を使って小さな貢献を行い始めています。
その1つが、敷地の緑化です。
下記の写真は、昨年の吉野聡建築設計室の庭の芝(高麗芝)です。

吉野聡建築設計室の庭の芝(高麗芝)

芝のメンテナンスで大変なのが「草取り」です。
多くの皆様がお話になります。
しかし!!毎年本当に楽に手入れを行っています。
それが、年に2回の除草剤の散布です。

高麗芝 除草剤の散布
高麗芝 除草剤の散布
それは、山梨県韮崎市にあります「坂本造園」様にお願いしています。
今までは、シーズンになると2日に1回、30分程の雑草の除去でした。
これが、時間も体力も大きな負担になっていましたが、今では全てクリアになっています。

青々とした芝が元気よく育っていると、とっても気持ちが良いんです。
だからこそ、芝のある庭が好きなんです。
そして、その他たくさんの楽しみも生まれます。
・夏の涼しさをつくる
・太陽光の吸収
・雨水の地中内への浸透など環境への配慮
・庭の空間のデザイン
・BBQなど人が集まる空間
・ドックランとしても活用しています。
わが家の家族の一員であるトイプードルの「ハンク」も、毎日元気に走り回っています。

快適に涼しく過ごす節電方法の1つとして、敷地や建物の周囲の芝張り(緑化)を行う事も大切です。
樹木よりはるかに大きい面積で緑化出来る芝張り。
熱の吸収や水分を蓄える力・CO2吸収など、他の緑化より大きな効果感じる事が出来ます。
芝張り(緑化)によって、周囲の温度が-2℃から-3℃、時には-5℃以上の効果があると言われています。
その他、デザイン効果もあり、私たちに癒しを感じさせてくれます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (1) | トラックバック

2019年5月25日

山梨県甲府市吉野聡建築設計室 2019年家庭菜園

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室にある4帖程の家庭菜園
弊社の案内図は「吉野聡建築設計室HP contact(連絡先)」をご確認下さい。
甲府アルプス通りのスターバックスアルプス通り店の裏になります。

今シーズンも3月上旬から始めた、吉野聡建築設計室にある家庭菜園の土づくり。
クワで耕しながら堆肥を混ぜたふかふかの土に仕上がっています。

ふあふあになっている家庭菜園の土
今年は、春の早い時期からイタリアンパセリ・ニンニク・ネギが植えてあります。
夏野菜と交換の時期となり、2019年5月のGW期間中に、夏野菜の苗を植えています。

夏野菜の苗を植える
キュウリ・ゴーヤ・大玉のトマト・プチトマト・ナス・ピーマン・ズッキーニ。
より良い野菜がいっぱい収穫出来るよう、日々の管理を行い続けます。
たくさんの楽しみ・勉強がある家庭菜園。
食を通じた多くの学びがあります。
・2011年6月18日 家庭菜園で食育
その他、家庭菜園は敷地における建物の配置計画からの検討が必要です。
・2010年6月 3日 配置計画(建物の配置)

今年も、たくさんの野菜の収穫を楽しみにしています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:13 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月24日

甲府市向町 タイ料理(トンロー)案内図カード

甲府市向町 タイ料理(トンロー)案内図カード
甲府市向町にあります「トンロー(タイ料理)」
住 所 :山梨県甲府市向町147-1 ショップス向町B-3
tel /fax :055-209-2606
営業時間:11:00~14:00(L.O)
     18:00~21:30(LO)
定休日 :水曜日
名刺サイズの案内図のカードが完成しています。 
そのカードと同じで、店内は爽やかなに・明るく・素敵に食事ができる雰囲気です。
そして、価格もリーズナブルなトンロー。
デートや女子会、友人・仲間などの皆様で、楽しいひと時を過ごすことが出来ます。

タイ料理 トンローの店内

タイ料理 トンローの店内
 
もちろん調理場も衛生的に・機能的に作られています。

トンローの料理長
これまでのタイ料理店とは違ったデザインのタイ料理店。
タイのホテルで調理を行っていた料理長と共に、たくさんの「美しい・美味しい」があるお店です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (5) | トラックバック

2019年5月23日

生コンクリートと時間と品質 建築工事現場監理

生コンクリートは、時間が経つとともに固まりはじめ、時間が経過してくると、生コンクリートの軟らかさを失っていきます。
日本建築学会 JASS5の規定では、コンクリートの練混ぜから打設完了まで
外気温が25℃以上のとき・・・90分
外気温が25℃未満のとき・・・120分
となります。

上記の時間を経過したコンクリートで、鉄筋コンクリート造の基礎や建築のコンクリートの打設工事を行うと、、型枠の隅々までコンクリートが行きわたらなくなり、いわゆる施工不良にもなります。

コンクリートの受領書の時間を確認
コンクリートの受領書に記載している時間を確認します。
何時に練り混ぜ・何時に出発したのか。
そして、何時にコンクリートの打設工事を行うのか。
時間もしっかり確認します。

生コンクリートは、生鮮食品と同じ「生もの」です。
建築材料の品質管理もしっかり確認です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:19 | コメント (3) | トラックバック

2019年5月22日

甲府市住吉の家 K-House 基礎工事

平成30年6月に相談がありました甲府市にお住いのK様。
様々な打ち合わせを行いながら、建設地の測量や関係機関との事前相談後に基本プラン・建築デザイン、資金計画、全体スケジュール。
そして、実施設計・施行会社への見積もり行ってきました。
設計中に木造工法の変更を行っています。
下記のブログをご確認下さい。
2019年1月24日 木造建築 2×4工法から軸組工法へ変更
そして、平成31年2月の上旬に工事請負契約です。
詳しくは、2019年2月12日
甲府市K様の家 工事請負契約の締結のブログをご確認下さい。

それから約1ヶ月。
甲府市住吉の家 K-Houseは、敷地に既存の木造住宅があります。
引っ越しも完了したところで、既存住宅の解体工事からのスタートです。
更にそれから2ヶ月。
建築現場では、基礎のコンクリート打設を行っています。


コンクリートを圧送して行うコンクリート打設工事
それから数日間の養生+立上りの型枠工事が完了した後に、基礎の立上りのコンクリート打設工事です。

基礎立上り コンクリート打設工事
基礎立上り コンクリート打設工事。
打設と同時に、型枠の隅々までコンクリートを流し込む為に、バイブレーターをかけます。

コンクリートの打設工事は、天候・気温以外に、時間との関係もあります。
続きは、明日のブログでUPします。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:01 | コメント (5) | トラックバック

2019年5月21日

甲府市北口の家 アフターメンテナンス(蓄熱暖房機のOFF)

甲府市北口の家
甲府市北口の家
県立図書館の北側駐車場の北隣に位置します。

吉野聡建築設計室の設計監理にて、2006年(平成18年)に完成・引渡しを行っております甲府市北口にあるKubo House
吉野聡建築設計室の多くの提案を取り入れた、耐久性・構造・性能・室内環境・・・など他には無い高性能な木造の家です。
耐震性では、木造の金物工法を採用し、木造建築でも構造計算によって「固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風荷重・地震荷重」などに対して、構造物がどのように変形し、構造物にどのような応力が発生するのかを計算しています。

完成・引渡しから13年が経ちますが、継続的にメンテナンスを行っています。
その中の1つが、季節の変わる時の蓄熱暖房機のON・OFF

蓄熱暖房機のOFF
暖かさを感じる5月上旬に蓄熱暖房機の電源OFFです。
そして、その時間を使って建物の点検、そしてクライアントのK様とのお話です。
継続的に・積極的に繋がり続けています。

一年に2回行う「アフターメンテナンス」
これからも温かな・ホッとするお付き合いを宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:04 | コメント (4) | トラックバック

2019年5月20日

レストラン・食堂・料理店の開業には「食品衛生法」

一般食堂、料理店、すし屋、そば屋、旅館、仕出し屋、弁当屋、レストラン、カフェー、バー、キャバレーその他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる飲食店。
また、食品に関する製造を行う工場などの営業を行う時には、
建築基準法以外に、食品衛生法の営業許可が必要になります。
その為には、これらの営業施設が山梨県の場合には、山梨県食品衛生法施行条例第4条に基づく施設の基準に適合しなければなりません。

甲府市、甲斐市、中央市、昭和町を管轄する中北保健福祉事務所内にある
中北保健所
甲府市太田町9-1にあります。

中北保健福祉事務所
甲府保険所等合同庁舎内にある「中北保健福祉事務所」

衛生課
2階の衛生課

営業許可を取得するためには、営業施設が山梨県食品衛生法施行条例第4条に基づく施設の基準に適合している必要があります。工事を始める前に、図面を持参の上、保健所へ伺います。
飲食店と言ってもいろんな形態があります。
「許可営業34業種」
和食・洋食・中華・喫茶店・菓子製造業・あん類製造業・アイスクリーム製造業・乳処理業・特別牛乳さく処理業・集乳業・食肉処理業・食肉販売業・食肉製造販売業・魚介類販売業・魚介類せり売業・魚類ねり製品製造業・食品冷凍または冷蔵・食品放射線照射業・氷雪製造業・氷雪販売業・食用油脂製造業・マーガリン、ショートニング製造業・みそ製造業・醤油製造業・ソース製造業・酒類製造業・納豆製造業・めん類製造業・そうざい製造業・かん詰・ビン詰食品製造業・添加物製造業

それぞれが、どんな材料で何を作るのか。
どのような形で提供するのか。
基準が変わります。
建築基準法・消防法・浄化槽法・・・も関係します。
だからこそ、事前に詳細の打合せです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:59 | コメント (5) | トラックバック

2019年5月19日

富士ヒルクライム ブロンズ ペースタイム表2/2

富士ヒルクライム コース案内
富士ヒルクライム コース案内
・スタート:富士北麓公園 (計測開始地点:料金所手前)
・フィニッシュ:富士山五合目
・距離 :25km (計測部分24km)
・標高差:1,270m(計測部分1,255m)

90分00秒以内にゴールするためには、24㎞をどのようなペースで走れば良いのか?
1.0㎞毎とゴールまでにある料金所+4つの駐車場での通過タイムを記載した表を作成しました。

富士ヒルクライム ブロンズ ペースタイム表
富士ヒルクライム ブロンズ ペースタイム表
この表は、下記のリンクからPDFとしてダウンロードできます。
富士ヒルクライム ブロンズ ペースタイム表.pdf

ダウンロードが完了したら、是非にご活用下さい。
それは、ロードバイクに乗りながら確認できるんです。
では、その方法をご説明します。
まずは、ダウンロードした表を印刷して、カラーの部分だけ切って下さい。
次に、クリアファイルを一回り大きいサイズにカットしたものを用意します。

クリアファイルに入れる
汗・雨対策に、クリアファイルに入れます。

次にロードバイクへの貼り付けです。

ロードバイク 
貼り付ける位置は、赤の□のフレーム(トップチューブ)の先端側(ヘッドチューブ)です。

トップチューブに貼り付けたペース表
トップチューブに貼り付けたペース表。
剥がしやすいように、4周セロテープで貼り付けます。
これなら走りながら、確認できます。

富士スバルライン
1合目の看板です。
1時間30分以内でゴールするためには、21分44秒以内で通過しなければなりません。

今年で3回目の出場となる富士ヒルクライム。
・第13回富士ヒル:「1時間49分33秒」
・第15回富士ヒル:「1時間32分31秒」
第16回の今年は、必ず1時間30分を切る「ブロンズ」を獲得したいんです。
そんな思いで、日々のトレーニングを行っていますが、データの収集・理解・実践も行っています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:03 | コメント (3) | トラックバック

2019年5月18日

富士ヒルクライム ブロンズ ペースタイム表1/2

今年で3回の出場となる「富士ヒルクライム
富士ヒルクライム コース案内
富士ヒルクライム コース案内
・スタート:富士北麓公園 (計測開始地点:料金所手前)
・フィニッシュ:富士山五合目
・距離 :25km (計測部分24km)
・標高差:1,270m(計測部分1,255m)
・勾配:平均5.2%、最大7.8%
昨年の優勝タイムは57分11秒 
世界遺産・富士山を舞台に、約9000名の参加者が集う日本最大級のヒルクライムレースです。

富士ヒルでは、完走タイムに応じてフィニッシャーリングがプレゼントされます。
ゴールド(65分00秒以内) 
シルバー(75分00秒以内) 
ブロンズ(90分00秒以内) 
全体参加者との割合でみると、ゴールド獲得者は約1%、シルバー以上の獲得者は約10%、ブロンズ以上は約30%となる。

今年で3回目の出場となる私。
・第13回富士ヒル:「1時間49分33秒」
・第15回富士ヒル:「1時間32分31秒」
第16回の今年は、必ず1時間30分を切る「ブロンズ」を獲得したいんです。
そんな思いで、日々のトレーニングを行っていますが、データの収集・理解・実践も必要です。
その1つが、どんなペースで走ったら良いのか?
富士スバルラインの1.0㎞毎とゴールまでにある料金所+4つの駐車場での通過タイムを記載した表を作成しました。

富士ヒルクライム ブロンズ ペースタイム表
富士ヒルクライム ブロンズ ペースタイム表

続きは、明日のブログでU致します。
明日は、このペースタイム表をPDFにして、ダウンロードもできるようにさせて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (3) | トラックバック

2019年5月17日

甲府市住吉の家 K-House 配筋検査

建築にはさまざまな基準があります。
建築設計事務所は、現場監理を通じて基準通りに施工されているかを確認します。
その確認方法は、材料や梱包箱の目視・計測確認、施工状況の目視・実測確認、納品書・認定書などの書類確認などを行います。
計測時は、必ずスケール(定規)を用いて確認+撮影です。

下記の写真は、鉄筋コンクリート基礎(木造住宅の基礎)の鉄筋の配筋。
設計図面(基礎伏図+基礎断面詳細図)や鉄筋コンクリート構造仕様書との照合を行います。

基礎ベースの配筋検査
基礎のベース(床版)部の配筋
鉄筋の仕様 
・異形鉄筋 13φ タテ・ヨコ@200
・鉄筋と鉄筋の継手 鉄筋の太さ×40
 13㎜の鉄筋×40=420㎜(必要)≦計測750㎜(有効) ∴OK

基礎立上り 配筋検査
基礎立上り 配筋・・・
異形鉄筋 10㎜@200 タテ・ヨコ
     端部:異形鉄筋 13㎜
・鉄筋と鉄筋の継手 鉄筋の太さ×40
 13㎜の鉄筋×40=520㎜(必要)≦計測600㎜(有効) ∴OK

次に、鉄筋の外側にあるコンクリートのかぶり厚。

鉄筋かぶり厚の計測
80㎜の高さがあるコンクリート製のサイコロ
建築基準法の基準では、
・耐力壁を除く壁・床 2cm
・耐力壁・柱・梁 3cm
・直接土に接する壁・柱・床・梁布基礎の立上り部分 4cm
・立上り部分を除く基礎 6cm(捨コン除く)

上記以外にも多くの確認事項があります。
このように工事現場監理とは、設計図・仕様書・基準・規則に基づいて施工されているかを確認します+確認ヶ所は必ず撮影を行います。
写真の一部は、写真帳に整理・プリント(印刷)して、毎週行われる現場定例会議時にお渡ししています。
「正しい事を正しく」の思いです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:22 | コメント (3) | トラックバック

2019年5月16日

避難時に非常用照明があるからこそ。

火災や地震などの自然災害や、不慮の事故などによって供給電源が絶たれた際に、避難方向や周囲の状況を把握できなくなるため避難活動が困難になります。
そんな時に、安全かつ円滑に避難が出来る為に設置する「非常用照明」。
建築基準法や消防法によって、設置基準・機器選定が定められております。
また、建築主は安心・安全な建築の維持管理を努める義務があります。

非常時のみ使用する「非常用照明」
どのように照らされるのか?
どのような明るさなんだろう??
避難活動に対して、不自由のない明るさなんだろうか???
点灯した非常用照明を見たことがない皆様へ。
これが、非常用照明だけに照らされた空間です。

非常用照明
この明るさがあれば、問題なしです。

では、基準はどうなっているのか??
その照度は床面において水平面照度で1 ルクス(LED及び蛍光灯の場合は2 ルクス以上確保できること(地下街の地下道は10 ルクス以上)
1ルクスや2ルクスと言う照度は、月の夜道ぐらいの明るさです。

月の明るさ

もちろん基準をクリアすればOKですが、より安全に+より快適にを考えると、上記の写真のような照度が必要かなと考えます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:01 | コメント (1) | トラックバック

2019年5月15日

非常用発電機の点検

火災や地震などにより、電源供給が途絶えた場合、建物の各設備機器や防災設備がSTOPしてしまうことが考えられます。
そんなことを防ぐために、建築基準法や消防法で定められた建築物には、非常用発電機の設置が義務づけられています。

非常用電源 発電機
非常用電源 自家発電機

建物内にいる人が安全に外部に避難する。
また、火災時のスプリンクラー、屋内消火栓、排煙機の防災設備が「火災で停電になったので使えない」という事にならないよう非常電源が必要です。

この非常用電源。
特殊建築物の定期調査報告の中でも、動作の確認が含まれています。
甲府市内にある、9階建てのホテルの特殊建築物の定期調査報告の現場調査を行った時に、非常用発電機の動作確認です。


スイッチONにすると瞬時にエンジンがかかります。

非常用電源を含む特殊建築物の定期調査報告について。
詳しくは、吉野聡建築設計室までお問い合わせ下さい。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (3) | トラックバック

2019年5月14日

デザイン・設計・建築・資金・土地 全て弊社で相談です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などの建築。
新築・増築・改築・リノベーション・リフォームを行いたいけど、建てる場所(土地)・プラン・デザイン・コスト(融資)・・などなど。
・何を聞いていいのか?
・何をしたら良いのか?
・何を考えるのか?
・どこに相談して良いのか?

不明な点が多くあります。

全て弊社にご相談下さい。
一般的には、
・土地は「不動産」
・建築は「設計事務所・施工者」
・融資は「銀行」
とそれぞれに相談しなければなりません。
しかしです!!
山梨県甲府市にあります「吉野聡建築設計室
弊社では、全てにお答えさせて頂いております。

吉野聡建築設計室

吉野聡建築設計室 吉野聡
吉野聡建築設計室 吉野聡

それは、今まで培ってきた実績と多くの協力者がいるからこそです。
建築の考え方・進め方・流れ。
デザイン・流行・資材・コスト・工法・技術・建築業界など。
事前に知っていると知らないでは、結果が大きく変わります。
だからこそ、
全てを1つで対応できる・している「吉野聡建築設計室
弊社だけが行ってる対応です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:20 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月13日

建築の「夢」を「かたち」にする仕事です。

山梨県韮崎市役所の建設課の受付に掲示されていた1枚のポスター。

山梨県 韮崎市役所 建設課
赤で囲まれた部分です。

あなたのまちの建築士
あなたのまちの建築士

「建築家は何をする人?」
建築家は、建築主の「夢」を「かたち」にします。
・建築家は、建築主の信頼を得なければその仕事を行うことが出来ません。
・建築家は、その信頼に応えるために、高い技術と能力を身に付けるための研鑚を積んでいます。
・建築家は、建築の仕事をとおして、ひとつの建築だけでなく、優れた生活環境づくりを行い、社会の信頼に応えられるように努力する義務を負っています。

「夢をかたちに」
だからこそたくさんの夢を見てください。お話下さい。
更に大きくしてお返ししています。
ご依頼い頂く・頂いている多くの皆様の笑顔を見る為にの思いです。

このブログを見て相談や依頼下さる皆様
弊社にご依頼頂けるクライアントの皆様は、他社やハウスメーカー・建設会社などでクリアできない条件や問題をお持ちになっている皆様からの依頼がほとんどです。
「難しい条件」
クリアさせる事を行い続けています。
その為の手順も大切になります。
その為には、まずはご相談下さい。
弊社だけが可能としているオリジナルな対応があります。
それは、明日のブログでUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:55 | コメント (3) | トラックバック

2019年5月12日

2019年「富士ヒルクライム」トレーニング2/2 


Mt.富士ヒルクライム コース

今年で3回目のエントリーを行っています「富士ヒルクライム
令和元年5月4日(土)2019年初めてのトレーニングに行ってきました。
今年初のトレーニングのタイムは!!
その前に、富士ヒルクライムの過去の記録は
「2016年」
・1回目:「2時間04分」
・2回目:「1時間57分」
・2016富士ヒル「1時間49分33秒」
「2017年」
・4回目:「1時間42分」
・5回目:「1時間38分」
・6回目:「1時間37分」
・7回目:「1時間47分」
「2018年」
・8回目:300512「1時間45分53秒」
・9回目:300517「1時間36分34秒」
・10回目:300526「1時間34分16秒」
・11回目:300603「1時間33分03秒」
・2018富士ヒル:300610「1時間32分31秒」

さぁ~!!
今年のタイムは

富士ヒルタイム
「1時間38分08秒」と言うダメダメなタイム
これが私の実力です。
去年のデータを見ると、トレーニングに行く毎にタイムが上がっています。
土・日曜日も基本は仕事なので、今年は何回行けるかな。

「1時間38分08秒」のタイムに、貧脚の私が言い訳をします。
1、富士山五合目のゴール手前で、交通整理の渋滞があった。
2、富士山五合目に行くと雪が!!
  その日の午後から降雪があったほどの寒さです。

今にも雪が降りそうな富士山五合目
今にも雪が降りそうな富士山五合目。
残雪もあります。

そんな事を言っても、私より速い方がいっぱい走っています。
悪条件でも強く・早く。
今年も1時間30分を切る「ブロンズ」を目指して、更なるトレーニングです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:03 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月11日

2019年「富士ヒルクライム」トレーニング1/2 

良い仕事を行う為には、何と言っても健康でなければ・タフでなければ・パワーを持ってなければなりません。
そして、人一倍体力・耐力・持久力が必要です。
でなければ、365日24時間動けません。
平成26年6月から始めたロードバイク(自転車)の練習。
確実にパワーUPしています。
そんなパワーを試す為に、定期的に大会に出場しています。
その一つが「富士ヒルクライム
2019年 3回目エントリーです。

富士ヒルクライム コース案内
富士ヒルクライム コース案内
・スタート:富士北麓公園 (計測開始地点:料金所手前)
・フィニッシュ:富士山五合目
・距離 :25km (計測部分24km)
・標高差:1,270m(計測部分1,255m)
・勾配:平均5.2%、最大7.8%
昨年の優勝タイムは57分11秒 

令和元年5月4日(土)2019年初めてのトレーニングに行ってきました。

河口湖からの富士山
河口湖からの富士山。
当日のAM3:30に天気確認を行い、午後から雨の予報に急いで午前中のみロードバイクのトレーニングです。
ちなみに、その日の午後からスバルラインでは雪が降っています。

富士スバルライン料金所
スバルライン料金所
トレーニングは、ここからがスタートとしています。
ゴールの富士山五合目まで思いっきり苦しみます。

2019年5月4日(土)
今年初の富士山五合目です。
ロードバイクで富士山

富士ヒルクライムの過去の記録は
「2016年」
・1回目:「2時間04分」
・2回目:「1時間57分」
・2016富士ヒル「1時間49分33秒」
「2017年」
・4回目:「1時間42分」
・5回目:「1時間38分」
・6回目:「1時間37分」
・7回目:「1時間47分」
「2018年」
・8回目:300512「1時間45分53秒」
・9回目:300517「1時間36分34秒」
・10回目:300526「1時間34分16秒」
・11回目:300603「1時間33分03秒」
・2018富士ヒル:300610「1時間32分31秒」

そして、気になる結果は!!
2019年初めてのトレーニングの記録は、明日のブログでup致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:13 | コメント (1) | トラックバック

2019年5月10日

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 創業19周年

山梨県甲府市徳行3-3-25 吉野聡建築設計室
詳しくは、吉野聡建築設計室HP contact(連絡先) をご確認下さい。
案内図をUPしています。

昭和48年3月 先代によって山梨県甲府市徳行5丁目の地に「吉野建築設計事務所」としてスタート。
全体の創業では47年目を迎えます。
詳しくは、吉野聡建築設計室HP profile(プロフィール) 改革をご確認下さい。
そして、吉野聡が平成12年5月10日に「吉野聡建築設計室」としてスタート。
本日「創業19年」を迎えます。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室

これは、私達の力だけで成し得た訳ではなく、吉野聡建築設計室にご依頼、また私を支えてくださる多くの皆様のおかげです。
心から感謝と御礼を申し上げます。
本当に有難う御座います。

吉野聡建築設計室 吉野聡

これから中期の目標、そしてその後の目標に向かって
一歩一歩 歩み続けます。
そして、気付き・思う・行動を伴った日々の「継続」です。
引き続き、吉野聡建築設計室・吉野聡を宜しくお願い致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:21 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月 9日

「Facebook・LINE」を使って設計打合 画像・写真の整理

建築設計には、様々な希望・要望・条件が複雑に絡み合ってきます。
それらは、その建築・建築主・敷地条件によってさまざまです。
だからこそ、多くの話し合いを行い・検討して1つ正解を導き出します。
その為に、多くのコミュニケーションが必要になります。
ご依頼頂ける皆様が便利に・簡単に・使いやすく。
そして「いつでも・どこでも・どんな時でも」
そんな思いで、弊社では設計打合の1つにSNSの「FacebookやLINE」を使用しています。

FacebookとLINE

弊社にご依頼を頂くお客様の希望や要望を好きな時間にいつでも・どこでも弊社に送って頂ける文章や写真。
弊社では、PCで専用フォルダーを設け、一括で管理しています。

LINEを使った打合
ご依頼いただくお客様は、写真を撮って弊社に送るだけでOKです。
これが、大きな・多くの・大切な情報となります。
その他、実際にお会いして行う打合せ以外でも、いつもでも繋がり続けています。
これも、お互いに大きなメリットです。
このような時間の有効活用+密な関係は、良い建築をデザインするために絶対に必要です。
これも、積極的にIT化を進めているヨシノデザインだからこその対応です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:46 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月 8日

住宅や不特定多数が利用する建築物の耐震化の状況

国土交通省は、「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」に基づく国の基本方針においては、南海トラフ地震防災対策推進基本計画及び首都直下地震緊急対策推進基本計画、住生活基本計画(平成28年3月閣議決定)における目標を踏まえ、住宅の耐震化率及び多数の者が利用する建築物の耐震化率について、平成32年までに少なくとも95パーセントにすることを目標とするとともに、平成37年までに耐震性が不十分な住宅をおおむね解消することを目標とし、耐震化の促進を図っています。

平成25年の交付から6年が経過した現在、耐震化の進行状況はどうなっているのか。
国土交通省のWebサイトで確認できます。
国土交通省 住宅・建築物の耐震化について

住宅の耐震化率

多数の者が利用する建築物
来年の令和2年の耐震化率の目標が、住宅が約95%、多数の者が利用する建築物が約95%となっています。
このデータを見る限る、目標数値がクリアできそうです。
そして、令和6年までに耐震性が不十分な住宅をおおむね解消出来ることを願っています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:04 | コメント (4) | トラックバック

2019年5月 7日

トンロー(タイ料理店) 素敵にOPENしています。

「甲府市向町 タイ料理(トンロー)」
多くのお客様がご来店の中で
平成31年4月26日(金)AM11:00
素敵に・美しく・美味しく「OPEN」しています。

店内外と多くの花のトンロー
店内外と多くの花に囲まれた、お祝いムードのトンロー。
「おめでとうございます」

その日は、昼と夜の2回訪問させて頂きました。
ランチはもちろんですが、夜はさらに多くの皆様のご来店があり、予約してあるお客様で満席状態。
予約なしで来店さられた多くの皆様には「またの機会に是非にお願いします。」と言うお返事をされていました。
流石!!OPEN前から注目の・話題のお店です。

トンローの店内写真
トンローの店内写真

ホンモノのタイ料理を、素敵に・美しく・優しい価格で頂ける
山梨県甲府市向町147-1
グリーンタウン甲府東内 SHOPS向町 B3
タイ料理「トンロー」
ご予約・ご案内のお電話番号は
トンロー 055-209-2606

グランドメニューもですが、メニューにない予約のコースメニューもお勧めです。
その他、タイの麺類も充実です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:23 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月 6日

2019新緑の春 山梨百名山横尾山と山頂パスタ会4/4「山頂パスタ+下山編」 

ナチュラルグレース+吉野聡建築設計室のコラボイベントの
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年、2回/1年の開催しているイベントです。

本日の最終回は「横尾山 山頂パスタいただきます+下山」です。

横尾山山頂パスタ
参加者の皆様にお配りした後に、私も山頂パスタを頂きます。
ナチュラルグレースの「新物国産山菜とベーコンのトマトソースパスタ」です。
また違った美味しさがあるナチュグレのパスタ。
最高です♪
食後の甘いミルクティーを頂いたあとは、皆様で記念の一枚です。

横尾山山頂パスタ 記念写真
ハイチーズ♪
山頂パスタ会の横断幕も一緒に!!
参加者全員で「はい!!ポーズ♪」の記念写真です。
その後は、それぞれが下山の準備です。

実は調理中に、参加されていたお子様が手にケガをしています。
軽傷ですが、応急処置+大事をとって直ぐに病院への連絡+搬送です。
この山頂パスタ会。
多量の荷物を持つ・山の経験が豊富なアスリートチーム以外に、医療の専門のベテランの看護師2名と富士山のガイド+甲斐駒ヶ岳の七条小屋への歩荷を行っている方と一緒です。(時には、医師も同行します)
この緊急事態に、山岳ガイドのスタッフが低学年のお子様をリックと背中の間に配置、担いで下山です。
もちろん、看護師も付き添います。
万全の体制で行う山頂パスタ会です。
その後電話で確認したら、病院で手当てをしてそのまま帰宅しています。

その他の参加者は、皆様と一緒に安全に下山です。
登りと同じコースタイムで安全に下山です。

鋳物製コンロを担ぐ
15㎏の重量がある鋳物製コンロを、帰りは私が担いで下山です。
背中にずっしりくる重さです。

最後の挨拶
スタート地点の駐車場に全員下山。
最後は「有難うございました」の挨拶で解散です。

みんなで楽しく・美味しくの「山梨百名山 山頂パスタ会」
今回も、スペシャルな時間を有難う御座いました。
全員が無事に帰還です。
皆様・横尾山さん。
有難う御座いました。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:53 | コメント (4) | トラックバック

2019年5月 5日

2019新緑の春 山梨百名山横尾山と山頂パスタ会3/4「調理編」 

ナチュラルグレース+吉野聡建築設計室のコラボイベントの
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年、2回/1年の開催しているイベントです。

本日の第3回目は「山梨百名山横尾山 調理編」です。
山頂に着いたら、すぐに準備です。
まずは、ガスボンベ+鋳物製のコンロと卓上コンロをセットです。
そこに大鍋を2つ置き、それぞれに18Lの水を入れます。
1つは、パスタを茹でる。もう1つはパスタソースを温める用です。

山頂でパスタを調理
横尾山山頂でパスタを調理です。
その脇では、K氏がおつまみを作っています。

おつまみを作るK氏
実は、このK氏2か月前にくも膜下出血で緊急入院+脳の手術を行っています。
トライアスロン山梨鉄人会のメンバーでもあるK氏の驚異的な回復力によって、見事な復活です。

そうこうしている間に、大鍋ではお湯が沸騰しています。
そこに、パスタを投入です。

パスタを茹でます

春の山菜も入れます
春の山菜・ベーコンも入れます。
ここからが、ヘルシーレストラン ナチュラルグレース オーナーの三村さんの出番です。

ボールで一気に混ぜる
1回に10人前のパスタを、ボールだけで一気に混ぜる流石のテクニック。
とっても楽しそうなんです♪

続きは明日のブログで!!
明日の最終回は「横尾山 山頂パスタいただきます+下山」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月 4日

2019新緑の春 山梨百名山横尾山と山頂パスタ会2/4「登頂編」 

ナチュラルグレース+吉野聡建築設計室のコラボイベントの
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年、2回/1年の開催しているイベントです。

明日の第2回目は「山梨百名山横尾山 登頂編」です。
山梨県北杜市と長野県南佐久郡川上村の境にあり、秩父山地の西端域にある横尾山は、標高1,818mと低い山でありながら、登山道の入口は、山の上まで車で行くことが出来ます。
登山道も整備されており、お手軽で歩きやすい山です。

横尾山 登山道

横尾山 登山道
みんなで一緒に・楽しく登山です。
スタートから林の中を40分程歩くと、景色が良いところに出てきます。

横尾山 登山道 休憩

休憩地点
みんなで一緒に休憩です。

ここからは、先発隊と一般隊に分かれます。
先発隊は、山頂パスタ会場の横尾山山頂までを走ります。
それは、参加された皆様が山頂に着く前に、調理場の準備・お湯を沸かす・食材の準備・調理を行い、皆様が付くと同時にパスタを提供する為にです。

横尾山山頂

続きは明日のブログで!!
明日の第3回目は「横尾山 山頂パスタ調理編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:08 | コメント (4) | トラックバック

2019年5月 3日

2019新緑の春 山梨百名山横尾山と山頂パスタ会1/4「スタート編」 

ヘルシーレストラン「ナチュラルグレース」+建築設計・監理・デザイン「吉野聡建築設計室」 のコラボ企画。
初心者でも楽しめる日帰り登山。
そして、山頂でナチュラルグレースの茹でたてパスタ作る+みんな頂く。
山梨百名山「山頂パスタ会」 
新緑の春と紅葉の秋の年、2回/1年の開催しているイベントです。

令和元年5月1日(水)
「山梨百名山 横尾山と山頂パスタ会」
横尾山(よこおやま)は山梨県北杜市と長野県南佐久郡川上村の境にあり、秩父山地の西端域にある山。
標高1,818m。
山梨百名山の1つ。山頂は東西に長く伸びている(尾根が横に長い)。南麓に黒森鉱泉がある。北西方面にシャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳があり、その先には野辺山高原がある。(Wikipediaより)

2019年春の山頂パスタ会は、当初長野県の蓼科山で計画していましたが、今年は春の雪で残雪が多くあり、竜ヶ岳に変更していました。
この竜ヶ岳も、開催日の数日前に雪が降り、山梨百名山横尾山に変更しています。

4回シリーズでUP致します「2019春 山梨百名山横尾山と山頂パスタ会」
本日の第1回は「スタート編」です。
当初は、40名の参加者で計画していたパスタ会。
上記の理由により二転三転の予定変更に、参加者が少し減った29名の皆様で開催です。

横尾山 駐車場
横尾山登山口駐車場に集まった29名の皆様。
安全に・楽しい・美味しい山頂パスタ会での挨拶です。

横尾山
登山道のスタートから1時間30分で山頂となる横尾山。
お手軽な山梨百名山です。
とは言っても私たち運営スタッフは、29人分の食材・水・調理器具を担いで登ります。

調理器具を担ぐスタッフ

調理器具を担ぐ三村さん
重量のある荷物を担ぐのは、トライアスロンの山梨鉄人会のチームの皆様です。

続きは明日のブログで!!
明日の第2回目は「山梨百名山横尾山 登頂編」です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:14 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月 2日

特殊建築物定期調査報告 防火シャッターの点検

大きな建築の廊下・通路・室の区画に使用される「防火シャッター」
建築基準法で規定される防火設備です。
防火性能がある鋼製のシャッターで、熱や煙を感知すると防火シャッターが自動的に下降し火災の拡大を防ぎます。
鉄板の厚さ15㎜以上のものを「特定防火設備」、厚さ15㎜未満のものを「防火設備」となります。
安全性を高めるために、閉鎖中に障害物に当たるとシャッターが停止し、火災時閉鎖の場合は停止後再度閉鎖する障害物検知装置(危険防止装置)が備えられた製品もあります。

建築基準法第12条の規定による特殊建築物定期調査報告。
その建物の点検内容の1つに防火シャッターの開閉状況の確認があります。


防火シャッターの点検。
閉まりきる前に「大きな異音」を確認です。
普段は、開閉する事がない・少ない防火シャッター。
点検を通じての不具合を調整です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:10 | コメント (2) | トラックバック

2019年5月 1日

2019年 令和元年「吉野聡建築設計室のスタンダード」

吉野聡建築設計室のスタンダード
2019年 令和元年「吉野聡建築設計室のスタンダード」です。

夢に向かって1歩1歩 歩み続ける「新築・増築・改築・リフォーム・リノベーション」。
どんなに小さくても・どんなに大きくても人が考え・設計する・つくる・使う。
全てに「人」が関係します。
だからこそ、揺るぎない「基本・基礎」が大切です。
基本があるからこそ応用がある。
建築の中でもいろんな情報があります。
しっかりとした基本で積み重ねられた建築は、 デザインも・機能も・耐久性も・人も全てに美しい。
そんな、たくさんの美しさ・楽しさ・豊かさがある建築をデザインしています。

「理念」
もっと簡単に設計をする方法はあるけれど。
人はみんな違います。
建築を通じて、みんなが知らない多くのことを伝えていきます。

「吉野聡建築設計室のスタンダード」
「設計のスタンダード」
多くの情報を収集し、発信しながら目標に向かって「確実に・着実に」歩み続け、多くの時間を費やし、より良い「デザイン・機能・性能・耐久性」を持った建築を設計を行う。
①1つの建築に関係する皆様から、多くの話を聞きたくさんの情報を収集する。
②その条件にあった正しい答えを追い求める。
③クリアするまで諦めない。
④みんなで楽しむ・笑顔になる。

「現場監理のスタンダード」
情報は建築現場にある。
だからこそ、現場に行き・確認して・打合を行いながら、最善の答えを出す。
①現場に行き、自分の目で確認する。
②確認した事は、記録の写真を撮影する。
③現場の環境・雰囲気・施工レベルを向上させるコミュニケーションをとる。
④ご依頼頂いたクライアントの皆様へ、その建築の凄さを現場でも説明する。

「アフターメンテナンスのスタンダード」
建築は、完成して終わりではありません。
完成後が、スタートにあります。
いつまでも共に歩み続けます。
①いつまでも、安心して・安全に・快適にの思いで対応し続ける。
②24時間/365日 いつでも・どこでも連絡が取れる体制づくり。
③弊社には、建築士・施工管理士・既存住宅現況検査員の資格があり、他には無い精度の高い点検を行う。
④ライフサイクルコストを考慮しながら、その建築を使う皆様にとってBESTな提案を行う。

スタンダード(standard)とは、標準・規準・標準。
弊社だけが行なうスタンダードを標準化しながら、更にを目指して歩み続けます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:57 | コメント (5) | トラックバック