« 山梨県昭和町フィットネスジム「サイボディ」グランドオープン | メイン | 特殊建築物定期調査報告 防火シャッターの点検 »

2019年5月 1日

2019年 令和元年「吉野聡建築設計室のスタンダード」

吉野聡建築設計室のスタンダード
2019年 令和元年「吉野聡建築設計室のスタンダード」です。

夢に向かって1歩1歩 歩み続ける「新築・増築・改築・リフォーム・リノベーション」。
どんなに小さくても・どんなに大きくても人が考え・設計する・つくる・使う。
全てに「人」が関係します。
だからこそ、揺るぎない「基本・基礎」が大切です。
基本があるからこそ応用がある。
建築の中でもいろんな情報があります。
しっかりとした基本で積み重ねられた建築は、 デザインも・機能も・耐久性も・人も全てに美しい。
そんな、たくさんの美しさ・楽しさ・豊かさがある建築をデザインしています。

「理念」
もっと簡単に設計をする方法はあるけれど。
人はみんな違います。
建築を通じて、みんなが知らない多くのことを伝えていきます。

「吉野聡建築設計室のスタンダード」
「設計のスタンダード」
多くの情報を収集し、発信しながら目標に向かって「確実に・着実に」歩み続け、多くの時間を費やし、より良い「デザイン・機能・性能・耐久性」を持った建築を設計を行う。
①1つの建築に関係する皆様から、多くの話を聞きたくさんの情報を収集する。
②その条件にあった正しい答えを追い求める。
③クリアするまで諦めない。
④みんなで楽しむ・笑顔になる。

「現場監理のスタンダード」
情報は建築現場にある。
だからこそ、現場に行き・確認して・打合を行いながら、最善の答えを出す。
①現場に行き、自分の目で確認する。
②確認した事は、記録の写真を撮影する。
③現場の環境・雰囲気・施工レベルを向上させるコミュニケーションをとる。
④ご依頼頂いたクライアントの皆様へ、その建築の凄さを現場でも説明する。

「アフターメンテナンスのスタンダード」
建築は、完成して終わりではありません。
完成後が、スタートにあります。
いつまでも共に歩み続けます。
①いつまでも、安心して・安全に・快適にの思いで対応し続ける。
②24時間/365日 いつでも・どこでも連絡が取れる体制づくり。
③弊社には、建築士・施工管理士・既存住宅現況検査員の資格があり、他には無い精度の高い点検を行う。
④ライフサイクルコストを考慮しながら、その建築を使う皆様にとってBESTな提案を行う。

スタンダード(standard)とは、標準・規準・標準。
弊社だけが行なうスタンダードを標準化しながら、更にを目指して歩み続けます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年5月 1日 02:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4596

コメント

時代が変わっても変わらぬクオリティですね

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2019年5月 1日 05:25

おはようございます。
信念こもったスタンダードがあるからこそ、ブレない提案が出来ますね(^^)
私も見習いたいです!

投稿者 あめつち菜人 : 2019年5月 1日 07:56

こんにちは。
一つ一つ一人一人へ喜ばれる物を提供しているのですね。
私もそのようにありたいと思っています。

投稿者 保険屋あい : 2019年5月 1日 16:45

こんにちは!

アフターケアが手厚いのは本当にありがたいことです!

投稿者 モルタルマジック : 2019年5月 1日 18:35

吉野さん、こんばんは!

吉野スタンダード素晴らしいです!

投稿者 みんなニコニコ医療食の : 2019年5月 1日 21:26

コメントしてください




保存しますか?