« 2019年 令和元年「吉野聡建築設計室のスタンダード」 | メイン | 2019新緑の春 山梨百名山横尾山と山頂パスタ会1/4「スタート編」  »

2019年5月 2日

特殊建築物定期調査報告 防火シャッターの点検

大きな建築の廊下・通路・室の区画に使用される「防火シャッター」
建築基準法で規定される防火設備です。
防火性能がある鋼製のシャッターで、熱や煙を感知すると防火シャッターが自動的に下降し火災の拡大を防ぎます。
鉄板の厚さ15㎜以上のものを「特定防火設備」、厚さ15㎜未満のものを「防火設備」となります。
安全性を高めるために、閉鎖中に障害物に当たるとシャッターが停止し、火災時閉鎖の場合は停止後再度閉鎖する障害物検知装置(危険防止装置)が備えられた製品もあります。

建築基準法第12条の規定による特殊建築物定期調査報告。
その建物の点検内容の1つに防火シャッターの開閉状況の確認があります。


防火シャッターの点検。
閉まりきる前に「大きな異音」を確認です。
普段は、開閉する事がない・少ない防火シャッター。
点検を通じての不具合を調整です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年5月 2日 03:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4215

コメント

こんにちは。
防火シャッターは、命に関わる重要な物ですから
定期点検、修理は必要不可欠ですね。
安全第一ですね。

投稿者 保険屋あい : 2019年5月 2日 10:30

こんにちは!

緊急時以外はほとんど作動しませんが、緊急な時に動かないとたいへんなことになりますものね💦

投稿者 モルタルマジック : 2019年5月 2日 17:03

コメントしてください




保存しますか?