« 防災訓練時にも一緒に確認 | メイン | 山梨県甲府市 吉野聡建築設計室 パート・アルバイト募集 »

2019年6月12日

防火戸・防火シャッター・耐火クロススクリーンの点検(動画編)

防火戸

火災時に重要な防火戸には、防火設備と特定防火設備があります。
「防火設備とは」(建築基準法第2条第九号二/ロ)
主として、開口部の延焼防止を目的として、防火区画の一部や外壁の開口部などに用いられています。(外部に設けることが多い)

「特定防火設備とは」(建築基準法施行令第112条第1項)
火災の拡大を防止するものであり、防火区画や防火壁の開口部、外壁の開口部、避難階段の出入口部分などに用いられています。(内部に設けることが多い)

設ける場所・条件が異なる防火設備と特定防火設備。
防火戸自身の構造・性能も変わります。
火災時に被害を拡大させない事や、人命を確保する為の大切な・重要な役割を果たす防火戸。

本日は、防火戸・防火シャッター・耐火クロススクリーンの点検を動画でUP致します。
まずは、天井に設置してある煙感知機に専用の器具で煙を出します。

煙感知器の点検
煙感知機が正常に作動するかの確認です。
感知すると、防火戸が閉まります。
防火戸・防火シャッター・耐火クロススクリーンの順に、下記の動画をご確認下さい。

1.「防火戸」

8秒の動画です。

2.「防火シャッター」

22秒の動画です。

3.「耐火クロススクリーン」

26秒の動画です。

特殊建築物定期調査報告。
・建築は2~3年。
・設備・防火戸は毎年
点検・報告する「義務」があります。
火災事故等の万が一の際に非常に重要な設備です。
所有者・管理者の責任が大きく問われる事になります。
正しく・正常に動作するのかを点検・確認致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年6月12日 02:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4384

コメント

いざというときの設備だからこそ、点検が大事ですね。
動画で見ても、スムーズに動いていて安心です(^^)
しかし耐火クロススクリーンってのは、初めて見ました。
低コストでの新しい設備でしょうか。

投稿者 あめつち菜人 : 2019年6月12日 07:43

こんにちは。
必要不可欠な点検ですね。
動画に残すと、しっかり点検したことが分かりますし
安心ですね。(^^ )

投稿者 保険屋あい : 2019年6月12日 15:35

コメントしてください




保存しますか?