« 33年ぶりの東海道新幹線 | メイン | ブログ開始から11年。明日は45回目のブログの休日。 »

2019年8月 5日

「ヨシノデザインの建築」暑い日は窓を閉めた方快適です。

山梨県甲府市では、梅雨明けをしてから最高気温が36℃以上になる猛暑日が続いています。
今年も危険な暑さ・熱さです。
吉野聡建築設計室が設計を行う高気密・高断熱の建築は、気候条件が厳しくなればなるほど、その快適性を発揮します。
その1つに、夏に気温が上がれば上がる程、窓を閉めきる生活が快適となります。
しかし、窓を閉め切ると空気の汚れが・・・。
「ご安心ください」
外部の風を利用する通風と同じ、内部の空気循環も考えています。
その一つが紀州備長炭を使った空気の浄化です。

床下にある紀州備長炭
弊社の床下にある紀州備長炭

空気のサーキュレーションを行っています。
下記のリンクでの動画もご確認下さい。
2012年11月11日
毎日使い続ける建築によって健康になる

それは、他とは違うしっかりとした高気密・高断熱、平面プラン(間取り)などによって可能となります。
外部の環境と内部の環境を完全に遮断する事です。

下記のブログで実際の温度をご確認下さい。
・2010年8月 5日
暑い日には窓を閉める事で快適に
・2009年8月20日
吉野聡建築設計室の自社建築で

今年も危険な暑い・熱い夏。
建物内に入ると「冷っと」するんです。
ちょうど、暑い夏に洞窟に入るようなイメージです。
洞窟
「yahoo画像より」
入った瞬間にヒンヤリします。

吉野聡建築設計室が設計・監理を行う高断熱の建築は、冬の暖かさはもちろん、夏も快適に過ごす事が出来ます。
これは住宅建築に限らず、学校・病院・事務所・工場・倉庫・・・など、さまざまな建築に共通する事です。
月々のランニングコストが確実に抑える事が出来ます。
快適な生活環境。
企業では、働きやすさもプラスします。
そして、高品質化・社員さんの定着化も期待できます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年8月 5日 03:09

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4719

コメント

おはようございます。
働く環境が良い事。
間違いなく大事な事だと思います(^^)
今年の夏のような、酷暑になってくるとなおさら感じる事ですねー

投稿者 あめつち菜人 : 2019年8月 5日 08:33

こんにちは。
高気密高断熱には、空気のサーキュレーションが必要なのですね。
地球に優しい建物が良いですね。

投稿者 保険屋あい : 2019年8月 5日 14:56

こんにちは!

都心部は家と家が密集していますから、窓をあけても熱気しか入ってきませんね。

投稿者 モルタルマジック : 2019年8月 5日 18:00

コメントしてください




保存しますか?