« 祝9周年「吉野聡建築設計室 朝食(朝ごはん)」 | メイン | 高層分譲マンション 外壁タイル修繕工事の検査 »

2019年10月 2日

特殊建築物定期調査報告 防火戸・防火シャッターなどの点検

平成25年10月に福岡市の診療所の火災で死者10名、負傷者5名の被害が出たことなどを受け、建築基準法の定期報告制度が強化され、新たに「防火設備の定期検査報告」が創設されました。
この防火設備の定期検査報告は、これまで特殊建築物等の定期調査報告で行ってきた防火設備の調査項目のうち、煙感知器や熱感知器(温度ヒューズ式を含む)と連動して閉鎖又は作動する防火設備(防火扉、防火シャッター、耐火クロススクリーン、ドレンチャー等)について、報告対象建築物の所有者又は管理者が、新たに創設された専門技術者である"防火設備検査員"等に作動状況等を検査させ、その結果を特定行政庁に報告するものです。
この防火設備の定期報告は平成28年 6 月 1 日から施行され、全ての検査対象防火設備について毎年報告となります(公益財団法人 東京都防災・建築まちづくりセンター資料抜粋)

簡単に説明すると、防火設備(防火扉、防火シャッター、耐火クロススクリーン、ドレンチャー等)について、毎年正常に動くかを確認して、その結果を特定行政庁に報告する事です。

防火シャッターの点検
防火シャッターの点検

防火戸の点検
防火戸の点検

防火戸は、建築基準法に規定される防火設備の一種です。
通常時には通行する事が可能ですが、火災時に火や煙を遮る大切な・需要な役割を果たします。
火災時に被害を拡大させない事や、人命を確保する為の大切な・重要な役割を果たす防火戸。
定期的な点検で安心・安全な建築を」の思いです。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年10月 2日 02:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4383

コメント

こんにちは!

安全のために必要なことですね。
点検お疲れ様でした。

投稿者 モルタルマジック : 2019年10月 2日 16:15

こんにちは。
防火扉は、設置だけでは役に立たないことも有り、
第三者の点検は必要ですね。

投稿者 保険屋あい : 2019年10月 2日 18:29

コメントしてください




保存しますか?