« 高圧送電線と建築制限 | メイン | 2019年(令和元年) クリスマスまであと1ケ月 »

2019年11月24日

線路の石(バラスト軌道)静岡駅の新幹線ホーム

山梨県は車社会。
一人一台で車を持っています。
2017年のデータになりますが、人口100人あたりの自動車保有台数
1 群馬県 69.58台
2 茨城県 67.49台
3 栃木県 67.41台
4 富山県 66.65台
5 山梨県 66.48台
の全国第5位です。
そんな事もあり、電車を利用したことがほぼない方も多いと思います。
私も仕事の・プライベートの移動は「車」です。

兵庫県伊丹市のお客様から建築相談があり、日帰りで・安価に・快適に行く方法と考えた結果、静岡駅から新幹線を利用しました。
25年ぶりに乗る新幹線に乗る時に???と思ったのが、線路の石です。
なんの為にあり、どんな効果があるのか??

新幹線のホーム
静岡駅の新幹線のホーム

その場で「Web確認」です。
路盤の上の道床に砕石や砂利などのバラストを敷き、バラストの上部に枕木を並べてその上にレールを敷設する構造の道床である。バラストは列車からレール・枕木を介してかかる荷重を広く分散して路盤に伝え、列車の左右動、温度によるレールの伸縮による枕木の移動を防ぎ、列車の走行により発生する振動エネルギーを吸収する。また、雨水の排水が容易であり、雑草の生育を防止する(Wikipediaより)

なるほど!!
線路の石がこれほど重要な役割を果たしているなんて。
電車が走る線路。線路を支える石(バラスト)。
「縁の下の力持ち」です。
と思いながら新大阪駅へ

新幹線 新大阪駅
線路を支える石(バラスト)が無いんです。
バラストがある駅とない駅がある。
これには、しっかりとした理由があるんだと考えています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年11月24日 03:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4760

コメント

山梨は交通機関が不便だし、坂や山も多いですからね
当然ですよね

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2019年11月24日 06:44

こんにちは。
すごい、吉野さんは、線路の石のことまで調べて知っているのですね。
チコちゃんに褒められますね。
排水と雑草防止は、考えつきませんでした。
なるほどと思いました。

投稿者 保険屋あい : 2019年11月24日 16:14

コメントしてください




保存しますか?