« 第33回 ガラスに写る吉野聡「山梨県総合教育センター」 | メイン | 「イス・テーブル・机」の規格 日本人の体格の変化から »

2019年11月21日

変わらない学校の「イス・机」

山梨県立高等学校の特殊建築物定期調査報告を行っている時にです。
懐かしい学習机+椅子に再開しています。

学校 イス 机
学校で使用されている学習机・学習椅子。
このスタイル・このデザイン30年以上前に使用していたもの同じです。
果たして、本当にそうなのか??
直ぐにWeb検索です。
株式会社ホウトクのサイトを確認すると、
1953年創業時、木製品が主流だった教室用机・イスに、品質の均一化が図れるスチール製を開発、改良の末、教室用机・イスのスタンダードとなりました。
その机・イスは今日の「未来へ羽ばたくこどもたちのために」というコンセプトと共に進化しています。
サイト内には、新しい取り組みがいっぱいです。

さらに、成長に応じて変わる机の高さの呼び方が変わる事も理解です。

学習机の名称
1号~4号まである学習机
一般の事務机や学習机の高さは700㎜ですが、1号サイズはの高さは730㎜ある事を理解です。
これには、大きな理由がありそうです。
明日のブログでUPさせて頂きます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年11月21日 03:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4806

コメント

いつも思いますが机狭すぎますよね

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2019年11月21日 06:14

こんにちは!

わたしが小学生だったときとあまり変わっていませんが、おしりの部分が丸くなっているように思います。
そうそう、横のビスで高さ調整していました^^懐かし~!

投稿者 モルタルマジック : 2019年11月21日 16:18

こんにちは。
そろそろ変わっても良いと思うのですが、
なかなか変わらない机と椅子ですね。

投稿者 保険屋あい : 2019年11月21日 19:03

コメントしてください




保存しますか?