« 変わらない学校の「イス・机」 | メイン | 高圧送電線と建築制限 »

2019年11月22日

「イス・テーブル・机」の規格 日本人の体格の変化から

昨日のブログでUPしました
「一般の事務机や学習机の高さは700㎜ですが、学校の1号サイズはの高さは730㎜」
この違いについて調べると。

現在の事務机の高さ720mmを推奨しているようです。
一般社団法人 日本オフィス家具協会によると、

日本人30代 平均身長・体重の推移
日本人30代 平均身長・体重の推移(厚生労働省)

・「働く人の体格が向上しています」
現在、オフィスで働いている人の平均身長は、700mmを標準的な机の高さにした1971年当時に比べ、約40mm~50mmも伸びました。
そこで机の高さを20mm高くして、働く人の体格に合わせ、働きやすい環境を提供します。
1971年当時に比べての身長比較出典:「体力 ・ 運動能力調査報告書」(1970年度および2009年度)文部科学省

・「働く人が多様化しました」
当時にくらべて、女性の社会進出や外国人ワーカーの増加、身障者の雇用拡大などで、オフィスで働く人が随分と多様化してきました。720mmの高さの机は、様々な人が働く現代のオフィス環境に柔軟に対応します。また従来の700mmの高さの机もご使用いただけますので、お客様のニーズに合わせてお選びください。
1971年当時に比べて働く人が多様化従来の机(700㎜H)より高さ方向に余裕がありますが、車椅子をご使用の際は、事前に寸法をご確認ください。

・「収納量がアップします」
机の高さを720mmにすることで、ペントレー引出しが深くなり、名刺・印鑑・その他、さまざまな文具・小物類が無理なく収納できます。

なるほどの理由に納得しています。
そうです!!
最近のダイニングテーブルの高さが高くなっている事を思いだしました。
これも、同じ理由なのかなと考えいます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 2019年11月22日 02:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sekkei-y.com/mt/mt-tb.cgi/4824

コメント

身長は年とともにちじみますね

投稿者 中小企業診断士加藤忠宏 : 2019年11月22日 06:17

おはようございます。
見た目は変わらずとも、時代と共に変わる部分、しっかりあるんですね!
その理由まできっちり調査、さすが吉野さんです(^^)

投稿者 あめつち菜人 : 2019年11月22日 07:36

吉野さん

こんにちは!

>一般の事務机や学習机の高さは700㎜

この数字をみて自分が今使っている机の高さを測ったら74㎝ありました。

私よりも若い人達は明らかに身長が高くなっているのは間違いありません。

投稿者 溶射屋 : 2019年11月22日 16:27

こんにちは!

社会が多様化していくにつれ、オフィス用品もどんどん進化していったのですね。

投稿者 モルタルマジック : 2019年11月22日 17:19

こんにちは。
時代によって、人々のニーズに合わせた
商品開発が進められているのですね。
現代人は、大きくなったと言うことですね。

投稿者 保険屋あい : 2019年11月22日 17:29

コメントしてください




保存しますか?