« 2019年11月 | メイン

2019年12月 7日

ブログ開始から11年7ヶ月。明日は48回目のブログの休日。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、集合住宅、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震関係の耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査。
建築確認申請手続き、特殊建築物定期報告書検査作成、マンションの長期修繕計画書、各種申請業務 ・中古住宅の既存住宅現況検査員を行っております
山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
詳細な業務内容については、吉野聡建築設計室HP
また、過去に設計を行った建築については、
完成写真がUPされていますprojects(プロジェクト)  
物件名がUPされていますworklist(業務リスト)
をご確認下さい。

いつも、弊社のブログにご訪問頂き、誠に有難う御座います。
また、ご依頼頂けるクライアントの皆様・私を支えて下さる皆様
全ての皆様に感謝の気持ちです。
誠に有難う御座います。

吉野聡建築設計室 吉野聡

2008年1月19日にスタートしました
「山梨県甲府市 吉野聡建築設計室ブログ」
令和元年12月8日(日)は、お休みさせて頂きます。
そして、明日の吉野聡のFacebook個人ページ、吉野聡建築設計室のFacebookページ、朝食(朝ごはん)のFacebookページも休日にさせて頂きます。

Webサイトの関係だけがお休みなので、吉野聡建築設計室はOPENしています。
よって連絡もOKですが、明日の午前中だけは「第11回 武田の杜トレイルランニングレース」に参加するので、携帯電話ではなく事務所のみの連絡となります。

第11回 武田の杜トレイルランニングレース
●と き 令和元年12月7日(土)・8日(日)
●距 離 31km
●場 所 武田の杜(武田神社〜湯村温泉郷)
●主 催 武田の杜トレイルランニングレース実行委員会
[(一社)甲府市観光協会、湯村温泉旅館協同組合、山梨県造園建設業協同組合]
●共 催 甲府市、甲府市教育委員会
●プロデュース トレイルランナー 石川 弘樹
更に詳しい情報は
2019年9月23日
第11回 武田の杜トレイルランニングレース エントリー完了
をご家訓下さい。

365日 いつでも・どこでも繋がります。
2019年の年末に向かってのラストスパート。
更に、加速して前進続けます。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:03 | コメント (0) | トラックバック

2019年12月 6日

高断熱・無暖房の建築が「大切・必要」な理由。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室では、2005年(平成17年)3月より高断熱建築・無暖房建築の提案を行い続けています。
それは、2005年(平成17年)3月に「環境とエネルギーと建築」を目的に、環境先進国のドイツに行ってきてからです。
2012年3月28日
地球環境・エネルギー問題を救う高断熱建築 1/4
2012年3月29日
地球環境・エネルギー問題を救う高断熱建築 2/4

なぜそのような建築が必要なのか??
その理由をお話させて頂きます。
高断熱建築には、平面プランニング・窓・建築材料・断熱材や断熱施工方法・建物全体の空気のサーキュレーションなどを組み合わせながら断熱性を高め、省エネルギーと快適性を両立させます。
その結果!!
・地球環境に・省エネルギ-に絶大な効果。
・健康に良い。
 熱中症・ヒ-トショック・コ-ルドドラフトが起きにくい
Wikipedia ヒートショックについて
Wikipediaコールドドラフトについて
・カビやダニが発生しにくい+花粉、じん埃が侵入しにくい
 (アレルギーに効果)
・医療費などの税金にも大きなプラス。
・防音効果が高い
・毎月の生活費が安い
・一年中、生活が楽
・建築の耐久性がUP。

簡単に言うと
「私たちが生活する地球へ、優しさ・思いやりを伝える事が出来る建築」

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
もちろん自社の建築もオリジナル仕様の高断熱建築です。

そして、この効果を高めた高断熱建築の究極が「無暖房建築」です。
詳しくは、2018年11月16日
「無暖房建築」を設計する事を目標にしています。
をご確認下さい。
2005年(平成17年)3月 環境先進国のドイツで出会った無暖房建築の衝撃的な出会い。
継続的に唱え続けています。
弊社では、これら高断熱建築・無暖房建築とデザインが1つになった建築を提案しています。
それは健康で快適に。
そして楽しく・美しく。
たくさん「機能美」がある建築です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:55 | コメント (4) | トラックバック

2019年12月 5日

ハイサイドライトとトップライト

昨日のブログでUPさせて頂きました
「環境にも良い明かり「トップライト・天窓」」
今日は、天井面からの採光の1つ「ハイサイドライト」についてUP致します。
ハイサイドライトとは?
壁面の高い位置に設ける窓のことです。 吹抜けを持つ大きな空間で光を取り入れるために採用されたり、空気抜きのために採用されたりと形式は多々あります。 高い位置に設けるため取り込んだ光を拡散させ、空間全体を明るくする効果があります。

ハイサイドライト
山梨県立わかば支援学校にある「ハイサイドライト」

ハイサイドライトの事を考えると、天窓(トップライト)の事を思い出します。
「トップライトとハイサイドライト」
しっかりとした違いがあります。

トップライト
トップライト(天窓)とは。
天井に設けた窓のこと。
建築基準法では、通常の窓の3倍の採光ができる計算になります。
屋根面に設けるので「隣地からの視線が気になる」問題を解消し、部屋を格段に明るくできるのです。

ハイサイドライトとは
壁の高い位置に設置する窓です。
その為、部屋の奥まで光を届けることが出来ます。
また、開閉が可能な窓にすることで通風効果も期待でき、上部を流れる暖かい空気を外に逃してくれます。

「部屋をおもいっきり明るくしたい」=トップライト(天窓)
「明るく通気性のある部屋にしたい」=ハイサイドライト(高窓)

どんな空間にしたいのか。
その内容によって、窓の大きな・位置・仕様も変わります。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:06 | コメント (2) | トラックバック

2019年12月 4日

環境にも良い明かり「トップライト・天窓」

朝の太陽の光をしっかりと浴びることは、健康面においてとても大切なことです。
また、室内の明るさ・温かさなどに優れ、月々の経費削減に繋がります。
都市部で進む過密化の中での建物や平面プランの複雑化から、屋根・屋上からの採光(トップライト)の重要性が高まってきています。
建物内部の天井面より光を取り入れるトップライト(天窓)。
建築基準法において、壁にある窓に比べての3倍の明るさを持つとされています。
(建築基準法 施行令第20条2項 有効面積の算定方法)

トップライトの光
周りを部屋に囲まれている中廊下タイプの通路
この廊下の壁には外部に面する窓が有りません。
しかし、とっても明るい空間です。
天井から降り注ぐ明るさのおかげです。
実はこの明かり!!
電気代「0円」なんです。
その正体は、自然の明るさ(太陽光)の「トップライト」(天窓)です。
ヨシノデザインでは、多くのトップライトをデザインしています。

明るい中廊下
天井の全てが自然の光の廊下。

北側にある階段のトップライト
北側にある階段のトップライト。
安定する明るさを確保しています。

「デザイン・機能・性能・省エネ」の4つを満足する「トップライト」
自然の光を大切に・上手く利用する事で美しいデザインにも繋がります。
多くの建築で見られる「トップライト」
設置すれば良いと言う事ではありません
多くの検討を行って、効果のある設置方法を提案しています。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:53 | コメント (2) | トラックバック

2019年12月 3日

屋根・天井裏のトリプル断熱で高める断熱性能

地球の環境問題やエネルギー問題で早急に求められる「省エネ
また、夏・冬の電気料金・燃料費などの高騰や機器設備のメンテナンス。
そのような多くの問題をクリアしながら、誰でも健康で楽しくより快適に過ごす事が出来る建築。
それが弊社が提案する「高断熱建築」です。
快適な環境をつくる為に、いろんな設備機器やシステムがありますが
夏の暑さ+冬の寒さにおいて
「断熱の追及に勝るものはない」
断言します。

そんな仕様で作られいている木造の住宅建築があります。
それは、山梨県韮崎市にありますSK-House
完成写真は、吉野聡建築設計室Webサイト 設計・デザイン 建築実績
山梨県韮崎市 SK-House 新築工事をご確認下さい。

山梨県韮崎市のSK-House
2階の屋根の断熱は、トリプル断熱仕様です。

屋根の外張断熱
①屋根の外張断熱
 屋根材(ガルバリウム鋼板)の真下に断熱材を設けています。

屋根裏+天井裏断熱
②屋根裏断熱(現場発泡ウレタン吹付断熱)
③天井裏断熱(グラスウール16K厚さ100㎜)

その他、壁・基礎も現場発泡ウレタン吹付断熱で隙間なく断熱も。
環境が厳しくなればなればなるほど強い弊社の建築。
それは、これからの建築となる「無暖房建築」を目指しているからです。
建築の高断熱・無暖房建築については、下記のリンクをご確認下さい。
・2013年8月20日 
建築の高断熱は多くの問題をクリアさせます 1/3
・2013年8月21日
 建築の高断熱は多くの問題をクリアさせます 2/3
・2013年8月22日
 建築の高断熱は多くの問題をクリアさせます 3/3

なぜ「高断熱建築・無暖房建築」なのか??
明日のブログは、その理由をUP致します。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:19 | コメント (0) | トラックバック

2019年12月 2日

弊社が提案する高断熱建築・無暖房建築が大切な理由

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室では、2005年(平成17年)3月より高断熱建築・無暖房建築の提案を行い続けています。
なぜそのような建築が必要なのか??

吉野聡建築設計室 吉野聡
その理由をお話致します。

高断熱建築には、建物のデザイン・プランから使用する建材や断熱材、断熱施工方法などで断熱性を高め、省エネルギー効果と快適性を両立させ、さらに壁体内結露などの内部結露を防ぐ、耐久性に優れた住宅です。
・省エネルギ-に効果
・健康に良い。ヒ-トショックやコ-ルドドラフトが起きにくい
Wikipedia ヒートショック現象
Wikipediaコールドドラフト
・カビやダニが発生しにくい+花粉、じん埃が侵入しにくい
 (アレルギーに効果)
・防音効果が高い
・毎月の生活費が安い
・医療費などの税金にも大きなプラス
・一年中、生活が楽
簡単に言うと
快適過ぎる「全てに優しさ・思いやり・楽しさが生まれる建築」です。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
もちろん弊社の建築もオリジナル仕様の高断熱建築です。

そして、高断熱建築の究極が「無暖房建築」です。
詳しくは、2012年10月11日
吉野聡建築設計室が提案する「高断熱建築」をご確認下さい。
2005年(平成17年)3月 環境先進国のドイツで出会った無暖房建築
衝撃的な出会い。
それから、唱え続けています。

弊社では、これら高断熱建築・無暖房建築とデザインが1つになった建築を提案しています。
それは、健康で快適に。
そして、厳しい季節でも毎日の生活が楽なんです。
たくさんの楽しみが継続する建築です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 02:57 | コメント (1) | トラックバック

2019年12月 1日

2019年12月 来年に繋げる・繋がる1ヶ月

山梨県甲府市徳行3-3-25 吉野聡建築設計室
詳しくは、吉野聡建築設計室HP contact(連絡先) をご確認下さい。
案内図をUPしています。

昭和48年3月 先代によって山梨県甲府市徳行5丁目の地に「吉野建築設計事務所」としてスタート。
詳しくは、吉野聡建築設計室HP profile(プロフィール) 改革をご確認下さい。
そして、吉野聡が平成12年5月10日に「吉野聡建築設計室」としてスタートの19年目になります。
全体としては「創業46年」です。

本日は、2019年(令和元年)12月1日(日)
今年も残すところあと1ケ月です。
2019年の締めくくりと2020年に繋げる大切な1ヶ月です。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室
2019年 今年も多くの皆様からのご依頼。
誠に有難う御座いました。
2019年の主な実績は、
吉野聡建築設計室Webサイト 設計実績一覧表(年代別)」をご確認下さい。

弊社にご依頼頂ける、また私を支えてくださる・ご指導下さる多くの皆様のおかげです。
本当に有難う御座います。
心から感謝と御礼を申し上げます。

2020年の「目的・目標・方向性」は定まっています。
来年に向けた、計画も着々と決まってきています。
更に輝く1年に!!
楽しみがいっぱいの2020年。
来年に繋がる・繋げる2019年12月です。

企業、事務所、工場、倉庫、店舗、飲食店、アパート、マンション、住宅、各種病院・歯科医院、公共建築などのデザイン・設計・監理。
耐震診断、耐震補強設計、耐力度調査、建築確認申請手続き、
特殊建築物定期報告書検査作成

山梨県甲府市
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei

投稿者 2715201 : 03:12 | コメント (4) | トラックバック