「楽」に過ごす為には、建築は冬を基準に考えるべきです「1/2」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

もうすぐ冬になる季節になると、毎年UPさせて頂いております
「建築は冬を基準に考えるべきです」のブログ。
今年も是非にの思いでUPさせて頂きます。

爽やかな良い天気が続く中に、寒さを感じめる10月下旬。
山梨県甲府市の紅葉の季節はもうすぐです。
そして、あと1週間の11月7日(月)の立冬で2016年の冬がスタートしてます。

寒い・長い冬が始まります。
内陸型の盆地気候山梨県甲府市。
最低気温が氷点下10℃以下になる日もあります。
また、2014年2月15日には最深積雪を大幅に更新する114cmの豪雪。
(これは1981年の五六豪雪で記録した山形市の113cmを上回る記録)

山梨県甲府市に降った記録的な雪
2014年2月15日 山梨県甲府市に降った記録的な雪
吉野聡建築設計室の駐車場です。

そんな厳しい環境にある山梨県甲府市でも快適に・楽しく・美しく。
吉野聡建築設計室が基準としている建築は
冬の最も厳しい「Ⅰ地域の北海道」

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の断熱性能の地域区分表
(住宅金融支援機構「フラット35」(旧住宅金融公庫)の断熱性能の地域区分)
日本で最も環境の厳しい地域です。
そんな地域でも快適に過ごす事できる建築です。
そして「冬が快適な建築は夏も快適」になります。
その理由は、明日のブログでUPします。

山梨県甲府市
デザイン・住宅・シックハウス・店舗・歯科医院・環境などの設計・監理
吉野聡建築設計室
山梨県 甲府市 徳行3-3-25
TEL 055-222-6644
FAX 055-222-6100 
mail   yao@ruby.plala.or.jp
HP    http://sekkei-y.com
facebook http://www.facebook.com/sy.sekkei